こころの掲示板

毎日の生活の中で、悩み、苦しみの中であなたが発見した
小さな気づきを教えてください。多くの方がこの気づきに
よって癒されるでしょう。



【投稿する】
サイト内検索:


  私はそんな経験はないけれど 2003/04/09(Wed)19:15
Witten by [ はるた ]
好きな人が死んでしまったら、私はどうするのだろう。しばらくは恋はできないかもしれない。
死んでしまったら、もう二度と会えない。思いを告げるにも、墓石の前でしか告げれない。
好きな人が死んでしまったという人、とても辛いと思うんです。悲しいの一言じゃ済まないです。
大切な人を亡くしたときの、人の心の拠り所ってどこなんでしょうか。

こころのお便り
とても大きなショックをうけるでしょうね。そこから何を感じて生きていくか。答えを探すのは大変だと思います。そしてその答えもひとつではないと思います。それでも前を向いて歩いていってほしいと思います。
(ありんこより)


  憧れ 2003/04/05(Sat)22:37
Witten by [ Pn ]
僕は、ほんの数日だけバイトをした。
すごく辛かった。
結局辞めてきた。
今日そのバイトをしていた所に制服を返しに行った。
すごく後ろめたかった。
たった数日で辞めたのだ。いろいろな人の中から選ばれて、期待されて、たくさん教えてもらって、たくさん迷惑かけて。そして急に辞めたのだから。
なのに…優しすぎる、あの人は。
他の人は絶対ムカついてるのに。だって言っていた。前、辞めた人の事。ムカついてるって。だから、僕も。。
なのに…あの人は
「お疲れ様」って。。
涙が出てきた。僕が後ろめたくておどおどしてるのに。逃げ出すように帰って行くのに。
なんて人間が出来てる人なんだ。
僕がなりたい人はこんなに遠かったんだ。。
このことは絶対忘れない。

こころのお便り
そういう風に思っていること、その相手の人に通じてるから「お疲れ様」って言ってくれたのかもしれませんね。見習いたいですよね。そして制服をちゃんと返しにいったわけだし、Pnさんは礼儀正しいと思いますよ。
(ありんこより)


  気づいたこと 2003/04/03(Thu)21:00
Witten by [ 昭代 ]
「抵抗しないこと」
「感情を感じること  その中を通り過ぎる」
「気づいて 解放する」

努力も大切で、自分でやっていくことも 大切だけど・・・
「何でもかんでも 自分一人で やろうとしないこと  ひとりではないのだから」
「一度、立ち止まること」
「もっと大きな力に比べれば、自分一人の力は限られている
無理せず、信頼して 助けを求める」
「信頼して ゆだねる  あけわたす」

「力を抜いて、休む  重荷をおろす」

こころのお便り
努力は大切ですよね。
でも無理はしすぎないほうがいいですよね。ときにはそっと荷物をおろしましょう。(ありんこより)


  !!! 2003/04/03(Thu)19:56
Witten by [ みき ]
苦しみを知ってたら他人にやさしくなれるのって本当だったんだぁー・・・・。

こころのお便り
挫折を知らずに人のことを理解できる人がいたら天才だと思います。苦しみを知っている人が得たものは意外に大きいはずです。
(ありんこより)


  思ったこと。 2003/04/03(Thu)18:38
Witten by [ 綾華。 ]
誰にでも平等に接することが優しさではない。

こころのお便り
なるほど。
そういう考え方もありますよね。その気づきをこれからにいかしていってくださいね。(ありんこより)


  最終的には自分。 2003/04/02(Wed)22:33
Witten by [ めるも ]
お薬も、神サマも、お医者さんも、大事なんだけど。

最終的には、自分なんだなって思う。

自分が治す。自分が癒す。自分が生きていく。


・・・ふと、思ったのでした。

こころのお便り
そうですね。
自分自身ですることってありますよね。
運命みたいなものもあるだろうけど、自分にできる努力をしていきたいなって思いますね。
(ありんこより)


  神々からのメッセージ2 2003/03/25(Tue)22:10
Witten by [ マリア ]
きづきはいつ訪れるのでしょう。
あなたがたの、心の夜明けはいつになるのでしょう。         
夜は必ず明けますが、きづきの夜はいつになっても明けないこともあるのです。
それは、あなたがたが夜を選ぶからです。
暗闇を選び、寒いところに居続けることを選んでいるのは自分の心です。
そこが、自分本来の場ではないときづいてください。
寒い、と嘆く前に、いいえ、嘆いても、そこを抜け出していいのだと気づいてください。
いいことほど許しを得なければいけないと思わされている人が多すぎます。
その許しはどこからやってくるのですか。自分ですよ。
許しとは、本来そういうものではないのです。
愛は、遍く在ります。光も遍くゆきわたっております。
そして命も揺らぎの一部。
サナートクマラどのもそう申されているでしょう。

