こころの掲示板

* 悲しかったこと *

この「悲しかったこと」に打ち明ける方に伝えたいことがあります。
私たちは何について、悲しむことができたら、心が軽くなるのかな。
誰かが、心無いことをしてしまったとき、それを悲しんでください。
それは誰かについても、そして同じように自分についても。

けしてね、不満や恨みをここで打ち明けても、心はね、明るくなれないんです。
不満や恨みを持ってしまったとしたら、そのことも悲しんでみましょう。
その繊細な経験とともに、悲しみが晴れたとき、きっと心は成長しているはずです。


【投稿する】
サイト内検索:


  なんか、かわいそう 2005/05/10(Tue)13:16
Witten by [ rara ]
私の父

海外に転勤して時差が出来て

日本からの電話のとき

会社の人に、いつも怒る
お酒が入ってるからかと思うけど、
夜の12時と昼の12時じゃ、ね。。。

そんな声を聞くのも、心が痛む
≪規約同意済み≫



  しばらくは 落ち込みモード が続きそう 2005/05/10(Tue)05:27
Witten by [ ひまわり ]
ある信用していた男性に
俺の前では 仮面をはずしていいし、本当のお前でいろよ って 言われて、
少しずつ その人には 本当の自分が出せるようになりました。

その日も あたしが考えたことやら、今までしてきたこと などをその人に話ししてたんですけど
ある点で、意見の相違がありまして。
君はそんな子じゃないと 思ってた と、言われました。
あたしは、それをその人が受け入れてくれると思って 話をしたのに。

あたしは彼のことを信用していたけど、彼はあたしに幻想を抱いてたんだと思いました。
「俺の前では〜」という言葉も 嘘だったんだと思いました。
やっぱり人は 信じられないもんだと思いました。

あたしは 仮面をいっぱい持っています。
それは、本当の自分を見せると
みんなが離れていくような気がするからです。

これでまたしばらく
本当のあたしは 解放厳禁 になりますね。

≪規約同意済み≫



  今の仕事に向いていない。今後は… 2005/05/09(Mon)21:45
Witten by [ 悩み主 ]
やっと気付きました…

今まで、漠然としたものが、はっきり見えてきました…

約3年、現在勤めてる工場では、私はライン機械ののメンテナンスや
初期設定等をたまに任されてるんです。
今日もしました。
けれど、中々上手く行かない…
機械自体が普段から手入れ(責任者等)をしてないから、
一週間も休んじゃうとそれだけで機械さんは不機嫌になっちゃいます…(ーー;)

設定だけで午前中ぶっ飛びました…
まぁ、段取りには差し支えはないが…

でも、ようやくわかったことがあるんですね。
機械を触るのではなく、機械の設定やメンテという代物は、
本当に微妙な感覚とフィーリングと知恵と洞察力が必要だと言う事を。
私は、これらを総じて、「素質」が大きく関連していると感じました。

感覚とフィーリングは職人気質、知恵と洞察力は機械そのものの知識、と
取り分けています。

私はどうも、機械に対するその四つの要素が低い、ということに気付いてしまった。それは、私自身の機械に対する「素質」が備わっていない、
ということもわかってしまいました。

知恵に関しては、やっぱり学校時代に理科・科学・物理等を私は
全然勉強をしていません。ですから、機械の根本的なことはわからないのです。
そして、洞察力というものはそもそも、その「知識」がなければ
わかる筈がないのです…
そして、今から機械の本を読んでもよく分からないのです。
中学からはじめないと、というぐらいですから…
3年も経つのに、今まで気付かなかった…
今からでは遅い。だけではなく、私はそもそも機械なんて興味はないんです。
ハッキリ言えば…

という事は、私は転職の道を間違えて歩んできた、という結論に到達
してしまいました。
過去に電気物の組み立てをしていました。これは合っていました。
けれど、それを病気退職してから後、職業訓練校に通う事になったのですが、
定員の事や親族との相談で何故か「ビル管理」を選んでしまいました…
そして、危険物やボイラー等資格はとったのですが、実は当時も
自分にしっくりとはこなかったのです。
修了後、私はこれも何故か?ビル管理会社に就職し、設備管理士として
とあるところに居ましたが、やっぱり、電気施設のことや機械の仕組み、
水道排水構造、貯水槽管理、とか他にこまごまなメンテなど、
一切分からなかったのです。
勉強をしても分からない。って、学生時代に理系なんて殆ど勉強してないから
下地がないじゃん…(ーー;)
得意だったのが電球替えくらいでした…

