こころの掲示板

* ごめんなさい *

あのことが悔いに残って、どうしても心が晴れません。
そんなとき、あなたの思いを伝えてください。
そして、心の重荷をそっとおろしましょう。


【投稿する】
サイト内検索:


  ごめんなさい・・・ 2002/08/26(Mon)19:26
Witten by [ 名無し ]
本当にごめんなさい。
私・・もう本当に嫌なことをしてしまって・・
私の変なプライドのせいで嫌な気持ちにさせてしまったかもしれません。
謝れなかった・・謝ったら私の何かがなくなってしまうような気がしたから。
それは何かわかりません。
友達?信頼?夢?
黙っておくしかなくて・・
でもやっぱり悪いことをしたわけだし
心に残ったのでカキコしました。
ごめんなさい・・

 ■ こころのお便り
文章にすることで少し気持ちが整理できることもありますよね。この投稿をステップに相手に素直な気持ちを伝えられるといいですね♪
(ありんこより)


  傷つけたくないよ 2002/08/26(Mon)02:31
Witten by [ ほのか ]
2人ともが頑張ってほしいから、あたしなんかの為に争ってほしくないから。友達の関係はくずしたくないから、だからって中途半端な答えばかり出してゴメンね…。
ほんの少し前まで三角関係は憧れだったのに、
苦しくて、せつなくて、悲しくて、とても疲れた。
でも2人とももっと辛いんだろうな、って思うとあたしがイチバン悪いんだ、って思うよ。
ごめんね。こんなあたしで。
それと、こんなあたしを好きになってくれてありがとう。2人が2人とも傷つかないなんて、無理なのかな。あたしはどうなってもいい。だから頑張ってほしい。
こんなあたしでごめんね。。。

 ■ こころのお便り
三角関係って憧れかもしれませんが、ないものねだりですよね。実際はとてもつらいものだと思います。もし、親友と同じ人を好きになってしまったのなら、相手の男性がどちらが好きかを素直に選んでくれるといいですね。(ありんこより)


  また・・・ 2002/08/25(Sun)16:17
Witten by [ なっつ ]
また心が動揺してる・・・
人と比べての劣等感・・・
人は人・・  自分は自分じゃないか。
わかってはいるものの・・・
この孤独感はなんなんだろう・・・
主人も子供もいて幸せなはずなのに・・・
幸せを感じなくなってしまった・・・。
最近主人とも喧嘩が増えてきてしまった・・・。
お互いが思いやれなくなったのはなぜだろう・・?
周りが幸せに見えてくる・・・
うらやましい目で見てしまう・・・
いいな・・あの家の人は新車買ったのかー、我が家は貧乏・・・とても新車になんて手がでない
いいな・・・家に友達呼んでいるのかー、うらやましいな・・・
今、私、頭おかしいのかな・・・
ものすごく動揺してる・・・
この動揺はなんなんだろう・・・

 ■ こころのお便り
心が不安定になってる時期なのかもしれません。どうしたら心が満たされるかを考えるチャンスかもしれませんよ。うらやましい気持ちを自分も見習おうという気持ちにかえてみるといいと思いますよ。(ありんこより)


  妻へ、娘へ、ごめんなさい。 2002/08/25(Sun)08:35
Witten by [ tsucchie ]
妻へ。
君が、俺の事を何とも思って無いなんて、勝手な誤解をしていてごめん。
その誤解のおかげで、俺は本気の浮気をして、君を傷つけてしまった。
君が、留守ばかりする俺の稼ぎで何か買う時、いつも俺に手をあわせて感謝していたなんて知らなかった。俺の好きな歌にこんな歌詞があるよ。
「愛は何時の日にも、そこにあるものだった。
見えなくなり始めて、慌てて抱きしめても、君の笑顔はガラスの向こう側」
今夜、彼女にあって、けじめをつけようと思う。
どうなるかなんてまるでわからないけど、
いまは、ごめんしかいえない。

娘へ。
いつも、留守ばかりのパパでごめんね。
ホントはもっと君とあそんであげたいんだ。
まだ、五歳の君に、こんなに寂しい思いをさせて、
ごめんね。
今日のお祭りもいっしょにいきたかったね。
かわいいゆかたきて、かたぐるまして、わたあめ買って欲しかったんだよねパパに。
今日はひさしぶりのおやすみだから、
パパと一緒に公園に行こう。
君は僕達の宝なんだよ。
なのに、こんなにつらいおもいをさせてごめん。
別々に暮らすことになったけど、きみは、パパとママの娘だから。
君たちにはいくら懺悔しても足りない。
ごめん。本当にバカな男でごめん。

