こころの掲示板

* ごめんなさい *

あのことが悔いに残って、どうしても心が晴れません。
そんなとき、あなたの思いを伝えてください。
そして、心の重荷をそっとおろしましょう。


【投稿する】
サイト内検索:


  妻へ、娘へ、ごめんなさい。 2002/08/25(Sun)08:35
Witten by [ tsucchie ]
妻へ。
君が、俺の事を何とも思って無いなんて、勝手な誤解をしていてごめん。
その誤解のおかげで、俺は本気の浮気をして、君を傷つけてしまった。
君が、留守ばかりする俺の稼ぎで何か買う時、いつも俺に手をあわせて感謝していたなんて知らなかった。俺の好きな歌にこんな歌詞があるよ。
「愛は何時の日にも、そこにあるものだった。
見えなくなり始めて、慌てて抱きしめても、君の笑顔はガラスの向こう側」
今夜、彼女にあって、けじめをつけようと思う。
どうなるかなんてまるでわからないけど、
いまは、ごめんしかいえない。

娘へ。
いつも、留守ばかりのパパでごめんね。
ホントはもっと君とあそんであげたいんだ。
まだ、五歳の君に、こんなに寂しい思いをさせて、
ごめんね。
今日のお祭りもいっしょにいきたかったね。
かわいいゆかたきて、かたぐるまして、わたあめ買って欲しかったんだよねパパに。
今日はひさしぶりのおやすみだから、
パパと一緒に公園に行こう。
君は僕達の宝なんだよ。
なのに、こんなにつらいおもいをさせてごめん。
別々に暮らすことになったけど、きみは、パパとママの娘だから。
君たちにはいくら懺悔しても足りない。
ごめん。本当にバカな男でごめん。

 ■ こころのお便り
今は信用をなくしてしまったかもしれないけど、これから誠意をもって接すればいつか許してくれる日がくるはずです。それまではつらいかもしれないけど、がんばってくださいね。(ありんこより)


  家族へ 2002/08/23(Fri)17:13
Witten by [ フィルム ]
ごめん。
今死のうとしました。
馬鹿だ・・・
死んじゃいけない・・・・
いけないんだ・・・・

 ■ こころのお便り
ときには苦しくなって死のうと思ってしまうときがあるかもしれません。でも自分で死を選ぶということはとても悲しいことだと思います。望まなくても人は死ぬのに、なぜ自分から死を急ぐのでしょうか。どんなに苦しくても生きる選択をしてほしいと思います。フィルムさんはそれに気づいて生きる選択をしているんですね。(^-^)(ありんこより)


  ごめんなさい。 2002/08/22(Thu)22:30
Witten by [ ショウ ]
みんな、俺が何をしたかは分からないけど、仲間はずれにされるようなことをしたなら誤る、ごめんな。俺が悪いのかは自分では分からないけど、きっと皆を傷つけるような事したんだろうな、ごめん。

 ■ こころのお便り
ショウさん、その心をしっかりともって、もう一度アプローチしてみてください。きっと相手に伝わるものがあるはずです。そしたらまた新しい関係が出来るはず。頑張ってくださいね(四つ葉より)


  傷つけたあの人へ 2002/08/21(Wed)17:30
Witten by [ ラビ ]
例えば、誰かにきつく言いくるめ
られそうになったとき、
自分の考えを曲げることなく
押し通せる自信など、ぼくにはありません。

だからぼくは、口先だけの男とか、
偽善者だとか言われても、無理はないんです。
卑しさを指摘されても、否定すらできません。

優しい人たちが囁くほど
ぼくは正しい人間でもないはずなのに
あなたの全てを否定したね。
ごめんなさい。

自分以外が「人でなし」だなんて
二十歳を過ぎても、信じていたの。

せめてうらみを買うのも人生のうちだと
開き直って、ぼくはこれから進んでいきます。

被害者のままで、古傷をしゃぶって
生きていくのは、もう嫌だから。

うぬぼれも、減らします。
手に入らないものもある、と諦めます。
上を向いて歩きます。
目を閉じて、じっくり自分を見つめます。
全部やり直します。
ありがとう。

さようなら。

 ■ こころのお便り
ラビさん、元気出してください。すべて自分の過去の経験として、こころの糧としてこれからを強く生きてください。応援していますよ。(四つ葉より)


