【管理者用】



* 悲しい気持ちのポエム *


あなたに、ふと詩が湧いてきたら、それを言葉に綴ってみてください。
誰かの勇気や、誰かの元気、誰かを慰めるかもしれません。

また、詩ではなく、そのまま普通の文章で綴って下さってもいいですよ。
その場合は、あなたへ素敵な詩をお贈りします。
【投稿する】
サイト内検索:


  切なさ… 2011/01/17(Mon)10:09
Witten by [ カノン ]

儚く散ったこの想い

雪のように切なく美しい

冷たさの中に存在する

君の温かさ

この想いはいつかきっと

過去の思い出に変るだろう

今の僕には無理だけど…

今は君を想うことしか出来ないけど

こんな時間でさえ

落ちては溶ける雪のように

心から消えてなくなってしまうのだろう…

だけどこの恋はけして無駄ではなかった

たくさんの温もり

君の優しさ

たくさんの愛しさ

君を想う気持ち

こんなにも美しくて

こんなにも素晴しいと思えた

そして一時の思い出として

記憶の片隅に残るのだろう


≪規約同意済み≫



  何でかな?。 2011/01/16(Sun)21:13
Witten by [ アーモンド ]
痛いと思ったら痛い
痛くないって言ったら痛くない
そのうち、
イタイイタイと言ってるさながら

痛みがグーンとアップして来て
さらに大変!!

一週間後に来てくださいと
言われてるけれどもう我慢の限界です!!

よく絶えたな自分

これって単なる私の
思い込みなのかな?

それとも歯痛の特徴かな?
でも痛いものは痛い・・・・

あー歯医者さんが待ち遠しい。
≪規約同意済み≫



  ポエム 2011/01/16(Sun)01:35
Witten by [ sora ]
君に僕の声は届いていたのかな?
僕は君には本音を話さないと思い素直になげてきた君はどうなのかな?
今じゃあ解からない。 変わりイなら必死にならないと。 でもきっと君は僕の幻を愛していたのかもしれないね。
≪規約同意済み≫



  後悔してないもん 2011/01/15(Sat)01:20
Witten by [ sora ]
俺、むかしあの人蹴ったこと後悔してないもん
だってあの人それ以上のこと俺にしたからさ
蹴った行為はみっともないことだけど
一回ですんでよかったのでは?
人格否定は俺しないから・・・。
言われた言葉は覚えてるだけ。
だから俺、相手になんも言ってないんですけど?だって終わったことでしょ?
未だに言う?ばかばかしいの。
はよ仕事終わらせよう
≪規約同意済み≫



  幸せなうた。 2011/01/13(Thu)19:37
Witten by [ 虚無 ]
幸せをうたおうと思った。
過去でも未来でも今でも、
いつでも良いから幸せを探した。
でもうたえなかった。
うたにならなかった。
それを思い出すのは辛いから。
≪規約に同意しない≫



  近距離。 2011/01/10(Mon)23:50
Witten by [ 虚無 ]
近づいたと思っていた。
仲良くなれて良かったと思っていた。
でも、これ以上近くに行けないと思った。
いつもいつも、
目に見えない何かに脅えて
誰の傍にも寄り付かなかった。
勇気がないとか、弱いからとか
そういう言葉を引用して逃げてきた。
のばされた手をすり抜けることが
私の特技だと発表しても
大いに頷かれるだろう。
でもその手をのばしてくれた人は傷つくから
だから私はレベルアップした。
のばされそうになったら無言で離れた。
距離をとって
傷つけたくないから、傷ついてほしくないから
そうやって逃げた。
それでもやっていることになんら変わりはなくて
近づいたら壊れた。
仲良くなったら、ちぎれた。
だからもういらない。
何もいらない。
仲良くしたいという感情も、
近くにいたいという衝動も、
何もいらない。
いつかこれが私の愛だったと
いつかこれが私の優しさだと誤解して、
騙されたふりをして、
私を助け出さないで、
嘘で良い。
嘘だから。
≪規約に同意しない≫



  思うけどさ 2011/01/10(Mon)22:44
Witten by [ sora ]
時々さ思うけどさ 不倫ほど面倒なことはない
と思う。自分はようわからんけど面倒そう
さっさ別れてくっつけばいいじゃん
なにしたいのかようわからんなって思うことある。俺の知ったことではないからさ。


