こころの掲示板

* 悲しかったこと *

この「悲しかったこと」に打ち明ける方に伝えたいことがあります。
私たちは何について、悲しむことができたら、心が軽くなるのかな。
誰かが、心無いことをしてしまったとき、それを悲しんでください。
それは誰かについても、そして同じように自分についても。

けしてね、不満や恨みをここで打ち明けても、心はね、明るくなれないんです。
不満や恨みを持ってしまったとしたら、そのことも悲しんでみましょう。
その繊細な経験とともに、悲しみが晴れたとき、きっと心は成長しているはずです。


【投稿する】
サイト内検索:


  苦しくて悲しい恋 2004/02/19(Thu)23:27
Witten by [ tokoma ]
 私はエキストラをしている男性です。同じ仕事の現場である女性Nさんと知り合い恋に落ちました。しかしNさんは結婚していました。私はそれを知った時ショックでした。
 しかし、私はこれ以上自分の心を傷つけたくないのと、Nさんの幸せな生活を壊したくないので彼女の心を奪うのもやめ、Nさんの事を諦めようと決めました。
 しかし、Nさんは異性ともフレンドリーに話しかけてくる性格で、私にも話しかけてくるので、諦めようとする心が鈍ってしまうのです。しかも、先日Nさんは「tokomaさんは恋をしてないんですか? 」残酷な事を聞いてきました。もちろんNさんは俺の心のことなんて知りません。
 そんな苦しみの中、今日、Nさんが別の男性エキストラと話をしているのです。そいつとNさんはその前からもよく話をしている姿はありました。その男が現れると私の存在はYさんからは消えてしまい
二人が仲良く話す姿は好ましくありませんでした。
そして、今日、Yさんはその男性とやたら話をしましていました。私が近づいても一瞬見て話、その男と行動をしました。
 それを見た私は、心の中でNさんをハレンチ女と罵り、その男ともども殺し、自分も死にたいと思いました。でも、そんなことは当然できません。結局私はNさんの事をあきらめきれない自分の心の弱さを感じ、自殺をしたいと思うことだけでした。でもそれすらもできません。
 なんで人間には人を好きになる感情があるのでしょうか? 好きになる感情があるのは素晴らしいことという人がいますが、それでも私は好きになる感情は苦しいことしかありません。
 
 

こころのお便り
きっと物事にはいい部分と悪い部分がありますよね。同じように好きになる感情にもその両面があるのかもしれません。tokomaさんはその悪い部分に気づいているのだと思います。だから好きになるのをやめる!という気持ちをより強めるために今の経験をしているのかもしれませんね。ただ、今その感情に翻弄されている以上いい部分を探すという方法もあります。もしかしたらNさんは男女という感情をあんまり持たずに接しているのかもしれません。tokomaさんの感情は純粋な好意であったり嫉妬であったりするものだと思います。あまりにも一途である故に相手の存在を消したいというような感情がわいてくるのかもしれませんね。もしtokomaさんがNさんとおつきあいするようなことを考えないのなら彼女が幸せなることを祈ることもいいかもしれませんね。「Nさんに幸せになってほしい。」と考えるようにすることでもっとNさんとお互いにとっていい関係を築けたらいいですよね。
(ありんこより)


  私の心、助けてほしい… 2004/02/19(Thu)17:24
Witten by [ サリカ ]
私は何故生まれてきてしまったのか、それは運命であってどうすることもできないけど、今は自分が生きているのが苦痛でしょうがない。
私には弟がいます。弟は長男です。そして私は長女。男の子は長男、女の子は末っ子が一番愛されてるって言うけれど、本当なんだなぁって自覚した。親は私には笑ってくれません。私の話も聞いてくれません。弟が生まれてから私の人生は変わってしまった。愛されないって言うのがどれだけ苦しいものかもわかった。長女には生まれてきたくなかった。わたしは小さい頃はかわいいって言われてきた。でも、今は…。だから私は子供が嫌い。最近では小さい子を見るだけでヒステリックをおこしてしまう。そしてその反対にお姉さん好きだ。きっと優しいお姉さんが欲しいなって思ってるからだと思う。恥ずかしくて言いづらいけど松嶋菜々子さん、深津絵里さん、矢田亜希子さん、水野美紀さん、倉木麻衣さんが好きなんだ。あと、私の通ってる学校の英語の先生も。優しくて、カッコ良くて、かわいくて、私のお姉さんみたいな存在です。その先生ともっと心が通じたらなって思うけど、向こうは私のことただの生徒としか見てないだろうし、私のこと嫌いだったらどうしよう。無理な話だけど、その先生の手作りのお料理とか食べてみたいし、楽しいおしゃべりとか一緒にしたいな。1日でいいからお姉さんになってほしいなってすっごい思うんです。すべては愛されたいって気持ちから来てるんだろうけど、やっぱり欲張りな考えだよね?悲しいけど、これが現実だし…。

