【管理者用】



* 悲しい気持ちのポエム *


あなたに、ふと詩が湧いてきたら、それを言葉に綴ってみてください。
誰かの勇気や、誰かの元気、誰かを慰めるかもしれません。

また、詩ではなく、そのまま普通の文章で綴って下さってもいいですよ。
その場合は、あなたへ素敵な詩をお贈りします。
【投稿する】
サイト内検索:


  誰か 2011/07/08(Fri)19:04
Witten by [ ヒトミ ]
誰か。
私の変化に気づいてくれる人
ずっとさがしてるんだ

でもね見つからない
誰か。

抱きしめて欲しいんだ
≪規約同意済み≫



  疲れるね 2011/07/08(Fri)11:35
Witten by [ sora ]
話をしてもしても伝わらず逆に怒って文句言ってくる始末 やれ自分の彼を取ったなど言われたこともあるし、言われたこっちは何の話かもわからん。 そして勝手に怒って勝手に謝って事情説明しないで終わらせた。 失礼な話ちゃんと説明する義務あるでしょ? ぼくに散々
いいたいこと言ったのだから。 おかげで仕事にも迷惑かかったことあったし。 疲れるから
もう君とは逢いたくない。 そう感じた

≪規約に同意しない≫



  あばあちゃん* 2011/07/07(Thu)22:59
Witten by [ 音美ナグ ]

 -おばあちゃん

 いつもそう呼んだら

 -あら、いらっしゃい

 そう笑顔で答えてくれた

 太陽みたいな笑顔で

 -おばあちゃん
  
 いま、そう呼んでも

 あの私の太陽は

 みあたらない

 もう、おばあちゃんの

 つくった

 おいしいラーメンも
 
 食べられない

 最後に一緒にいられなくて

 ごめんね

 お願いきいてあげられんくて

 ごめんね

 いつもどんなときも
 
 笑顔でむかえてくれて

 ありがとう

 大好きだよっ

 
≪規約同意済み≫



  行かないよね? 2011/07/06(Wed)19:33
Witten by [ MаnаКa ]
心配したんだよ?

いきなり病院で入院なんて
先生に
「このままなら死んでも」って何?

嫌だよ・・・・?

なんでいっちゃうの?
すごく泣いた、叫んだ。

心配したんだから
もう心配かけないで・・・お願いだから。

≪規約同意済み≫



  ずるいよね 2011/07/05(Tue)11:48
Witten by [ sora ]
政治家ってずるいよね? 自分は現場にいないで言うばかりほんとに困ってるのにさっさとやめてしまってさ。逃げる前になんかしてそれでもどうもならんならやめればいいのに・・・。
なんかね。 悲しいかっこばかりつけんで
しゃきっとせんね。 ききよって腹の立つ
怒りたいのは被災した人たちやないの?
みんな必死なのになさけなか 人の批判しとらんで誰か動いてほしいものだ
≪規約同意済み≫



  無関係って苦しいかも 2011/07/04(Mon)22:57
Witten by [ まゆみ ]
私と無関係の人だってこと知ってるよ
見てたら一番可愛いな〜って
思って便乗してキャーキャー言ってただけで
本当に可愛いから言ってたんだけど
だからってそれ以上入り込んだり気にすることはなかったよ
去年の夏休みはまるものが無くて寂しいなって思ってて
結構好きだからはまってみようかなって
いつもならはまったものにとことんだけど
無理矢理にはまる努力をして
毎日見るようになって
やっぱり見てると可愛くてとどまるところを知らなかった
何しても可愛いし何言っても可愛い
だけどやっぱり可愛いと思うだけでそれ以上の気持ちまで入り込まなかった
年齢離れてるし考え方とか正反対なイメージだし
目に見えるぐらいはっきり一線をおいてたんだよね
だから盲目状態にはならなかったんだ
でもそれって冷めたときに嫌いにならないぐらい気持ちが浅いから楽だった
でも今になってあなたを嫌いになることがすごく苦しい
あんなにぼんやりした気持ちのはずなのに
今もあなたを見ると思わず可愛いと思っちゃう
猫とか妹とかと比べても断トツで一番可愛い

嫌いになろうとする気持ちとは別だけどね
そういう魅力を元から持ってるからね
やっぱり嫌いになんかなれないのかもね
好きでも嫌いでもないけど
でも好きだけど尊敬もしてるし時々馬鹿にもしてるよ
それって何か普通かな?
やっぱりあなたとは交わらない関係ってことなのかなあ
交わらなくっても寂しくはないけどね
ていうかこんなこと何度も思ってる私の気持ちどうにかならないかな

