【管理者用】



* 全ての方へのメッセージ *


あなたに、ふと詩が湧いてきたら、それを言葉に綴ってみてください。
誰かの勇気や、誰かの元気、誰かを慰めるかもしれません。

また、詩ではなく、そのまま普通の文章で綴って下さってもいいですよ。
その場合は、あなたへ素敵な詩をお贈りします。
【投稿する】
サイト内検索:


  大切なもの 2006/07/01(Sat)11:24
Witten by [ モモ* ]

世界がどうだとか

明日がどうだとか


そんなことよりも


あなたが生きている今を

あたしは大切にしたい



≪規約同意済み≫



  今、 2006/07/01(Sat)10:50
Witten by [ モモ* ]

今、あなたがここにいることが

あたしは嬉しくて


今、あなたが笑っていることが

あたしは嬉しくて


今、あなたが生きていることが

あたしは嬉しいよ


≪規約同意済み≫



  なぜ? 2006/07/01(Sat)00:07
Witten by [ 紫の薔薇 ]
君はそれが駄目だと言う
僕はそれが良いと言う

僕はそこが好きと言う
君はそこが嫌いだと言う

同じ物事のはずなのに
見え方が随分違うみたい

君は自分が嫌いだと言う
僕は君の事が大好きだと言う
≪規約同意済み≫



  希望 2006/06/30(Fri)22:11
Witten by [ ふく ]
挫折しそうになったとき
未来に明るい光があれば頑張れる
あなたが明るい光を持つことができればやっていける
その光はあなたを何度でも立ち直らせることができる
「希望」という光
たとえどんなに苦しい状況であっても
希望があれば
あなたはきっとやっていけるよ
希望を捨てずに 前向きに頑張っていこう


≪規約に同意しない≫
http://www.valley.ne.jp/~takahasi/


  そんなんじゃないから 2006/06/30(Fri)21:14
Witten by [ corona ]
私の事をかわいそうとか思わないで
私は幸せなんだから・・・
じつはそんなに苦しいものじゃない
昔からだもん
本当に私は幸せだから
≪規約同意済み≫



  愛を 2006/06/29(Thu)21:17
Witten by [ ミキ ]
誰かを本気で愛していますか?
本気で愛したことありますか?
愛がこの世で最も美しい
私はそう想います
愛で人は救えないと
言う人がいますけど
もしも世界が愛で満ちたなら
平等で自然な共存の
そこでは飢えで死にません
リンチや自殺
追い詰められて死ぬ事はないんです
もしも愛で満ちたらば。

愛で満たされればいい
愛であふれるほどなればいいのに
もうたくさんってくらいに
でもそれは難しいですね
だからせめて
身近なところから愛を
愛を撒いてください
愛が愛を呼ぶんです
あなたの家の中
教室 職場先を
まずは満たしてください

さぁ出し惜しみなんかしないで

人間の世界はおかしなところ
病気でどうしようもなく
泣きながら死ぬ人もいれば
自ら命を落とす人もいます
かわいそうに
愛に飢えていたのかも
あぁ愛は尽きないのに!!
無限と出てくる一番ステキな力
なのにナゼ足りないの?
愛のない世界よ
これほど悲しいことはない

飢えて死ぬ人がいれば
肥満で死ぬ人もいます
たくさん食べて
ダイエットに大金をつぎ込む
お金の使い道は自由だけど
ちょこっとだけでも
愛の種を撒いてあげてください
宝くじが当たれば
300円以外全部寄付なんて
そこまでの漢気はいいですから
まずは小さなトコから
お願いですから

