【管理者用】



* 全ての方へのメッセージ *


あなたに、ふと詩が湧いてきたら、それを言葉に綴ってみてください。
誰かの勇気や、誰かの元気、誰かを慰めるかもしれません。

また、詩ではなく、そのまま普通の文章で綴って下さってもいいですよ。
その場合は、あなたへ素敵な詩をお贈りします。
【投稿する】
サイト内検索:


  人間・・・ 2006/03/15(Wed)23:36
Witten by [ 大丈夫♪ ]
もう過去は変わらない
そう言うよね??
でも少しは変わるんじゃない???
例え犯罪者でも今は真面目に働いている人も居る・・・こんな人が???
人間外見だけじゃ何も決まんない。
たとえあなたの顔が悪くてもあなたの事を受け入れてくれる人は必ずいるから
大丈夫♪
だから先の事や過去よりも今を大切にして行こう!!!
一生懸命前に少しづつ進んでいこう!!


≪規約同意済み≫



  −出発− 2006/03/15(Wed)09:23
Witten by [ クロ ]
始めの1−−−歩!!!
≪規約同意済み≫



  ★☆大好きなあなたへ贈る詩☆★ 2006/03/14(Tue)18:46
Witten by [  ]
人はね、一人だとね
生きて行けないんだよね
だからね、君が必要なんだよね
どこにも行ってほしくないんだ
いつもそばにいてほしいんだ
君がいればそれだけで充分なんだ
心と心はつながっているんだ
ことばに出さなくても君の気持ちは分かるんだ
だから、お願い
君をずっと好きでいさせて。
≪規約同意済み≫



  ずっと 2006/03/14(Tue)01:31
Witten by [ まきこ ]
次また会えたら約束してよ。
一緒におじいちゃんとおばあちゃんに
なろうねって。
サインもハンコも要らないからさ。
≪規約同意済み≫



  明日。。。。 2006/03/13(Mon)17:03
Witten by [ コネコ ]
ねぇ、気づいてる??                                 明日が何の日か。。。                                一週間前位にメールで約束したよね?                                                 キスするって。。。                                                                        何にも言わなかったケド、覚えてる?                         アナタが「しよう。」って言ったんだよ。                       忘れてないよね???                                アタシ、何か、一人ですっごい、すっごい                       期待してるの。。。                                 だから、忘れてないよね。。。?                           明日だよ。。。ホワイトデー。。。                            約束の・・・日は・・・・                      
≪規約同意済み≫



  言葉 2006/03/12(Sun)21:00
Witten by [ ミチロウ ]
言葉の威力
それは人を破壊するためのものでなく
人を優しく包むためのもの
≪規約同意済み≫



  しあわせ 2006/03/12(Sun)17:17
Witten by [ たぃか ]
硬い考えなんて 捨ててしまって 何も考えず 何も理論をたてず 後のコトなんか 考えないで 皆のために 生きていこう 
イジメられている仔に 優しくして ずっと一緒に 居てあげたり… 自分よりも人のコトを思ったり… 
そんなコト 今まで何度もしてこようとしたよ
でも 出来なかった そんな声が聞こえてきそうだね だって 自分が嫌だったら嫌 だもんね でも あなたの 頑張りで 誰かが幸せになるんだよ あなたは 人の 幸せを作るコトができる どんな人でも 諦めないで 君が諦めたり 挫折したり 誘惑に負けたり そんな事 何回も何百回もあるさ 自分が幸せに成りたいなら まず 人を幸せにして上げなキャ そうしたら きっと… 今までにない幸せが自分に舞い降りてくるから
≪規約同意済み≫



  約束 2006/03/12(Sun)17:07
Witten by [ たぃか ]
@年前 私は君と約束をした 覚えているかい? そしてチャント守っている? 君はその時とっても 怒っていた いらついていたんだ そして君は 人を 殴ってしまった 私との約束 まだ ちゃんと 覚えているかな チャント守っているかな 君のコト好きだから そんな小さなことでも 守って欲しいんだ
≪規約同意済み≫



