【管理者用】



* 全ての方へのメッセージ *


あなたに、ふと詩が湧いてきたら、それを言葉に綴ってみてください。
誰かの勇気や、誰かの元気、誰かを慰めるかもしれません。

また、詩ではなく、そのまま普通の文章で綴って下さってもいいですよ。
その場合は、あなたへ素敵な詩をお贈りします。
【投稿する】
サイト内検索:


      2005/06/22(Wed)20:29
Witten by [ 匿名ぢゃーn ]
ああああ

誰ヵ助けて

本気で辛いです


なんでこんなに人と違うんでしょうか


差別?ひいき?

何この人生

≪規約同意済み≫



  よくわからない 2005/06/22(Wed)13:17
Witten by [ よくわからない ]
本当によくわからない(涙)
≪規約同意済み≫



  一人よりも寂しい 2005/06/22(Wed)01:16
Witten by [ 寂しい ]
好きでいいのか不安・・・

信じていいのか不安・・・

好きでもいいの?
≪規約同意済み≫



  すべてのひと、この気持ちを彼女へ 2005/06/21(Tue)09:13
Witten by [ ホットペンシル ]
遠くにいるあの人
もう会えないかもしれない
相手が会いたいと思っていないかもしれない
ああ 愛しい 愛しい
どんなに思っても風に吹かれて散るのでしょう
それでも会いたい
伝わるなら好きだと届けたい
好きだ
好きだ
君が好きだ
≪規約同意済み≫



  SUMMER☆サマー 2005/06/20(Mon)22:33
Witten by [ クロ ]
もう少しで夏が来るね!!!

あったかい日差し 澄み切った空気

あぁなんだかワクワクするな〜★
≪規約同意済み≫



  ひと 2005/06/20(Mon)19:01
Witten by [  ]
自分は頑張らなきゃいけない
弱さをみせちゃいけない
ずっと強くなくちゃいけない
そんなに頑張りすぎないで
そんなに考え込まないで
弱さをみせたっていいんだよ
強くなくてもいいんだよ
「ひと」は1人じゃ生きていけないんだ
「ひと」はお互い支えあって
生きていけるものなんだ
だから
そんなに1人で何もかも背負いこまないで
頑張りすぎないで
たまには誰かにたよってみよう
≪規約同意済み≫



  世界 2005/06/19(Sun)07:34
Witten by [  ]
悲しいとき泣いているときとか
そういうときって誰もが
 自分ばっかり
って思うけれど
あなただけじゃないよ。
世界のどこかでもっと苦しい人がいる
今ドコかで
人が死んでたら??
飢えてる人たちがいたら??
それでもあなたたが
 一番悲しい なんて
言えますか?
悲しくても辛くても
誰かのことを想って。世界を想像して。
ね、みんないっしょ。
みんなで生きてるから
みんなも悲しむ
一人じゃないから。
≪規約同意済み≫



  世界 2005/06/19(Sun)07:34
Witten by [  ]
悲しいとき泣いているときとか
そういうときって誰もが
 自分ばっかり
って思うけれど
あなただけじゃないよ。
世界のどこかでもっと苦しい人がいる
今ドコかで
人が死んでたら??
飢えてる人たちがいたら??
それでもあなたたが
 一番悲しい なんて
言えますか?
悲しくても辛くても
誰かのことを想って。世界を想像して。
ね、みんないっしょ。
みんなで生きてるから
みんなも悲しむ
一人じゃないから。
≪規約同意済み≫



  人生の休日 2005/06/18(Sat)00:40
Witten by [ さつきばれ ]
もう決まっている心がある

でも動けないでいる自分がいる
なまけものなのか???

ちがうの
今は人生の休日なの

この休日が終われば
自分は全く違う人間になるのだから

良くも悪くも今の自分が本当に存在したコト
本当に辛い涙を流したコト
一生消えない傷を受けたコト

ひどい裏切りにも屈しなかった強いんだか弱いんだかわからない自分が存在したことを人生の汚点として残さないための休日

「幸せだった」なんて思わない
「宝物になったよ」なんて言わない
でも ムダではなかった

ゆっくり流れる時間の中で逆らうようにもがいた日々

悪いけど
「ありがとう」とも言わないよ


≪規約同意済み≫



  赤ちゃん 2005/06/17(Fri)01:50
Witten by [ あんず ]
結婚して3年不妊治療3年遅い結婚で、結婚にうかれれてなにかを見逃していた。

