【管理者用】



* 悲しい気持ちのポエム *


あなたに、ふと詩が湧いてきたら、それを言葉に綴ってみてください。
誰かの勇気や、誰かの元気、誰かを慰めるかもしれません。

また、詩ではなく、そのまま普通の文章で綴って下さってもいいですよ。
その場合は、あなたへ素敵な詩をお贈りします。
【投稿する】
サイト内検索:


  気持ち 2011/03/19(Sat)01:40
Witten by [ sora ]
僕は大切な人のためなら自分のできることせいっぱいするそうしてきたそれに後悔はない。
きっと僕の隣にいたいっていう人にもそのことを理解してと望むだろう。僕は君にきいたことある。君にできるか?ときっと無理だと思った
だから君は僕の隣にいる人ではないんだ。
それは僕が見抜いてないとでも?
散々いろんな言葉で僕を傷つけてきた。
君はそんなこと感じてないだろうけど別にそれに対して恨みとかないそんな人として認識してる。僕に会いたいとおもうなら自分の気持ち伝えるのが先だろう?逃げ道作るなよ面倒だ
≪規約同意済み≫



  答えはいずれも全てイエスだと知りながら 2011/03/19(Sat)00:31
Witten by [ 雛罌粟 ]
あの日から目を合わせることさえしなくなった貴方。

僕がいることが苦痛ですか?

それに答えることさえ難儀ですか?

僕の存在は貴方にとってマイナスですか?

それを考えないようにしてますか?

そんな事を言ったらきっと僕は捨てられる。

社会に親に、貴方に・・・捨てられる?

僕は耐えられない!!

貴方に捨てられることは耐えられない。

髪の毛をごっそりむしり取られることより

見えない部分を青白い痣で染めるより

片眼をはらして血を流すより

前歯が折れて歯茎に刺さるより

やけどを負って使えなくなることより

肋骨を3本折ることより

足の裏に釘が刺さることより

何より貴方に嫌われているということを

言葉に具現化されることに耐えられない。

僕は痛いのは得意だから、

でも辛いのには弱くて貧弱だから

僕がこの世界で何を犠牲にしても

失いたくない貴方を失ったら、

ぼくはしぬ。

これは決定事項なんだよ。

好きは絶望だ。

だって手に入らないから、僕の好きは手に入らないから

貴方は僕を好きだと言ってくれない。

僕を嫌いだとも言ってくれない。

だから絶望の中にいるのに諦めきれない。

希望を捨てられない。

希望なんてないのに、絶望しかないのに。

≪規約同意済み≫



  ゲームオーバー 2011/03/18(Fri)23:14
Witten by [ sora ]
君は恋愛をゲームにしか思ってないみたい。
君は僕をブスというかもね。僕ね何度もドア叩いた等身大の自分で君と向き合った。君に変われ変われって言った覚えはない。でも君は僕に変われ変われと言う。僕にとってそれは僕ではなくなることそう君は誰を愛したの?だから僕は君を試した。本気で僕を思ってるのか?と
何故それに気づかない?ねえ大切な人って
自分を犠牲にしてもっていうけど自分がしたいっておもうことがきっと大切な人なんだって俺はじめから知ってたよ
≪規約同意済み≫



  傷 2011/03/18(Fri)20:05
Witten by [ 亜衣李 ]
シャツの袖を捲りあげると
6つの赤い線が見えます

これは
私が一生懸命生きた証拠。
これが無かったら
私は今ここに居なかった。

でもね、
そんな私の命の証も
周りから見ればただの「自殺しそこなった痕」
にしか見えないんだって。
これは社会では非難される対象でしかないんだって。

だから私は
今日も長袖で隠すんだ

≪規約同意済み≫



  空 2011/03/18(Fri)20:02
Witten by [ あおりんご ]

上を見上げる

憎いぐらいに真っ青な空

今ごろ君は
他の人と楽しく笑い合ってるのかな?

