こころの掲示板

* 悲しかったこと *

この「悲しかったこと」に打ち明ける方に伝えたいことがあります。
私たちは何について、悲しむことができたら、心が軽くなるのかな。
誰かが、心無いことをしてしまったとき、それを悲しんでください。
それは誰かについても、そして同じように自分についても。

けしてね、不満や恨みをここで打ち明けても、心はね、明るくなれないんです。
不満や恨みを持ってしまったとしたら、そのことも悲しんでみましょう。
その繊細な経験とともに、悲しみが晴れたとき、きっと心は成長しているはずです。


【投稿する】
サイト内検索:


  宗教 2004/07/14(Wed)20:06
Witten by [ 匿名 ]
学校に宗教まがいなものなんか創るな…
そうやってどんどん生徒を痛めつけている事がどうして分からないんだ…
個性を主張しながら生徒の気持ちの一つも分からないくせに
教師なんかになるな
今すぐ辞めてどこかへ消えてくれ
いい年なのにここまで落ちた人間は初めて見た



  本当の自分でいたい 2004/07/14(Wed)19:24
Witten by [ 大豆 ]
どいつもこいつもうるさい。うるさい。自分の居場所。我慢しろよ。たえてみろよ。ぎゃーぎゃーうるさい。優しくないくせに。冷たいくせに。人のたすけばかりもとめやがる。もううんざり。はなすことは自分のことばかり。お前なんか兄弟だからって本当の私を知らないくせに。本当に助けてくれることはないくせに。裏切り者。一生ゆるさないってきめてるんだよ。簡単にゆるすとおもうなよ。おまえのことばはききたくない。どこかにきえたい。自分の気持ちを逆なでする。私たちはすくわれないよ。
幸せから遠ざかる。本当の私になぜなれないんだろう?壁があるからだれともちかずけないよ。
ひきもどうそうとしてもむだだ。つまらない家族だよ。忙しいんだよ心の中。抜け出せる場所があるとしらせてほしい。心がつうじないんだよ。何をしてもなにえおしゃべっても。本当の私がさけんでる。
ここにいたくない。私の世界誰にも壊されない。家族にもだれにも。いろなな人が居場所を作ろうと助けてくれたよ。すくおうとしてくれたよ。でもまだみつからない。家族という恐怖をわすれる場所。
心は満たされる充実するばしょ。目にはみえないどこかにあるのかもしれない。今日の私はいつもと違うよ。何かちがう。かわっていくんだよまいにち。
自分はこの世に存在しないこの場所にないものをもとめてるんだよ。この世界のひととなにもはなすことない。



  痛み 2004/07/14(Wed)19:05
Witten by [ ユキ ]

何もほしくない

誰も信じない
体に全て刻みつける

痛みも思いも全て
私に向けてくれる人がいれば
それでいい



  友達 2004/07/14(Wed)13:57
Witten by [ 典子 ]
友達をうざったいと思ってしまった私。
最悪だ。
あんなにいっぱい一緒に笑ったのに。




  ・・・ 2004/07/14(Wed)13:52
Witten by [ ・・・ ]
いつもいつも平気な顔してて
強がりばっかりだけど
「本当は・・・寂しい??」
とかちょっとは思えー!!!!!!
私も365日図太い女じゃない!!!

そうやって”お前は大丈夫”
みたいなんやめてよ。悲しい



  ぬれぎね 2004/07/14(Wed)12:07
Witten by [ ポッポ ]
悲しくて 悲しくて 悲しくて 悲しくて 悲しくて
涙がでてしまったよ。
どうして私の言うことを信じてくれなくなったの?・・・・。
嘘つきの云う事を信じるの?
勝手に私に何の確認もせずに連絡を絶って・・・・・。
いいよ。。。。
でもね、私の名前を掲示板に書き込んで批難するのは止めてね。
私は貴方にすべてをさらけ出して、正直に接してきたよ。
名前も住所も知っているよね?
でも貴方はいんちきヒーラーの言うことを信じたんだよね。
でもそれで貴方を責めません。
でもお別れにもマナーがあるよね?
それをわかって欲しいんです。
今は涙が止まらないよ。
さようなら



  メアド 2004/07/14(Wed)02:06
Witten by [ ぶーすか ]
あなたのメアドも思い出せなくなった。
そんな私はあなたを忘れられたのかな・?