≪規約同意済み≫



  何もないという状況がある。 2011/01/10(Mon)19:55
Witten by [ 虚無 ]
貴方が出て行った。
幸せを共有するために求めた私たちの家から、
幸せを手に入れるために出て行った。
貴方だけが独りで出て行った。
二人ではない、独りで。
嘘の並べられた書置きも、
貴方しか飲まない珈琲も、
電池の切れた携帯電話も、
貴方という人が存在していたという
おぼろげな記憶の欠片。
でもそんなもの、見たくない。
戻ってくるわけもない貴方を、
いつまでもいつまでも思い続けるのは
きっと疲れてしまうから。
だから忘れたい。
忘れて、「無」という上書きが欲しい。
何もなかった状態が欲しい。
何もないという状況が「無」
でも『無』を手に入れたとしても
「何もない」という状況が『ある』。
だから例え上書きできたとしても
それはただの上書きで、
貴方を知らなかった私は何処にもない。
結局は、私、貴方が好きだ。

≪規約に同意しない≫



  早く時間が進めばいいとも、思ったりする。 2011/01/09(Sun)19:00
Witten by [ 呉巴 ]


どうしよ。
お父さんのこと思うと、
涙が止まらないよ
はぁ、、
はやく受験に合格して
お父さんに逢いに行きたいなぁ

…っと、
だったらこんなことしてる場合じゃないぞっ
さぁて、勉強、勉強。
≪規約同意済み≫



  小説の終わりが気に入らなかった人へ。 2011/01/08(Sat)21:32
Witten by [ 虚無 ]
どうして小説は
ハッピーエンドを作り上げるのだろう?
いつだって生きている私たちを待っているのは
終わりというエンドだ。
涙を流される終わりも流されない終わりも
自分で終わるのも、他人が終わらせるのも、
勝手に終わるのも、自然に終わるのも、
なんとなく終わるのも、なぜか終わってしまうのも
バリエーションは豊富だろうけど
ずっと生きている人間なんていないのに、
どうして小説はこじ付けあらわに
盛大に、質素に、エンディングを
華やかに飾るのだろう?
そして思うんだ。
描かれた物凄いハッピーエンドの後には、本当は
描くのことができないほどの物凄いバッドエンドが
存在しているんじゃないかって。
だから本当はそのハッピーエンドは
ただのハッピーなだけでエンドではないのではないかと。
ハッピーエンドが訪れるのは
最後に続く今までがバッド続きでなくてはならないから
ほんの少しの幸せも、いつもより
味わい深く身にしみるのではないかと。
そして永遠に続く、幸せなんて存在しないから。
永遠に生きていくことなんてできないから。
だから、ね。
ハッピーエンドで終わったから幸せですとか。
バッドエンドで終わったから不幸せですとか。
Finをfinとして受け入れて終わるか、
FinをNextと読み収めるかは、
貴方の自由なのだろう。

≪規約に同意しない≫



  ・・・。 2011/01/08(Sat)20:33
Witten by [ 虚無 ]
鋭い・・・。
それは性格がとげとげってことかなぁなんて
捻くれたことを思ってしまった。
もしくは私の書いたものが
ちゃんと現実を見て書かれたものだって
理解してくれているのだろうか?って
嬉しく思った。

ありがとう、わたしさん。
≪規約に同意しない≫



  醜いな 2011/01/08(Sat)18:06
Witten by [ sora ]
ほんとに今の俺醜い。全部知って飲み込んだ。
だってあいつのやってること全部わかってる。
きっとあいつのことやからわらっていることやろ。昔と変わってない。何人泣かせから気がすむのだろう。そう思うがしったことではない。
このことは考えること辞めた。
≪規約同意済み≫



  ・・・ 2011/01/08(Sat)13:59
Witten by [  ]
外はいい天気だね。
全部読んだ。読みました・・
私が何言っても受け入れてもらえないかもしれないけど、一つだけ言わせて下さい
ありがとうございます
それだけは思っています