愛を満たすことは、おのれを満たすことです。けしてどこかが減ることはありません。
まことの愛はそういうものです。
おのれを満たしなさい。おのれを癒しなさい。赦しを溢れさせなさい。
それがおのれを救い、ひいてはやがて地球を救うことにもつながります。
光の龍は放たれました。
生きとし生けるもの、すべての海に還るこのとき、
天の救いと見るか、それとも闇の到来と見るかは人の意識にかかっているのです。

こころのお便り
同じことがおきていても人の捉え方で変わってくることってありますよね。都合よく、ではなく前向きに受け止められたらいいですよね。
(ありんこより)


  神々からのメッセージ1 2003/03/25(Tue)22:07
Witten by [ マリア ]
空を見よ 風を見よ

我は どこにでもいる

そなたらの心に宿る愛は わが愛と同じ

一滴の朝露のなかに

一枚の木の葉のなかに 愛は宿ろう

この唄が聞えぬか 遠い未来から聞えてくる唄

おのれを愛せ 満たされたなら 友を愛せ

さびしいのなら そばにいよう

そなたの心の小さな光のしずくとなって 我はそなたに愛をそそごう

遙かなときを越えて そなたらは思い出すかもしれぬ

愛こそが宇宙を生んだのだということを

見つめあい 愛し合い 一滴のしずくからすべてが始まった

何度でも伝えよう

そなたらはみな わが愛によって生まれた

愛せよ

ただ 満ちてゆくこのときを 愛せよ


---サナートクラマ---

こころのお便り
すべてを愛することってとても素晴らしいと思います。
(ありんこより)


  条件付の受容 2003/03/25(Tue)11:01
Witten by [ nao ]
職場って、仕事ができる人がやっぱり大事にされる場所なんですよね。
ああ、認められるのには条件がついているんだよなって、常々感じてはいたのですが、
自らが管理職に対しても、条件をつけていることに気がつきました。
結局お互い様なんですよね。
でも、管理職の部分を除いた、その人の人間の部分、本音の部分を好きだとしたら、それはそれでいいのかなって。
そして、労働する側の私の本音の部分を管理職の方も好きでいてくれたら、認めていてくれたら、
それはとてもお互いハッピーなことなのかなって、
そう思えるようになりました。
そして、職場では決して和やかって言う関係を築くことはできなかった私ですが、
同僚の多くが、和やかさという守りの中で、肩を寄せ合ってしか生きられないのかなって、いう風に思えるようになりました。
もちろん和やかさが悪いわけではないのですが、
それを優先するばかりに、お互いの誤りを指摘しない、なあなあで仕事を進めていくのがいやだっただけなんですよ。
他の組織であったら、それはないでしょうという状態に、でも、その中であれば認められる。
私はたまたまそういう組織の中だけで満足できる人ではなかっただけで、
そうなんです。
異動になった自分は少し行き詰まりから開放されています。
でも、和やかさを考慮に入れた接し方が、これからの課題です。
だから、この職場で学んだこと、次に生かしたいと思います。


こころのお便り
なあなあになることで仕事が進まなくなることってありますよね。今までの経験をこれからにいかしていけたら、またさらにいろんなことに気づいていくと思います。
(ありんこより)


  守衛室のおじいさん 2003/03/22(Sat)03:27
Witten by [ ゆん ]
私の人生の師匠と呼べる人は、今年75歳。
以前に働いていた会社の、守衛室のおじいさんです。
会うと、時々戦争の話をしてくれた。
彼は、遠い昔、サイパンで戦った。国の為に。
プライベートライアン並みに、悲惨で残酷な地獄絵巻・・・
共に戦い、目の前で命を落としていく戦友たち・・・
あまりに鮮明な描写に、私は思わず耳を塞ぎたくなる。
それでも彼は、一生懸命、私に語りかける。
なぜ、私に戦争の話をするのか・・・?
なぜ、60年も前の事を、こんなに鮮明に覚えているのか・・・?

教科書の中で見た、第二次大戦。
今起こっている出来事が、また来年の教科書に載るだろう。

守衛のおじいさんに、また会いたい。
今、彼は、どんな気持ちでいるんだろう・・・
「人間は、学習能力がある。もう二度と繰り返さないよ。」
あの人は、そう言っていた。

体験した人だけが理解できる痛みなのかな・・・?
教科書で習うだけでは、足りないのかな・・・?

私たちに出来ることは、なんだろう・・・?