まずはあなたが幸せになって
幸せを少し分けてください

願わくば
愛で満ちた世界を





≪規約同意済み≫



  疑問 2006/06/29(Thu)20:40
Witten by [ TTT ]
疑問はいくつもある
だけど答えは出ない
だからって立ち止まれば
すべて終わり
人間なんてたかが知れてる
すべてを理解するなんてできるわけない
思い上がって
すべてを分かろうとして
分からなくても逃げちゃダメだ
人生の目的
分からない
憶測でしか
ただ
せめて前を向いて
しっかりと先を見すえて
冷静を保て
自分すら支配できないでどうする
懸命に 生きて 
楽しんで生きていけば
疑問の果てが暗く 静かでも
その人生に
悔いはないでしょう

≪規約同意済み≫



  大好きやもん。 2006/06/29(Thu)17:56
Witten by [ sky ]
確かに彼氏の方が背小っちゃいし

確かに彼氏は頭が悪いよ

でもね 好きなんやもん。

すっごいすっごい 好きやもん。

優しくていつも笑ってくれるよ

しかもスポーツマン!!

あたしの自慢の彼氏だよ。

大好きだよ


≪規約同意済み≫



  認めて 2006/06/28(Wed)22:21
Witten by [ wind ]
自分ってさ
一人じゃ自分にならないんだよ
人に
認められて 大切にされて
必要だよって 大好きだよって
いってもらえて
そうして
自分になっていくんじゃないのかな

そんなことを言ってくれる人
いないって思ってたんだ
ずっと ずっと
自分の周りには誰もいないと
思ってたんだ

でもね
あなたに出会えた
私のこと
ちゃんと 見てくれた
必要だよ 大好きだよって
言ってくれた

すごくね すごくね
うれしかったんだ
涙が止まらなくて 止まらなくて
そんな私を
優しく 抱きしめてくれて
頭をなでてくれて
まるで
氷が解けていくみたいに
ぼろぼろと
泣いちゃったんだ

ありがとう
こんな私を 見捨てないでくれて
ありがとう
こんな私を 受け止めてくれて
ありがとう ありがとう

きっと どこかに
君を認めてくる人が
絶対いるから
あきらめないで

きっと いるから
大丈夫だよ
≪規約同意済み≫



  呼び合う 2006/06/28(Wed)16:55
Witten by [ サヤ ]
気づいたよ
君が必要なんだ
失ってからじゃ、遅いんだ
気づけたことが奇跡なんだ
あなたにもいるはず
大切な人
忘れないで
あなたは、守られてる
そしてあなたも
守ってゆく
忘れないで
人は一人じゃない
そぅ
だれかと呼び合ってるもの
≪規約同意済み≫



  ハバタクコト 2006/06/28(Wed)15:37
Witten by [ 深雪 ]
希望は何処にあるのか
知ってますか

絶望は何処にあるのか
知ってますか

人にはツバサがありません
けれど  ハバタクコト  は出来るのです

心に翼が見えるでしょう
一人一人違う色のツバサが
それを開いて

心が飛ぶことを望んでいれば
あなたはきっと
羽ばたけます

希望も

絶望も

全て  此処にあるのです

自らの内側に

それを縛らずに
解き放ってみてはどうでしょう

きっと

違う色の世界が

あなたの色の世界が

見えてくるでしょう








≪規約同意済み≫



  カイネルの救済詩 2006/06/27(Tue)22:26
Witten by [ カイネル ]
ガラスの古城

おやすみなさい
安心しておやすみなさい
暖炉は夜の間中
燃やしておきます
冷たい肌が温まるように

ここは地上から
はるか彼方
上方にそびえたつ
ガラスの古城
何百年、何千年もの昔から
人々の記憶から
忘れられてしまった
神話の世界

おやすみなさい
ゆっくりおやすみなさい

まぶたを閉じて
夢の中を駆け巡り
星座のかけらを集めましょう
光り輝く流星に乗って
果てのない旅に出かけましょう
そうして
疲れたらまた眠りなさい

≪規約に同意しない≫
http://www.fan.hi-ho.ne.jp/tomizawa/kt/default.htm


  believe 2006/06/27(Tue)22:09
Witten by [ トーコ ]
すべてのものに裏切られたような
そんな悲しい出来事ばかりでうつむく日々
あなたの笑顔は どこに置き去りになったの
思い出して 自分のやさしい心

