【管理者用】



* 悲しい気持ちのポエム *


あなたに、ふと詩が湧いてきたら、それを言葉に綴ってみてください。
誰かの勇気や、誰かの元気、誰かを慰めるかもしれません。

また、詩ではなく、そのまま普通の文章で綴って下さってもいいですよ。
その場合は、あなたへ素敵な詩をお贈りします。
【投稿する】
サイト内検索:


  おはです 2010/12/25(Sat)10:16
Witten by [  ]
そらさん、ごめんなさい。
そんな、つもり全然なくて、、。
申し訳ないです。
そらさん、いつもキラキラしてる。

それでね

メリ〜クリスマス

それだけ言いにきた。

もう、うるさくしない。

邪魔しない。

ありがとう。
≪規約同意済み≫



  言葉。 2010/12/25(Sat)01:06
Witten by [ sora ]
今から昔言われた汚い言葉を書く
お前、暗いし、社交的ではない服、いけてない
お前の子供いらない。誰とでも遊ぶ子。お前といて将来がみえない。まだまだいろんなことある。 でも俺すごいって思う。怒らなかった。
その分、ずっと別れようといい続けた。
言葉って大切だね。 僕、人のいいところ見ることが出来るようになった。 でも言われた言葉わすれない。
≪規約同意済み≫



  偽物でもクリスマス。 2010/12/24(Fri)22:52
Witten by [ 虚無 ]
本当に手に入れたいものは
時々ひどく残酷に笑顔を向けて
僕に恋愛の相談なんかを持ちかけてくる。
その笑顔は僕が思い描いた
何万倍の輝きを放って僕を見つめる。
君の思い人が僕だったらきっと
クラクラと目眩がして倒れてしまうくらい
綺麗で可愛い瞳に僕が映っている。
ぎこちない笑顔がばれないように、
そっと目をそらす。
無意識の意識は加速して、僕の考えを巻き込んで
ねじ込んで無理やりかき回したような
そんなやり場のない感情が溢れそうになる。
言ってしまおうか?
ずっと好きだったと、いかないでくれと。
笑っている、笑っている、笑っている、僕に?
いや違う、君は僕を見て
彼の話をして彼に笑いかけている。
僕が目の前にいるのに・・・
抱きしめてしまおうか?
このまま、押し倒して僕のものにして
僕が幸せにできないものか?
そんなことして喜ぶわけないだろ、
バカなこと考えてんじゃねぇよ、自分。
そんなことしたら泣くんだ。
僕が笑わせたい人を泣かせるんだ、
そんなことあってはだめだ。
深く考えれば考えるほど、
感情は繋がって結ばれて離れてしまう。
だって僕がしたいことは君がしたいことではない。
そんな醜い感情が頭の中で渦巻いているとも
つゆ知らず、君は笑顔で
やっぱり男子が欲しいものは男子に聞くのが
一番いいよね、なんて
楽しそうに笑うんだ。
あぁ、神様僕はとてつもなく虚しいです。
できれば心の中まで空っぽになって
君を好きだという感情ごと君の記憶が
消えれば、クリスマスをもう少し
純粋に充実できるそんな情けないことを
少しでも思ってしまうなんて
僕はなんて薄情なんだろう。
へへ、でも今は君が楽しそうだから、
後のことは考えずに
とてつもなく些細で幸せな
ミニクリスマスを神様、ありがとう。

≪規約に同意しない≫



  明日が来るなんて 2010/12/24(Fri)04:05
Witten by [ もんこ ]

