こころの掲示板

* ごめんなさい *

あのことが悔いに残って、どうしても心が晴れません。
そんなとき、あなたの思いを伝えてください。
そして、心の重荷をそっとおろしましょう。


【投稿する】
サイト内検索:


  沢山の男の子達 2005/11/28(Mon)05:23
Witten by [ mari ]
私は…  本当は一途なんだ。
恋愛ってしらなくて遊びほうけた。

でも初めての愛を知ったとき、考えが変わった。

遊びなんか無駄だって。

そっからは好きに成った人一途で着た。

でも一途になると飽きるとか・・・・

そんな理由で別れが来る。

遊んでいる子達は明るい。昔の私。

どっちが正しいの?

解らなくなった私は

あなたと別れてから沢山の男の子と関係を持った。

でも都合のいい女になりたくなくって臆病で・・・

そんな私を優しく包んでくれた沢山の男の子達。

沢山愛や、物で私を包んでくれている。

でも、私の心はあの人で一杯なんだ。

何度も殴られて、精神病を馬鹿にされて、何度も別れたあの男だけどね。

みんな、別れろっていう。

より戻すと別れたくなる。

ストーカーされる。

もう何ヶ月ブランクがあったかな。

でも許してしまった。

この何ヶ月間か、助けてくれて支えてくれた男の子達に感謝。

私は、本当は貴方達といるほうがわたしらしいの。

私のこと、大事にしてくれるもんね。

人として。

何度も泣いてくれた。

家まで借りてくれた子も何人も。

クリスマスも、何人も予約をいれてきてる。

困惑する自分、安心する自分。

きっと自分がかわいすぎるんだよね、そしてかわいそうすぎるんだよね。

わかってる。

それだからってきづつけちゃいけないよね。

わかってる。

なのに、又、同じことを繰り返している。

今日もまた、携帯を折られたよ。

貴方達とは縁を切ったのに。

たったのメールマカジン受信で折られた。

こんな人、一緒にいるべきじゃない。

貴方達の方が大人だってわかってる。

利用してるのかな?

ごめんなさい。
ごめんなさい。

でも感謝してるの。

貴方達がいなかったら私、死んでると思う。

寂しいときに心配して駆けつける男の子達。

貴方達が頼りなの。

3日前、私をぎゅって抱きしめてくれてありがとう。やさしさだってわかってる。
だってなにもしなかったもんね。
2日間いたのに。

赤い紐、結び合ったね。

嘘なんかじゃない。

そんな悲しい目をしないで・・・

私を遊び人って言いふらさないで・・・

私、抜け出せないあり地獄にいるの。

そして、あり地獄から抜けたときに貴方達のとこに戻っているの。

みんな、結婚しようっていう。

本当にごめんなさい。

忙しいのではなく、彼がすきなの。

反対されても戻ってしまうの。

もうじき又別れがくるだろう。

そしたら貴方達のぬくもりに戻るでしょう。

本当にごめんなさい。

貴方達の時間を奪ってごめんなさい。

私のために悩んで泣いて、時間をとってくれてありがとう。

そしてごめんね、
≪規約同意済み≫



  最後の時間 2005/11/27(Sun)19:59
Witten by [ *true* ]
あなたは最後の日
ここでは人に心を開けないって言っていた
一瞬私にも?って不安になった
思わず口にしそうになったけど
いろんな意味で怖くて言葉をのみこんだ
でも今思えば
私には心を開いてくれていたからこそ
打ち明けてくれたんだよね?
なのに離れてしまってごめんね
寂しい思いをさせてごめんね
もうすぐ別れがくる事を告げたとき
自分の人生だからって
寂しそうだけど笑顔で言ってくれた
それからも最後まで寂しいって一言も
私には言わなかったけど
ほかの人に言ってたの本当は知ってた
私も本当は寂しかったよ
壊れそうなくらいすごくせつなかった
でも誰にもいえるはずがなかった
だけど最後の残された時間は
壊れたようにまわりも気にせず
ぎりぎりのところまで心を近づけて
お互いいろんなこと話したよね
そしてあの日の悲しい笑顔・・
言葉に出来ない全ての想いがこめられていた
あなたの想いが
痛い位、伝わってきた
私も精一杯の気持ちを込めてありがとうって言った
それ以外、それ以上何も出来なかったから
その表情が本当のお互いの気持ちだった
いまも頭から離れない
きっとこれからも忘れられない
どんな言葉より大切で重いものだったから・・・
≪規約同意済み≫