あのときあなたが広げた真っ白な翼
今こそ空に もう一度広げて

自分のやさしさだけを信じて
あなたの隣で 明日を迎えよう
千の悲しみがよろこびに変わるまで
羽ばたき続けよう
あきらめないで

自分の言葉が 誰にも伝わらない
誰も信じられなくなったと泣き崩れる日々

あなたの言葉は明日きっとわたしに届くから
その白くやさしい羽を どうかたたまないで

自分のやさしさだけを信じて
あなたの隣で 明日を迎えよう
千の憎しみが愛に変わるまで
羽ばたき続けよう
あきらめられない

あのときあなたが広げた真っ白な翼
今こそ空に もう一度広げて

自分の勇気と強さを信じて
あなたの隣で 未来を作ろう
千の憎しみが愛に変わるまで

自分のやさしさだけを信じて
あなたの隣で 明日を迎えよう
千の悲しみがよろこびに変わるまで

羽ばたき続けよう
あきらめられない
≪規約同意済み≫



  忘れないで。 2006/06/27(Tue)16:35
Witten by [  ]
頑張り続けてると
周りのいろんな物に気付かない時がある

だから、たまには息抜きをして 空を見上げて下さい
空はいつだって・・・君を優しく見守ってくれてるから

頑張り続ける必要はないんだよ
ゆっくりゆっくり休みながら、歩けばいい
疲れたら足を止めて 周りに目を向ける事も大切なんだ

自分の周りにいる人達の大切さ
忘れないように

もしも苦しみや悲しみ、
ツライ事に負けそうになった時は
僕にすべて“言葉”にして吐き出していいから

いつだって僕が君の事を励ましてあげるよ
僕が一つ残らず君の愚痴を聞いて
君の心のモヤモヤを全部吸い取ってあげるよ

僕は君にいつだって、
“安らぎ”をプレゼントするから

だから小さな幸せを忘れないで
自分の夢を見失わないで

大丈夫 いつだって僕は君の近くにいるよ
君が道を間違えそうな時 本気で怒って止めてあげるよ

だから、どんな事あっても・・・
笑顔だけは忘れずに頑張って

大好きで大切な君へ
届け、僕の心からの詩

≪規約同意済み≫



  光。 2006/06/27(Tue)16:18
Witten by [  ]
君はいつも独りでいたね

光を失う事恐れて
光に手を伸ばす事さえ諦めてたね

そんな君に僕は何ができるかわからなかったけど

今は、君にできる事すべてしたいと思う
今は、僕の持ってる物すべてあげたいと思う

何もできないかもしれない
僕なんかじゃ
君の支えになるには相応しくないかも知れない

だけど・・・せめて、僕は君の光になりたい

君を明るく照らす 君を優しく包む
君を・・・暖かく抱きしめられる

そんな光になって
君を幸せにしたい

どんな事があっても
どれだけの時間が経っても
僕だけは、ずっと君の側にいるよ

僕は君だけの ”光”でいるよ

≪規約同意済み≫



  独りじゃないよ。 2006/06/27(Tue)16:17
Witten by [  ]