こころのお便り
たしかにサリカさんの言ってることも一理あると思います。本当は上の子しかいなかったときには自分のことしかみてくれていなかったとしても小さくて覚えていないということもあると思います。そして下の子供が生まれたことで親はどうしても下の子のほうに目がいくものですよね。特に男の子のほうが手がかかる場合が多いですし。でもサリカさんの話の感じではその親御さんの態度が少し行き過ぎているような感じがします。サリカさんを愛していることが伝わるような態度をとってないのでしょうね。実際はそうではないと願いたいです。おそらく親御さんはサリカさんのことを愛していると思います。でもその表現が下手なのかもしれませんね。
その一方で家族でなくても素晴らしい友を見つけることができれば、その人がお姉さん代わりになることがあるかもしれません。その人をみつけるためにサリカさんも今以上に周りの人に優しくしてあげたりするのもいいと思います。なんでもいいので、少しでも何かできることがあればいいですよね。応援しています。
(ありんこより)


  …まだ? 2004/02/19(Thu)10:09
Witten by [ 撲ツ ]
ありんこさん、
何でレスが来ないんでしょうか???
かなり前に投稿したのにまだレスがついてないです。。。
早くしてくださいね!!!!みんなありんこさんを頼りにして来て、ココに書いてるのですから^^
忙しいと思いますがよろしくお願いします★

こころのお便り
お待たせしてごめんなさい。
もう一度説明させてもらいますと、ある時期サイトの管理システムを変更した関係で私の環境からは管理者画面にはいれなくなってしまいました。結局解決方法はわからず不眠さんが見つけてくださったのですが、その一か月分の投稿を取り戻すのに時間がかかっているのが現状です。それだけでなくパソコンの調子が悪くなったり仕事も忙しくなったりといろいろ重なってレスをする時間がとりにくくなっていたというのもあります。今徐々にとりもどしつつあるので今しばらくお待ちください。丸1日かけてレスばかりすれば全員に返せるのかもしれませんが、集中力がないもので。。ごめんなさい。
(ありんこより)


  さよならと言った君へ 2004/02/18(Wed)22:09
Witten by [ kei ]
あなたから素直と言う言葉を学びました。
可愛いと言う形容詞を自分自身に付けてあげたいと思ったこともありました。

けれど、あなたから離れた今は強がりと言う言葉でがんじがらめになっています。

一緒にいたから素直になれて、一緒にいたから可愛くなれたのだと、あなたの存在を私は今更大切に感じています。

だから暫くは忘れられない。
たとえあなたが戻ってこなくても、
それがたとえ哀れな女だと思われても。

あなたに待っていることを伝えられない私はもっと強がるしかないけれど・・・
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=siroosanpo
こころのお便り
なくしてから気づくこともあると思います。すぐに忘れる必要はないと思いますよ。そしていろんなことを教えてくれた相手に恩返しができたらいいですよね。
(ありんこより)


  見つけて… 2004/02/18(Wed)21:06
Witten by [ ひかり ]
苦しすぎて 泣くことすら忘れてしまう

誰かに話したいけど

拒まれてしまうのが怖くて

その気持ちを閉じこめてしまうこともある

助けてといくら言っても伝わらない

誰か私を見つけて…

こころのお便り
話す相手は慎重に選びたいですよね。話せる人が早く見つかるといいな、と思っています。(ありんこより)