明日が来るなんて

つらい

もう来なくていい

やまない雨なんてない

明けない夜は無いというけど


雨が降っているとき
夜のうちは明けないんだ

それはずっと明けないんだ


だけど

晴れになる

夜が明けると

無くなるんだ


悲しみも同じで

無くなるまであるんだ


その瞬間切り替わるまであるんだ

切り替えの瞬間の合図は

悲しみのしずくと人の温かさと
空の広さが

満ち溢れたときに

虹が見えるってことではないでしょうか



≪規約同意済み≫



  明日。 2010/12/24(Fri)00:29
Witten by [ 虚無 ]
たとえばほら、また明日って言ったとしよう。
それで明日が来なかったら
貴女は俺を責めるかな?
それとも自分を責めるかな?
俺は貴女のこと嫌いじゃないし、
泣かせたくないし、できれば笑っていてほしい
そう思うくらいの相手なんだ、
一緒にいて気遣い無用で楽しいしね。
あぁ・・・でもさ、そういう関係はいらないんだ。
貴女も頭では分かっているらしいから
口に出して言わないし態度が時々ちらつくだけだし
このまま中途半端に
黙って気付かぬふりをして
一緒にいられる時までいてもいいかなって
思ってたんだけどね。
それってやっぱ、お互い
傷ついていないふりをしてただけなんだね。
だって俺、今こんな苦しいもん。
貴女といることでこんな苦しいなんて思わなかった。
むしろ貴女といることが苦しいって
イコールで結ばれそうになる時が
来るなんて思わなかった。
だから貴女が俺にそういう関係を
何処までも望んでやまないのなら、
俺と貴女に明日は来ない。
俺は、明日を望まない。
俺は、あんたを望まない。

≪規約に同意しない≫



  広くて、狭くて。 2010/12/24(Fri)00:19
Witten by [ 虚無 ]
あぁ、なんてこの世界は広いんだろう。
広すぎて困るくらい壮大だってのに
どうしてこうも息がし辛いんだろう?
横を向けば家、ビルビルビル、ホテル、
家、家、コンビニ、コンビニ、家。
背の高いものから低いものまで、
私の視界を遮って押しつぶすように迫ってくるんだ。
上を向けば、空。
もしかして手を伸ばしたら届いてしまうかな?
届いてしまったら、空に昇っていいかな?
でも届いてしまったら押しつぶされてしまうかな?
その距離に絶望して、
手を伸ばしたことを後悔するかな?
徐々に伸ばしつつあった手は
手持ち無沙汰に空をかいて下へ下がる。
下を向けば、舗装された固く冷たい道路。
ジャンプして着地したら私が壊れてしまうくらい
固くて冷たいのだ、感情的にも。
昔の人は飛び降りなんてしなかったんだろうな。
地面が温かかったから。
あぁ、何もかも人間が壊したんだな。
自分勝手に、そら不自由だ。
ほら、快適だと喚き散らして、唾を飛ばしあって
人間が壊したんだ。
人間は百を作って一から順につぶしてるんだな。
だからグラつくんだ。
だから死にたくなるんだ。
自分がいる場所が不安定だから。
百を作って一から多くを潰したから。
もしかしたら今、
人間は百一を作っているかもしれないけど
もしかしたら、崩壊は
九十九まできていて、私たちのいる場所も
崩壊してしまうかもね?
だから今も何かしら世界を狭めて
息苦しいんだ。
ほら、わからないふりをする。
目を閉じて、逸らして・・・
ほら、嫌な顔をする。
知らないほうがよかったと、
自分を傷つけないために平気でそれらを
傷つけるんだ。

≪規約に同意しない≫



  いつか 2010/12/23(Thu)22:06
Witten by [ sora ]
この記憶もいつか消えてゆくそう物語の一ページでしかない。小説のひとつ、だから
≪規約同意済み≫



  嫉妬? 2010/12/23(Thu)22:00
Witten by [ sora ]
そう僕ね君と話をしててずっと感じてたことあったの、それは君は誰に嫉妬してるの?そう感じるときあった。野心家なのはわかるけどでも
ちょっと悲しかったな。人の心って疲れるね。
自分は昔から変わってない普通に生活して自分ができることして考えて面倒な恋は好きじゃあないしな。みんな人と違って当たり前からはじまっているから君とはあわないのかな?
どうでもいいや。あわせると疲れるから
好きなことしよう。自分の知らんこと言われるのもいやだしなんかつかれるから
≪規約同意済み≫



