こころの掲示板

* 悲しかったこと *

この「悲しかったこと」に打ち明ける方に伝えたいことがあります。
私たちは何について、悲しむことができたら、心が軽くなるのかな。
誰かが、心無いことをしてしまったとき、それを悲しんでください。
それは誰かについても、そして同じように自分についても。

けしてね、不満や恨みをここで打ち明けても、心はね、明るくなれないんです。
不満や恨みを持ってしまったとしたら、そのことも悲しんでみましょう。
その繊細な経験とともに、悲しみが晴れたとき、きっと心は成長しているはずです。


【投稿する】
サイト内検索:


  くそむかつく 2006/11/17(Fri)01:45
Witten by [ こんな自分 ]
アル中一歩手前
≪規約同意済み≫



  悲しい言葉 2006/11/16(Thu)22:26
Witten by [  ]
茶茶なんて
裏庭に捨てれば
猫が食べてくれる

みーすけはいつまで生きるの?

早く死んじゃえばいいのに〜



さみしい

ほんとに





だから



ひとりなの


≪規約同意済み≫



  父の言葉 2006/11/16(Thu)21:10
Witten by [ summer ]
「悪いけどsummerよりも妹の方が可愛い。
            
            娘として好きだ」

父が言った言葉

私にとって衝撃的な言葉だった・・・

それを言われたときから父とはほとんど

会話をしなくなった



月日は流れて3ヶ月後

父一言。

「何で最近、冷たくするんだ!」

私は言った。

「自分が何を言ったか忘れたの?」

「あれ?なんか言った?」

私は呆れて声が出なかった。

父へ

もっと自分の言った言葉に責任を持ってくださ

い。どれだけ私があの言葉によって苦しんだの

か、悲しい思いをしたのか知っていますか?

お母さんは私の気持ちを十分に理解してくれて

いるのに、お父さんは帰ってきても自分の仕事

の話か朝のラジオの話ばかりで私たち姉妹、そ

してお母さんの学校での様子や仕事の様子を聞

いたりしませんね。率直に言うと場の空気が読

めない大人だと思います。これ以上、こんなこ

とを続けるのなら、私は完全にあなたを父親だ

とは思いません。というか思いたくもありませ

ん。朝は早く出かけ夜も遅く帰り、お父さんと

暮らすために5年前に引っ越してきた私たちは

何なんですか?お母さんは最近「母子家庭みた

い」と何度も何度も言っていること知っていま

すか?どれだけ私たち家族が苦しんでいるかお

父さんは本当に分かっていますか?







  悲しかったこと 2006/11/16(Thu)19:41
Witten by [ 雨都 ]

君を助けられなかったこと

ごめんなさい

ごめんなさい


≪規約同意済み≫



  名刺シール 2006/11/16(Thu)12:40
Witten by [ りん ]
もう無くなったでしょ?

いっしょに作ったのおぼえてる?

くわしいね?って言われた。


≪規約同意済み≫



  正直ダメージ強い・・ 2006/11/15(Wed)12:21
Witten by [ かあ ]
大学生活のほとんどを占めていたサークル。
うつ病になって休部状態になってたけど、いきなり退部扱いになった。
もう部室に出入りできない。
唯一落ち着ける場所やったのに・・・
ひどいよ。
うちの居場所取らんといてよ・・・
サークル仲間も最近そっけない。
何かすっごい寂しいよ。。。
≪規約同意済み≫



  あんなにがんばったのに・・・ 2006/11/15(Wed)11:45
Witten by [ ゆう ]
毎日辛くて、泣きながら行ったのに、無視された。どうしていいかわからなくて質問したのに、能力がないと言われた。
「なんでも相談して。心の内を」
その言葉信用したから言ったのに
「あなたの努力がなりたいよね」
「無視した人の気持ち、わかるなぁ」
相談なんかしなきゃよかった。
信用した自分が悪いの?能力のない私が?
こうやってうちにこもる。
≪規約同意済み≫



  嘘でも 2006/11/15(Wed)08:17
Witten by [ ナイショ ]
「いいよっ」という返事が欲しかったのです。それくらい不安です。
≪規約同意済み≫



  男 2006/11/14(Tue)22:16
Witten by [ 梨奈 ]
男の人が信じられない。
なんでほんとに愛してない人に愛してるっていうの?
なんで自分のいうこと聞いてくれそうだからって付き合うの?
なんで人を傷つけても平然と笑っていられるの?