 ■ こころのお便り
今は信用をなくしてしまったかもしれないけど、これから誠意をもって接すればいつか許してくれる日がくるはずです。それまではつらいかもしれないけど、がんばってくださいね。(ありんこより)


  家族へ 2002/08/23(Fri)17:13
Witten by [ フィルム ]
ごめん。
今死のうとしました。
馬鹿だ・・・
死んじゃいけない・・・・
いけないんだ・・・・

 ■ こころのお便り
ときには苦しくなって死のうと思ってしまうときがあるかもしれません。でも自分で死を選ぶということはとても悲しいことだと思います。望まなくても人は死ぬのに、なぜ自分から死を急ぐのでしょうか。どんなに苦しくても生きる選択をしてほしいと思います。フィルムさんはそれに気づいて生きる選択をしているんですね。(^-^)(ありんこより)


  ごめんなさい。 2002/08/22(Thu)22:30
Witten by [ ショウ ]
みんな、俺が何をしたかは分からないけど、仲間はずれにされるようなことをしたなら誤る、ごめんな。俺が悪いのかは自分では分からないけど、きっと皆を傷つけるような事したんだろうな、ごめん。

 ■ こころのお便り
ショウさん、その心をしっかりともって、もう一度アプローチしてみてください。きっと相手に伝わるものがあるはずです。そしたらまた新しい関係が出来るはず。頑張ってくださいね(四つ葉より)


  傷つけたあの人へ 2002/08/21(Wed)17:30
Witten by [ ラビ ]
例えば、誰かにきつく言いくるめ
られそうになったとき、
自分の考えを曲げることなく
押し通せる自信など、ぼくにはありません。

だからぼくは、口先だけの男とか、
偽善者だとか言われても、無理はないんです。
卑しさを指摘されても、否定すらできません。

優しい人たちが囁くほど
ぼくは正しい人間でもないはずなのに
あなたの全てを否定したね。
ごめんなさい。

自分以外が「人でなし」だなんて
二十歳を過ぎても、信じていたの。

せめてうらみを買うのも人生のうちだと
開き直って、ぼくはこれから進んでいきます。

被害者のままで、古傷をしゃぶって
生きていくのは、もう嫌だから。

うぬぼれも、減らします。
手に入らないものもある、と諦めます。
上を向いて歩きます。
目を閉じて、じっくり自分を見つめます。
全部やり直します。
ありがとう。

さようなら。

 ■ こころのお便り
ラビさん、元気出してください。すべて自分の過去の経験として、こころの糧としてこれからを強く生きてください。応援していますよ。(四つ葉より)


  ごめんなさい。 2002/08/21(Wed)01:29
Witten by [ ピーチ ]
あなたらしくないあなたをみて、私なりの意見を言ったつもり。でもあなたは私だって「変わってない」って言った。愛されてると思ってたから、いつも少しワガママになれた。今日はそれが許されなかった。。 あたしって弱い。自分のするべきことから逃げてる。。 まるで神様が彼を通して私に忠告したようだった。そんな日。

 ■ こころのお便り
ピーチさん。自分のこころの弱さ、そしてマイナス面に気づいたあなたは素晴らしいです。
これからは、それを乗り越えるためにもう一歩努力してください。(四つ葉より)


  ごめんね。でも 2002/08/20(Tue)23:53
Witten by [ とら ]
両親へ

ごめんなさい。
いつもいつも迷惑かけてたね。
あの頃の荒れた私を忘れろとは言わないよ。
でも、いつかは忘れさせるくらいに立派になりたいと思っているよ。

ごめんね、いっぱい苦労かけさせたね。

待っててね。
いつか「ごめんなさい」じゃなくて
「ありがとう」って言ってみせるからね。
待っててね。

 ■ こころのお便り
とらさん。これからは過去の分まで絶対に頑張ってネ!応援しています!(四つ葉より)


  ごめんなさい 2002/08/18(Sun)08:52
Witten by [ NOON ]
妻へ、娘へ

私は浮気をしてしまいました。
愛する妻と娘がいながらも他の人に心が動いてしまいました。
自分のした事に心から反省しています。
毎日反省の気持ちを込めたメールを送ってます。
今までたくさん嘘をつきました。
浮気相手にも嘘をついてしまいました。
ごめんなさいで許されることでないことは分かっています。
でも離婚したくありません。
本当に妻と娘を心から愛してます。
3人でやり直したい気持ちです。

