【管理者用】



* 悲しい気持ちのポエム *


あなたに、ふと詩が湧いてきたら、それを言葉に綴ってみてください。
誰かの勇気や、誰かの元気、誰かを慰めるかもしれません。

また、詩ではなく、そのまま普通の文章で綴って下さってもいいですよ。
その場合は、あなたへ素敵な詩をお贈りします。
【投稿する】
サイト内検索:


  大事 2005/07/15(Fri)23:44
Witten by [ 香奈 ]
あなたのこと

大好き

心から大事な人だって思えた

だけど

それと同じくらい

嫉ましくて憎くて

大嫌い

だから

あなたのこと忘れようって思った

なのに

私の頭はあなたを忘れようとしないの


本当は理解ってた

もうダメだってこと

もう

私はあなたを忘れられない

だって


誰よりも大事だから


≪規約同意済み≫



  不安 2005/07/15(Fri)22:40
Witten by [ ☆まろん☆ ]
想いを伝えられた うれしかった
好きの気持ちも変わらなかった

でも悲しかった
心がポッカリ穴あいた
よくわかんないけど

怖くなった
あなたからの返事が
怖くなったの
付き合いたくて想いを伝えたのに
付き合うことが怖い

好きだよ
でもこんな私じゃあなたが恥ずかしいよね
だからもっと私頑張って
あなたが自慢できるようになるよ

すきなの

忘れないで


≪規約同意済み≫



      2005/07/15(Fri)19:54
Witten by [ miyu ]
今日ゎとてもよい節目の日だ
≪規約同意済み≫



      2005/07/15(Fri)16:26
Witten by [ miyu ]
終わったoもっと悲しいものかと思ってたo
でも 実際その場に立つとそうでもないo
片思い
長い間幸せだったo
あなたを見ること考えることができて幸せだったo
これから私もあなたみたいに勉強集中していきますo
あなたに告白したから自分の今の立場に気づいたo
私達、今が大事なときなんだよねo
休み前に言えて、気づけてよかったo

ありがとう
私もあなた以上にがんばらなきゃ
≪規約同意済み≫



  何がやりたいのかわからない 2005/07/15(Fri)03:31
Witten by [ 。。。 ]
でも私の出来ることなんてたかがしれてるもの。
何がやりたいかわからない。嫌なことをむりしてやりたくないし・・・

人間関係つかれちゃう・・・

何がやりたいのかな・・・

特に何もやりたくないの・・・本当はね。

でも何かやらないと・・・
何がやりたいのか・・・
そんなにできることも無いのに・・・
≪規約同意済み≫



  箱の中 2005/07/15(Fri)00:21
Witten by [  ]
うすくらい部屋の中に閉じこもってる感じ・・・
本当は太陽が大好きなのに・・・
公園でペットと木陰を探すして休んだり・・・
今は夜にこそこそ人目をしのんでのペットとのお散歩
そしてまた小さな箱の中で過すの
そんなふうにしたのは誰?
箱の中に閉じ込めたのは誰?
≪規約同意済み≫



  *明空* 2005/07/14(Thu)22:05
Witten by [ 枯葉 ]
私にはあなたが分からない

何を考えているのか・・・

私をどうすれば気が済むの?

逃げ場の無い私。

いつになれば広い場所を得られるの・・・??
≪規約同意済み≫



  いつから 2005/07/14(Thu)05:55
Witten by [ 紀一 ]
何時からだろう夢をなくし金を得るだけになったのは

何時からだろう、遊ぶのに疲れたのは

何時からだろう??
≪規約同意済み≫



  わかんない 2005/07/13(Wed)22:19
Witten by [ ☆まろん☆ ]
何でだろう

何か最近うまく笑えない

楽しくない



好きの気持ちも

楽しいの気持ちも


雨と一緒に流れちゃった



≪規約同意済み≫



  こういう迷いは嫌いじゃない 2005/07/13(Wed)21:08
Witten by [ ガタ ]
壊れてほしい
壊れないでほしい

公園の砂場に砂で城を作るのは、後で崩したいからかもしれない
青い海の砂浜に砂で山を作るのは、波にさらわれて崩れてほしいからかもしれない

壊れてほしい
壊れないでほしい

でも公園で、誰かがその砂の城を崩そうとすれば、崩されないようにと守るのだ
でも青い海で、波がその砂の山を削ってしまったら、無くなってしまったところを直してあげたくなるのだ

壊れてほしい
壊れないでほしい

矛盾している様でしていない
真実は一つではない
感情に正も悪も無い

≪規約同意済み≫



  現実 2005/07/13(Wed)01:35
Witten by [ 上の空 ]
受け止めることが出来ません・・・

誰も信じられない・・・
死んでしまいたい・・・

幸せに????
なれると思いますか?