ねえ どうしていつも独りになろうとするの?
誰よりも独りでいる事 怖いのに

ねえ どうしていつも僕に頼ってくれないの?
僕はいつだって 君の傍にいるのに

泣きたい時は僕の胸を貸してあげるから
辛い時は僕が君の隣で支えてあげるから
寂しい時はずっと抱きしめてあげるから

だからもう 独りだなんて想わないで
もう 無理して独りになろうとしないで

僕が君を絶対に独りにさせないよ
僕だけはずっと君の側にいるって約束する

だから もう泣いていいよ
ずっと我慢してた涙 流していいよ

僕が君の悲しさ受け止めてあげるから

君が涙で今までの悲しさ 全て流し終わったら
君を力一杯抱きしめて
この一言 言葉にしよう

「もう君は独りじゃないよ」

≪規約同意済み≫



  もう一度。 2006/06/27(Tue)16:15
Witten by [  ]
君はいつからか笑わなくなった
君はいつからか感情を何も示さなくなった

笑いもしない
涙さえ、流さない
キミの表情はいつも同じ『無表情』

生きてるとは思えないほど 冷たくて
まるで人形のような君

一体、誰が君から笑顔を奪ったの?
君から感情を奪っていったのは誰?

君をこんな風にした奴は 僕が全部消してあげる
”命”っていう大切なモノ 僕が君の代わりに奪ってあげるよ
そいつが君から大切なモノを 奪ったように

だから・・・感情、取り戻して
昔のように、僕に笑って

君が感情、取り戻すのなら
君がもう一度、笑ってくれるのなら
僕は何だってするよ

たとえ、それが・・・他の人の幸せを奪う事になったとしても
君が幸せになるのなら 僕は何にでもなる

だから、どうか
もう一度 僕に笑って
≪規約同意済み≫



  自分 2006/06/24(Sat)17:20
Witten by [ rie ]
かっこいい自分でいようとしたら
苦しくなった

だからもう なんにも装わない
ただの自分でいいやと思った

かっこ悪くたって
もうかまわないんだ

≪規約同意済み≫



  心 2006/06/24(Sat)12:48
Witten by [  ]
一つしかない

心の中には

二通りの

心があるもの

誰にでも

天使の心があることを

忘れないでね

≪規約同意済み≫



  悲しみまで拭って 2006/06/24(Sat)12:44
Witten by [ 吉良 ]
棘が刺さった様に 冷たくなってしまった心の中
「もうやめて」と戸惑ってる 辛く悲しい 浮世に
ああ 知ることもない 永遠に次ぐ 何処に行けば救われる

悲しみまで拭って そうじゃないと云って
ただ 心配 かけたくないだけと 心を閉ざしてる
悲しみまで拭って 存在なんて此処で十分だよ
足りないモノが大きい程 人は強くなれるモノだから・ ・ ・

