こころの掲示板

* 悲しかったこと *

この「悲しかったこと」に打ち明ける方に伝えたいことがあります。
私たちは何について、悲しむことができたら、心が軽くなるのかな。
誰かが、心無いことをしてしまったとき、それを悲しんでください。
それは誰かについても、そして同じように自分についても。

けしてね、不満や恨みをここで打ち明けても、心はね、明るくなれないんです。
不満や恨みを持ってしまったとしたら、そのことも悲しんでみましょう。
その繊細な経験とともに、悲しみが晴れたとき、きっと心は成長しているはずです。


【投稿する】
サイト内検索:


  あなたのデスク 2003/11/19(Wed)07:15
Witten by [ ビア ]
私が残業してまであなたのデスクを掃除したのは、あなたが多くの業務連絡を紛失しているから。一緒に仕事していて大事な書類を何度もなくされて、迷惑するのは私だけじゃないから。
デスクを触られたらイヤかもしれないのは、分かってる。けどあえて悪者になって「ついでに掃除しちゃお」って名目で散らかり放題のあなたのスペースを整理した。やっぱり以前に紛失していた指示書が、だらしなく突っ込んであった。

あなたの一方的な抗議メールは、辛かった。

「デスクは私の部屋と同じだから、触らないで」とあったけど、それは少しだけ違う。皆で一緒に仕事しているスペースは厳密には個人だけのものじゃないよ。ましてあなたはモノを管理できなくて、これまでにも叱られてきたでしょ?私はチームだから、ずっと庇ってきたつもりだった。今回もおおごとになる前に、内部で対処したつもりだった。
「ごめん、私が無神経だったね」と私はあなたの顔を見て(あえてメールじゃなく)笑って謝った。
何も言い訳もしなかった。
でも、もうみんなからあなたを庇う為に、盾になるのは止める。そう思った。

こころのお便り
ビアさんは本当に優しいな、と思います。そして笑って謝れるのがすごいな、って思いました。
ビアさんの意見はもっともだと思いますよ。でも本人が迷惑してる以上、仕事であるなら上司の許可をとるなどしたほうがいいのかもしれませんね。
そして、もし上司の許可が得られずビアさんたちが仕事で迷惑して困っているなら本人に何度か警告したうえでまた机を掃除してしまうのも手だと思います。どちらにしてもビアさんだけでなく賛同してくれるひとがいたほうがいいのでしょうね。そうすればその人も抗議できないかもしれません。
(ありんこより)


  Kindled my negative emotions 2003/11/19(Wed)02:25
Witten by [ Gray Owl ]
前へ走り続けてきた。
上を向き続けてきた。
そう、思ってきた…。
そう、信じてきた…。
…そう、思いこもうとしていた…。

前を向いていたのは、後ろを振り返る恐怖を振り払いたかったから…。
上を向いていたのは、下を覗き込む不安に耐えられなかったから…。

子供が怖いものに背を向けて、一心不乱に逃げ出すように、私は“逃げ続けて”いたに過ぎなかったのだ…。
子供が目に涙すら浮かべ、息を切らせて必死に走るように、私は“追われて”いたに過ぎなかったのだ…。

前へ、上へ、ひたすらに、ただひたすらに、“追い立てられて”いたに過ぎなかったのだ…。

前へと足を進ませたのは、“絶望感”…。
上へと足を上らせたのは、“劣等感”…。
ありとあらゆる負の思いをエネルギーにして、私は走っていた。

私の心に灯るのは、負の思いから生まれた光。
私の心の温もりは、負の思いから生まれた熱。
負の感情こそが、私を最も強く動かしてきた。
負の感情こそが、私を最も強く支えてきた。
…私は…、負の感情…で、生きてきた…?
私…は、負の感情…に、生かされて…きた…??

笑いたくなる。嗤うしかない。
あれほど忌まわしく思っていた負の感情から解放された後、私に残っていたのは、果てしない虚脱感と耐え難い虚無感だった。
負をひたすらにうち消し続けると、0になる。
0は無。何も無い…。…何も生まれない…。
これが、私の、行き着く先だったのか…?