  役立たず 2004/02/18(Wed)12:26
Witten by [  ]
仕事で苦境に立たされて、辛い思いをしているあなたに、「私は何もできないけど、なんでも話して。」と言った。
でも、あなたは「ごめんね。辛すぎて、誰にも言えない。」と言ったね。
私、何の役にも立てなくて、ごめんね。
自分で自分が悔しくて、悲しい・・・

こころのお便り
花さんがそばにいることが、その人にとって何よりの励ましになっていたらいいですよね。話をきかなくても今できることがあると思います。普段どおりに接することも優しさかもしれませんよ。
(ありんこより)


  始めと終わり 2004/02/17(Tue)22:35
Witten by [ おもちゃ ]
どうして。

どうして、人間にならなければ。

どうして、生うまれなければ。

どうして、死ななければ。

どうして、繰り返さなければ。

どうして、知らなければ。

どうして、捨てなければ。

どうして、甘んじなければ。

どうして。

こころのお便り
なぜ人は生まれなければならなかったのか。その意味を見つけるために、あるいはこの人生をどう生きるかを決められたらいいですよね。
(ありんこより)


  なんとなく悲しい 2004/02/17(Tue)04:46
Witten by [ ももか ]
あれは私が小学生の時でした。
叔父家族、祖母、私の家族・・そしてどういう訳か叔父の秘書も同行して旅行に出掛けた時の出来事です。
夜、私と従兄弟。そして叔父と秘書が草の上で根っこ路がって満天の星空を眺めていました。
私は、なんて綺麗なんだろう・・と起き上がり振り向くと、なんと叔父と秘書がキスをしていたのです。
今思えば軽い口づけと言う感じだったのですが、幼かった私にとっては衝撃的なものでした。
散々悩んだ挙句、母と祖母にその話をしました。
その後かなり、もめたみたいです。
挙句、その秘書に呼びつけられ、あれはキスではなくこそこそ話をしていただけなのに、子供がそんな嘘をつくなんていけないことよ・・。と罵られました。
その後もそれが原因で叔父夫婦はギクシャクしたみたいです。
私自身も祖母から嘘つきの末恐ろしい孫だと言われました。
叔母からは、本当は生まれて来るべきではない人間だった。
本当は、誰からも望まれないのに生まれてきた子供だった。
姉さん(母のこと)はあんたが生まれて来たせいで夢を諦めたんだから。などと言われました。
子供心にかなり傷付きましたが母に聞くのも怖かったです。
また、そんな私を母はかばってはくれませんでした。
それから、歳月が流れ、叔父夫婦も今ではすっかり老夫婦となり、
何事も無かった様に暮らしておりますが、私は未だに恨まれているみたいです。
何であんな事を母達に話してしまったのか。
ちなみに私は不倫の末に生まれてきた子なんです。最も父は私が生まれた後先妻と離婚して母と再婚したのですが・・。
まさに望まれなかった子供なんですよね。
本当の事なんだから傷付く必要ないのに、トラウマになっているんです。
未だに誰も信じられなくて・・。

こころのお便り
育った環境がももかさんの存在を否定するような環境だったのでしょうね。よく耐えたと思います。しかし、お母さんが再婚したのなら望まれなかったとは言えないとも思います。子供ながらに見たことを話したのはとても正直で正義感のある行為だったのだと思います。ただそれを理解してくれる人が周りにいなかったことがももかさんを苦しめることになったのかもしれませんね。たしかに今後も人を信じるのが恐いかもしれませんが、少しでも信じられる人とめぐりあうこともあると思います。その人とは信頼関係が築いていけるといいですよね。ももかさんが苦しんだ経験は幸せになるための道だったのだと思える日がきたらいいですね。
(ありんこより)


  あなたを今日待っていた私より 2004/02/16(Mon)01:03
Witten by [  ]
あなたのことが大好きなのに・・。毎日あなたのことを考えていたのに、あなたの気持ちにこたえたいのに・・。いつもわたしを裏切るんだね・・。ほんの少しの期待をのこして・・。大好きだけど大嫌いになるね。あなたは駄目な人だから・・。大嫌いだよ、さようなら。この想いをここでたちきります。明日からは眼中にないよ、さようなら・・。