≪規約同意済み≫



  嫌だね 2011/01/08(Sat)13:24
Witten by [ sora ]
あら・・・。もう一人の自分が出てきてしまった。醜い自分がちょっと毒されてしまったかな。 さてとそろそろいつもの自分に戻って
美しい風景がいいものをみにいきましょう。
人とは欲深い生き物。どうしても君をみているとそう感じてしまう。 時々、生くさく感じる
それが妙に気持ち悪くて嫌になる。
きっと自分が望むものが違うのかも知れないが
・・・。せわしないことよりゆっくりと時を感じていたいときがある。 
≪規約同意済み≫



  君にはわからない 2011/01/08(Sat)12:17
Witten by [ sora ]
君は僕にもっと素直にとかいろいろ言う。
残念なことに素直に聞きたくなくなる。
だっで自分のこと思ってない人に言われても
心に響くわけがない。君から愛されようとはおもってない。疲れるから。それよりじぶんのせないかんことに時間使いたい。あえば自分のことばかり思いとおりにならないと手を上げる
あげる権利もないのに。この人自分をなんとおもってるんだろう?そう考えたこと何度もあった。それから僕の心は君に見せる必要ないと感じた。同じ思いしたらわかるかな?
別、どうでもいいか。きっともう二度とあうことないと思うから。
≪規約同意済み≫



  物語 2011/01/08(Sat)02:48
Witten by [ sora ]
明日電話する。電話ないからかかってきた。
そして一言君は僕に会いたいとほんとに思ってる?そうつぶやいた。そして説教が始まった。
恋人つくれなど。僕には必要ないって思った。
いてほしい人ができたら恋人になってもらうそれでいい。 きっと君は僕のことこれだけいてもわかってなかった。どれだけ友達固めても無理。聞こうとしないかぎり。 君は僕の性格わかってくれてなかった。それがよくわかってことなんておもしろくないものがたり
≪規約同意済み≫



  宿題 2011/01/07(Fri)01:10
Witten by [ sora ]
宿題を残されたままいまだに解けぬ問題。
人を想うことは許されるのか?
また一番最初に残された分厚い本には人をしんじて愛しなさいと・・・。僕はその答えを君と探したかったのかもしれない。とても優しい
魅力ある君と。でももう昔のこと今後は別の人とその答えを探すことにする。 きっと恋人から信じられなったのは自分にも信じられる要素がなかった、きっと恋はそこで終わってたんだよね。 小説書くの難しい。
≪規約同意済み≫



  偽善を善と、善を偽善と。 2011/01/06(Thu)22:20
Witten by [ 虚無 ]
中途半端な優しさは相手を傷つける。
その優しさで一時の安堵を得る相手。
でも結局はいつか手を離す時が来る。
蓄積された感情は何処にも吐きだすことができず
最後に弾けて刺のようになって突き刺さり
貫通して穴を穿る
その痛みに耐えられず人は手を離す。
そして相手はまた哀願の瞳で求める。
私をたすけて見捨てないでと、
僕に重荷を背負わせて、
それに気付かぬふりをして縋りついて泣き叫ぶ。

生半可な覚悟は自分を絞め殺そうとする鎖だ。
ちょっと手を貸してやろうかな、なんて
弱っている相手に差し出した手。
相手にはどんなふうに見えるか知りもしないで
届きそうで届かない位置に構える。
そして時々その距離を見て思う。
自分は物凄く酷い人間なんだと。
自分は最低な事をしたのではないかと。

それから、偽善者から善が生まれる事がある。
なら善者からは偽善が垣間見えることがある。
果たして私が見てきたのは、偽善か、善か?

≪規約に同意しない≫



  初夢、酷くて優しい。 2011/01/04(Tue)22:57
Witten by [ 虚無 ]
何年ぶりかに初夢を見た。
正月に見る初夢は正夢になるって
そんな事をどっかのいらない知識で
なんとなく覚えていた。

誘拐されて、
車で何処かに連れ去られて、
その車が走り去って、
何人かで追いかけて、
逃げられて、
学校みたいなところから出て
探偵みたいに探し始めたところで
夢は終わった。

本当に一年の初めから
私ってついてないのかなって思った。
でも所詮夢だもんね。
順番も、内容も、登場人物も
何もかもぐちゃぐちゃで・・・
でも、おこりそうだよね。

