【管理者用】



* 悲しい気持ちのポエム *


あなたに、ふと詩が湧いてきたら、それを言葉に綴ってみてください。
誰かの勇気や、誰かの元気、誰かを慰めるかもしれません。

また、詩ではなく、そのまま普通の文章で綴って下さってもいいですよ。
その場合は、あなたへ素敵な詩をお贈りします。
【投稿する】
サイト内検索:


  固定観念の中、貴方。 2010/12/14(Tue)23:19
Witten by [ 虚無 ]
貴方は皆のヒーロー。
貴方は私のヒーロー、だった。
誰からも疎まれなくて、人あたりが良くて
貴方の笑顔で皆が笑顔になって
貴方はまるで太陽のようだった。
朝になれば昇るって決められている太陽。
夜になれば沈むって、あたりまえなこと。
誰でも知ってる固定観念だよね。
そこにいる事が当たり前で、
誰に対しても笑顔を向けている貴方が貴方なんだと
勝手な理想を押し付けて、持ち上げる。
素晴らしい人、優しい人、出来てる人、
偉い人、立派な人、尊敬できる人。
そして愛想笑いが上手な貴方。
あぁ、この一文は余分だよね。
誰に言ったって相手にされないもん、
それはきっと私が暗くて
距離を置かれている存在だからじゃなくても
皆、都合がいいようにしかとらないもんね。
皆、固定観念から離れないもんね。
皆と一緒。
皆がそういう。
皆が、皆が皆が皆皆皆皆皆皆皆皆・・・
でも、そんなこと誰も頼んでないのに。
そんなこと貴方は望んでないのに。
辛いなら辛いって言っていいのに。
疲れたら、ちょっと休んでいいのに。
のどが渇いて枯れそうなら水をあげるのに。
頼りない私だけど、力になりたいと、
その時の私は自分が持ってる勇気を
全部使っても足りないくらいで訴えた。
その時の私はいつもの私から・・・
固定観念から外れて力強く凛々しいと
言われても可笑しくないくらいに見えただろう。
あはは・・・なれるわけもないのに。
大きいこと言って、期待させて、なのに
なのに何も変わりはしなかった。
直射日光に当てられたら、私は枯れる。
晴れの日は影が濃厚で壮大なんだ。
光がある場所には闇があるんだね。
貴方は光と同じくらい
闇を受け入れて閉じ込めてしまいこんで、
それでいて、ほら・・・笑うんだ。
貴方を知れば知るほど、遠く感じるのは
私が貴方を知らなかったせい?
貴方が、貴方を生きてないから?
貴方は貴方なのに。
貴方が貴方でいられる一生は今しかないのに。
それなのに、貴方はあなたではないのだ。
貴方は貴方なのに。

≪規約に同意しない≫



  風邪あたり 2010/12/14(Tue)19:50
Witten by [ 素朴 ]


勝気は更々ないので気持ち悪いお腹に優しい言葉をくれませんか。


≪規約同意済み≫



  僕は 2010/12/14(Tue)17:04
Witten by [ カノン ]

僕は君のそんな姿・・・

見て居たくない

手を差し伸べるのに君はその手を振り払う

あと少しで掴めるのに光を見逃してる

君は今・・・何処に居るの

光の届かない場所

暗くて何も見えない光さえも覆ってしまう

暗闇の中で君の心の叫びが聞こえる・・・

あと少しの勇気があれば

その手を掴める

皆が待ってる光の中へ

君は幸せになる権利がある

だから暗闇の中に居てはいけない

目の前の現実に目を向けて

逃げてはいけない

自分の幸せのために・・・

目を背けないで

今の現実を受け入れて

恐くないよ

皆が待ってる

君を待ってる

だから後は君次第


≪規約同意済み≫



  素朴流の大器 2010/12/14(Tue)10:33
Witten by [ 素朴 ]

世界を知らないキミたちを、誣いて云うならば、可愛いいね…


≪規約同意済み≫



  人 2010/12/14(Tue)01:30
Witten by [ sora ]
人を金で頬を叩き見下げるのも人
自分が偉いと自分の言うこと聞かないと気がすまないから従わせるのも人。
自分の機嫌が悪いのを人にあてるのも人
噂で人の全部知った気になってるのも人
それを醜いと気づかないのも人
自分に地位があるぶんだけ頭をさげる事ができる人がいるそれも人。
相手のために泣くことが出来るそれも人。
相手の喜びを自分のことのように喜べるそれも人 自分と違うと冷たい眼で近寄ることもしないでみている人がいるそれも人。
僕の瞳にいろんな人が映った。
もう一人の僕がささやくお前はどんな人?
どんな人になりたい?笑いながらささやく
そのときの僕はきっとあのときの顔と同じ顔