私には不思議でしょうがない。

誰か教えて。

男の気持ちを。
≪規約同意済み≫



  思い出。+ 2006/11/13(Mon)19:11
Witten by [ ◇ぁゃな◆ ]
時々同じ道を とおるんです。

何もない道だけど それでも とても

魅力的な 道なんです。


その通りに 一軒の

それはとても大きい家が あるんです。

そこからは 小さい音だけれど

私の心を 暖かく包んでくれる

ピアノの音が 流れてくるのです。


ある日 またあの道を 通りかかったのです

すると そこには

小さい男の子が家の門の前で泣いていました。

私は 男の子のそばに行って  

泣いている理由をききました




   『ピアノが上手に弾けないの』


私は 私の思っていたことをそのまま

男の子に 伝えました

 
 『あなたの曲は 人を幸せな気分に

  してくれる』 



    『もっと 自身もたなきゃ』




 男の子は 笑いました。

とっても かわいらしく


 それでも ちゃんと男の子の顔をして



  それから男の子は 私に 

あめちゃんをくれました。



 そのあめちゃんは まだ

私の 部屋においてあります。

くさってるかも しれない。


 それでも いいんです。


あの子との 繋がりが欲しかったんです。




  これが 1年前のこと。


今は もう男の子は引越して

    いなくなっちゃったけど


それでも 私は
 


      あのピアノの音を



 わすれたりは  しないでしょう

≪規約同意済み≫



/ 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 /
/ 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 /
/ 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30 /
/ 31 / 32 / 33 / 34 / 35 / 36 / 37 / 38 / 39 / 40 /
/ 41 / 42 / 43 / 44 / 45 / 46 / 47 / 48 / 49 / 50 /
/ 51 / 52 / 53 / 54 / 55 / 56 / 57 / 58 / 59 / 60 /
/ 61 / 62 / 63 / 64 / 65 / 66 / 67 / 68 / 69 / 70 /
/ 71 / 72 / 73 / 74 / 75 / 76 / 77 / 78 / 79 / 80 /
/ 81 / 82 / 83 / 84 / 85 / 86 / 87 / 88 / 89 / 90 /
/ 91 / 92 / 93 / 94 / 95 / 96 / 97 / 98 / 99 / 100 /
/ 101 / 102 / 103 / 104 / 105 / 106 / 107 / 108 / 109 / 110 /
/ 111 / 112 / 113 / 114 / 115 / 116 / 117 / 118 / 119 / 120 /
/ 121 / 122 / 123 / 124 / 125 / 126 / 127 / 128 / 129 / 130 /
/ 131 / 132 / 133 / 134 / 135 / 136 / 137 / 138 / 139 / 140 /
/ 141 / 142 / 143 / 144 / 145 / 146 / 147 / 148 / 149 / 150 /
/ 151 / 152 / 153 / 154 / 155 / 156 / 157 / 158 / 159 / 160 /
/ 161 / 162 / 163 / 164 / 165 / 166 / 167 / 168 / 169 / 170 /
/ 171 / 172 / 173 / 174 / 175 / 176 / 177 / 178 / 179 / 180 /
/ 181 / 182 / 183 / 184 / 185 / 186 / 187 / 188 / 189 / 190 /
/ 191 / 192 / 193 / 194 / 195 / 196 / 197 / 198 / 199 / 200 /
/ 201 / 202 / 203 / 204 / 205 / 206 / 207 / 208 / 209 / 210 /
/ 211 / 212 / 213 / 214 / 215 / 216 / 217 / 218 / 219 / 220 /
/ 221 / 222 / 223 / 224 / 225 / 226 / 227 / 228 / 229 / 230 /
/ 231 / 232 / 233 / 234 / 235 / 236 / 237 / 238 / 239 / 240 /
/ 241 / 242 / 243 / 244 / 245 / 246 / 247 / 248 / 249 / 250 /
/ 251 / 252 / 253 / 254 / 255 / 256 / 257 / 258 / 259 / 260 /
/ 261 / 262 / 263 / 264 / 265 / 266 / 267 / 268 / 269 / 270 /
/ 271 / 272 / 273 / 274 / 275 / 276 / 277 / 278 / 279 / 280 /
/ 281 / 282 / 283 / 284 / 285 / 286 / 287 / 288 / 289 / 290 /