ちなみに設備管理という仕事は、本当に知識や洞察力、機械的フィーリングが
なければとても勤まらない仕事なんです。
一日中、椅子に座りっぱなし、ていうイメージがあるけど、本当、
よほど理系の勉強が好きでないとできません…

他の修了生はよく言いました。
私は運がいい、と。
けれど、私はどうして好きでもない、知識もない、素質さえない、そんな分野を
選んだ(いや正確には、選ばされたんです…)のだろうと今、
この歳になって後悔してしまうんです…

かといって事務系はできない。電話対応は苦手だし、今更エクセル等
を勉強しても年齢的・経験から無理だと思ってるし…

で最近、こちらで単純作業…の書きこみを読んだ時、私はまた
気付きました。

結局、私は単純な仕事しかできないのでは?
職安の元々の志望も単純軽作業を主旨としていました…
本当は、単純な作業、手先を使う仕事、細かい仕事でないと
素質として向いてないのでは?と思うようになりました。
こういうギャップに気付いたら、今までの人生が何なんだったのか?と
悔やんでしまいます…

今の仕事は、凄いストレスです。分からない、説明されても
理解できない…そして、上手くいかない…
そこへ鬱という病気も合わさり、毎日、苦痛です。
転職を考えています。
凄くもったいない話しですが、今後は資格等を隠して活動をしようと
思っているのです。とったけれど活かしきれてないし、意味がない。
今はひたすら、単純作業。
自分の分に叶った仕事を今後探します。


≪規約同意済み≫



  神様 2005/05/09(Mon)01:08
Witten by [ ナナミ ]
どうして私たち離そうとするのですか
どうして
どうしてなのですか

彼の住んでる所に日が昇る頃には
私の住んでる場所は日が沈む

そんな離れてるのに

まだ私たちは離れなきゃだめですか?

心だけで。通じておかないとだめなんですか?

なぜ連絡手段の調子が崩れたの?

機械に怒ってもダメなのに
悲しいです
どうすればいいのでしょう
≪規約同意済み≫



  好き 2005/05/08(Sun)23:14
Witten by [ つかさ ]
好きよ?

誰よりも大好き

世界で一番大好き



だからお願い

私を独りにしないで・・・
≪規約同意済み≫



  生きる意味 2005/05/08(Sun)22:38
Witten by [ 香奈 ]
独りになったとき

生きるのに疲れてきたとき

私はいつも考える

人はなんのために生まれてくるの?

人はなんのために生きているの?

そして

私はなんのためにこの世界にいるの?

私はなんのために存在しているの?

子孫を残すため?

だったら子供を産めない人はどうなるの

ただ毎日を過ごすため?

だったらそれが出来ない人はどうなるの

そう

いつまで経ってもこの答はでない

でもだったら誰がこの答を教えてくれるって言うの

『この世に必要の無い人間など居ない』

そんな言葉をよく訊くけれど

こんなのただのキレイゴトにしか過ぎない

現実には

私のように自分自信を信用出来なくなって

自分を見失っている人達や

自分は必要の無い人間なんだと思い込む人だって

この世にはたくさん居る

そんな人達はどうしたらいい

自分を見失っても

生きる意味はあるの?

私には分からない

こんなに苦しい想いをしてまで

生きる意味はあるの?