雨が降ってきた訳でもないのに

なぜか私の頬には水らしきものが
伝っていた


≪規約同意済み≫



  嘘 2011/03/18(Fri)20:00
Witten by [ あおりんご ]

君のあの優しい笑顔も

温もりがある手も

永遠を誓った言葉も

全部嘘だったの?

お願いだから

もう一度あの頃の君に戻って・・・


≪規約同意済み≫



  現実 2011/03/18(Fri)19:50
Witten by [ あおりんご ]

何度泣き叫んだって
君が戻ってくることはない

だって君には
私の代わりにあの子がいるんだから

そんな現実な未来を想像したとき
私は壊れてしまった


≪規約同意済み≫



  ああ 2011/03/18(Fri)14:09
Witten by [  ]
ニートといえば世間だけでなくネットでも叩かれる存在です。
神様お願いです。
あと1ヶ月期間をください。
1ヶ月社会からはぐれます。社会の隅っこで生きていきます。
ハローワークにはいきます。働く意欲はあります。
神様いからないでください。
1ヶ月休んでもアホにはなりませんよね?体力おちませんよね?
精神的な強さが心配です。規則正しい生活を送ります。
お金は失業手当があるので大丈夫です。
こんな金で生活するなんて情けないです。

≪規約同意済み≫



  昔話 2011/03/18(Fri)01:58
Witten by [ sora ]
昔の話こんな僕を好きと言ってくれた物好きがいてそれが結婚しようなど絵に描いた餅のはなししてた。僕は僕なりの考えがあって相手に難しいと伝えたそう何度も、それなのに相手は文句ばかりじゃあ守ってくれるの?僕の大切なものまもれんのやろ?腹もくくれんで中途半端なことばかり言ってるって思ってた。僕、相手を騙してもないしそのまま言ってた。
僕の中ではそれだけの度胸がなかったか?
それだけの愛情と思ってる。 まだ考えて答えだして苦しんでくれた物好きがもう一人いたけど僕にそんな力がないって言ったその気持ちが
伝わる。まあそれも今では笑い話。
でも、言葉ってナイフにも毛布にもなるんだね
≪規約同意済み≫



  結局は皆悪い子で、悪いことをしたことがない人なんて何処にもいないんですよ 2011/03/16(Wed)23:41
Witten by [ 雛罌粟 ]
どっかの誰かが言っていたのか・・・
テレビのCMで見たのか・・・

”思いは見えないけど思いやりは見える”とか
”心は分からないけど心遣いは分かる”とか。

とっても綺麗な言葉。

胸に沁みこんでじわりと奥に沁みこんでいく。

でも現実の冷たい突風に吹かれた瞬間、

その幻想と理想と憧れは無残に打ち砕かれ

私が抱いた感情は幻覚に等しいものだったのだと知る。

だってそれらの言葉は綺麗なだけで終わらない。

言う人がいれば言われる人がいるわけで

与える人がいれば与えられる人がいるわけで、

どんなに綺麗な言葉をかけようとも

どんなに真っ直ぐな心で接していようとも、

受け取る相手がひねくれていたのでは

差し出した本人は救われない。

バス、席を譲る少女。
苛立ったように断る老婆。
階段、荷物運びを申し出る少年。
警戒心と疑いを微塵も隠さず発狂する老人。

そして少女は、少年は

心を向けることをやめた。

現代の少年少女が優しくないのは誰のせい?