≪規約同意済み≫



  嫌い 2010/12/14(Tue)00:00
Witten by [ sora ]
僕ね、人に手を挙げる人苦手というか嫌い
僕は一回だけ、我慢の限界で相手に蹴りを
入れてしまったことあるけど、それ以外一度もない。僕は人に手を挙げる人間は弱い人間と教わったから、強い人間はその手で抱きしめることができるって。だから僕はそうでありたい。
≪規約同意済み≫



  虚無さんへ 2010/12/13(Mon)23:45
Witten by [ sora ]
虚無さん、君はそこにいてはいけない。
人はみんな幸せになる権利があるはず
叩いてごめん。また優しくする。そんなの
そんなの愛情ではない。僕たちあるこの手は
人を抱きしめるためにあるもの 大切な人を守るためにこの手はあるはずだ。人を叩くために
ある手ではない。人を罵倒するために言葉はあるのではない。人をあったかい心にするために
言葉がある。つたえなきゃいけないことのため言葉はある。君はそこにいてはいけない。
君は笑ってなきゃ。 おかしいよ?
それに気づいて?
≪規約同意済み≫



  絶対。 2010/12/13(Mon)22:16
Witten by [ 虚無 ]
絶対ね。
この言葉は嘘だ。
僕にとってこの言葉は嘘でしかない。
この世界に絶対なんてあり得ない。

”明日のデート。
 すっぽかしたら
 絶対許しませんよっw”
でもこの世界に絶対なんてないんだよ。
そんな無責任な言葉、使わないでよ。
僕も明日が楽しみだよ。
11月3日がとてつもなく楽しみだよ。
君と過ごせる日がとても愛おしいよ。
でも絶対なんて、そんなのあり得ない。
僕は、その言葉嫌いだ。

”タイトル
 11月2日”
それは今日の日付さ。
もう二度と来ない今日の日付さ。
大切な君からのメールだ。
もうこれから先1通も届きわしない
君からの最後の手紙だよ。
だってこの日付は、
誰しもが平凡に過ごし終わった丸1年前の
今日の日付だから。

なぁ、絶対なんてないよ。
げんに、僕と君には明日は来なかったじゃないか。
絶対なんて、二度と使わない。
絶対なんて、あり得ない。
絶対なんて言うからむなしくなるんだ。
出来もしないのに絶対なんて使うから。
期待して期待して高揚して高ぶって
風船に針を刺したように一気にしぼんで。
この手に残ったのは割れた欠片だけ。
なぁ、絶対なんてこの世界には
あるわけねぇよ。

≪規約に同意しない≫



  首輪。 2010/12/13(Mon)22:04
Witten by [ 虚無 ]
別にいてもいなくても
大して不自由なく生きていける、と言われた。
何かの感情が芽生える前に
私は言葉だけを受け入れた。
でもなんで、突き放したりしないの?
お前ってほら、便利だしって言われた。
ただ、隣に置いておかないと
都合がよくないから
煽てて可愛がって甘やかせるふりをして
首に縄をつけて連れまわしているだけ。
じゃぁなんで君のほうが痛そうな顔をしてるんだ?
なんで君が傷ついてるの?
嫌なことがあれば八つ当たりして
力いっぱい殴り散らすくせに
その傷を見て悲しそうに
力いっぱい抱きしめるんだ。
同じ手で、君の腕で、さっきよりも強く強く。
どうして優しくするの?
どうして後悔するの?
どうして罪悪感に苛まれてるの?
このままじゃだめだ。
だけどどうしても動けない。
抱きしめられた跡がやけどみたいに
ヒリヒリして残る。
殴られて殴られて抱きしめられて。
生きていれば、傷はそのうち消えるから
だから私は今も
今も糞みたいな理由を抱えて無数の傷とともに
君の隣を歩いてる。

≪規約に同意しない≫



  初めて 2010/12/12(Sun)22:28
Witten by [ sora ]
僕初めてだった。迎えにきてくれることも
毎日電話くれることも初めてだった。僕がいく
事が当たり前と思ってた。服もびっくりして
怒ってしまった。そんなことするっなって
嬉しいけど気を使わせたことに自分が腹が
たったんだ。 笑えるくらい自分が人に嫉妬したこともあった。今では笑える。だって僕はぼくでしかないのにね。 それをよくわかって
向き合ってくれた人それが初恋の人かな。
僕は一度も浮気したことない。
浮気されたことはあるけど。どっちが後先関係ないか。でも寂しいからと言って次をキープする人間にはなれない。だってどっちにも悪いし
なんせ自分がつまんない人間になるからな。
こいつはこいつのいいところ、あいつはあいつのいいところだからちゃんと向き合いたいから
できない。 いつか手をつなぎそして僕のよき
相談相手またよき理解者に出会いたいものだ
≪規約同意済み≫



  FOREVER 2010/12/12(Sun)21:43
Witten by [ ぁぉぃ ]
私の始めては全部貴方だった。


本気で好きになれたのも
始めて電話したり
手をつないだり
照れながらキスしたり
幸せな痛みを感じたのも
貴方だった・・・


何があっても離れないと思ってた。


私だけだったのかな?