私には

この答が



どうしても分からない

≪規約同意済み≫



  哀しいことを乗り越える 2005/05/08(Sun)10:15
Witten by [ みや ]
私は幼いころからしっかりしていたそうだ。
親は共働きで私は3さいころから料理や家事手伝いをしていた。
愛情はほとんど祖母からうけていた。
そんな私も小学校へ入学しそのころからいじめにあった。
毎日毎日辛かった。
でも親を心配させまいと必死に耐えて学校へ言った。誰にもいえなかった。
それが中学まで続きやがて私は高校へ入学。そのころから私の生活は変わり始めた。
高校へ入って見た目で判断するような人が減り楽しい学生生活を送ることが出来た。
しかし心の傷はいえてはなかった。
そんな矢先私を小さいことから優しく支えてくれた祖母が胃がんで余命1年であるということを知らされた。
またこのころから私の心の中に変化がおき始めていた。
私は必死に自分の中の悪魔を押し殺そうと、生徒会に入ったり、部活で忙しくしたりして考える暇をなくそうとしていた。
しかし、どんどん悪化する祖母を見ながら私は何故生きているのかということを考え始めた。
私の見方は祖母しか居なかった。
そんな祖母が苦しんでいて、もうすぐ私のそばからいなくなってしまうと思うと表面上では平然と装っていたが、内心ではどうすればいいか分からなくなっていた。
そして、祖母は亡くなった。
私は祖母が亡くなったら自分も死のうと考えていた。
心の中が荒れ果て、学校も休む日々。
母も、担任の先生もいろんな人に迷惑をかけた。
それでもわたしはどうしようもない自分の心と戦い続けるしかなかった。
そんな私を祖母のように優しく支えてくれた人がいた。
それは祖母がなくなる1ヶ月前から付き合い始めた彼氏である。
彼は温厚で優しいが、不器用で口下手であった。
いつも私がメールで死にたいとメールすると心配してくれた。
でも私は彼の支えがあったにも関わらずちょっとしたことで自殺を図ろうとしてしまった。
真冬の海辺で凍死をしようと考え実行した。
その日おかしいようウスを察した彼がいつも二人で和む砂浜にやってきてその私を発見してくれた。
車の中に静かに横たわる私を見て、必死に彼は窓をたたき続けた。
その音でかすかに意識が戻り知らないうちにドアのロックを解除したとき彼があわててドアをあけ、いつもは優しくて温厚な彼が「どないしたんや?大丈夫か?お前がいなくなったらおれは生きて行かれへん!オレのそばにおってくれ!!!!」と大声で叫び私を抱きしめ初めて涙を見せた。
そんな優しい彼がいたかいもあり徐々に平常心を取り戻しなんとか高校も卒業でき今は専門学校へ通っている。
今では、いじめをしていた子がかわいそうだったなと思えるくらいになった。いじめでしか解消できることがなかったのだろうと。
今は彼とともに自分の夢へと一歩ずつ歩んでいる。
時に哀しくなり、苦しくなり、辛くてどうしようもなくなると気があるが、生きている限り彼と一緒にいたい。
≪規約同意済み≫



  後悔 2005/05/08(Sun)01:51
Witten by [ 憂い ]
あなたが変わっていくのはわかっていました
でも
「私はあなたのなかに土足で踏み込む事は出来ない」
そう思って
あなたの口から真実が紡がれるのを待ちました。
今思うと、それはただの言い訳。
本当は、真実を貴方の口から聞く勇気が
なかったのかもしれません。
「待つ」という言葉を利用して
「逃げ」ていたのかもしれません。
・・・あなたはやがて、行ってしまいましたね。
あの時、私が力ずくで止めていれば、
今でも私たちは
笑いあえていたのでしょうか?
それが
たったひとつの後悔です
今でもずっと・・・
≪規約同意済み≫



  死なせてください 2005/05/08(Sun)01:26
Witten by [ 綾音 ]
生きているのが辛いです
私をいじめた人たちが今でも
平和にのほほんと生きているなんて許せないです
同じ苦しみをあじ合わせてあげたいです
その罪を償って欲しいです
私の心が晴れるのだったらそれです
楽しい学生生活を送りたかったんです
丁度今同じように学生生活を楽しんでいる人を
見ていると辛いです
歳だけ取ってしまった自分が惨めです
神様は居ないんじゃないんですか?
あの時から心に決めたんです
心の底から憎いんです
どんなに思っても許したくないです
大事な自分の気持ち無駄にしたくありません
父親のご機嫌で回っているウチの家族
あんな父親は大人だと思えません
家族だとも思えない
精神年齢が幼稚な父親で
そんな親を見ているのが
辛いです、結婚する前から知っていて
なんで見抜けなかったの?
そんな両親から生まれ出たなんて
私は何のために生まれたのか分かりません
自分の存在すら理解出来ません
そのまま歳だけ取って行きます
同情するのでしたら
あの時戻って助けて欲しかったです
助けてって何度も心の中で叫びました
いくら心の中で思っても
叫んでも助けてくれなかったです
神様なんて居ないじゃないですか
いつも助けて欲しいって願っても誰も
助けちゃくれないじゃないですか
何も知らないような癖して言って
同上なんか欲しくは無いです
家族団らんで幸せそうな家族や
人たちを見ていると
死にたいぐらい辛くて仕方がありません
何で私の命は奪ってくれないんですか?