浮かんだ 姿 蒼き静寂な 心の中掻きむしる
悪魔の声 何故か 一番心の中 乱してゆく
力不足だと 思ってても 知らないフリは出来ない
皆同じ仲間だから

悲しみまで拭って力なんて無くてもいい
あなたがあなたである証拠は私の中に

まだ答えが見つからないとしたら
どれくらい探せば 見つかるのでしょう

繋がりなんて要らない 一度思ってたって それだけで
閉ざされてゆく 重みが わからないワケじゃない
≪規約同意済み≫



/ 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 /
/ 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 /
/ 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30 /
/ 31 / 32 / 33 / 34 / 35 / 36 / 37 / 38 / 39 / 40 /
/ 41 / 42 / 43 / 44 / 45 / 46 / 47 / 48 / 49 / 50 /
/ 51 / 52 / 53 / 54 / 55 / 56 / 57 / 58 / 59 / 60 /
/ 61 / 62 / 63 / 64 / 65 / 66 / 67 / 68 / 69 / 70 /
/ 71 / 72 / 73 / 74 / 75 / 76 / 77 / 78 / 79 / 80 /
/ 81 / 82 / 83 / 84 / 85 / 86 / 87 / 88 / 89 / 90 /
/ 91 / 92 / 93 / 94 / 95 / 96 / 97 / 98 / 99 / 100 /
/ 101 / 102 / 103 / 104 / 105 / 106 / 107 / 108 / 109 / 110 /
/ 111 / 112 / 113 / 114 / 115 / 116 / 117 / 118 / 119 / 120 /
/ 121 / 122 / 123 / 124 / 125 / 126 / 127 / 128 / 129 / 130 /
/ 131 / 132 / 133 / 134 / 135 / 136 / 137 / 138 / 139 / 140 /
/ 141 / 142 / 143 / 144 / 145 / 146 / 147 / 148 / 149 / 150 /
/ 151 / 152 / 153 / 154 / 155 / 156 / 157 / 158 / 159 / 160 /
/ 161 / 162 / 163 / 164 / 165 / 166 / 167 / 168 / 169 / 170 /
/ 171 / 172 / 173 / 174 / 175 / 176 / 177 / 178 / 179 / 180 /
/ 181 / 182 / 183 / 184 / 185 / 186 / 187 / 188 / 189 / 190 /
/ 191 / 192 / 193 / 194 / 195 / 196 / 197 / 198 / 199 / 200 /
/ 201 / 202 / 203 / 204 / 205 / 206 / 207 / 208 / 209 / 210 /
/ 211 / 212 / 213 / 214 / 215 / 216 / 217 / 218 / 219 / 220 /
/ 221 / 222 / 223 / 224 / 225 / 226 / 227 / 228 / 229 / 230 /
/ 231 / 232 / 233 / 234 / 235 / 236 / 237 / 238 / 239 / 240 /
/ 241 / 242 / 243 / 244 / 245 / 246 / 247 / 248 / 249 / 250 /
/ 251 / 252 / 253 / 254 / 255 / 256 / 257 / 258 / 259 / 260 /
/ 261 / 262 / 263 / 264 / 265 / 266 / 267 / 268 / 269 / 270 /
/ 271 / 272 / 273 / 274 / 275 / 276 / 277 / 278 / 279 / 280 /
/ 281 / 282 / 283 / 284 / 285 / 286 / 287 / 288 / 289 / 290 /
/ 291 / 292 / 293 / 294 / 295 / 296 / 297 / 298 / 299 / 300 /
/ 301 / 302 / 303 / 304 / 305 / 306 / 307 / 308 / 309 / 310 /
/ 311 / 312 / 313 / 314 / 315 / 316 / 317 / 318 / 319 / 320 /
/ 321 / 322 / 323 / 324 / 325 / 326 / 327 / 328 / 329 / 330 /
/ 331 / 332 / 333 / 334 / 335 / 336 / 337 / 338 / 339 / 340 /
/ 341 / 342 / 343 / 344 / 345 / 346 / 347 / 348 / 349 / 350 /
/ 351 / 352 / 353 / 354 / 355 / 356 / 357 / 358 / 359 / 360 /
/ 361 / 362 / 363 / 364 / 365 / 366 / 367 / 368 / 369 / 370 /
/ 371 / 372 / 373 / 374 / 375 / 376 / 377 / 378 / 379 / 380 /
/ 381 / 382 / 383 / 384 / 385 / 386 / 387 / 388 / 389 / 390 /
/ 391 / 392 / 393 / 394 / 395 / 396 / 397 / 398 / 399 / 400 /
/ 401 / 402 / 403 / 404 / 405 / 406 / 407 / 408 / 409 / 410 /
/ 411 / 412 / 413 / 414 / 415 / 416 / 417 / 418 / 419 / 420 /
/ 421 / 422 / 423 / 424 / 425 / 426 / 427 / 428 / 429 / 430 /
/ 431 / 432 / 433 / 434 / 435 / 436 / 437 / 438 / 439 / 440 /
/ 441 / 442 / 443 / 444 / 445 / 446 / 447 / 448 / 449 / 450 /
/ 451 / 452 / 453 / 454 / 455 / 456 / 457 / 458 / 459 / 460 /
/ 461 / 462 / 463 / 464 / 465
【投稿する】

悩み相談サイト心の癒し トップページへ戻る
copyright© 2001-2009 心の癒し
designed by
programmed by
powered by
ともとも
松本竜弥のそれ憧れるのょ
占い開運癒しの占星術
占い相談
無料占い恋愛
パワーストーン恋愛専科