私は、今、再び灯そうとしている。
かつて忌み嫌った、暗く、深い、負の灯火を…。
かつてのように、悲嘆と苦悩に、満ちた光を…。
半ば諦観を持って、半ば覚悟を持って、今度は自分の意志で…。

いつの日か、この灯火が、眩しいほどに明るく輝くものに変わるといいのだけど…な…。


(今回は『Gray Owl』という名にて…)

こころのお便り
Gray Owlさんはより高い意識に目を向けることになったのかもしれませんね。目標を達成するとき負の感情を使うことがより効率的であることはあると思います。それは私自身も今気づかせてもらいました。そして目標を達成したとき、そこからくる虚無感におそわれているのかもしれませんね。
そしてこれからどうするか、ですよね。
負の感情からではなくまた一段たかい意識でこれからを生きるという課題があたえられたのかもしれません。よりいい選択ができることを祈っています。Gray Owlさんならきっとまた光を実感することができると思います。
(ありんこより)


  こころのきのう 2003/11/17(Mon)16:58
Witten by [ そふぃあ ]
人の心ってわからない。
ずっと友達だと信じていた同志にあんな仕打ちをうけるなんて。心が土足でふみにじられるってあのことをなんだと思った。裏切るってこのこと?
人を信じる心をやっともてたはずなのに、布団からでることも出来なくなってしまうほど怖かった。
隙をみせるとまた自分を失う気がしたから、いつも緊張していた。笑わなくなったって、人が離れてくのが感じた。もっと苦しくなった。
人の心って悲しい。悲しいことを悲しいってわかちゃうのが人の心なんだってわかった。
明日はいいことが少しでも人の心にあるように。

こころのお便り
いろんな人がいるので、知らず知らずのうちに相手を傷つける人もいますよね。
そふぃあさんにはもっと他の友達がむいているのかもしれません。そういう人と出会えるときがきっとあると思います。友達探しをあきらめないでほしいな、と思います。そしていい友達ができることを私も応援しています。
(ありんこより)


  私じゃない。 2003/11/16(Sun)22:24
Witten by [ しゅう ]
私にメールしようって言ってくれたよね?

私に気が合うって言ってくれたよね?

なのにあなたは遠くなる。

あなたの隣には私じゃない人がいる。

ただ仲がいいだけ。

友達。

そんなの私が欲しい言葉じゃない。

あなたが欲しいだけなの。

こころのお便り
友達としか思ってもらえないとしたら悲しいですよね。でも友達だからこそできることもあるかもしれません。しゅうさんの願いが叶うといいですね。
(ありんこより)


  ゴメン 2003/11/16(Sun)03:01
Witten by [ ショウ ]
ゴメン ゴメン ゴメン
幼馴染なのに、生まれてからずっと一緒だったのに
血は繋がってないけどまるで双子のようだったのに
私の考えを何でもお見通しで 私が悩んでいたら
笑顔で手を差し伸べてくれたのに
四人の中で一番強いって思ってた
しっかりとした意思を持っていて 夢を持っていて
『俺は必ず聞いてて涙を流すような、そんな感動する詩を書くんだ!!』
嬉しそうな笑顔で話してくれた

私ばっかり迷惑かけてて でも「たまには甘えてね」って言ったら
『じゃあ、本当に辛くなったら電話する』って言って
必ずその電話を取るよ、て約束したのに
体育祭の練習で気づかなかった
もう一人の幼馴染がバイクに乗って病院まで連れてってくれた
その時気がついたよ

もう、アンタは死ぬんだって

ゴメン ゴメン ゴメン・・・
泣き顔は見せたくないのに 泣いちゃって
なのにアンタは笑顔で


『なぁ、俺、星空が見たいんだ・・・』


まるで、まだ生きるって感じに言って
もっと涙が溢れたよ
ゴメン ゴメン ゴメン・・・・・・
泣き止むことが出来なかった
けど、病院の外へいって、また四人で星空見て


『お願いだ、俺の分まで不幸になって・・・そして、その3倍幸せになってくれ』


『俺、お前らの笑顔が好きだぜ』


最後の最後まで笑顔で
弱みを見せないで 逝った私の幼馴染

ゴメン ゴメン ゴメン・・・・・・・・

アンタが病気だってこと、知らなかった
毎日が辛かったなんて 知らなかった
こんなに近くにいたのに、私はアンタのこと何一つ知らなかった
なのに、『大好きだ』って言ってくれた
ありがとう ありがとう