  ごめんなさい。 2002/08/21(Wed)01:29
Witten by [ ピーチ ]
あなたらしくないあなたをみて、私なりの意見を言ったつもり。でもあなたは私だって「変わってない」って言った。愛されてると思ってたから、いつも少しワガママになれた。今日はそれが許されなかった。。 あたしって弱い。自分のするべきことから逃げてる。。 まるで神様が彼を通して私に忠告したようだった。そんな日。

 ■ こころのお便り
ピーチさん。自分のこころの弱さ、そしてマイナス面に気づいたあなたは素晴らしいです。
これからは、それを乗り越えるためにもう一歩努力してください。(四つ葉より)


  ごめんね。でも 2002/08/20(Tue)23:53
Witten by [ とら ]
両親へ

ごめんなさい。
いつもいつも迷惑かけてたね。
あの頃の荒れた私を忘れろとは言わないよ。
でも、いつかは忘れさせるくらいに立派になりたいと思っているよ。

ごめんね、いっぱい苦労かけさせたね。

待っててね。
いつか「ごめんなさい」じゃなくて
「ありがとう」って言ってみせるからね。
待っててね。

 ■ こころのお便り
とらさん。これからは過去の分まで絶対に頑張ってネ!応援しています!(四つ葉より)


  ごめんなさい 2002/08/18(Sun)08:52
Witten by [ NOON ]
妻へ、娘へ

私は浮気をしてしまいました。
愛する妻と娘がいながらも他の人に心が動いてしまいました。
自分のした事に心から反省しています。
毎日反省の気持ちを込めたメールを送ってます。
今までたくさん嘘をつきました。
浮気相手にも嘘をついてしまいました。
ごめんなさいで許されることでないことは分かっています。
でも離婚したくありません。
本当に妻と娘を心から愛してます。
3人でやり直したい気持ちです。

本当にごめんなさい

 ■ こころのお便り
moonさん。そのこころはきっと奥さんと娘さんに伝わると思いますよ。今はじっと真摯な気持ちで、関係の修復を。(四つ葉より)


  ごめんね。 2002/08/18(Sun)01:38
Witten by [ てつ ]
7ヶ月という短い間、彼女と知り合えてとてもよかった。自分がバツイチでありながらもあたたかく受け止めてくれた。 彼女といる時が一番笑えたような気がする。別れてから今日まで一度も笑っていない。自分が彼女の気持ちを支えてやれなく彼女を手放してしまった。  
でもこの経験をできたおかげで相手の気持ちをよく考えて行動する様になった。
もうこんな思いはしたくない。
そしてもう一度会って握手をして別れたい。
お互い辛い別れだったから。
1億3000万分の1の確立であなたに会えた事を
感謝しています。
あなたの心を乱してしまってごめんね。

 ■ こころのお便り
てつさんの優しい気持ちはきっと相手にも伝わっていると思います。これからまた新しい一歩を大切にしてくださいね。(四つ葉より)


  私もね・・・ 2002/08/15(Thu)23:18
Witten by [ うみ ]
大好きな友達のこと

知り合って仲良くなってから
ずっと貴女は貴女の話しかしない

私が私の話をしていても
気が付くと貴女の話に置き換わっている

私のことを
カウンセラーと勘違いしていて
未だに私にカウンセラーになれ、と言う

でも
ごめんね。

私だって
誰かに聴いて欲しい話もあるの・・・

 ■ こころのお便り
友達と話す時ってお互いが順番に自分のことを話すって感じですよね。相手のことばっかりだとちょっとつらいですね。しかもカウンセラーになれ、なんて。うみさんも話したい時があって当然ですよね。他に話す友達を探すか、聞いてもらえるように話できればいいですね。(ありんこより)


  約束やぶっちゃった 2002/08/15(Thu)22:05
Witten by [ のりこ ]
ごめんなさい・・・・
彼氏がいた事、喋っちゃった。
1人にしか言ってなかったのにね。
私はAに言っただけ。でもYにも知られてしまった。ホント、口軽いよね。でも去年からいたなんて。ビックリした。
黙ってるのはホントに私にとって重荷でした。

でも、喋ったことは謝ります。ごめんなさい。
口が堅い人なんて実際いないよ。。。

 ■ こころのお便り
秘密を守るのってなかなか大変なのかもしれませんね。でも、のりこさんが親友に大切なことを話したら秘密にしててほしいと思いませんか?どうしても守れないならこれからは友達と誤解のないように努力したいですね。ちなみに、私の友達には口が堅い人が何人もいますよ。のりこさんはこれから知り合うのかもしれませんね。(ありんこより)