だって生きていたくないんです・・・

あなた同じことしたでしょ・・・
私1度死んでる・・・

それをまた殺そうとしたの・・・あなた

もうがんばれない

言葉がほしい・・・ごめんって

じゃないと許してあげない
≪規約同意済み≫



  死を待つのみ 2005/07/12(Tue)19:55
Witten by [  ]
あとは死を待つのみです・・・

やくざにさされようが・・・

あとは死を待つのみです・・・

やくざ・・・私には全くかかわりがないんだけど・・・

半年以上前にも忠告された・・・・

でも生きていたくないんだからしかたない
≪規約同意済み≫



  夢風 2005/07/12(Tue)18:17
Witten by [  ]
あれっ なんだろう 目からしょっぱい水がっ
あれっ なんでだろう 心が痛い 心が泣いてる 痛いよっ どうして? 心ずきずき言う
苦しい 痛み  悲しい 想い
どうしてだろう いつのまにか 目から流れ出る水が止まらないよっ どうしよう 
悲しい  痛い それが涙 なんだね きっと

≪規約同意済み≫



  ここまで来たら 2005/07/12(Tue)13:13
Witten by [  ]
仕方ないですね・・・涙
あなたにお会うまで納得がいきませんょ。

あなたはどうしたかったの?

どうしたかったの?なんでおびえるの?
≪規約同意済み≫



  げんかい 2005/07/12(Tue)09:36
Witten by [ 涙目 ]
これ以上、どうすればいいと言うの?

両手に持ちきれないほどの荷物
手が千切れそう

背中には骨が折れそうなほどの荷物
まっすぐ歩けない

それなのに、
まだ何か持たせようとするの?

全てを放り出して
どこかへ駆けてゆきたい

でも…

私のてのひらに背に食い込んだその荷物は
どうやって降ろせばいいのかも分からない

これ以上どうすればいいと言うの?

まだ何か持たせようとするの?

この場所で座り込んで崩れ落ちて
その時が来るのをただ待つだけ…


≪規約同意済み≫



  心のこり 2005/07/12(Tue)01:05
Witten by [  ]
心のこり
後悔

わがまま
相手を100%見なかった自分

自分なりに100%見つめたの
見える範囲で

逃げてばかりの自分

でも、どうしていつもみんな
近寄れない設定で近づいてくるの?
近くに寄ると離れていくのね

10年以上経ってから気づいても
何も表現できない私
≪規約同意済み≫



  結局 2005/07/12(Tue)00:56
Witten by [  ]
結局
何一つも満足に表現できず
誰に対しても
中途半端なつきあい

仕事もそう

最近は回顧を趣味にしていて
疲れた

当然のこと
自分が悪い

誰に対して完璧に表現できたの?
自分が大嫌い
能力もない

でも こういう時間も必要ね
≪規約同意済み≫



  連鎖 2005/07/10(Sun)23:58
Witten by [ 百乃 ]
なんて事だ

僕は心を見失ってしまったよ

いそいで代わりを

手に入れたと思ったら

これは君の心だったんだね

そうして代わりに

君が心を見失っている
≪規約同意済み≫
http://blogs.yahoo.co.jp/kira2kirarin/MYBLOG/yblog.html?fid=528583&m=lc


  人間観が変わった日 2005/07/10(Sun)23:00
Witten by [ ガタ ]
その人は、いつも私に冷たかったのです。

その人は、私には朝の挨拶をしてくれませんでした。私が話しかけても、避けて何処かに行ってしまうのでした。至近距離では、私と目も合わせてくれませんでした。

だから、その人は私のことが嫌いなのかな、と思いました。

その日も、いつもと同じ様に、私は研究室で実験の経過を調べていました。
ただその日は、その人と二人きりの、実験の当番の日だったのです。
研究室でその人と二人きりにならなければならない、と思うと私は不安でした。

その人は、いつもと同じ様に無口でした。
私達はただ黙って、実験の経過を記録していました。

そのとき突然、足の下から突き上げるような感覚がして、試験管立てが倒れ、物凄い音を立てて、研究室が軋み始めたのです。私は何が起きたのか分からず、無意識の内に、恐怖でしゃがみこみました。