そして、ゴメン・・・・・・・・・・

こころのお便り
ショウさんには本当に素晴らしい幼馴染がいるんですね。
どんな状況にいようとも前向きでいられる姿勢を見習いたいですね。
(ありんこより)


  大好きだったおばちゃんへ 2003/11/14(Fri)20:22
Witten by [ あられ^^9) ]
おばちゃんが逝ってしまって、もう1年が過ぎようとしてるね。
おばちゃん、そっちは、どうですか?
幸せに過ごしてますか?
おばちゃんにみんなでさよならした日に
おばちゃんの妹である私の母が泣き崩れるのを見ました。
おばちゃんの顔に触った時すごく冷たかった。
けど、おばちゃんは寝てるだけに見えた。

おばちゃんは母に私と話がしたい!と言ってたと聞いてた。
おばちゃんに逢いに行きたいと思ってた。
けど行けずじまいで、おばちゃんとさよならする事になってしまった。
私は、その事が心の残りでしょうがありません。

あんなに可愛がってもらったのに…
本当の娘のように可愛がってもらったのに…
おばちゃん、ごめんね。
本当に、ごめんね。
そして、本当に、ありがとう!大好きでした。
今でも大好きです。
これからは、のんびりしてね。

こころのお便り
亡くなってしまったらもう遊びにいくことはできないから辛いですよね。でもこれからを生きることで償いになると思います。今の気持ちが届くといいですね。
(ありんこより)


  コトバ 2003/11/14(Fri)14:53
Witten by [ 百合 ]
この前メールして分かったこと、
貴方が私達をシカトしてんのは私達のせいだって事。
いつも独りの時は考える、部屋でも登下校でも。
この前お風呂につかりながら考えた。
ふと思いついた『コトバ』は
今の状況にぴったり。
友達には言えない、痛すぎて。
何ヶ月も続いててシカトよりやけに辛い。
もうあの頃には戻れないって絶望感が込み上げる。
これを『絶交』って言うんだよ、きっと。

こころのお便り
絶好は悲しいですよね。
友達でいたい気持ちをいつか伝えられたらいいですよね。
(ありんこより)


  いつの時代も醜い感情 2003/11/14(Fri)02:49
Witten by [ ひゆり ]
もうやめましょう?人の心を踏みにじるのは。
良いことなんて一つもありません。自分も含めて幸せにはなれないでしょう?取り返しが付かなくなる前に少し考えてみましょう?相手の辛さ、心の痛みを。それを理解できた時、あなたは優しくなれると思う。

こころのお便り
踏みにじるだけではお互い幸せにはなれないですよね。もし、自分が傷ついた仕返しならば自分が傷ついたことを伝えないとわからないかもしれないですよね。その人に人の痛みがわかるようになってもらいたいものですね。
(ありんこより)


  時間 2003/11/13(Thu)20:43
Witten by [ ゆき ]
ねえ、今あなたはとても幸せなんだよね。
メールで子供が生まれたよ、だもんね。
私ね、7年前と全然変わっていないんだ
あなたと別れた時間から、前に進んでいないの。
何も知らない奥さんや子供さんには悪いけれど。
今もあの場所あの時間に戻りたいの。
これから幸せになるあなたに、おめでとうなんて心の底からは、いえないよ。
できればいつかまたあの時間の場所に戻ってきて。
私の心がいるあの場所まで。

もう戻れないのはわかってる。
あなたの幸せを願えない私がここにいる
きっとずっと信じてる

いつかきっとあの時間にあなたは帰ってくると

こころのお便り
ゆきさんの一途な気持ちが素晴らしいと思います。またお互いが理解しあえるといいですよね。(ありんこより)


  情けない自分 2003/11/13(Thu)17:23
Witten by [ いちご ]
  ずっと前から自分の性格が嫌いでした。
 周りからみたら 何をいわれても平気そう。
 とか、おとなしいとか、人に好かれそうだとか
 言われたりします。 でも、実際はものすごく
 落ちこんだりするんだ。ってことを誰かに聞いて
 欲しくて メールしています。