/ 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 /
/ 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 /
/ 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30 /
/ 31 / 32 / 33 / 34 / 35 / 36 / 37 / 38 / 39 / 40 /
/ 41 / 42 / 43 / 44 / 45 / 46 / 47 / 48 / 49 / 50 /
/ 51 / 52 / 53 / 54 / 55 / 56 / 57 / 58 / 59 / 60 /
/ 61 / 62 / 63 / 64 / 65 / 66 / 67 / 68 / 69 / 70 /
/ 71 / 72 / 73 / 74 / 75 / 76 / 77 / 78 / 79 / 80 /
/ 81 / 82 / 83 / 84 / 85 / 86 / 87 / 88 / 89 / 90 /
/ 91 / 92 / 93 / 94 / 95 / 96 / 97 / 98 / 99 / 100 /
/ 101 / 102 / 103 / 104 / 105 / 106 / 107 / 108 / 109 / 110 /
/ 111 / 112 / 113 / 114 / 115 / 116 / 117 / 118 / 119 / 120 /
/ 121 / 122 / 123 / 124 / 125 / 126 / 127 / 128 / 129 / 130 /
/ 131 / 132 / 133 / 134 / 135 / 136 / 137 / 138 / 139 / 140 /
/ 141 / 142 / 143 / 144 / 145 / 146 / 147 / 148 / 149 / 150 /
/ 151 / 152 / 153 / 154 / 155 / 156 / 157 / 158 / 159 / 160 /
/ 161 / 162 / 163 / 164 / 165 / 166 / 167 / 168 / 169 / 170 /
/ 171 / 172 / 173 / 174 / 175 / 176 / 177 / 178 / 179 / 180 /
/ 181 / 182 / 183 / 184 / 185 / 186 / 187 / 188 / 189 / 190 /
/ 191 / 192 / 193 / 194 / 195 / 196 / 197 / 198 / 199 / 200 /
/ 201 / 202 / 203 / 204 / 205 / 206 / 207 / 208 / 209 / 210 /
/ 211 / 212 / 213 / 214 / 215 / 216 / 217 / 218 / 219 / 220 /
/ 221 / 222 / 223 / 224 / 225 / 226 / 227 / 228 / 229 / 230 /
/ 231 / 232 / 233 / 234 / 235 / 236 / 237 / 238 / 239 / 240 /
/ 241 / 242 / 243 / 244 / 245 / 246 / 247 / 248 / 249 / 250 /
/ 251 / 252 / 253 / 254 / 255 / 256 / 257 / 258 / 259 / 260 /
/ 261 / 262 / 263 / 264 / 265 / 266 / 267 / 268 / 269 / 270 /
/ 271 / 272 / 273 / 274 / 275 / 276 / 277 / 278 / 279 / 280 /
/ 281 / 282 / 283 / 284 / 285 / 286 / 287 / 288 / 289 / 290 /
/ 291 / 292 / 293 / 294 / 295 / 296 / 297 / 298 / 299 / 300 /
/ 301 / 302 / 303 / 304 / 305 / 306 / 307 / 308 / 309 / 310 /
/ 311 / 312 / 313 / 314 / 315 / 316 / 317 / 318 / 319 / 320 /
/ 321 / 322 / 323 / 324 / 325 / 326 / 327 / 328 / 329 / 330 /
/ 331 / 332 / 333 / 334 / 335 / 336 / 337 / 338 / 339 / 340 /
/ 341 / 342 / 343 / 344 / 345 / 346 / 347 / 348 / 349 / 350 /
/ 351 / 352 / 353 / 354 / 355 / 356 / 357 / 358 / 359 / 360 /
/ 361 / 362 / 363 / 364 / 365 / 366 / 367 / 368 / 369 / 370 /
/ 371 / 372 / 373 / 374 / 375 / 376 / 377 / 378 / 379 / 380 /
/ 381 / 382 / 383 / 384 / 385 / 386 / 387 / 388 / 389 / 390 /
/ 391 / 392 / 393 / 394 / 395 / 396 / 397 / 398 / 399 / 400 /
/ 401 / 402 / 403 / 404 / 405 / 406 / 407 / 408
【投稿する】

癒しのポエム〜心のメッセージ トップページへ戻る
copyright© 2001-2009 心の癒し
designed by
programmed by
powered by
ともとも
松本竜弥のそれ憧れるのょ
占い開運癒しの占星術
占い相談
無料占い恋愛
パワーストーン恋愛専科