次の瞬間、凄く強い力で腕を引っ張られ、私はわけが分からなくなりました。

気が付くと、揺れは止まっていて、辺りは静かになっていました。
恐る恐る周りを見回すと、さっきまで私がいた場所に、その人が棚の下敷きになって、ぐったり横たわっていました。

あの棚は、私の上に落ちるはずだったのです。その人が、私の腕を引っ張って逃がしてくれて、代わりに彼自身は間に合わなくて、落下物に巻き込まれてしまったのです。

どうしてですか。
あなたは私を嫌いなのでしょう。

その人の白い服に、じわじわと赤い色が広がっていって、呆然としている私を見て、その人は安心した様な顔をしました。

ご め ん な 。

その人は私の方に手を伸ばして、とても小さな声でそう言ったのです。
なんでなんでなんで。
どうしてですか。

他の学生達が来てくれて、棚をどけてくれました。目をつぶったその人は、担架で運ばれていきました。

私は泣きました。

しばらく時間が経ち、その人と再会しました。何度も何度もお礼を言いましたが、その人はその度に、ただ少し恥ずかしそうに微笑むのです。

≪規約同意済み≫



  いつになったら 2005/07/10(Sun)20:46
Witten by [  ]
私のサイト・・・また公開できるのだろう

いつになったら・・・
また元気なふりして・・・元気なように見せかけて・・・姿を現せることが出来るのだろう・・・いつになったら・・・


≪規約同意済み≫



/ 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 /
/ 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 /
/ 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30 /
/ 31 / 32 / 33 / 34 / 35 / 36 / 37 / 38 / 39 / 40 /
/ 41 / 42 / 43 / 44 / 45 / 46 / 47 / 48 / 49 / 50 /
/ 51 / 52 / 53 / 54 / 55 / 56 / 57 / 58 / 59 / 60 /
/ 61 / 62 / 63 / 64 / 65 / 66 / 67 / 68 / 69 / 70 /
/ 71 / 72 / 73 / 74 / 75 / 76 / 77 / 78 / 79 / 80 /
/ 81 / 82 / 83 / 84 / 85 / 86 / 87 / 88 / 89 / 90 /
/ 91 / 92 / 93 / 94 / 95 / 96 / 97 / 98 / 99 / 100 /
/ 101 / 102 / 103 / 104 / 105 / 106 / 107 / 108 / 109 / 110 /
/ 111 / 112 / 113 / 114 / 115 / 116 / 117 / 118 / 119 / 120 /
/ 121 / 122 / 123 / 124 / 125 / 126 / 127 / 128 / 129 / 130 /
/ 131 / 132 / 133 / 134 / 135 / 136 / 137 / 138 / 139 / 140 /
/ 141 / 142 / 143 / 144 / 145 / 146 / 147 / 148 / 149 / 150 /
/ 151 / 152 / 153 / 154 / 155 / 156 / 157 / 158 / 159 / 160 /
/ 161 / 162 / 163 / 164 / 165 / 166 / 167 / 168 / 169 / 170 /
/ 171 / 172 / 173 / 174 / 175 / 176 / 177 / 178 / 179 / 180 /
/ 181 / 182 / 183 / 184 / 185 / 186 / 187 / 188 / 189 / 190 /
/ 191 / 192 / 193 / 194 / 195 / 196 / 197 / 198 / 199 / 200 /
/ 201 / 202 / 203 / 204 / 205 / 206 / 207 / 208 / 209 / 210 /
/ 211 / 212 / 213 / 214 / 215 / 216 / 217 / 218 / 219 / 220 /
/ 221 / 222 / 223 / 224 / 225 / 226 / 227 / 228 / 229 / 230 /
/ 231 / 232 / 233 / 234 / 235 / 236 / 237 / 238 / 239 / 240 /
/ 241 / 242 / 243 / 244 / 245 / 246 / 247 / 248 / 249 / 250 /
/ 251 / 252 / 253 / 254 / 255 / 256 / 257 / 258 / 259 / 260 /
/ 261 / 262 / 263
【投稿する】

悩み相談サイト心の癒し トップページへ戻る
copyright© 2001-2009 心の癒し
designed by
programmed by
powered by
ともとも
松本竜弥のそれ憧れるのょ
占い開運癒しの占星術
占い相談
無料占い恋愛
パワーストーン恋愛専科