  フワフワ 2004/07/14(Wed)01:28
Witten by [ umi ]
誰にも縛られたくないの。

何にも縛られたくないの。




  ウソ 2004/07/14(Wed)01:27
Witten by [ nana ]
ちいさなウソ

そんなウソを何も思わずつけるようになった。

そんなウソを重ねるたび、そんなことに慣れてくたび、私は汚れていくのだろう。



  嘘吐きの強がり。 2004/07/13(Tue)22:14
Witten by [ 小織 ]
見えないよ、なんにも。
ぼくはぼくをまもらなくちゃ。だってぼくいがいだれもまもってくれないから。じぶんはじぶんでまもらなくちゃ。
あのねぼくそんなできたにんげんじゃないよ。つよいけどよいにんげんじゃない。
だってこんなにもうそつき。

どんなに哀願されても嘘を吐き強がって仕舞います。何が虚で何が実か判りません。
ただ判るのは、もう、あの頃の景色は、一生見えないし見れないってことだけ。
ねぇぼくはくやしい、くやしいよ。
http://www.memorize.ne.jp/diary/26/67369/


/ 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 /
/ 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 /
/ 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30 /
/ 31 / 32 / 33 / 34 / 35 / 36 / 37 / 38 / 39 / 40 /
/ 41 / 42 / 43 / 44 / 45 / 46 / 47 / 48 / 49 / 50 /
/ 51 / 52 / 53 / 54 / 55 / 56 / 57 / 58 / 59 / 60 /
/ 61 / 62 / 63 / 64 / 65 / 66 / 67 / 68 / 69 / 70 /
/ 71 / 72 / 73 / 74 / 75 / 76 / 77 / 78 / 79 / 80 /
/ 81 / 82 / 83 / 84 / 85 / 86 / 87 / 88 / 89 / 90 /
/ 91 / 92 / 93 / 94 / 95 / 96 / 97 / 98 / 99 / 100 /
/ 101 / 102 / 103 / 104 / 105 / 106 / 107 / 108 / 109 / 110 /
/ 111 / 112 / 113 / 114 / 115 / 116 / 117 / 118 / 119 / 120 /
/ 121 / 122 / 123 / 124 / 125 / 126 / 127 / 128 / 129 / 130 /
/ 131 / 132 / 133 / 134 / 135 / 136 / 137 / 138 / 139 / 140 /
/ 141 / 142 / 143 / 144 / 145 / 146 / 147 / 148 / 149 / 150 /
/ 151 / 152 / 153 / 154 / 155 / 156 / 157 / 158 / 159 / 160 /
/ 161 / 162 / 163 / 164 / 165 / 166 / 167 / 168 / 169 / 170 /
/ 171 / 172 / 173 / 174 / 175 / 176 / 177 / 178 / 179 / 180 /
/ 181 / 182 / 183 / 184 / 185 / 186 / 187 / 188 / 189 / 190 /
/ 191 / 192 / 193 / 194 / 195 / 196 / 197 / 198 / 199 / 200 /
/ 201 / 202 / 203 / 204 / 205 / 206 / 207 / 208 / 209 / 210 /
/ 211 / 212 / 213 / 214 / 215 / 216 / 217 / 218 / 219 / 220 /
/ 221 / 222 / 223 / 224 / 225 / 226 / 227 / 228 / 229 / 230 /
/ 231 / 232 / 233 / 234 / 235 / 236 / 237 / 238 / 239 / 240 /
/ 241 / 242 / 243 / 244 / 245 / 246 / 247 / 248 / 249 / 250 /
/ 251 / 252 / 253 / 254 / 255 / 256 / 257 / 258 / 259 / 260 /
/ 261 / 262 / 263 / 264 / 265 / 266 / 267 / 268 / 269 / 270 /
/ 271 / 272 / 273 / 274 / 275 / 276 / 277 / 278 / 279 / 280 /
/ 281 / 282 / 283 / 284 / 285 / 286 / 287 / 288 / 289 / 290 /
/ 291 / 292 / 293 / 294 / 295 / 296 / 297 / 298 / 299 / 300 /
/ 301 / 302 / 303 / 304 / 305 / 306 / 307 / 308 / 309 / 310 /