  最後の日 2010/12/23(Thu)19:41
Witten by [ みみこ ]
今までずっと

我慢した

ずっとずっと

耐えてきた

でも

もうダメみたいです


こんな私に

「愛してる」

そういってくれた先生

階段で泣いていた私に

優しく声をかけてくた先生

先生のおかげで

ここまで来られました


私は先生に嘘をついた

悪い子です

生きるって言ったのに…

ごめんなさい


最後に言わせてください




「ありがとう」


「さよなら」
≪規約同意済み≫



  気持ちいつかの出来事 2010/12/23(Thu)11:23
Witten by [ sora ]
君が僕に声をかけてきた。僕もきまぐれで連絡とった。たぶん普段はもっと慎重なのに、
向き合ってみた、やれ服が気に入らない、趣味がいや、暗い、もっと社交的に、それから君といることが苦痛になった。逃げたくて逃げたくて、でも、次第に腹がたってきたこの人がどんな人か見てみたくなった。でも、心はどきどきしなくて、何でだろうって考えなくてもわかってた。だってお互い恋人と見てないから、
友達くらいの感じだからさ、今はとても落ち着く。らくなぶんだけいろんな格好できるし、
恋人がいるから?こんな格好ではなく肩に力入れなくてすむから、それに大体、君のしてることわかる。でも言われた言葉は僕忘れないんだ。 もともと君は僕を幸せにできる人ではなかったそれははじめから知ってたことさ。
さて、可愛い子に飯でも作るか
≪規約同意済み≫



  自己中 2010/12/23(Thu)03:55
Witten by [ なみ ]
世の中で自己中という言葉が一番嫌い
私が10数年間生きた中でいつも隣り合わせてきた言葉
その言葉を見るのは毎日
お母さんを見るたび
私は「自己中になっちゃいけない」って
思う
そして自分の中の自己中さを感じるたび
「お母さんみたいになっちゃいけない」って
思う

自分は自己中って毎日そう思う
妹も自己中私も自己中
お母さんは大魔王みたいな自己中
この家族と暮らす限り離れられない言葉

もし県外の大学に行くことになって一人で暮らしても
この言葉は私の人生から離れていかない
人生最大のキーワードだと思う

優しさとか感謝とか暖かい気持ちになれる言葉を
毎日感じてみたいな
でもそれって今の自分とは正反対になって
真面目で素直で自然体で優しくなることだから

そんなの無理
今の地点ではそうとしか思えない
これからの自分が毎日10年も20年も
真面目に生きることだけ考えるなんて
どうかしたのかと思ってしまう

私の尊敬している芸能人は「10年も真面目に生きたのは初めて。真面目に一生懸命生きた10年はすごく楽しかった。」って言ってた。
珍しく本音を真面目に言ってて、説得力があったと思う
その人が芸能生活を始めたのも丁度私の年ぐらいからだね
最初は逃げ出そうとしてたらしいけど、
「今となってよかった。」って言ってる
私もそうなれるのかな
その人と比べるのは失礼極まりないけど
自分らしくいけるとこまで行ってみたいの



≪規約同意済み≫



  なんてね 2010/12/23(Thu)01:13
Witten by [ sora ]
聞きたいことはさらって聞いてすっきりしべし
噂でがたがたは嫌な感じ。さらっとしゃきっと
相手が傷つくでも聞きたいのでしょ?聞いて
すっきり。ね
≪規約同意済み≫



  君と出会って 2010/12/23(Thu)00:16
Witten by [ sora ]
きっと君と出会わなかったら恋愛などすることもなかった。人に惹かれるという感情を知らずに生きていたとおもう。大げさに聞こえるかもしれないけど、そうなんだ。だから君と出会って別れて次に好きになる人には自分のこと出していこうと思ったし、大切にしょうかなっておもったけど、やっぱり疲れた。 だってぼくを認めてくれない人といてもつまんないから遊んじゃう。浮気なんてめんどうなことしないけど
一緒にいなくていいやって思う。別に悲しくないんだ、でも君のこと思い出すとすごく切なくなる。なんでもしたいって思った。君がきてと言わなくても、君の住む町に行ってどんな風景みているのか知りたくて、行ったこともあった
ストーカーじゃあないよだからこれから君に恥じない恋愛したいと思う。
≪規約同意済み≫