そう大人に問いかけることにした。

そしてそれらはループしていく。

悪いのは誰?と

悪者を用意して、逃げていく。

皆、優しくないだけなのに、

皆、シカトして平気で生きてるだけなのに

誰かが悪いふりをして生き逃げしている。

≪規約同意済み≫



  言葉 2011/03/16(Wed)21:10
Witten by [ 秋桜 ]

君を傷つけるようなこと、
何度も何度も言っちゃった・・・。

本当は君のこと傷つけたいわけじゃなかったのに・・・。

それでも、自分の気持ちに正直になるには
あぁ言うしかなかったんだ。

そう思っているはずなのに、
君を傷つけてしまったことをずっと後悔している。

君を傷つける言葉なんて口にしたくなかった。

君を傷つける言葉なんて必要なかった・・・。



言葉って何のためにあるんだろう。

言葉って誰のためにあるんだろう。

誰かを傷つける言葉なんていらない。


自分のために君を傷つけた言葉ってどうなんだろう。


言葉って誰かを想って、励まして、応援して、
喜ばせるためにあるのにな。
≪規約同意済み≫



  さよなら 2011/03/16(Wed)20:08
Witten by [ きょーこ ]

 ばいばい

 今日であなたと過ごせるの最後だね

 あなたに大好きな気持ち伝えらえなかったよ

 来年もクラス一緒がイイね

 また一緒に過ごせるよ

 前みたいには戻れないけど
≪規約同意済み≫



  長々と永遠と 2011/03/15(Tue)23:00
Witten by [ 雛罌粟 ]
明日も明後日も、これから先ずっと
貴方には毎日あえて毎日会話して笑いあう事が出来るって
それが当たり前のことだって思ってた。

だから、こんなのは現実じゃない。全部夢なんだもん。

今見ているものも、これから生きていく日常も。

全部が悪い夢なの。誰かの悪い夢だからいつかきっと覚めるの。

ねぇ、そうだよね?

揺れ、小さくて小刻みな揺れが大地を揺らす。
少しずつ大きくなるのか、それとも小さくなるのか?
わが子の元へ駆け寄り自分は関節を痛めそうな
変な体制など気にしづ抱きよせる。
身体の位置を治す間もなく揺れは増す。
揺れについていけず一拍遅れて視線は泳ぐ。
わずか数秒の間に思考は揺れに支配され、
鼓動ははっきりと脈打ち、吐き気さえ覚える。
なだらかに増した揺れはいつしか
視線や感覚では対処しきれないほどの
目まいさえ吐き気さえ凌駕するほどの
恐怖に苛まれ、最悪の事態を脳内で具現化する。

そして、落ちてくる屋根。
天井って軽いんだなって思う。
一瞬で電気はショートし屋根はせまってくる。
酷い格好だと知りながら
もう一度、確かめるようにわが子を抱き抱える。
守るようにして身体の下へ。
ひどい耳鳴り、収まらぬ揺れ。
悲鳴なんて一つも聞こえない。
音なんて認識できない。
視界はない。
何処かと擦りつけられるからだ。
感覚はない。
何処かに置き忘れたように恐怖もない。
何もない。
怒りがわいて鬱陶しく思っていた。
早く終われ!!!!!
感情が崩壊していた。
対処しきれない感情に脳が悲鳴を上げる。

目が覚めたら、外にいた。
家はない、家族が泣いてる、貴方はいない。
何処にもいない。
私は傷だらけ。
でも痛みはない。
ショックという痛みは辛うじてある。
貴方を守っていたこの両腕はあるのに
貴方は何処にもいない。
何処に行ったの?
どうして私だけ助かるの?
意味がない。
意味がない。
意味がない。
意味がない。
意味がない。
意味がない。
意味がない。
意味がない。
意味がない。
意味がない。
意味がないでしょう?
気持ち悪い。
こんな両腕役に立たなかったじゃない。
こんな頼りない両腕だけじゃ、
貴方を守れなったじゃない。
命より大切だったのに
どうして一番は守れないの?