≪規約同意済み≫



  光を見つけたい 2011/07/04(Mon)09:52
Witten by [ 巫女 ]
今私は何をしているの?学校に行きたいのにどうしていけないの?皆に会いたいよ。だけどしばらく顔出してないから馬鹿にされる。先輩な
のにどうして後輩を怖がらなきゃいけないの?
もう嫌だよ。皆と給食食べたい、皆と勉強した
い、皆と遊びたいな。皆が帰る時間に先生に会って楽しい話をしても誰も心配していない。私
はやっぱり嫌われているのかな?小学校の時みたいにこれを思うといつも一日学校6時間やる
と決めても思ってしまって結局放課後行くことになる。ああ、ちょっと前ぐらいの時みたいに
皆とお喋りしたいな。放課後以外はずっと家の中ひとりぼっちで友達もいなくただパソコンを
打っている自分がいた。光はどこにあるのかな
誰か教えてこんな弱い私一人じゃ見つからないよ。誰か友達になってよ。誰か私を本当の外へ
出してよ。誰か
≪規約同意済み≫



  サヨナラ。 2011/07/03(Sun)17:18
Witten by [ 梨乃 ]
ゴメンね。

有難う。

サヨナラ。

愛してた。

もう二度と会えない君へ。

もうすぐワタシは―・・・・


ばいばい、ワタシ。
≪規約同意済み≫



  本当の自分 2011/07/02(Sat)11:39
Witten by [  ]
入学式
いっぱい友達作るぞって
頑張ったのに
全て空回り
自分ではない自分を作り上げて
必死に頑張ったのに
嫌われる

あぁ、またアノコロに戻りたい。
幸せだった。
皆本当の私を受け入れてくれて
本当の私を見てくれて
本当の私をわかろうとしてくれた

先生だってわかってくれない
私がこんなにも悩んでいるなんて
わかろうともしてくれない

自分を見ると情けなくなる
回りに溶けこんで
いっつも一人で
自分じゃない自分で存在している。

どうやったら皆私の事をわかってくれるの?
≪規約同意済み≫



  誤解してた 2011/07/02(Sat)08:44
Witten by [ さゆ ]
ちょっと間違えたかな
あなたはずっと変わらないよね

人を信じないのも変わらないよね
私のささやかな思いだっただけだよね
とりあえずあなたから離れることに
つとめます
ありがと〜nちゃん!!


≪規約同意済み≫



  かけられない言葉 2011/07/02(Sat)07:56
Witten by [ さゆ ]
私のこのどうしようもない気持ちはどこに行くのかな
どうしようもないことが起こって
現実だって思うことが出来ない

私は周りに何言われたっていいししょうがないけど
あなたが言われるのは何千倍も嫌だ
あなたを取り巻く環境が変わっちゃうんじゃないかって
あなたの笑顔が見れなくなっちゃうんじゃないかって
思うのがつらい
でもあなたから離れることにしたよ
そうじゃないといつまでもあなたが追い込まれる気がしたから
今までつっかかってごめんね
ちょっと前までずっと何する時も「自分は嫌われ者だ」っていう意識があったように見えたけど
最近のあなたは穏やかな顔してて笑顔も多くて少しは自分のことも好きになれたんだろうって思ってた
「好かれるのは性に合わない」ってあなたなら言うのかもしれないけど
人の事信じても結局裏切られるかもしれないけど
私はあなたにかけられる言葉もないけど






≪規約同意済み≫



  線路 2011/06/30(Thu)22:33
Witten by [   I ]
私はルールの塊だ
誰にも嘘はつきなくない
そのくせ、本性は隠さねばならない
だから誰とも一歩下がって会話をした
皆に平等、皆に愛想を振りまいた
部が悪いことでも聞かれたら
本性のほんの隅っこだけ見せて
「うん」と明るい声で答えた

そのうちもっと近づきたいと思う人が出た
私はその人を皆として扱いたかった
特別は必要なかった
あなたは私には必要なかった
だけど諦めずに一か月も
もっと仲良くなりたいとせがまれて
私はその人が可哀想だと思った
見る価値なんてないものなのに
隠されているから知りたくなるんだろうなって
そう思えば思うほど申し訳なくなった

そして私はその人に魅せてしまった
その人はその日から私の特別になった
そしてその日から悪夢の連鎖は始まった
「私にはミセテくれないの?」
「私だって友達だよね?」
「いつになったらミセテくれる?」
特別の友達の友達の友達の誰かは
親しくもなく、たいして本気でもないくせに
興味本位だけで嗤う
自慢したいがためにずかずかと土足で
身体のあちこちを潰してく

さぁお話はここまで
この物語の終端はどんなものだろうね?
何処に向かって走り出したのか
それともここで終わるのか……
きっと一カ月もしない間に
答えは出ることだろう。