  むーん 2010/12/23(Thu)00:05
Witten by [ 旅犬 ]
一番知りたい事

聞けない。

聞ける雰囲気にならない。

君を傷つけるかもしれない。

それが僕は本当に怖くて

今日もやっぱり

聞けないんだ。
≪規約同意済み≫



  めんどうだな。 2010/12/23(Thu)00:00
Witten by [ sora ]
ひとって面倒と思うこと多い。さっぱりした人ならいいけれど、やれ自分の味方とか敵とかそんな話アホらしい。そんなこと何度も見てきた。つまんなくてね。自分の考えがない人が敵味方をくみたがる。ちゃんとした考えがあればいいんじゃあないかな? なんて思ったけど、
面倒なので考えることやめた。つまんないから
それより自分の好きなこと考える事にする。
クリスマスだから恋人といないといけない理由ないし、いても心が癒されなければ意味ないし
なんか心が満足したって思える恋愛したいね。
見えるから面倒だし、適当でいいかな?って
たいして腹くく事の出来るひとなんていない
から。
≪規約同意済み≫



  会いたい人。 2010/12/21(Tue)23:59
Witten by [ 虚無 ]
雨はまだ降りやまぬ、降りやまぬは雨なのか。
雨雨降れ降れ母さんが・・・
母さんって誰?
私はどこのだれから生まれたの?
もしかして本当は生まれてなんていなかったんじゃない?
本当に母親から生まれている?
本当は何処かの誰かの実験で生み出された
人間にそっくりのニンゲンだったりしない?
母親から私が生まれることなんて
そんなの無理じゃない?
空から降りやまぬ雨と共に落ちてきたんじゃない?
雨が降りやまぬから空から落ちてきたんじゃない?
私が生まれたと証明できるのは
今私が確実に今という時間に囚われて
落ちていく雫のように私も落下しながら
人生を凡庸に過ごしていると実感しているから。
空から地面へ一定の動きしかしない雨。
若から老へ一定の向きにしか進まない私。
では、私は母から生まれるのが自然の摂理ではないか?
でも、母に育っててもらえるのが
当たり前ではないのである、
それは不規則な摂理である。
摂理を逆らうことにはなりはしない
摂理から外れているわけでもない、
では、貴方は雨が地面へ落ちると聞いて
どんな場所を思い浮かべるだろう?
私なら必ず初めに土の上を思い浮かべよう。
それから察するに、
ただ空から地面へ落ちていくがそれらがけして
土の地面にだけ落ちているわけではないということ。
湖に落ち、海に落ち、草に落ち、ビルに落ち、
けして批判されずとも肯定もされることはない。
さぁ、難しいことをいったようだが、
けして難しくはない。
なぜなら、私は心を書いただけだから。
理解できないのも可。
理解しないのも可。
納得するも可。
流し読むも可。
解読の糸口を見つけるも可。
それらにも、明確な答えはないのである。

≪規約に同意しない≫



  ため息 2010/12/21(Tue)22:53
Witten by [ sora ]
仕事つまんない。だってやりがいがないもん。
唯一あるといえば、お客さまがよかったって言ってくれることかな? スタッフはつまんない
店長あたまわるいからな。ため息がでる。
≪規約同意済み≫



  ・・・ 2010/12/21(Tue)17:50
Witten by [  ]
あの・・あの・・あの・・・!!

こんばんわ・・・・・・です

今、心臓どきどきしてます・・です

ほんとうです

迷惑かけて・・・ごめんなさい・・・です

今日の報告したいけど・・

あなたに迷惑かけたので・・

なんか、声がでなくて・・

震えて・・ごめんなさい・・です・・

今日は15`歩きました・・です

友達無理につかまえて2時間つき合わせました・・です

報告でした・・礼・・ぺこり・・
≪規約同意済み≫



  感じたまま 2010/12/21(Tue)10:45
Witten by [ sora ]
もし、誰かが困っているなら自分が出来ることをしよう。 自分が背負いたいって思うのなら
背負えばいい。それが愛情表現なら、手を伸ばすのを躊躇するのは先を考えてしまうから、そっとその手をつなぎ感じたまま動けばいい。

≪規約同意済み≫



  知る者、知らぬ者。 2010/12/21(Tue)00:01
Witten by [ 虚無 ]
貴女は見捨てろという。
見ぬふりをして生きていろという。
目の前でもがき苦しみ手を伸ばして
光へ助けを乞うひとがいても。
その人はその人、君は君なのだから
負の感情を自ら背負い込むことはないと
耳元で囁いて背を押して遠ざける。