友達に笑い話としてか、まじの相談でか
冗談半分に本気半分にか、
それさえも曖昧だったけど
夢見たんだよって話してみたら。
大丈夫、そんな事おきないから。
あぁ、そんなこと言わなくても良い。
未来の事なんて誰にもわからないんだから、
大丈夫って何回も言われたら
大丈夫じゃない気になるし、
励ましの言葉をもらったら、
本当は危ないんじゃないかって気になるから、
だから、こういうのはどう。
誰もあんたのことなんて見てないよ。
そんな奴、誘拐するわけないない。
そう言われれば、さすがに私でも
あぁそうですかってどうでも良くなるわけさ。

≪規約に同意しない≫



  目覚ましはないから。 2011/01/04(Tue)22:45
Witten by [ 虚無 ]
ずっと分かってたはずだった。
君の言葉は嘘だって、知ってる。
君は誰にでも平気で嘘をつく人だって、
ちゃんと理解して構えてたはずだった。
だけどやっぱり心の何処かでは
私だけは違うんじゃないかって
甘ったれたことを考えて。
そうだと良いなって幻想に浸っていた。
だから君が違う女といるのを見た時、
幻想は聞こえるはずもない小さな音を立てて
霧散して、後には虚空が鎮座した。
君は嘘つきだ。
そんなの最初から知っていた。
裏切られることを前提に君に恋をして
君と付き合って、君とキスをして
君と・・・よし、さよならをしよう。
最後にまだ私の幻想が続くのなら、
いますぐ私を起こしてほしい。

≪規約に同意しない≫



/ 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 /
/ 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 /
/ 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30 /
/ 31 / 32 / 33 / 34 / 35 / 36 / 37 / 38 / 39 / 40 /
/ 41 / 42 / 43 / 44 / 45 / 46 / 47 / 48 / 49 / 50 /
/ 51 / 52 / 53 / 54 / 55 / 56 / 57 / 58 / 59 / 60 / 61 / 62 / 63 / 64 / 65 / 66 / 67 / 68 / 69 / 70 /
/ 71 / 72 / 73 / 74 / 75 / 76 / 77 / 78 / 79 / 80 /
/ 81 / 82 / 83 / 84 / 85 / 86 / 87 / 88 / 89 / 90 /
/ 91 / 92 / 93 / 94 / 95 / 96 / 97 / 98 / 99 / 100 /
/ 101 / 102 / 103 / 104 / 105 / 106 / 107 / 108 / 109 / 110 /
/ 111 / 112 / 113 / 114 / 115 / 116 / 117 / 118 / 119 / 120 /
/ 121 / 122 / 123 / 124 / 125 / 126 / 127 / 128 / 129 / 130 /
/ 131 / 132 / 133 / 134 / 135 / 136 / 137 / 138 / 139 / 140 /
/ 141 / 142 / 143 / 144 / 145 / 146 / 147 / 148 / 149 / 150 /
/ 151 / 152 / 153 / 154 / 155 / 156 / 157 / 158 / 159 / 160 /
/ 161 / 162 / 163 / 164 / 165 / 166 / 167 / 168 / 169 / 170 /
/ 171 / 172 / 173 / 174 / 175 / 176 / 177 / 178 / 179 / 180 /
/ 181 / 182 / 183 / 184 / 185 / 186 / 187 / 188 / 189 / 190 /
/ 191 / 192 / 193 / 194 / 195 / 196 / 197 / 198 / 199 / 200 /
/ 201 / 202 / 203 / 204 / 205 / 206 / 207 / 208 / 209 / 210 /
/ 211 / 212 / 213 / 214 / 215 / 216 / 217 / 218 / 219 / 220 /
/ 221 / 222 / 223 / 224 / 225 / 226 / 227 / 228 / 229 / 230 /
/ 231 / 232 / 233 / 234 / 235 / 236 / 237 / 238 / 239 / 240 /
/ 241 / 242 / 243 / 244 / 245 / 246 / 247 / 248 / 249 / 250 /
/ 251 / 252 / 253 / 254 / 255 / 256 / 257 / 258 / 259 / 260 /
/ 261 / 262
【投稿する】

悩み相談サイト心の癒し トップページへ戻る
copyright© 2001-2009 心の癒し
designed by
programmed by
powered by
ともとも
松本竜弥のそれ憧れるのょ
占い開運癒しの占星術
占い相談
無料占い恋愛
パワーストーン恋愛専科