貴方は私を見なくなった。


浮気なんてドラマの中だけ。
そう思ってた。


純粋な貴方が・・・
私の好きな貴方が
消えていきました。


貴方は違う子を
愛おしそうに
見つめていt
≪規約同意済み≫



  もしも 2010/12/12(Sun)21:37
Witten by [ sora ]
もしも君が僕を心から愛してくれたときそのとき手をつなぎ一緒に歩いていこう。
そうありもしない空想だ。
きみは僕が手をつながないことに怒ってたね。
僕は君と手をつなぐのは大好きでも君は僕を
見てくれてないから僕は手をつながない。
そうほんとに僕を愛してくれたとき
君は僕をちゃんと愛してくれていた。
それは解かってるでも僕はわがまま僕一人だけに愛情ほしいんだ。じゃあ
ありもない空想話さ。
≪規約同意済み≫



  時に思う 2010/12/12(Sun)16:31
Witten by [ sora ]
すごく馬鹿げた話、でも悲しかったことの話。
何度もあった。だから距離感を保つことにしてる。ちゃんと僕は相手を見つめることできたな?って思うこともあった。こんなにも一緒の時間過ごしたのにきっと僕のことわからなかったんだと思うこともあった。すべてがわかるわけではないけど少なくとも接している自分は見てほしかったね。情けなくて縁切った。
ちゃんと自分が出してなったのも悪いけど
いろんな面倒なことあって自分のこと話すのも
相手を考えて話をしようと思った。恋愛もそうだけどちゃんと自分だけをみる人と恋愛しようと思った。それはずっと昔から。
よそ向いてるってわかると逃げたくなるんだ。
相手はきらいじゃあないのに気持ちがよそにいってるって。仕事はべつだけど。まあ今はいいやそんなこと考えなくてよくなったから・・・。
≪規約同意済み≫



  心 2010/12/11(Sat)14:59
Witten by [ sora ]
誰かを想い会いたいと想うとき人はきっと動く
でもその原動力はなんだろう?
きっと些細な言葉や行動で人は動くんだよね。
刺さった刺は時間が過ぎなければ癒えないし
本人が謝罪しなければ意味がないのかもしれない 逢いたいと望むならきっと逢える そんなもん。きっとひとの心なんてそんなもん。
≪規約同意済み≫



  部品 2010/12/09(Thu)01:43
Witten by [ sora ]
壊れているところを取り替えることが出来たらいいのに・・・。そしたらまた走れるのに、悔しいな。春くらいに動けるように戻りたい。
ほんとは悔しくて悔しくて仕方ない。見えてるのに動けてない自分が、腹が立つ、少し落ち着いたらもうひとつ仕事したいしやりたいことたくさんある資格も取りに行きたいし、今年ひとつ取れたけどほんとにほしいのはまだあるから
なにやってるんだろう。落ち込む。
一様将来のこと考えていても思うようにはいかないね。なんでちゃんと考えて動いてくれないのかな?守る立場なんだよ?なにやってるんだ
きっと自分のことなんて考えてないんだろうなってつい悲観してしてしまう。
ほっとしたいな。あいつのこともちゃんと考えて法律つかったらいいだろうし、
したいことあるのに病気になっている暇ないんだけどな。 誰かに甘えて見たい。 でもできないんだよな。きっと
≪規約同意済み≫



  自分への叫び 2010/12/08(Wed)23:38
Witten by [ sora ]
誰かの代わりなんて嫌だ自分のために人生ある
でも、大切なものだから自分は喜んで背負う。
僕の一部だから、誰かのかわりとか言わせない
自分のために生きろ。なんて自分に言い聞かせてこの年になりました。
≪規約同意済み≫



  私の白羽根。 2010/12/08(Wed)22:13
Witten by [ 虚無 ]
ふわり、ふわふわ。
白羽根が私の周りを飛んでいる。
それは笑う。
私に笑う。
純粋に無差別に。

ひらり、ひらひら。
白羽根が毛先を逆立て舞っている。
それは怒る。
私に怒る。
感情を剥き出しにして
否応なしに吸い寄せられる。

くるり、くるくる。
白羽根が私の先を飛んでいる。
すっと手を伸ばしたら
その反動で風にあおられ遠のいた。

ふんわりくるくる。
あれ?
何処に行ったの、白羽根・・・?