/ 291 / 292 / 293 / 294 / 295 / 296 / 297 / 298 / 299 / 300 /
/ 301 / 302 / 303 / 304 / 305 / 306 / 307 / 308 / 309 / 310 /
/ 311 / 312 / 313 / 314 / 315 / 316 / 317 / 318 / 319 / 320 /
/ 321 / 322 / 323 / 324 / 325 / 326 / 327 / 328 / 329 / 330 /
/ 331 / 332 / 333 / 334 / 335 / 336 / 337 / 338 / 339 / 340 /
/ 341 / 342 / 343 / 344 / 345 / 346 / 347 / 348 / 349 / 350 /
/ 351 / 352 / 353 / 354 / 355 / 356 / 357 / 358 / 359 / 360 /
/ 361 / 362 / 363 / 364 / 365 / 366 / 367 / 368 / 369 / 370 /
/ 371 / 372 / 373 / 374 / 375 / 376 / 377 / 378 / 379 / 380 /
/ 381 / 382 / 383 / 384 / 385 / 386 / 387 / 388 / 389 / 390 /
/ 391 / 392 / 393 / 394 / 395 / 396 / 397 / 398 / 399 / 400 /
/ 401 / 402 / 403 / 404 / 405 / 406 / 407 / 408 / 409 / 410 /
/ 411 / 412 / 413 / 414 / 415 / 416 / 417 / 418 / 419 / 420 /
/ 421 / 422 / 423 / 424 / 425 / 426 / 427 / 428 / 429 / 430 /
/ 431 / 432 / 433 / 434 / 435 / 436 / 437 / 438 / 439 / 440 /
/ 441 / 442 / 443 / 444 / 445 / 446 / 447 / 448 / 449 / 450 /
/ 451 / 452 / 453 / 454 / 455 / 456 / 457 / 458 / 459 / 460 /
/ 461 / 462 / 463 / 464 / 465 / 466 / 467 / 468 / 469 / 470 /
/ 471 / 472 / 473 / 474 / 475 / 476 / 477 / 478 / 479 / 480 /
/ 481 / 482 / 483 / 484 / 485 / 486 / 487 / 488 / 489 / 490 /
/ 491 / 492 / 493 / 494 / 495 / 496 / 497 / 498 / 499 / 500 /
/ 501 / 502 / 503 / 504 / 505 / 506 / 507 / 508 / 509 / 510 /
/ 511 / 512 / 513 / 514 / 515 / 516 / 517 / 518 / 519 / 520 /
/ 521 / 522 / 523 / 524 / 525 / 526 / 527 / 528 / 529 / 530 /
/ 531 / 532 / 533 / 534 / 535 / 536 / 537 / 538 / 539 / 540 /
/ 541 / 542 / 543 / 544 / 545 / 546 / 547 / 548 / 549 / 550 /
/ 551 / 552 / 553 / 554 / 555 / 556 / 557 / 558 / 559 / 560 /
/ 561 / 562 / 563 / 564 / 565 / 566 / 567 / 568 / 569 / 570 /
/ 571 / 572 / 573 / 574 / 575 / 576 / 577 / 578 / 579 / 580 /
/ 581 / 582 / 583 / 584 / 585 / 586 / 587 / 588 / 589 / 590 /
/ 591 / 592 / 593 / 594 / 595 / 596 / 597 / 598 / 599 / 600 /
/ 601 / 602 / 603 / 604 / 605 / 606 / 607 / 608 / 609 / 610 /
/ 611 / 612 / 613 / 614 / 615 / 616 / 617 / 618 / 619 / 620 /
/ 621 / 622 / 623 / 624 / 625 / 626 / 627 / 628 / 629 / 630 /
/ 631 / 632 / 633 / 634 / 635 / 636 / 637 / 638 / 639 / 640 /
/ 641 / 642 / 643 / 644 / 645 / 646 / 647 / 648 / 649 / 650 /
/ 651 / 652 / 653 / 654 / 655 / 656 / 657 / 658 / 659
【投稿する】

癒しのポエム〜心のメッセージ トップページへ戻る
copyright© 2001-2009 心の癒し
designed by
programmed by
powered by
ともとも
松本竜弥のそれ憧れるのょ
占い開運癒しの占星術
占い相談
無料占い恋愛
パワーストーン恋愛専科