こころの掲示板

毎日の生活の中で、悩み、苦しみの中であなたが発見した
小さな気づきを教えてください。多くの方がこの気づきに
よって癒されるでしょう。



【投稿する】
サイト内検索:


  こころ 2006/01/20(Fri)11:23
Witten by [ なおなお ]
体を壊した。自分でコントロールできないくらい体に次々と色んな症状がでてつらかった。でも。。。体壊したのは、人のせいじゃなく、自分の心の持ち方であると。自分の中でけいけんした。ましになった今、ほんま色んな事が、ありがたく、人生楽しくなった。すごいです。

≪規約同意済み≫



  部活を辞めたら 2006/01/17(Tue)21:37
Witten by [ 茉莉 ]
家の経済的理由で辞めた部活
ちっとも上手じゃないのに試合に行く度に
母親の愚痴を聞くのはしんどかった

家に帰るといっつも兄への仕送りの話か
祖母との喧嘩ばっかりだったのでバイトばっかりだった16の頃

また部活を辞めてしまった
自分としては一生懸命だったので
もう部活は卒業だと思っている
だって〜脚とか細くしたいし〜・・・

また母親にお金のことばっかり文句を言われる毎日です

早く働かなきゃいけない
好きなことは仕事にしないほうがいいのかな??
げっそりするほど働いているほうが自分には似あっているのかしら?
バイトから帰ると英語の宿題やって寝るのは午前1時過ぎ〜 だった〜
 微分積分が今は無いだけましかな〜??
 勉強が難しすぎて恋愛のこと真剣に考える暇なかった〜。

はやく働こう。。。






  ココロガワリ 2006/01/17(Tue)15:24
Witten by [ *true* ]
去年すごく好きだったチョコ
今年は普通にしか思えなかった
こんな風に気持ちもきっと変わるもので
来年の今頃には
心から笑えているといいな
そして進むべき道が見えているといいな
≪規約同意済み≫



  親 2006/01/17(Tue)01:15
Witten by [ 奈☆ ]
いつも色々と言ってくると、「うるさい」なんて素直に聞けない自分がいる。
でも心の中では「ちゃんと聞かなきゃ」って思ってる。何で簡単に出来ることが出来ないんだろう・・・「素直」って以外と難しい・・・・

いつも親は言う。「素直な子になれよ。」と。
「うん・・」私はその気持ちが分かりながらもすぐ反発しちゃう(;_;)何でかなー。。

親が嫌いとかじゃない。むしろ大好き★
こんな私を身近で育ててくれる親に感謝〜。

やっぱり親がいると心強いな・・・
≪規約同意済み≫



      2006/01/16(Mon)21:33
Witten by [ *true* ]
どんなに泣いても
もうなにも
あなたにはつたわらない
つたえられない
≪規約同意済み≫



  幸せになるために・・・ 2006/01/16(Mon)06:58
Witten by [ ちこ ]
変わりたいと思ってた。こんな自分から、こんな生活から抜け出したいと願ってた。同じ場所を行ったりきたりで何も変わらず、ずっと空回りで、そんな自分がすごく情けなかった。

ほんの少しの勇気で私は変われることに最近気づいた。笑われたっていい。人より少し時間がかかったっていい。わかってくれる人が、気づいてくれる人がきっと必ずいるから・・・。

私は私をもっと好きになっていいんだ。もっと大事にしていいんだ。だから、私も私を大切に想ってくれる人たちと長く付き合っていきたい。大事にしていきたい。

幸せになるために・・
≪規約同意済み≫



  優しい手 2006/01/15(Sun)22:45
Witten by [ ヒヤシンスの球根 ]
初めて校庭に雪が積もった日、
私は教室へ着いたとたん、ランドセルをほっぽって、急いで外へかけ出た。すると、
「寒いねぇ、手袋しなくていいの?」君が言った。
「平気、平気。今から取りに行ってたら、時間無くなっちゃうじゃん。」私はそう返した。
休み時間が終わって教室へ入ると、手がまがらないほど冷たくて、えんぴつなんて握れなかった。
そうすると、
「あぁ〜あ、だから言ったのに・・」って君は私の冷たい氷のような手をそっと包んだ。さっき、同じように遊んでたのに、君の手は温かかった。ほかほかした君の手が優しくて、ほっと安心した。
「次はちゃんと手袋つけた方がいいよ」って君は言ったんだ。私は「ありがとう」って返した。
そんな君が私の一番大切な友達だよ。  



     2006/01/15(Sun)16:40
Witten by [ *true* ]
心と言葉だけで繋がっていた二人だった
ただそれだけなのにどうしてこんなに・・
≪規約同意済み≫



  ……… 2006/01/15(Sun)09:15
Witten by [ 茶色の小瓶 ]

 月の下でふと考える。何が起こっているのか、私が何が出来るのか。

 とりあえず置いておいて、

 今頬の筋肉を最大限に使って笑えることこそ、私が生きているということ。

 煙のような靄がかかった日々の中で、太陽の光を喜びと感じたい。


≪規約同意済み≫



  上 2006/01/14(Sat)22:23
Witten by [ kain ]
空が何色かなんて知ってた
だから空を見たことなかった
でも
ふいに上を見て
蒼が見えた
深い深い蒼
蒼穹が そこにはあったんだ