  ラブコール 2006/03/12(Sun)17:02
Witten by [ たぃか ]
私のコト 愛してる人がいる
私のコト 憎んでる人がいる

きっと簡単なことなんだとオモウ そんな事に自分のコトが分からなくなる 
誰を…誰を…私は信じれば良いの? 時が流れれば人の気持ちなんて変わってしまうの
君のモノになりたくて… ただソレだけで 沢山の人傷付けた 沢山のモノを失った それでも 君が欲しいよ 私のコトなんて 何も知らないように 誰もイナイかの用に 君はいつも私の手から 離れるんだ ソレを見て 私は諦めるんだ もう無理だったんだ…と 頑張ることもせず ただ ただ見て思うんだ ずっと ずっと 大好きだったよ こうなるなら思い切って キモチ 伝えとけば 良かったんだ と…ね
≪規約同意済み≫



  生きる。 2006/03/12(Sun)11:39
Witten by [ ヒー ]
生きる事。それは、死なない事。死んでは、いけない事。頑張って生きる事。それが、生きる事。
≪規約同意済み≫



  平等 2006/03/12(Sun)11:32
Witten by [ ヒー ]
平等に生きていく事が、大事だと思う。人間と、動物も。
≪規約同意済み≫



  共感〜猫と人間〜 2006/03/12(Sun)03:43
Witten by [ You ]
理由はどうあれ、私はその暴力的な力が刻み付けた”痕跡”を、この指先でなぞり続けていく。

たった一度だけでもいい。この瞬間。

この分厚くて、固いだけが取り柄のコンクリートに弱さと呼べる性格があるならば。

この罅(ひび)に少しでも痛みを感じているならば。

(せめて、泣いていてほしい。)


そのような欺瞞的な、けれど、ごく自然な祈りが私を「強い私らしいもの」へと仕立て上げていく。

いま思えば、
午前中まで降り続いていた雨が
たった一つの救いだったのかもしれない。


大丈夫。
到るところにできた水溜りに反射する陽光が、
私の顔を静かに覆い隠してくれている。


これならば、大丈夫。


(見えないはず。わからないはず。)
つまり、私は彼らにとってそういう位置にいる。


だからこそ。


「泣いてるの?」


こうやって頭上から問いかけてくるのは、いつだって人間で、だからこそ私は驚いたりはしない。

いつの間にか雨露を含んだその手をもう一度力強く地面に押しつけ、次に目と耳の一部分に押し当てる。


次に言い出す言葉のための準備はこれだけで充分だ。人間はコンクリートよりもずっと誤魔化すことが簡単なのだから。


ただひとつ心配なことは。いま、動くことで。
この首についている鈴が綺麗な音を立ててしまわないか、ということ。


鈴が鳴らないように、そして、彼女が一時的にでも共感を持つことのないように。限りなく小さく一呼吸の動作で上を向いた。


そして、私は口を開く。


つまり、たぶん、彼女が聞き取れないであろうコトバを伝えるために。

≪規約同意済み≫
http://blog.drecom.jp/you_bluesky78/profile


  君のこと離さない・・。 2006/03/12(Sun)00:36
Witten by [ 由紀 ]
あなたがどんなコトしても

私は止めないだってあなたは

私から逃げれない

そうでしょう?

逃げたら捕まえる

私はそれをすればいいコト

それだけなの・・。

だけどね、どうしても捕まえられない時があるの

その時は諦めるしかないの・・・。

捕まえられない時スゴク辛いよう

後悔する・・。

でま、それは自分が悪いと思う・・。
≪規約同意済み≫



  新たな未来にはばたく僕の 2006/03/12(Sun)00:30
Witten by [ 未知のアホ ]
月日は、なんて早いのだろう。ふと、考え込んでいるうちに。友達と楽しくしゃべってるうちに走るように過ぎていく。今卒業という節目を迎えた僕は、過ぎ去った日々に後悔をしている。しかし、戻らない過去に、「なぜあの時」という言葉はない。失敗はいくらでもする、人間だから、でも失敗を恐れて何もしないよりは100倍ましだと思うようになった。失敗の反対は、成功ぢゃなく。何もしないことなんだ。成功は失敗の延長線上にあるのだと思う。これは、新しい未来に向かって羽ばたき始めた15歳の僕の今の考えである。
≪規約同意済み≫