こころのお便り
アメリカの大統領さんに現場を体験していただきたいですよね。そうしたら、もっと見方が変わるかもしれないですね。(ありんこより)


/ 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 /
/ 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 /
/ 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30 /
/ 31 / 32 / 33 / 34 / 35 / 36 / 37 / 38 / 39 / 40 /
/ 41 / 42 / 43 / 44 / 45 / 46 / 47 / 48 / 49 / 50 /
/ 51 / 52 / 53 / 54 / 55 / 56 / 57 / 58 / 59 / 60 /
/ 61 / 62 / 63 / 64 / 65 / 66 / 67 / 68 / 69 / 70 /
/ 71 / 72 / 73 / 74 / 75 / 76 / 77 / 78 / 79 / 80 /
/ 81 / 82 / 83 / 84 / 85 / 86 / 87 / 88 / 89 / 90 /
/ 91 / 92 / 93 / 94 / 95 / 96 / 97 / 98 / 99 / 100 /
/ 101 / 102 / 103 / 104 / 105 / 106 / 107 / 108 / 109 / 110 /
/ 111 / 112 / 113 / 114 / 115 / 116 / 117 / 118 / 119 / 120 /
/ 121 / 122 / 123 / 124 / 125 / 126 / 127 / 128 / 129 / 130 /
/ 131 / 132 / 133 / 134 / 135 / 136 / 137 / 138 / 139 / 140 /
/ 141 / 142 / 143 / 144 / 145 / 146 / 147 / 148 / 149 / 150 /
/ 151 / 152 / 153 / 154 / 155 / 156 / 157 / 158 / 159 / 160 /
/ 161 / 162 / 163 / 164 / 165 / 166 / 167 / 168 / 169 / 170 /
/ 171 / 172 / 173 / 174 / 175 / 176 / 177 / 178 / 179 / 180 /
/ 181 / 182 / 183 / 184 / 185 / 186 / 187 / 188 / 189 / 190 /
/ 191 / 192 / 193 / 194 / 195 / 196 / 197 / 198 / 199 / 200 /
/ 201 / 202 / 203 / 204 / 205 / 206 / 207 / 208 / 209 / 210 /
/ 211 / 212 / 213 / 214 / 215 / 216 / 217 / 218 / 219 / 220 /
/ 221 / 222 / 223 / 224 / 225 / 226 / 227 / 228 / 229 / 230 /
/ 231 / 232 / 233 / 234 / 235 / 236 / 237 / 238 / 239 / 240 /
/ 241 / 242 / 243 / 244 / 245 / 246 / 247 / 248 / 249 / 250 /
/ 251 / 252 / 253 / 254 / 255 / 256 / 257 / 258 / 259 / 260 /
/ 261 / 262 / 263 / 264 / 265 / 266 / 267 / 268 / 269 / 270 /
/ 271 / 272 / 273 / 274 / 275 / 276 / 277 / 278 / 279 / 280 /
/ 281 / 282 / 283 / 284 / 285 / 286 / 287 / 288 / 289 / 290 /
/ 291 / 292 / 293 / 294 / 295 / 296 / 297 / 298 / 299 / 300 /
/ 301 / 302 / 303 / 304 / 305 / 306 / 307 / 308 / 309 / 310 /
/ 311 / 312 / 313 / 314 / 315 / 316 / 317 / 318 / 319 / 320 /
/ 321 / 322 / 323 / 324 / 325 / 326 / 327 / 328 / 329 / 330 /
/ 331 / 332 / 333 / 334 / 335 / 336 / 337 / 338 / 339 / 340 /
/ 341 / 342 / 343 / 344 / 345 / 346 / 347 / 348 / 349 / 350 /
/ 351 / 352 / 353 / 354 / 355 / 356 / 357 / 358 / 359 / 360 /
/ 361 / 362 / 363 / 364 / 365 / 366 / 367 / 368 / 369 / 370 /
/ 371 / 372 / 373 / 374 / 375 / 376 / 377 / 378 / 379 / 380 /
/ 381 / 382 / 383 / 384 / 385 / 386 / 387 / 388 / 389 / 390 /
/ 391 / 392 / 393 / 394 / 395 / 396 / 397 / 398 / 399 / 400 /
/ 401 / 402 / 403 / 404 / 405 / 406 / 407 / 408 / 409 / 410 /
/ 411 / 412 / 413 / 414 / 415 / 416 / 417 / 418 / 419 / 420 /
/ 421 / 422 / 423 / 424 / 425 / 426 / 427 / 428 / 429 / 430 /
/ 431 / 432 / 433 / 434 / 435 / 436 / 437 / 438 / 439 / 440 /
/ 441 / 442 / 443 / 444
【投稿する】

癒しのポエム〜心のメッセージ トップページへ戻る
copyright© 2001-2009 心の癒し
designed by
programmed by
powered by
ともとも
松本竜弥のそれ憧れるのょ
占い開運癒しの占星術
占い相談
無料占い恋愛
パワーストーン恋愛専科