私、なんて・・・
それを言ったら悲しんでくれる人がいるの。
だけどそれは辛いから。
絶対に言わない。
口が裂けても寝言でも、たとえ。
それが真実であり、これが嘘であっても。

≪規約同意済み≫



  たぶん。 2011/03/14(Mon)22:46
Witten by [ sora ]
君は僕に会いたいと言ってくれるでもでも
僕は君に逢うことは難しいかもしれない。
君は忙しいし僕はあまり体調よくない。
逢って何はなすの?だから話せる時に話して
たい。 でもそう思う僕の心は君に届いているのかな?きっと僕が思うほど君は思ってないのかもしれない。面倒だななんて笑って流しているのだろう。そう感じることあったから
僕は君との連絡を自分からするのやめた。
それが一番いいことと思い。でも違うみたい。
僕もう疲れた
≪規約同意済み≫



  幸せへの踏み台 2011/03/14(Mon)13:13
Witten by [ あおりんご ]

君の過去を私は知らない

でも君は散々傷ついてきたってことだけは分かってる
だからその分、幸せになってほしいの

君は私を幸せにしてくれたけど、私は君を幸せにできなかった

君のことをもう守ることができない
だから私は君の前から消えるとするよ

私を踏み台にしてでも幸せになって

それが私の心からの願いです
≪規約同意済み≫



  僕の目は節穴だったら、余計なものを見ずに生きられたかな? 2011/03/13(Sun)23:49
Witten by [ 雛罌粟 ]
”ごめんなさい”一言呟くことが精いっぱいだった。
涙なんか出なかった、怒りも悲しみも憎しみも痛みも
何も感じられなかった。
あえて言うなら感じられないことを
身体のあちこちからヒシヒシと感じ取っていた。

いなくならなくてごめんなさい。

事の始まりは1時間とちょっと前にさかのぼる。
僕はそう、事故にあったのだ。
大した事故じゃない、ただの事故。
普通なら死んでいたってお医者さんは言った。
普通なら生きてたんだから喜ぶところだって僕は思った。

でも貴方は違ったね。
一瞬だけお医者さんに顔をそむけたところで
眉をひそめて唇をかんだ。
見えてるよ、見えてますから。
口に傷できたら痛いからやめたほうがいい。
そんな馬鹿な事しか出て来なかった。

帰り道、貴方は一言も口をきかなかった。
僕は半歩下がった位置で家までの距離を
無言という絶望の中歩いてました。
痛いところはあるのかとも、
怖かったかとも、聞かなかった。
正直、僕は辛かったですよ。
貴方がそういう顔をしたことに胸を痛めたし
貴方が何も話してくれなかったのが怖かった。

この前、好きは絶望でしにそうになることだって
そういったけど、あれはちょっと誤解だね。
好きはしにそうになるんじゃなくて、
絶望で手に入らないものなんだ。
絶望なのに欲しいんだ。
しにそうになったって、しんだって
僕には到底手に入らないものなのにね。
僕は貴方が大好きです。
どうしたら伝わるのかわからないし、
伝わったとして受け入れてもらえるのか・・・。
僕は貴方が好きです。
それさえ言えないなんて、残酷ですね。

好きは辛いです。
好きじゃ無ければ、よかったのに。
貴方を嫌いだったらよかったのに。
貴方が僕を嫌いだと言ってくれればよかったのに。
それさえも面倒くさいほど、
貴方は僕を嫌っているのかな?

≪規約同意済み≫



  もう一人の僕へ 2011/03/13(Sun)23:42
Witten by [ sora ]
僕どうしたらいい?君に聞いて見るけど君はすぐに答えてはくれない。心に不安がつまったまま。家族にはいえない言えば心配するから
僕が毎日つけている日記にその日あったことが書いてる。胃が痛くなるようなことが多かった
言いたいけどいえないことがまだあるんだ。
ねえ答えてよ 俺どうした一番いいのかな?
≪規約同意済み≫



  心 2011/03/13(Sun)17:38
Witten by [ sora ]
言いたくない気持ちでもでもここだからいいよね 僕は君が大好きだよ でも幸せにできるのは僕じゃあない。また君もそれを知ってる
ずるいことにさ。だから君に自分の気持ちは言わないんだ。そんなこと話すのはもうやめたんだ。言っても仕方ないことだろう?
僕を大切にしてくれる人を探すよ。
≪規約同意済み≫