  みんなへ 2005/11/27(Sun)19:50
Witten by [ ケンジ ]
あの時、ちゃんとした反応が全然できなくてごめん。
僕は結局、僕のことだけでいっぱいいっぱいだったんだと思う。
結果的に不快な思いをさせることになって、本当にごめん。
もし僕がまたみんなに会ったら、今度はちゃんと約束を守るから。
≪規約同意済み≫



  お母さん 2005/11/27(Sun)16:06
Witten by [ tomo ]
いつも八つ当たりしてしまってごめんなさい。
本当は傷つけたくないのに
いつもひどいことばかり言ってしまう・・・
いつもいつも最後に味方になってくれるのは
お母さんなのに・・・
今はこんなだけど、
いつか絶対にお母さんを幸せにするからね!
恩返し、ちゃんとするからね!

≪規約同意済み≫



  ごめんなさい 2005/11/27(Sun)11:42
Witten by [ 世羅 ]
ごめんなさい。先生の授業がつまらなかったわけじゃない。ほんの少しの出来心だった。見つからなければいいなんて思ってた。

ごめんなさい。そんな軽々しい気持ちが結果的に貴方を傷つけることになってしまった。

ごめんなさい。先生が私のことを考えてくれているなんて思ってもみなかった。今までの先生たちと同じなんだって心の隅であきらめていた。

ごめんなさい。許してくださいなんていいません。私が貴方を傷つけてしまったのは事実だから。

ごめんなさい。貴方は私と口をきくのだって嫌かもしれない。でも、謝りたい。

ごめんなさい。
≪規約同意済み≫



  ゆりえ 2005/11/27(Sun)10:08
Witten by [ ゆりえ ]
この想い  
胸をしめつける
この願いかけた星は数しれず
星の数だけ君を傷つけ
月の数だけ君に愛を送る

俺からゆりえを離れさせたのに理由は複雑だった
理想をかねそなえたゆりえと結婚できなかったことは一生忘れることはない
病気でもがく俺の姿は最愛の人には見せれない
4年間で一度しかあえなかったこの切ない想いは宝物になった
たった一度なのに電話で紡いだ二人の距離はすぐそこにあった
このままじゃ星を見上げることはもうできない
ゆりえがおれの人生の財産なんだ
でも分かってほしい
誰よりも愛しているから離れてほしかった
俺の想いはいつまでもゆりえの中にある
いつか病気を克服できたときは ゆりえにウエディングドレスを持ってくよ
そのときは結婚しよう
克服できないとゆりえとの家族
支える父親になれない
俺はいつまでも夜空におまえの姿を追い続ける
≪規約同意済み≫



  とんちゃんへ 2005/11/26(Sat)18:39
Witten by [ 加織 ]
いつも、相談に乗ってくれてありがとう。
私はいつも、寂しいとき、相談人乗ってくれる。それで私は、勇気、希望をくれた。
いつも、悩みをきいてくれてありがとう。



  ごめんね 2005/11/26(Sat)02:33
Witten by [ satuki ]
今私は高校3年。
もうおとなです。
あのころはまだまだ子供で。
約束したのに
最後まであなたを見てあげられなくてごめんね。
じぶんのことでせいいっぱいだった。
いやちがう。結局自分が一番大事だったんだ・・・。私も弱かったんだよ・・・。
もしかしたらあなたは最初からわかっていたのかもしれないね。
ただの中途半端な同情だったのかもしれない。でもあなたが気がかりだったのは確かだから。
あらからもう4年。あなたとはもうしゃべらないけど。
きっといまでもどこかで傷ついてるよね。
ほんとごめんね。
いまはただあなたが幸せになってくれることを願うばかりです。



  友へ 2005/11/24(Thu)21:31
Witten by [ おんぷ丸♪ ]
僕らの前から姿を消す君へ

何もしてあげられなくて ごめん

力不足で ごめん

気付いてあげられなくて ごめん

助けてあげられなくて ごめん

こんな言葉しか 思いつかないけど

どうか 元気で

君の笑顔を忘れないように 失わないように

君のその手で

幸せをつかんでください

ありがとう

≪規約同意済み≫



  本当最低です。 2005/11/23(Wed)20:01
Witten by [ ねこになりたい。 ]
どうして私は口が軽いの?
どうして嘘がつけないの?
社会人なんだよ。
もっと言葉を選ぼうよ。
どうかあの場面であいまいにしてしまって
ごめんなさい。
そしてもう一つのあの人たちへ
どうかごめんなさい。
本当大人になります。
ごめんなさい。
≪規約同意済み≫