≪規約に同意しない≫



  崩壊。 2010/12/07(Tue)23:18
Witten by [ 虚無 ]
私は生まれた。
生きるわけも生きる意味も生きている理由も
全てが用意されたこの場所で
時間という檻に閉じ込められながら生まれた。
何も面白くはない。
面白いことなんて何もない。
全ては最初から決まっていた。
全ては最後まで決まっていた。
貴方が生まれたわけは、
本当に生まれるはずだった女の子が
生まれてこなかったから。
貴方が生まれた意味は、女の子の穴埋め。
貴方が生きている理由は、
もう私が子供を作れないから。
もう何千回も聞いた。
黙れ、だまれだまれ、だめ。
もう嫌だ。
もういやなんだ。
誰かのために生きるのも。
誰かの代わりに生きるのも。
お前を背負って生きるのは私の肩では狭すぎた。

≪規約に同意しない≫



  あれもこれも 2010/12/07(Tue)22:43
Witten by [ はる ]
やりたいことがたくさんある

152cmの小さな体で

あまり丈夫でもないのに

何から先に勉強しようか

お金もかけないで次はどの資格をとろうか!

もうそれは私には無理なのかな!?

好きなことあれこれ

無謀だったかな?


≪規約同意済み≫



  その言葉。 2010/12/07(Tue)22:36
Witten by [ 虚無 ]
私は言葉を話すロボット。
私は言葉が理解できるモノ。
私は言葉を知っている。
その言葉を使って今まで会話した。
その言葉はどうしても私にとってモノだった。
彼女は言った。
『言葉は使うものじゃなくて
 伝えるモノだよって。』
でも結局モノじゃん。
でも結局、モノなんだよ。
気持ちを代弁するだけのマガイモノ。
言葉は曖昧で淡白だ。
聞き手の聞きたいという意思がないと
聞こえないし。
聞き手のこうあってほしいという理想で
どうとでも解釈できる。
その言葉に嘘はない。
でもそれは真実でもない。

≪規約に同意しない≫



/ 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 /
/ 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 /
/ 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30 /
/ 31 / 32 / 33 / 34 / 35 / 36 / 37 / 38 / 39 / 40 /
/ 41 / 42 / 43 / 44 / 45 / 46 / 47 / 48 / 49 / 50 /
/ 51 / 52 / 53 / 54 / 55 / 56 / 57 / 58 / 59 / 60 /
/ 61 / 62 / 63 / 64 / 65 / 66 / 67 / 68 / 69 / 70 /
/ 71 / 72 / 73 / 74 / 75 / 76 / 77 / 78 / 79 / 80 /
/ 81 / 82 / 83 / 84 / 85 / 86 / 87 / 88 / 89 / 90 /
/ 91 / 92 / 93 / 94 / 95 / 96 / 97 / 98 / 99 / 100 /
/ 101 / 102 / 103 / 104 / 105 / 106 / 107 / 108 / 109 / 110 /
/ 111 / 112 / 113 / 114 / 115 / 116 / 117 / 118 / 119 / 120 /
/ 121 / 122 / 123 / 124 / 125 / 126 / 127 / 128 / 129 / 130 /
/ 131 / 132 / 133 / 134 / 135 / 136 / 137 / 138 / 139 / 140 /
/ 141 / 142 / 143 / 144 / 145 / 146 / 147 / 148 / 149 / 150 /
/ 151 / 152 / 153 / 154 / 155 / 156 / 157 / 158 / 159 / 160 /
/ 161 / 162 / 163 / 164 / 165 / 166 / 167 / 168 / 169 / 170 /
/ 171 / 172 / 173 / 174 / 175 / 176 / 177 / 178 / 179 / 180 /
/ 181 / 182 / 183 / 184 / 185 / 186 / 187 / 188 / 189 / 190 /
/ 191 / 192 / 193 / 194 / 195 / 196 / 197 / 198 / 199 / 200 /
/ 201 / 202 / 203 / 204 / 205 / 206 / 207 / 208 / 209 / 210 /
/ 211 / 212 / 213 / 214 / 215 / 216 / 217 / 218 / 219 / 220 /
/ 221 / 222 / 223 / 224 / 225 / 226 / 227 / 228 / 229 / 230 /
/ 231 / 232 / 233 / 234 / 235 / 236 / 237 / 238 / 239 / 240 /
/ 241 / 242 / 243 / 244 / 245 / 246 / 247 / 248 / 249 / 250 /
/ 251 / 252 / 253 / 254 / 255 / 256 / 257 / 258 / 259 / 260 /
/ 261 / 262 / 263
【投稿する】

悩み相談サイト心の癒し トップページへ戻る
copyright© 2001-2009 心の癒し
designed by
programmed by
powered by
ともとも
松本竜弥のそれ憧れるのょ
占い開運癒しの占星術
占い相談
無料占い恋愛
パワーストーン恋愛専科