≪規約同意済み≫



  6月 2005/05/07(Sat)23:02
Witten by [ の雪 ]
希死念慮を簡単に口にしてはいけないと思っている。
不幸にしてこの世を旅立たれた方々に失礼だと思っている。
だけど今だけ言わせてください。
死にたいです。
≪規約同意済み≫



/ 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 /
/ 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 /
/ 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30 /
/ 31 / 32 / 33 / 34 / 35 / 36 / 37 / 38 / 39 / 40 /
/ 41 / 42 / 43 / 44 / 45 / 46 / 47 / 48 / 49 / 50 /
/ 51 / 52 / 53 / 54 / 55 / 56 / 57 / 58 / 59 / 60 /
/ 61 / 62 / 63 / 64 / 65 / 66 / 67 / 68 / 69 / 70 /
/ 71 / 72 / 73 / 74 / 75 / 76 / 77 / 78 / 79 / 80 /
/ 81 / 82 / 83 / 84 / 85 / 86 / 87 / 88 / 89 / 90 /
/ 91 / 92 / 93 / 94 / 95 / 96 / 97 / 98 / 99 / 100 /
/ 101 / 102 / 103 / 104 / 105 / 106 / 107 / 108 / 109 / 110 /
/ 111 / 112 / 113 / 114 / 115 / 116 / 117 / 118 / 119 / 120 /
/ 121 / 122 / 123 / 124 / 125 / 126 / 127 / 128 / 129 / 130 /
/ 131 / 132 / 133 / 134 / 135 / 136 / 137 / 138 / 139 / 140 /
/ 141 / 142 / 143 / 144 / 145 / 146 / 147 / 148 / 149 / 150 /
/ 151 / 152 / 153 / 154 / 155 / 156 / 157 / 158 / 159 / 160 /
/ 161 / 162 / 163 / 164 / 165 / 166 / 167 / 168 / 169 / 170 /
/ 171 / 172 / 173 / 174 / 175 / 176 / 177 / 178 / 179 / 180 /
/ 181 / 182 / 183 / 184 / 185 / 186 / 187 / 188 / 189 / 190 /
/ 191 / 192 / 193 / 194 / 195 / 196 / 197 / 198 / 199 / 200 /
/ 201 / 202 / 203 / 204 / 205 / 206 / 207 / 208 / 209 / 210 /
/ 211 / 212 / 213 / 214 / 215 / 216 / 217 / 218 / 219 / 220 /
/ 221 / 222 / 223 / 224 / 225 / 226 / 227 / 228 / 229 / 230 /
/ 231 / 232 / 233 / 234 / 235 / 236 / 237 / 238 / 239 / 240 /
/ 241 / 242 / 243 / 244 / 245 / 246 / 247 / 248 / 249 / 250 /
/ 251 / 252 / 253 / 254 / 255 / 256 / 257 / 258 / 259 / 260 /
/ 261 / 262 / 263 / 264 / 265 / 266 / 267 / 268 / 269 / 270 /
/ 271 / 272 / 273 / 274 / 275 / 276 / 277 / 278 / 279 / 280 /
/ 281 / 282 / 283 / 284 / 285 / 286 / 287 / 288 / 289 / 290 /
/ 291 / 292 / 293 / 294 / 295 / 296 / 297 / 298 / 299 / 300 /
/ 301 / 302 / 303 / 304 / 305 / 306 / 307 / 308 / 309 / 310 /
/ 311 / 312 / 313 / 314 / 315 / 316 / 317 / 318 / 319 / 320 /
/ 321 / 322 / 323 / 324 / 325 / 326 / 327 / 328 / 329 / 330 /
/ 331 / 332 / 333 / 334 / 335 / 336 / 337 / 338 / 339 / 340 /