/ 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 /
/ 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 /
/ 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30 /
/ 31 / 32 / 33 / 34 / 35 / 36 / 37 / 38 / 39 / 40 /
/ 41 / 42 / 43 / 44 / 45 / 46 / 47 / 48 / 49 / 50 /
/ 51 / 52 / 53 / 54 / 55 / 56 / 57 / 58 / 59 / 60 /
/ 61 / 62 / 63 / 64 / 65 / 66 / 67 / 68 / 69 / 70 /
/ 71 / 72 / 73 / 74 / 75 / 76 / 77 / 78 / 79 / 80 /
/ 81 / 82 / 83 / 84 / 85 / 86 / 87 / 88 / 89 / 90 /
/ 91 / 92 / 93 / 94 / 95 / 96 / 97 / 98 / 99 / 100 /
/ 101 / 102 / 103 / 104 / 105 / 106 / 107 / 108 / 109 / 110 /
/ 111 / 112 / 113 / 114 / 115 / 116 / 117 / 118 / 119 / 120 /
/ 121 / 122 / 123 / 124 / 125 / 126 / 127 / 128 / 129 / 130 /
/ 131 / 132 / 133 / 134 / 135 / 136 / 137 / 138 / 139 / 140 /
/ 141 / 142 / 143 / 144 / 145 / 146 / 147 / 148 / 149 / 150 /
/ 151 / 152 / 153 / 154 / 155 / 156 / 157 / 158 / 159 / 160 /
/ 161 / 162 / 163 / 164 / 165 / 166 / 167 / 168 / 169 / 170 /
/ 171 / 172 / 173 / 174 / 175 / 176 / 177 / 178 / 179 / 180 /
/ 181 / 182 / 183 / 184 / 185 / 186 / 187 / 188 / 189 / 190 /
/ 191 / 192 / 193 / 194 / 195 / 196 / 197 / 198 / 199 / 200 /
/ 201 / 202 / 203 / 204 / 205 / 206 / 207 / 208 / 209 / 210 /
/ 211 / 212 / 213 / 214 / 215 / 216 / 217 / 218 / 219 / 220 /
/ 221 / 222 / 223 / 224 / 225 / 226 / 227 / 228 / 229 / 230 /
/ 231 / 232 / 233 / 234 / 235 / 236 / 237 / 238 / 239 / 240 /
/ 241 / 242 / 243 / 244 / 245 / 246 / 247 / 248 / 249 / 250 /
/ 251 / 252 / 253 / 254 / 255 / 256 / 257 / 258 / 259 / 260 /
/ 261 / 262 / 263 / 264 / 265 / 266 / 267 / 268 / 269 / 270 /
/ 271 / 272 / 273 / 274 / 275 / 276 / 277 / 278 / 279 / 280 /
/ 281 / 282 / 283 / 284 / 285 / 286 / 287 / 288 / 289 / 290 /
/ 291 / 292 / 293 / 294 / 295 / 296 / 297 / 298 / 299 / 300 /
/ 301 / 302 / 303 / 304 / 305 / 306 / 307 / 308 / 309 / 310 /
/ 311 / 312 / 313 / 314 / 315 / 316 / 317 / 318 / 319 / 320 /
/ 321 / 322 / 323 / 324 / 325 / 326 / 327 / 328 / 329 / 330 /
/ 331 / 332 / 333 / 334 / 335 / 336 / 337 / 338 / 339 / 340 /
/ 341 / 342 / 343 / 344 / 345 / 346 / 347 / 348 / 349 / 350 /
/ 351 / 352 / 353 / 354 / 355 / 356 / 357 / 358 / 359 / 360 /
/ 361 / 362 / 363 / 364 / 365 / 366 / 367 / 368 / 369 / 370 /
/ 371 / 372 / 373 / 374 / 375 / 376 / 377 / 378 / 379 / 380 /
/ 381 / 382 / 383 / 384 / 385 / 386 / 387 / 388 / 389 / 390 /
/ 391 / 392 / 393 / 394 / 395 / 396 / 397 / 398 / 399 / 400 /
/ 401 / 402 / 403 / 404 / 405 / 406 / 407 / 408
【投稿する】

癒しのポエム〜心のメッセージ トップページへ戻る
copyright© 2001-2009 心の癒し
designed by
programmed by
powered by
ともとも
松本竜弥のそれ憧れるのょ
占い開運癒しの占星術
占い相談
無料占い恋愛
パワーストーン恋愛専科