こころのお便り
悲しいけれど、どこかで踏ん切りをつけないといけないときってありますよね。
(ありんこより)


  どうしたら良いか解からないよ。。 2004/02/14(Sat)00:40
Witten by [ MOON ]
毎日が苦しい
毎日が葛藤
本当は生きたい
だから理解者を求めたのに

会いたいよ
会いたくて夢にまで出てくるよ
苦しいよ
早く助け出してよ

忘れていたパニックまで出てきてるし
最悪なんだよ
あなたしか、救えるひとはいないんだよ
早く気づいて
助けて

こころのお便り
その人に気づいてほしいですね。そうしたらMOONさんはとっても嬉しいですよね。でももし気づいてくれないのだとしたら何かサインを送ってみるのもいいかもしれません。
(ありんこより)


/ 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 /
/ 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 /
/ 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30 /
/ 31 / 32 / 33 / 34 / 35 / 36 / 37 / 38 / 39 / 40 /
/ 41 / 42 / 43 / 44 / 45 / 46 / 47 / 48 / 49 / 50 /
/ 51 / 52 / 53 / 54 / 55 / 56 / 57 / 58 / 59 / 60 /
/ 61 / 62 / 63 / 64 / 65 / 66 / 67 / 68 / 69 / 70 /
/ 71 / 72 / 73 / 74 / 75 / 76 / 77 / 78 / 79 / 80 /
/ 81 / 82 / 83 / 84 / 85 / 86 / 87 / 88 / 89 / 90 /
/ 91 / 92 / 93 / 94 / 95 / 96 / 97 / 98 / 99 / 100 /
/ 101 / 102 / 103 / 104 / 105 / 106 / 107 / 108 / 109 / 110 /
/ 111 / 112 / 113 / 114 / 115 / 116 / 117 / 118 / 119 / 120 /
/ 121 / 122 / 123 / 124 / 125 / 126 / 127 / 128 / 129 / 130 /
/ 131 / 132 / 133 / 134 / 135 / 136 / 137 / 138 / 139 / 140 /
/ 141 / 142 / 143 / 144 / 145 / 146 / 147 / 148 / 149 / 150 /
/ 151 / 152 / 153 / 154 / 155 / 156 / 157 / 158 / 159 / 160 /
/ 161 / 162 / 163 / 164 / 165 / 166 / 167 / 168 / 169 / 170 /
/ 171 / 172 / 173 / 174 / 175 / 176 / 177 / 178 / 179 / 180 /
/ 181 / 182 / 183 / 184 / 185 / 186 / 187 / 188 / 189 / 190 /
/ 191 / 192 / 193 / 194 / 195 / 196 / 197 / 198 / 199 / 200 /
/ 201 / 202 / 203 / 204 / 205 / 206 / 207 / 208 / 209 / 210 /
/ 211 / 212 / 213 / 214 / 215 / 216 / 217 / 218 / 219 / 220 /
/ 221 / 222 / 223 / 224 / 225 / 226 / 227 / 228 / 229 / 230 /
/ 231 / 232 / 233 / 234 / 235 / 236 / 237 / 238 / 239 / 240 /
/ 241 / 242 / 243 / 244 / 245 / 246 / 247 / 248 / 249 / 250 /
/ 251 / 252 / 253 / 254 / 255 / 256 / 257 / 258 / 259 / 260 /
/ 261 / 262 / 263 / 264 / 265 / 266 / 267 / 268 / 269 / 270 /
/ 271 / 272 / 273 / 274 / 275 / 276 / 277 / 278 / 279 / 280 /
/ 281 / 282 / 283 / 284 / 285 / 286 / 287 / 288 / 289 / 290 /
/ 291 / 292 / 293 / 294 / 295 / 296 / 297 / 298 / 299 / 300 /
/ 301 / 302 / 303 / 304 / 305 / 306 / 307 / 308 / 309 / 310 /
/ 311 / 312 / 313 / 314 / 315 / 316 / 317 / 318 / 319 / 320 /