/ 311 / 312 / 313 / 314 / 315 / 316 / 317 / 318 / 319 / 320 /
/ 321 / 322 / 323 / 324 / 325 / 326 / 327 / 328 / 329 / 330 /
/ 331 / 332 / 333 / 334 / 335 / 336 / 337 / 338 / 339 / 340 /
/ 341 / 342 / 343 / 344 / 345 / 346 / 347 / 348 / 349 / 350 /
/ 351 / 352 / 353 / 354 / 355 / 356 / 357 / 358 / 359 / 360 /
/ 361 / 362 / 363 / 364 / 365 / 366 / 367 / 368 / 369 / 370 /
/ 371 / 372 / 373 / 374 / 375 / 376 / 377 / 378 / 379 / 380 /
/ 381 / 382 / 383 / 384 / 385 / 386 / 387 / 388 / 389 / 390 /
/ 391 / 392 / 393 / 394 / 395 / 396 / 397 / 398 / 399 / 400 /
/ 401 / 402 / 403 / 404 / 405 / 406 / 407 / 408 / 409 / 410 /
/ 411 / 412 / 413 / 414 / 415 / 416 / 417 / 418 / 419 / 420 /
/ 421 / 422 / 423 / 424 / 425 / 426 / 427 / 428 / 429 / 430 /
/ 431 / 432 / 433 / 434 / 435 / 436 / 437 / 438 / 439 / 440 /
/ 441 / 442 / 443 / 444 / 445 / 446 / 447 / 448 / 449 / 450 /
/ 451 / 452 / 453 / 454 / 455 / 456 / 457 / 458 / 459 / 460 /
/ 461 / 462 / 463 / 464 / 465 / 466 / 467 / 468 / 469 / 470 /
/ 471 / 472 / 473 / 474 / 475 / 476 / 477 / 478 / 479 / 480 /
/ 481 / 482 / 483 / 484 / 485 / 486 / 487 / 488 / 489 / 490 /
/ 491 / 492 / 493 / 494 / 495 / 496 / 497 / 498 / 499 / 500 /
/ 501 / 502 / 503 / 504 / 505 / 506 / 507 / 508 / 509 / 510 /
/ 511 / 512 / 513 / 514 / 515 / 516 / 517 / 518 / 519 / 520 /
/ 521 / 522 / 523 / 524 / 525 / 526 / 527 / 528 / 529 / 530 /
/ 531 / 532 / 533 / 534 / 535 / 536 / 537 / 538 / 539 / 540 /
/ 541 / 542 / 543 / 544 / 545 / 546 / 547 / 548 / 549 / 550 /
/ 551 / 552 / 553 / 554 / 555 / 556 / 557 / 558 / 559 / 560 /
/ 561 / 562 / 563 / 564 / 565 / 566 / 567 / 568 / 569 / 570 /
/ 571 / 572 / 573 / 574 / 575 / 576 / 577 / 578 / 579 / 580 /
/ 581 / 582 / 583 / 584 / 585 / 586 / 587 / 588 / 589 / 590 /
/ 591 / 592 / 593 / 594 / 595 / 596 / 597 / 598 / 599 / 600 /
/ 601 / 602 / 603 / 604 / 605 / 606 / 607 / 608 / 609 / 610 /
/ 611 / 612 / 613 / 614 / 615 / 616 / 617 / 618 / 619 / 620 /
/ 621 / 622 / 623 / 624 / 625 / 626 / 627 / 628 / 629 / 630 /
/ 631 / 632 / 633 / 634 / 635 / 636 / 637 / 638 / 639 / 640 /
/ 641 / 642 / 643 / 644 / 645 / 646 / 647 / 648 / 649 / 650 /
/ 651 / 652 / 653 / 654 / 655 / 656 / 657 / 658
【投稿する】

癒しのポエム〜心のメッセージ トップページへ戻る
copyright© 2001-2009 心の癒し
designed by
programmed by
powered by
ともとも
松本竜弥のそれ憧れるのょ
占い開運癒しの占星術
占い相談
無料占い恋愛
パワーストーン恋愛専科