≪規約同意済み≫



  面辛 2011/06/28(Tue)22:22
Witten by [   I ]
からっぽだった
優しくするのも世話をやくのも
面倒くさいことにならないための
手回しでしかなかった
だって面倒くさいじゃないか
はぶったり無視したり
その人の事を考えること自体、めんどうじゃないか
だから当たり障りなく誰とでも接する
顔のつらが厚くなって中身がどんどん消えていく
でもからっぽは恐怖
何もないという状態を感じ続けるのは苦痛
だから偽りを詰め込んだ
出来るだけ多く出来るだけ多様に。
あぁ満腹、これで一人じゃない
そう思った、だけど
空っぽはからっぽのままで
偽りは罪だとでもいうように
心の自由を奪っただけだった。

一人は辛いけど5人も辛い
私にはたった一人で十分なんだ
それなのに、それなのに……

≪規約同意済み≫



  独り語血 2011/06/27(Mon)21:45
Witten by [   I ]

「あんたの言葉は人を不幸にさせる。」

ありがとう。
本当に有難う。
私と口を聞いてくれてありがとう。
最初で最後の会話
ありがとう、ママ。

≪規約同意済み≫



  だれ 2011/06/27(Mon)21:41
Witten by [   I ]
欲しい言葉はたくさんあった
だけど具現化できる言葉はひとつもなくて
結局何が欲しいのかは分からなかった
それでも何かがないと怖くて
淋しくて苦しくてイライラした
それをまとめて不安というなら
私はいつも不安だった
起きているときは不安
寝ているときも不安
食事の時も、遊んでる時も、退屈してる時も
生きてることが不安で
スカスカな心がいつか崩れるんじゃないかって
思うと耳鳴りがした。

しねない理由はいろいろあった
だけど生きてる理由は一つもなかった
変なのって思う自分と、半笑いで同意する自分
ぐるぐる繰り返して何重もの結び目が出来た頃には
理由全てがそれらに埋もれて見えなくなった
なんだっけ、思い出さないと
落ち着け忘れたわけない
大事な事なら思い出せる
ほら、早く、早く思い出さないと
そう思った自分もいつしか埋まって消えていった。

私は何処にいるんだろう?
それともどこにもいないのかな?
本当はどうしたいんだろう?
文句があるなら明確にはっきり言えばいいのに
どうして隠れてでてこないの?
……あれ?
じゃぁ私は、誰?

ん?何考えてたんだっけ……
まぁ思い出せないならいっか。


≪規約同意済み≫



  僕の星空は。 2011/06/26(Sun)17:26
Witten by [ 梨乃 ]
僕の心は星空で。

真っ暗な夜空。

そのココロには星が輝いていて。

在りもしない偽りと創造でできた星が輝いてるんだ。

君と笑えたらいいな。

「恋なんてしないよ。」

君に触れられたらいいな。

「僕は君の事なんて好きじゃない。」

中途半端な気持ちで終わっていく。

・・・どうして。諦めたのに。

君にはあの子がいるって無理やり諦めたのに。

あの子がこんなにも傷ついてるのに。

どうして君はあの子にこんなに酷いことを言うの?

君が、大好きだから。

あの子が、大好きだから。

僕は全てをリセットしたのに。

何で、何で、何で―・・・。

・・・また君は、偽りの星空を僕に作らせるの??

君があの子に酷いことを言うたびに、

僕の偽りの星があの子を嘲笑う。


あの子が僕に、

君の事を泣きながら話すたびに、

僕のたった一つの本当の星が僕の心を締め付ける。

・・・あれ、どれが僕のホントウノココロ?

僕は僕自身の闇の星空の中で彷徨い続ける。

―僕には関係ないのに。

―僕は傷つかないはずなのに。

どうしてこんなにも切ないの―・・・??

≪規約同意済み≫



  強がりと涙。 2011/06/26(Sun)17:08
Witten by [ 梨乃 ]
何でかな。

一人ベットに沈んだ夜。

頭が真っ白になる。

気がつけば泣きながら謝っていて。

自分のことなのに、何で泣いているかすらわかんなくて。

夜が怖くて。

闇が怖くて。

いつもあんなに強がっているのに。

おかしい。

おかしいね。

一人天井に呟いた僕。

いつかまた、誰かを信じられますか?
≪規約同意済み≫



  知ったかぶり 2011/06/25(Sat)23:58
Witten by [ ねこっぷ ]
知ったかぶりで決め付けがましい
「心配」という仮面をかぶった誹謗中傷
あなたみたいなのが一番卑怯
っていうか
「卑怯」の意味調べ直して出直してこい
クズ
≪規約同意済み≫