本当にごめんなさい

 ■ こころのお便り
moonさん。そのこころはきっと奥さんと娘さんに伝わると思いますよ。今はじっと真摯な気持ちで、関係の修復を。(四つ葉より)


/ 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 /
/ 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 /
/ 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30 /
/ 31 / 32 / 33 / 34 / 35 / 36 / 37 / 38 / 39 / 40 /
/ 41 / 42 / 43 / 44 / 45 / 46 / 47 / 48 / 49 / 50 /
/ 51 / 52 / 53 / 54 / 55 / 56 / 57 / 58 / 59 / 60 /
/ 61 / 62 / 63 / 64 / 65 / 66 / 67 / 68 / 69 / 70 /
/ 71 / 72 / 73 / 74 / 75 / 76 / 77 / 78 / 79 / 80 /
/ 81 / 82 / 83 / 84 / 85 / 86 / 87 / 88 / 89 / 90 /
/ 91 / 92 / 93 / 94 / 95 / 96 / 97 / 98 / 99 / 100 /
/ 101 / 102 / 103 / 104 / 105 / 106 / 107 / 108 / 109 / 110 /
/ 111 / 112 / 113 / 114 / 115 / 116 / 117 / 118 / 119 / 120 /
/ 121 / 122 / 123 / 124 / 125 / 126 / 127 / 128 / 129 / 130 /
/ 131 / 132 / 133 / 134 / 135 / 136 / 137 / 138 / 139 / 140 /
/ 141 / 142 / 143 / 144 / 145 / 146 / 147 / 148 / 149 / 150 /
/ 151 / 152 / 153 / 154 / 155 / 156 / 157 / 158 / 159 / 160 /
/ 161 / 162 / 163 / 164 / 165 / 166 / 167 / 168 / 169 / 170 /
/ 171 / 172 / 173 / 174 / 175 / 176 / 177 / 178 / 179 / 180 /
/ 181 / 182 / 183 / 184 / 185 / 186 / 187 / 188 / 189 / 190 /
/ 191 / 192 / 193 / 194 / 195 / 196 / 197 / 198 / 199 / 200 /
/ 201 / 202 / 203 / 204 / 205 / 206 / 207 / 208 / 209 / 210 /
/ 211 / 212 / 213 / 214 / 215 / 216 / 217 / 218 / 219 / 220 /
/ 221 / 222 / 223 / 224 / 225 / 226 / 227 / 228 / 229 / 230 /
/ 231 / 232 / 233 / 234 / 235 / 236 / 237 / 238 / 239 / 240 /
/ 241 / 242 / 243 / 244 / 245 / 246 / 247 / 248 / 249 / 250 /
/ 251 / 252 / 253 / 254 / 255 / 256 / 257 / 258 / 259 / 260 /
/ 261 / 262 / 263 / 264 / 265 / 266 / 267 / 268 / 269 / 270 /
/ 271 / 272 / 273 / 274 / 275 / 276 / 277 / 278 / 279 / 280 /
/ 281 / 282 / 283 / 284 / 285 / 286 / 287 / 288 / 289 / 290 /
/ 291 / 292 / 293 / 294 / 295 / 296 / 297 / 298 / 299 / 300 /
/ 301 / 302 / 303 / 304 / 305 / 306 / 307 / 308 / 309 / 310 /
/ 311 / 312 / 313 / 314 / 315 / 316 / 317 / 318 / 319 / 320 /
/ 321 / 322 / 323 / 324 / 325 / 326 / 327 / 328 / 329 / 330 /
/ 331 / 332 / 333 / 334 / 335 / 336 / 337 / 338 / 339 / 340 /
/ 341 / 342 / 343 / 344 / 345 / 346 / 347 / 348 / 349 / 350 /
/ 351 / 352 / 353 / 354 / 355 / 356 / 357 / 358 / 359 / 360 /
/ 361 / 362 / 363 / 364 / 365 / 366 / 367 / 368 / 369 / 370 /
/ 371 / 372 / 373 / 374 / 375 / 376 / 377 / 378 / 379 / 380 /
/ 381 / 382 / 383 / 384 / 385 / 386 / 387 / 388 / 389 / 390 /
/ 391 / 392 / 393 / 394 / 395 / 396 / 397 / 398 / 399 / 400 /
/ 401 / 402 / 403 / 404 / 405 / 406 / 407
【投稿する】

癒しのポエム〜心のメッセージ トップページへ戻る
copyright© 2001-2009 心の癒し
designed by
programmed by
powered by
ともとも
松本竜弥のそれ憧れるのょ
占い開運癒しの占星術
占い相談
無料占い恋愛
パワーストーン恋愛専科