/ 341 / 342 / 343 / 344 / 345 / 346 / 347 / 348 / 349 / 350 /
/ 351 / 352 / 353 / 354 / 355 / 356 / 357 / 358 / 359 / 360 /
/ 361 / 362 / 363 / 364 / 365 / 366 / 367 / 368 / 369 / 370 /
/ 371 / 372 / 373 / 374 / 375 / 376 / 377 / 378 / 379 / 380 /
/ 381 / 382 / 383 / 384 / 385 / 386 / 387 / 388 / 389 / 390 /
/ 391 / 392 / 393 / 394 / 395 / 396 / 397 / 398 / 399 / 400 /
/ 401 / 402 / 403 / 404 / 405 / 406 / 407 / 408 / 409 / 410 /
/ 411 / 412 / 413 / 414 / 415 / 416 / 417 / 418 / 419 / 420 /
/ 421 / 422 / 423 / 424 / 425 / 426 / 427 / 428 / 429 / 430 /
/ 431 / 432 / 433 / 434 / 435 / 436 / 437 / 438 / 439 / 440 /
/ 441 / 442 / 443 / 444 / 445 / 446 / 447 / 448 / 449 / 450 /
/ 451 / 452 / 453 / 454 / 455 / 456 / 457 / 458 / 459 / 460 /
/ 461 / 462 / 463 / 464 / 465 / 466 / 467 / 468 / 469 / 470 /
/ 471 / 472 / 473 / 474 / 475 / 476 / 477 / 478 / 479 / 480 /
/ 481 / 482 / 483 / 484 / 485 / 486 / 487 / 488 / 489 / 490 /
/ 491 / 492 / 493 / 494 / 495 / 496 / 497 / 498 / 499 / 500 /
/ 501 / 502 / 503 / 504 / 505 / 506 / 507 / 508 / 509 / 510 /
/ 511 / 512 / 513 / 514 / 515 / 516 / 517 / 518 / 519 / 520 /
/ 521 / 522 / 523 / 524 / 525 / 526 / 527 / 528 / 529 / 530 /
/ 531 / 532 / 533 / 534 / 535 / 536 / 537 / 538 / 539 / 540 /
/ 541 / 542 / 543 / 544 / 545 / 546 / 547 / 548 / 549 / 550 /
/ 551 / 552 / 553 / 554 / 555 / 556 / 557 / 558 / 559 / 560 /
/ 561 / 562 / 563 / 564 / 565 / 566 / 567 / 568 / 569 / 570 /
/ 571 / 572 / 573 / 574 / 575 / 576 / 577 / 578 / 579 / 580 /
/ 581 / 582 / 583 / 584 / 585 / 586 / 587 / 588 / 589 / 590 /
/ 591 / 592 / 593 / 594 / 595 / 596 / 597 / 598 / 599 / 600 /
/ 601 / 602 / 603 / 604 / 605 / 606 / 607 / 608 / 609 / 610 /
/ 611 / 612 / 613 / 614 / 615 / 616 / 617 / 618 / 619 / 620 /
/ 621 / 622 / 623 / 624 / 625 / 626 / 627 / 628 / 629 / 630 /
/ 631 / 632 / 633 / 634 / 635 / 636 / 637 / 638 / 639 / 640 /
/ 641 / 642 / 643 / 644 / 645 / 646 / 647 / 648 / 649 / 650 /
/ 651 / 652 / 653 / 654 / 655 / 656 / 657 / 658 / 659 / 660 /
【投稿する】

癒しのポエム〜心のメッセージ トップページへ戻る
copyright© 2001-2009 心の癒し
designed by
programmed by
powered by
ともとも
松本竜弥のそれ憧れるのょ
占い開運癒しの占星術
占い相談
無料占い恋愛
パワーストーン恋愛専科