  虚実 2011/06/25(Sat)22:25
Witten by [     I ]
いつも隣で笑っていた人が
突然引っ越すことになった
お別れ会をして皆で遊びに行って
いっぱい手紙書こうねとか
離れても友達だよねとか
そんな会話を一人一人と交わしていた
笑顔でいようねって言っていた子が
帰り際に最初に涙を流した
それにつられて一人また一人泣きだして
いつのまにか皆泣いていた
だけど、どうして泣いているのか
どうして泣かないといけないのか
ここは泣くべきなんじゃないかって
そう思う、自分がいた。
ほら泣かないで、また会えるんだから、ね?
そうやって泣いていない自分が
とても悲しそうに言ったから
皆は、そうだねって笑ってお別れした
でもあの時私が悲しそうだったのは
一人だけ、その状況を処理できない自分が
とても孤独に感じたからだ。

親しくしていた人が亡くなった。
周りは黒い服を着て泣きじゃくっていた
私も黒い服を着てその人の写真を見上げた
だけどどうしても涙はでてこなかった
親類の人は笑顔で、良い顔してるでしょ?と
その写真を見つめている私に声をかけた
心はざわついて喧嘩を始めた
泣け、泣くんだ、泣かなくてはいけない
いゃ、笑うんだ
だって笑っているじゃないか、どうして?
でも泣いているじゃないか?
顔がひいつけを起こしたように固まった。
それを見たその人は
我慢しなくていいのよ、泣いてもいいのよ
そう言った、だけど私は曖昧に頷くことしか
できなかった。

あぁ、私やっぱ壊れてるんだ
ピエロなんだ。
それからというものは、周囲の感情の波
発せられる情報の全てにふりかえった
だけど、どんな時も
皆からはずれた一部がいて
どういう顔をすればいいのかは、分かんなかった
そしたら、私の中の私が言った
私が変わってあげようか?と。

≪規約同意済み≫



  偽り 2011/06/25(Sat)10:56
Witten by [ n ]

後どれだけ偽ればいいの…?

本当の自分を見せられない悲しみ

貴方には分かりますか…?

どうして…どうしてなの…?

私が本当の私を出せない理由…

それは…貴方に心配をかけたくないから。




≪規約同意済み≫



/ 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 /
/ 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 /
/ 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30 /
/ 31 / 32 / 33 / 34 / 35 / 36 / 37 / 38 / 39 / 40 /
/ 41 / 42 / 43 / 44 / 45 / 46 / 47 / 48 / 49 / 50 /
/ 51 / 52 / 53 / 54 / 55 / 56 / 57 / 58 / 59 / 60 /
/ 61 / 62 / 63 / 64 / 65 / 66 / 67 / 68 / 69 / 70 /
/ 71 / 72 / 73 / 74 / 75 / 76 / 77 / 78 / 79 / 80 /
/ 81 / 82 / 83 / 84 / 85 / 86 / 87 / 88 / 89 / 90 /
/ 91 / 92 / 93 / 94 / 95 / 96 / 97 / 98 / 99 / 100 /
/ 101 / 102 / 103 / 104 / 105 / 106 / 107 / 108 / 109 / 110 /
/ 111 / 112 / 113 / 114 / 115 / 116 / 117 / 118 / 119 / 120 /
/ 121 / 122 / 123 / 124 / 125 / 126 / 127 / 128 / 129 / 130 /
/ 131 / 132 / 133 / 134 / 135 / 136 / 137 / 138 / 139 / 140 /
/ 141 / 142 / 143 / 144 / 145 / 146 / 147 / 148 / 149 / 150 /
/ 151 / 152 / 153 / 154 / 155 / 156 / 157 / 158 / 159 / 160 /
/ 161 / 162 / 163 / 164 / 165 / 166 / 167 / 168 / 169 / 170 /
/ 171 / 172 / 173 / 174 / 175 / 176 / 177 / 178 / 179 / 180 /
/ 181 / 182 / 183 / 184 / 185 / 186 / 187 / 188 / 189 / 190 /
/ 191 / 192 / 193 / 194 / 195 / 196 / 197 / 198 / 199 / 200 /
/ 201 / 202 / 203 / 204 / 205 / 206 / 207 / 208 / 209 / 210 /
/ 211 / 212 / 213 / 214 / 215 / 216 / 217 / 218 / 219 / 220 /
/ 221 / 222 / 223 / 224 / 225 / 226 / 227 / 228 / 229 / 230 /
/ 231 / 232 / 233 / 234 / 235 / 236 / 237 / 238 / 239 / 240 /
/ 241 / 242 / 243 / 244 / 245 / 246 / 247 / 248 / 249 / 250 /
/ 251 / 252 / 253 / 254 / 255 / 256 / 257 / 258 / 259 / 260 /
/ 261 / 262 / 263
【投稿する】

悩み相談サイト心の癒し トップページへ戻る
copyright© 2001-2009 心の癒し
designed by
programmed by
powered by
ともとも
松本竜弥のそれ憧れるのょ
占い開運癒しの占星術
占い相談
無料占い恋愛
パワーストーン恋愛専科