 自分の好きな人にも きっと誤解されてると思う
 自分のことを理解して欲しくて 誰にも相談でき
 なかったことを相談しても 結局は 私のころを
 病気扱いした。 

 原因は 前に付き合っていた人
 ほっといても平気、のんびりしてるから大丈夫
 だとか 思われていたみたいで 些細なことで
 サイアクなことになった。
 本気で好きだったのに、彼氏は 私のしらない
 女の子と夜遅くまで遊んだりしてた。
 都合のいい女だったのかもしれない。
 そのころから、夜も眠れず、食べては吐いて
 の繰り返し、ぼろぼろになってしまって、結局
 別れて 今の 人と付き合うようになっても
 自分のなかに ためこんでしまうから 
 癖のように 食べ物をちゃんと食べれなくなって
 そうゆう 自分にもストレスを感じて 解って
 欲しかったけど ダメでした。
 
 今の気持ちは 遠いところに行きたい。

こころのお便り
いちごさんはとても雰囲気のいい女性なんだと思います。でもやっぱり落ち込んだりすることもありますよね。そして前に付き合ってた人はひどいですね。いちごさんはとても傷ついたことでしょう。自分の中にためこみすぎず少しずつ吐き出せたらいいですよね。理解してくれる人は必ずいるはずです。またお話きかせてくださいね。
(ありんこより)