≪規約同意済み≫



/ 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 /
/ 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 /
/ 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30 /
/ 31 / 32 / 33 / 34 / 35 / 36 / 37 / 38 / 39 / 40 /
/ 41 / 42 / 43 / 44 / 45 / 46 / 47 / 48 / 49 / 50 /
/ 51 / 52 / 53 / 54 / 55 / 56 / 57 / 58 / 59 / 60 /
/ 61 / 62 / 63 / 64 / 65 / 66 / 67 / 68 / 69 / 70 /
/ 71 / 72 / 73 / 74 / 75 / 76 / 77 / 78 / 79 / 80 /
/ 81 / 82 / 83 / 84 / 85 / 86 / 87 / 88 / 89 / 90 /
/ 91 / 92 / 93 / 94 / 95 / 96 / 97 / 98 / 99 / 100 /
/ 101 / 102 / 103 / 104 / 105 / 106 / 107 / 108 / 109 / 110 /
/ 111 / 112 / 113 / 114 / 115 / 116 / 117 / 118 / 119 / 120 /
/ 121 / 122 / 123 / 124 / 125 / 126 / 127 / 128 / 129 / 130 /
/ 131 / 132 / 133 / 134 / 135 / 136 / 137 / 138 / 139 / 140 /
/ 141 / 142 / 143 / 144 / 145 / 146 / 147 / 148 / 149 / 150 /
/ 151 / 152 / 153 / 154 / 155 / 156 / 157 / 158 / 159 / 160 /
/ 161 / 162 / 163 / 164 / 165 / 166 / 167 / 168 / 169 / 170 /
/ 171 / 172 / 173 / 174 / 175 / 176 / 177 / 178 / 179 / 180 /
/ 181 / 182 / 183 / 184 / 185 / 186 / 187 / 188 / 189 / 190 /
/ 191 / 192 / 193 / 194 / 195 / 196 / 197 / 198 / 199 / 200 /
/ 201 / 202 / 203 / 204 / 205 / 206 / 207 / 208 / 209 / 210 /
/ 211 / 212 / 213 / 214 / 215 / 216 / 217 / 218 / 219 / 220 /
/ 221 / 222 / 223 / 224 / 225 / 226 / 227 / 228 / 229 / 230 /
/ 231 / 232 / 233 / 234 / 235 / 236 / 237 / 238 / 239 / 240 /
/ 241 / 242 / 243 / 244 / 245 / 246 / 247 / 248 / 249 / 250 /
/ 251 / 252 / 253 / 254 / 255 / 256 / 257 / 258 / 259 / 260 /
/ 261 / 262 / 263 / 264 / 265 / 266 / 267 / 268 / 269 / 270 /
/ 271 / 272 / 273 / 274 / 275 / 276 / 277 / 278 / 279 / 280 /
/ 281 / 282 / 283 / 284 / 285 / 286 / 287 / 288 / 289 / 290 /
/ 291 / 292 / 293 / 294 / 295 / 296 / 297 / 298 / 299 / 300 /
/ 301 / 302 / 303 / 304 / 305 / 306 / 307 / 308 / 309 / 310 /
/ 311 / 312 / 313 / 314 / 315 / 316 / 317 / 318 / 319 / 320 /
/ 321 / 322 / 323 / 324 / 325 / 326 / 327 / 328 / 329 / 330 /
/ 331 / 332 / 333 / 334 / 335 / 336 / 337 / 338 / 339 / 340 /
/ 341 / 342 / 343 / 344 / 345 / 346 / 347 / 348 / 349 / 350 /
/ 351 / 352 / 353 / 354 / 355 / 356 / 357 / 358 / 359 / 360 /
/ 361 / 362 / 363 / 364 / 365 / 366 / 367 / 368 / 369 / 370 /
/ 371 / 372 / 373 / 374 / 375 / 376 / 377 / 378 / 379 / 380 /
/ 381 / 382 / 383 / 384 / 385 / 386 / 387 / 388 / 389 / 390 /
/ 391 / 392 / 393 / 394 / 395 / 396 / 397 / 398 / 399 / 400 /
/ 401 / 402 / 403 / 404 / 405 / 406 / 407 / 408 / 409 / 410 /
/ 411 / 412 / 413 / 414 / 415 / 416 / 417 / 418 / 419 / 420 /
/ 421 / 422 / 423 / 424 / 425 / 426 / 427 / 428 / 429 / 430 /
/ 431 / 432 / 433 / 434 / 435 / 436 / 437 / 438 / 439 / 440 /
/ 441 / 442 / 443
【投稿する】

癒しのポエム〜心のメッセージ トップページへ戻る
copyright© 2001-2009 心の癒し
designed by
programmed by
powered by
ともとも
松本竜弥のそれ憧れるのょ
占い開運癒しの占星術
占い相談
無料占い恋愛
パワーストーン恋愛専科