貴女は見るなという。
少し手を伸ばせば触れられるのに、
それは幻だから気にするなという。
所詮は一時の安らぎにすぎないのだから
一生を救うことなんて誰にも出来はしないから
そんな無慈悲なことをするのは
よそうと淡々とたたみかける。

貴女は救いを待っているのに、
貴女は手を伸ばすのに、”伸ばすな”という。
貴女は見えているのに、目をつぶって
または逸らして”見るな”という。
私にはわからない。
他人の痛みを背負ってはいけない理由も
他人の求めを受け入れて
救いだしてやることが無慈悲だということも、
何一つ理解できなかったのだ。

私は背負いたい、それ以外に思わなくなった。
他人の苦しみを背負って、
自分の苦しみも見てほしい。
私、苦しい。
誰も救えないと知るのも、
誰も救ってくれないと気付くのも
私、苦しい。
あぁ、今更になって嘆くのだ。
あの時あいつに逆らわなければ
私の世界はきれいなまま回っていたのにと
きれいなまま、汚れることなく
無意味に回っていたのにと。


≪規約に同意しない≫



/ 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 /
/ 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 /
/ 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30 /
/ 31 / 32 / 33 / 34 / 35 / 36 / 37 / 38 / 39 / 40 /
/ 41 / 42 / 43 / 44 / 45 / 46 / 47 / 48 / 49 / 50 /
/ 51 / 52 / 53 / 54 / 55 / 56 / 57 / 58 / 59 / 60 /
/ 61 / 62 / 63 / 64 / 65 / 66 / 67 / 68 / 69 / 70 /
/ 71 / 72 / 73 / 74 / 75 / 76 / 77 / 78 / 79 / 80 /
/ 81 / 82 / 83 / 84 / 85 / 86 / 87 / 88 / 89 / 90 /
/ 91 / 92 / 93 / 94 / 95 / 96 / 97 / 98 / 99 / 100 /
/ 101 / 102 / 103 / 104 / 105 / 106 / 107 / 108 / 109 / 110 /
/ 111 / 112 / 113 / 114 / 115 / 116 / 117 / 118 / 119 / 120 /
/ 121 / 122 / 123 / 124 / 125 / 126 / 127 / 128 / 129 / 130 /
/ 131 / 132 / 133 / 134 / 135 / 136 / 137 / 138 / 139 / 140 /
/ 141 / 142 / 143 / 144 / 145 / 146 / 147 / 148 / 149 / 150 /
/ 151 / 152 / 153 / 154 / 155 / 156 / 157 / 158 / 159 / 160 /
/ 161 / 162 / 163 / 164 / 165 / 166 / 167 / 168 / 169 / 170 /
/ 171 / 172 / 173 / 174 / 175 / 176 / 177 / 178 / 179 / 180 /
/ 181 / 182 / 183 / 184 / 185 / 186 / 187 / 188 / 189 / 190 /
/ 191 / 192 / 193 / 194 / 195 / 196 / 197 / 198 / 199 / 200 /
/ 201 / 202 / 203 / 204 / 205 / 206 / 207 / 208 / 209 / 210 /
/ 211 / 212 / 213 / 214 / 215 / 216 / 217 / 218 / 219 / 220 /
/ 221 / 222 / 223 / 224 / 225 / 226 / 227 / 228 / 229 / 230 /
/ 231 / 232 / 233 / 234 / 235 / 236 / 237 / 238 / 239 / 240 /
/ 241 / 242 / 243 / 244 / 245 / 246 / 247 / 248 / 249 / 250 /
/ 251 / 252 / 253 / 254 / 255 / 256 / 257 / 258 / 259 / 260 /
/ 261 / 262 / 263
【投稿する】

悩み相談サイト心の癒し トップページへ戻る
copyright© 2001-2009 心の癒し
designed by
programmed by
powered by
ともとも
松本竜弥のそれ憧れるのょ
占い開運癒しの占星術
占い相談
無料占い恋愛
パワーストーン恋愛専科