/ 321 / 322 / 323 / 324 / 325 / 326 / 327 / 328 / 329 / 330 /
/ 331 / 332 / 333 / 334 / 335 / 336 / 337 / 338 / 339 / 340 /
/ 341 / 342 / 343 / 344 / 345 / 346 / 347 / 348 / 349 / 350 /
/ 351 / 352 / 353 / 354 / 355 / 356 / 357 / 358 / 359 / 360 /
/ 361 / 362 / 363 / 364 / 365 / 366 / 367 / 368 / 369 / 370 /
/ 371 / 372 / 373 / 374 / 375 / 376 / 377 / 378 / 379 / 380 /
/ 381 / 382 / 383 / 384 / 385 / 386 / 387 / 388 / 389 / 390 /
/ 391 / 392 / 393 / 394 / 395 / 396 / 397 / 398 / 399 / 400 /
/ 401 / 402 / 403 / 404 / 405 / 406 / 407 / 408 / 409 / 410 /
/ 411 / 412 / 413 / 414 / 415 / 416 / 417 / 418 / 419 / 420 /
/ 421 / 422 / 423 / 424 / 425 / 426 / 427 / 428 / 429 / 430 /
/ 431 / 432 / 433 / 434 / 435 / 436 / 437 / 438 / 439 / 440 /
/ 441 / 442 / 443 / 444 / 445 / 446 / 447 / 448 / 449 / 450 /
/ 451 / 452 / 453 / 454 / 455 / 456 / 457 / 458 / 459 / 460 /
/ 461 / 462 / 463 / 464 / 465 / 466 / 467 / 468 / 469 / 470 /
/ 471 / 472 / 473 / 474 / 475 / 476 / 477 / 478 / 479 / 480 /
/ 481 / 482 / 483 / 484 / 485 / 486 / 487 / 488 / 489 / 490 /
/ 491 / 492 / 493 / 494 / 495 / 496 / 497 / 498 / 499 / 500 /
/ 501 / 502 / 503 / 504 / 505 / 506 / 507 / 508 / 509 / 510 /
/ 511 / 512 / 513 / 514 / 515 / 516 / 517 / 518 / 519 / 520 /
/ 521 / 522 / 523 / 524 / 525 / 526 / 527 / 528 / 529 / 530 /
/ 531 / 532 / 533 / 534 / 535 / 536 / 537 / 538 / 539 / 540 /
/ 541 / 542 / 543 / 544 / 545 / 546 / 547 / 548 / 549 / 550 /
/ 551 / 552 / 553 / 554 / 555 / 556 / 557 / 558 / 559 / 560 /
/ 561 / 562 / 563 / 564 / 565 / 566 / 567 / 568 / 569 / 570 /
/ 571 / 572 / 573 / 574 / 575 / 576 / 577 / 578 / 579 / 580 /
/ 581 / 582 / 583 / 584 / 585 / 586 / 587 / 588 / 589 / 590 /
/ 591 / 592 / 593 / 594 / 595 / 596 / 597 / 598 / 599 / 600 /
/ 601 / 602 / 603 / 604 / 605 / 606 / 607 / 608 / 609 / 610 /
/ 611 / 612 / 613 / 614 / 615 / 616 / 617 / 618 / 619 / 620 /
/ 621 / 622 / 623 / 624 / 625 / 626 / 627 / 628 / 629 / 630 /
/ 631 / 632 / 633 / 634 / 635 / 636 / 637 / 638 / 639 / 640 /
/ 641 / 642 / 643 / 644 / 645 / 646 / 647 / 648 / 649 / 650 /
/ 651 / 652 / 653 / 654 / 655 / 656 / 657 / 658 / 659
【投稿する】

癒しのポエム〜心のメッセージ トップページへ戻る
copyright© 2001-2009 心の癒し
designed by
programmed by
powered by
ともとも
松本竜弥のそれ憧れるのょ
占い開運癒しの占星術
占い相談
無料占い恋愛
パワーストーン恋愛専科