/ 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 /
/ 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 /
/ 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30 /
/ 31 / 32 / 33 / 34 / 35 / 36 / 37 / 38 / 39 / 40 /
/ 41 / 42 / 43 / 44 / 45 / 46 / 47 / 48 / 49 / 50 /
/ 51 / 52 / 53 / 54 / 55 / 56 / 57 / 58 / 59 / 60 /
/ 61 / 62 / 63 / 64 / 65 / 66 / 67 / 68 / 69 / 70 /
/ 71 / 72 / 73 / 74 / 75 / 76 / 77 / 78 / 79 / 80 /
/ 81 / 82 / 83 / 84 / 85 / 86 / 87 / 88 / 89 / 90 /
/ 91 / 92 / 93 / 94 / 95 / 96 / 97 / 98 / 99 / 100 /
/ 101 / 102 / 103 / 104 / 105 / 106 / 107 / 108 / 109 / 110 /
/ 111 / 112 / 113 / 114 / 115 / 116 / 117 / 118 / 119 / 120 /
/ 121 / 122 / 123 / 124 / 125 / 126 / 127 / 128 / 129 / 130 /
/ 131 / 132 / 133 / 134 / 135 / 136 / 137 / 138 / 139 / 140 /
/ 141 / 142 / 143 / 144 / 145 / 146 / 147 / 148 / 149 / 150 /
/ 151 / 152 / 153 / 154 / 155 / 156 / 157 / 158 / 159 / 160 /
/ 161 / 162 / 163 / 164 / 165 / 166 / 167 / 168 / 169 / 170 /
/ 171 / 172 / 173 / 174 / 175 / 176 / 177 / 178 / 179 / 180 /
/ 181 / 182 / 183 / 184 / 185 / 186 / 187 / 188 / 189 / 190 /
/ 191 / 192 / 193 / 194 / 195 / 196 / 197 / 198 / 199 / 200 /
/ 201 / 202 / 203 / 204 / 205 / 206 / 207 / 208 / 209 / 210 /
/ 211 / 212 / 213 / 214 / 215 / 216 / 217 / 218 / 219 / 220 /
/ 221 / 222 / 223 / 224 / 225 / 226 / 227 / 228 / 229 / 230 /
/ 231 / 232 / 233 / 234 / 235 / 236 / 237 / 238 / 239 / 240 /
/ 241 / 242 / 243 / 244 / 245 / 246 / 247 / 248 / 249 / 250 /
/ 251 / 252 / 253 / 254 / 255 / 256 / 257 / 258 / 259 / 260 /
/ 261 / 262 / 263 / 264 / 265 / 266 / 267 / 268 / 269 / 270 /
/ 271 / 272 / 273 / 274 / 275 / 276 / 277 / 278 / 279 / 280 /
/ 281 / 282 / 283 / 284 / 285 / 286 / 287 / 288 / 289 / 290 /
/ 291 / 292 / 293 / 294 / 295 / 296 / 297 / 298 / 299 / 300 /
/ 301 / 302 / 303 / 304 / 305 / 306 / 307 / 308 / 309 / 310 /
/ 311 / 312 / 313 / 314 / 315 / 316 / 317 / 318 / 319 / 320 /
/ 321 / 322 / 323 / 324 / 325 / 326 / 327 / 328 / 329 / 330 /
/ 331 / 332 / 333 / 334 / 335 / 336 / 337 / 338 / 339 / 340 /
/ 341 / 342 / 343 / 344 / 345 / 346 / 347 / 348 / 349 / 350 /
/ 351 / 352 / 353 / 354 / 355 / 356 / 357 / 358 / 359 / 360 /
/ 361 / 362 / 363 / 364 / 365 / 366 / 367 / 368 / 369 / 370 /
/ 371 / 372 / 373 / 374 / 375 / 376 / 377 / 378 / 379 / 380 /
/ 381 / 382 / 383 / 384 / 385 / 386 / 387 / 388 / 389 / 390 /
/ 391 / 392 / 393 / 394 / 395 / 396 / 397 / 398 / 399 / 400 /
/ 401 / 402 / 403 / 404 / 405 / 406 / 407 / 408 / 409 / 410 /
/ 411 / 412 / 413 / 414 / 415 / 416 / 417 / 418 / 419 / 420 /
/ 421 / 422 / 423 / 424 / 425 / 426 / 427 / 428 / 429 / 430 /
/ 431 / 432 / 433 / 434 / 435 / 436 / 437 / 438 / 439 / 440 /
/ 441 / 442 / 443 / 444 / 445 / 446 / 447 / 448 / 449 / 450 /
/ 451 / 452 / 453 / 454 / 455 / 456 / 457 / 458 / 459 / 460 /
/ 461 / 462 / 463 / 464 / 465 / 466 / 467 / 468 / 469 / 470 /
/ 471 / 472 / 473 / 474 / 475 / 476 / 477 / 478 / 479 / 480 /
/ 481 / 482 / 483 / 484 / 485 / 486 / 487 / 488 / 489 / 490 /
/ 491 / 492 / 493 / 494 / 495 / 496 / 497 / 498 / 499 / 500 /
/ 501 / 502 / 503 / 504 / 505 / 506 / 507 / 508 / 509 / 510 /
/ 511 / 512 / 513 / 514 / 515 / 516 / 517 / 518 / 519 / 520 /
/ 521 / 522 / 523 / 524 / 525 / 526 / 527 / 528 / 529 / 530 /
/ 531 / 532 / 533 / 534 / 535 / 536 / 537 / 538 / 539 / 540 /
/ 541 / 542 / 543 / 544 / 545 / 546 / 547 / 548 / 549 / 550 /
/ 551 / 552 / 553 / 554 / 555 / 556 / 557 / 558 / 559 / 560 /
/ 561 / 562 / 563 / 564 / 565 / 566 / 567 / 568 / 569 / 570 /
/ 571 / 572 / 573 / 574 / 575 / 576 / 577 / 578 / 579 / 580 /
/ 581 / 582 / 583 / 584 / 585 / 586 / 587 / 588 / 589 / 590 /
/ 591 / 592 / 593 / 594 / 595 / 596 / 597 / 598 / 599 / 600 /
/ 601 / 602 / 603 / 604 / 605 / 606 / 607 / 608 / 609 / 610 /
/ 611 / 612 / 613 / 614 / 615 / 616 / 617 / 618 / 619 / 620 /
/ 621 / 622 / 623 / 624 / 625 / 626 / 627 / 628 / 629 / 630 /
/ 631 / 632 / 633 / 634 / 635 / 636 / 637 / 638 / 639 / 640 /
/ 641 / 642 / 643 / 644 / 645 / 646 / 647 / 648 / 649 / 650 /
/ 651 / 652 / 653 / 654 / 655 / 656 / 657 / 658 / 659 / 660 /
【投稿する】

癒しのポエム〜心のメッセージ トップページへ戻る
copyright© 2001-2009 心の癒し
designed by
programmed by
powered by
ともとも
松本竜弥のそれ憧れるのょ
占い開運癒しの占星術
占い相談
無料占い恋愛
パワーストーン恋愛専科