  I LOVE YOU 2006/03/12(Sun)00:24
Witten by [ 七海 ]
日本語に訳すと愛してる・・・。
この言葉は誰に使えばいいの??
家族?友達??それとも・・。
『I LOVE YOU』と言う言葉。
生きている間に必ず1回は言うだろう。
愛してると・・。
≪規約同意済み≫



  許すことから始めよう 2006/03/11(Sat)22:55
Witten by [ うらら ]
私と同じように病みを抱えた人へ。
“文芸社”から出版されている“鈴木愛優美”さん著者の“許すことから始めよう”という詩画集を友人から御見舞いに頂いて読みました。
心療内科に通い、精神病院に入院までした私ですが、今では時々この本を読みながら普通に暮らしています。
きっと、この本に救われる人が他にも居るはずです。
頑張って下さい。

≪規約に同意しない≫



  勘違い 2006/03/11(Sat)21:46
Witten by [ さやか ]
アタシの好きな人・・・
勘違いしてる人・・・
『諦めたら終わりやで』って言ってくれるケド
アタシが好きなんは
あんただよ・・・
なんで気づいてくれないの?
毎日のように一緒にいるのに・・・
早く気づいて
アタシの気持ちに・・・
≪規約同意済み≫



  あたしが君を好きになった理由 2006/03/11(Sat)19:13
Witten by [ 由愛 ]
想うこと1つ目。
あたしはどうして君を好きなんかになったんだ?
いつも隣でからかってきて
すっごく嫌だったのに
君の手が触れた瞬間
いっつもドキドキしてた。

想うこと2つ目。
好きになった瞬間
なんだか離れることが多くなったね。
あたしが君をすきって
君は知って距離をおいたの??

想うこと3つ目。
あたしが君を好きになった理由が
まだよくわかんないんだ。

でも離れるたびに涙が出るよ。

大好きで大好きで大好きだって事は
確実にわかってんのにね。
≪規約同意済み≫



  君へ 2006/03/11(Sat)19:00
Witten by [  ]
どうしようもない人だけど
どうか困ったとき力貸してあげて下さい

≪規約同意済み≫



  それぞれの世界、繋がる一日。 2006/03/11(Sat)14:01
Witten by [ You ]
朝陽を一身に浴び続ける
楠の木の枝の先で。


ここにいた、ということを刻み込むために
木の実をひとつ啄ばみ飛び立つ鳥達と共に。


柔らかに包み込む風が緩やかに運ぶ
檜の胞子の欠片を。


まるで迷い子であるかのように
背に乗せ、もう大丈夫と言わんばかりに
優しく、そして、力強く吼えてみせる野良犬が。


真っ直ぐに見据える
あの高い鉄塔の隙間から差し込む斜陽の眩しさに僅かに目を反らしたときに視界に入れた子供達の。


すぐ隣にいながら慈愛に満ちた表情で彼らを見つめる母親の眼差しを感じ取り
「たぶん、同じなんだね」
そう伝えたい衝動に駆られていた様子を恐る恐る覗き見ていたイタズラ猫と一緒に。