  いけない。 2011/03/12(Sat)17:24
Witten by [ sora ]
惑わされてはいけないいつもの気まぐれ。
散々見てきた 信じる?逃げ道をあいつは作る
僕が悪者になるだけ。都合のいい人になりたくない。 自分の心を出してはいけない
また傷つけられるから。
≪規約同意済み≫



  悲しい恋の物語 2011/03/11(Fri)23:32
Witten by [ sora ]
僕は君の笑顔が大好きだった。だからかな?
でも君は僕の前では笑うことが少なくなった。
僕悩んじゃった。好きな人と喧嘩したこともなかった自分初めて喧嘩した 言いたいこともいった。いっぱい考えた。君の事、君との未来も
いっぱいそしたら僕邪魔だなって思った。
でも君の事好きな僕は自分の気持ち抑えることできなかったんだ。でも少し僕大人になったんだ。相手の幸せを願うということそれも愛した方ってさ。だから僕忘れないよ 
≪規約同意済み≫



/ 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 /
/ 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 /
/ 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30 /
/ 31 / 32 / 33 / 34 / 35 / 36 / 37 / 38 / 39 / 40 /
/ 41 / 42 / 43 / 44 / 45 / 46 / 47 / 48 / 49 / 50 /
/ 51 / 52 / 53 / 54 / 55 / 56 / 57 / 58 / 59 / 60 /
/ 61 / 62 / 63 / 64 / 65 / 66 / 67 / 68 / 69 / 70 /
/ 71 / 72 / 73 / 74 / 75 / 76 / 77 / 78 / 79 / 80 /
/ 81 / 82 / 83 / 84 / 85 / 86 / 87 / 88 / 89 / 90 /
/ 91 / 92 / 93 / 94 / 95 / 96 / 97 / 98 / 99 / 100 /
/ 101 / 102 / 103 / 104 / 105 / 106 / 107 / 108 / 109 / 110 /
/ 111 / 112 / 113 / 114 / 115 / 116 / 117 / 118 / 119 / 120 /
/ 121 / 122 / 123 / 124 / 125 / 126 / 127 / 128 / 129 / 130 /
/ 131 / 132 / 133 / 134 / 135 / 136 / 137 / 138 / 139 / 140 /
/ 141 / 142 / 143 / 144 / 145 / 146 / 147 / 148 / 149 / 150 /
/ 151 / 152 / 153 / 154 / 155 / 156 / 157 / 158 / 159 / 160 /
/ 161 / 162 / 163 / 164 / 165 / 166 / 167 / 168 / 169 / 170 /
/ 171 / 172 / 173 / 174 / 175 / 176 / 177 / 178 / 179 / 180 /
/ 181 / 182 / 183 / 184 / 185 / 186 / 187 / 188 / 189 / 190 /
/ 191 / 192 / 193 / 194 / 195 / 196 / 197 / 198 / 199 / 200 /
/ 201 / 202 / 203 / 204 / 205 / 206 / 207 / 208 / 209 / 210 /
/ 211 / 212 / 213 / 214 / 215 / 216 / 217 / 218 / 219 / 220 /
/ 221 / 222 / 223 / 224 / 225 / 226 / 227 / 228 / 229 / 230 /
/ 231 / 232 / 233 / 234 / 235 / 236 / 237 / 238 / 239 / 240 /
/ 241 / 242 / 243 / 244 / 245 / 246 / 247 / 248 / 249 / 250 /
/ 251 / 252 / 253 / 254 / 255 / 256 / 257 / 258 / 259 / 260 /
/ 261 / 262 / 263
【投稿する】

悩み相談サイト心の癒し トップページへ戻る
copyright© 2001-2009 心の癒し
designed by
programmed by
powered by
ともとも
松本竜弥のそれ憧れるのょ
占い開運癒しの占星術
占い相談
無料占い恋愛
パワーストーン恋愛専科