これはおかしい、こんなにおかしいことはないとばかりにくすくす笑いながら隠れて輝き続けていたことを反省するかのように、いつしか星達が。


太陽が沈み始める頃になってようやく生まれたばかりの広く、深い、空の色を、
荒々しい赤から穏やかな蒼へと導いてゆく父親としての役目を思い出すような。




そんな一日。



昨日の終わり。そして今日の始まり。
≪規約同意済み≫
http://blog.drecom.jp/you_bluesky78/profile


/ 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 /
/ 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 /
/ 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30 /
/ 31 / 32 / 33 / 34 / 35 / 36 / 37 / 38 / 39 / 40 /
/ 41 / 42 / 43 / 44 / 45 / 46 / 47 / 48 / 49 / 50 /
/ 51 / 52 / 53 / 54 / 55 / 56 / 57 / 58 / 59 / 60 /
/ 61 / 62 / 63 / 64 / 65 / 66 / 67 / 68 / 69 / 70 /
/ 71 / 72 / 73 / 74 / 75 / 76 / 77 / 78 / 79 / 80 /
/ 81 / 82 / 83 / 84 / 85 / 86 / 87 / 88 / 89 / 90 /
/ 91 / 92 / 93 / 94 / 95 / 96 / 97 / 98 / 99 / 100 /
/ 101 / 102 / 103 / 104 / 105 / 106 / 107 / 108 / 109 / 110 /
/ 111 / 112 / 113 / 114 / 115 / 116 / 117 / 118 / 119 / 120 /
/ 121 / 122 / 123 / 124 / 125 / 126 / 127 / 128 / 129 / 130 /
/ 131 / 132 / 133 / 134 / 135 / 136 / 137 / 138 / 139 / 140 /
/ 141 / 142 / 143 / 144 / 145 / 146 / 147 / 148 / 149 / 150 /
/ 151 / 152 / 153 / 154 / 155 / 156 / 157 / 158 / 159 / 160 /
/ 161 / 162 / 163 / 164 / 165 / 166 / 167 / 168 / 169 / 170 /
/ 171 / 172 / 173 / 174 / 175 / 176 / 177 / 178 / 179 / 180 /
/ 181 / 182 / 183 / 184 / 185 / 186 / 187 / 188 / 189 / 190 /
/ 191 / 192 / 193 / 194 / 195 / 196 / 197 / 198 / 199 / 200 /
/ 201 / 202 / 203 / 204 / 205 / 206 / 207 / 208 / 209 / 210 /
/ 211 / 212 / 213 / 214 / 215 / 216 / 217 / 218 / 219 / 220 /
/ 221 / 222 / 223 / 224 / 225 / 226 / 227 / 228 / 229 / 230 /
/ 231 / 232 / 233 / 234 / 235 / 236 / 237 / 238 / 239 / 240 /
/ 241 / 242 / 243 / 244 / 245 / 246 / 247 / 248 / 249 / 250 /
/ 251 / 252 / 253 / 254 / 255 / 256 / 257 / 258 / 259 / 260 /
/ 261 / 262 / 263 / 264 / 265 / 266 / 267 / 268 / 269 / 270 /
/ 271 / 272 / 273 / 274 / 275 / 276 / 277 / 278 / 279 / 280 /
/ 281 / 282 / 283 / 284 / 285 / 286 / 287 / 288 / 289 / 290 /
/ 291 / 292 / 293 / 294 / 295 / 296 / 297 / 298 / 299 / 300 /
/ 301 / 302 / 303 / 304 / 305 / 306 / 307 / 308 / 309 / 310 /
/ 311 / 312 / 313 / 314 / 315 / 316 / 317 / 318 / 319 / 320 /
/ 321 / 322 / 323 / 324 / 325 / 326 / 327 / 328 / 329 / 330 /
/ 331 / 332 / 333 / 334 / 335 / 336 / 337 / 338 / 339 / 340 /
/ 341 / 342 / 343 / 344 / 345 / 346 / 347 / 348 / 349 / 350 /
/ 351 / 352 / 353 / 354 / 355 / 356 / 357 / 358 / 359 / 360 /
/ 361 / 362 / 363 / 364 / 365 / 366 / 367 / 368 / 369 / 370 /
/ 371 / 372 / 373 / 374 / 375 / 376 / 377 / 378 / 379 / 380 /
/ 381 / 382 / 383 / 384 / 385 / 386 / 387 / 388 / 389 / 390 /
/ 391 / 392 / 393 / 394 / 395 / 396 / 397 / 398 / 399 / 400 /
/ 401 / 402 / 403 / 404 / 405 / 406 / 407 / 408 / 409 / 410 /
/ 411 / 412 / 413 / 414 / 415 / 416 / 417 / 418 / 419 / 420 /
/ 421 / 422 / 423 / 424 / 425 / 426 / 427 / 428 / 429 / 430 /
/ 431 / 432 / 433 / 434 / 435 / 436 / 437 / 438 / 439 / 440 /
/ 441 / 442 / 443 / 444 / 445 / 446 / 447 / 448 / 449 / 450 /
/ 451 / 452 / 453 / 454 / 455 / 456 / 457 / 458 / 459 / 460 /
/ 461 / 462 / 463 / 464 / 465
【投稿する】

悩み相談サイト心の癒し トップページへ戻る
copyright© 2001-2009 心の癒し
designed by
programmed by
powered by
ともとも
松本竜弥のそれ憧れるのょ
占い開運癒しの占星術
占い相談
無料占い恋愛
パワーストーン恋愛専科