ただ、愛し愛されかわいい赤ちゃんがほしかっただけ。

今、離婚といわれている私は、実家に戻ったとき、私と私の親が同じ日にみた夢は
「病弱な赤ちゃん」

夢辞典しらべると、それは今の自分

一緒に育てよう、今の自分と心の中にいる病弱な赤ちゃんを
≪規約同意済み≫
http://spaces.msn.com/members/goldwind65/


  もうココに 2005/06/16(Thu)23:50
Witten by [ 黒猫の団子 ]
来ないね。だってよくわからないから・・・

それじゃ〜

≪規約同意済み≫



  人生の試練の時に。 2005/06/16(Thu)23:33
Witten by [ 北国のこひつじ ]
 ★ 足跡(あしあと)★
ある晩、私は夢をみていた。
夢の中で私は、神と並んで浜辺を歩いていた。

そして空の向こうには、私のこれまでの人生が閃光のように、映し出されては消えていった。
どのシーンでも、砂の上には二組の足跡が残されていた。
一組は私自身のもの、もう一組は主(神)のものだった。

人生の最後のシーンが映し出されて目の前から消えていくと、私は振り返り、砂上の足跡を眺めた。
そして、私の人生の道程には、一組の足跡しか残っていない場所がいくつもあることに気づいた。 しかもそれは、私の人生の中で、最も辛く、悲しいときであったのだ。
 
私の心は、疑いと悩みで乱れ、神にそのことを尋ねてみた。
「神よ、私があなたに従って生きると決めたとき、あなたはずっと私と共に歩いてくださるとおっしゃられました。しかし、私の人生のもっとも困難なときには、いつも一組の足跡しか残っていないではありませんか。私が一番にあなたを必要としたときに、なぜあなたは私を見捨てられたのですか。」

神はやさしく答えられた。
「わが子よ。 愛するわが子よ。 わたしはあなたを愛しており、 あなたを決して、ひとりにはしなかったのだよ。あなたの試練や苦しみのときに、一組の足跡しか残されていなかったのは、その時はわたしがあなたを背負って歩いていたのだよ。」

                                
           (訳:筆者)            Author Unknown (作者不詳)

★この詩の作者は、マーガレット・F・パワーズさんと言われていますが、他にも自分が作者ですとおっしゃる方が四人ほどおられるそうです。それで、一応、「作者不詳」ということにしました。

≪規約同意済み≫
http://blog.goo.ne.jp/goo1639


  いつかは、 2005/06/15(Wed)20:01
Witten by [ ☆まろん☆ ]
あなたの言葉が私を温かくしてくれたのに


一歩踏み出す勇気が

なかなかでないの…


今はまだいいかな?

≪規約同意済み≫



  色彩 2005/06/15(Wed)02:55
Witten by [  ]
とやかく言われるから
本当はNASAとかに依頼して
大気中に何かばらまいてもらいたいと願っていたんだ

光の反射とかも変わっちゃうようなモノっていうか物質??

テレビモニターの画面のトラッキング調整するみたいに
この世の色彩が変わっちゃえば
何色が美しいのかわかんなくなるかもしれないし…
もしも目に映る価値がブランド品みたいな記号だったら…

僕が覚えているのは感覚だけなんだ
楽しかったときの感覚だけ

この世から色彩がなくなっても
三次元が二次元になっても
その感覚を頼りに
探すしかないんだ

最低の手段でも最高の手段でも


≪規約同意済み≫



  存在 2005/06/14(Tue)21:33
Witten by [ ☆まろん☆ ]
私のこと見える?


何か私なんか最初からいないみたい


「大丈夫だ」

あなたに私の何が分かるの?


私はどうしたらいいの?

あなたの目が


私の存在を証明してくれる


たった一つのものなんです




ねぇ



あなたに私は見えていますか?


≪規約同意済み≫



  lucky go happy 2005/06/14(Tue)20:49
Witten by [ 幸助 ]
俺はなんて言ったら分からない

あの人が幸せだったら それでいいよ

今僕も、少し幸せなんだ

現実と理想は違うからね

無理して理想を追いかけることより

現実を生きていたい

こういう気持ちがあるよ

俺はあの人の幸せを祈ってる

俺も幸せになるからさ

お互い 頑張ろうね 友達として

うん、 これが一番いい答えじゃないかな
≪規約同意済み≫



  いつか。 2005/06/14(Tue)19:32
Witten by [ ルーチェ。 ]
いつか。


いつか、キミに心の底から本当に愛する人が出来たら…。

ボクはバトンタッチするつもり。

愛する恋人がイチバン良いに決まっている。

ボクはそう信じている。




今でも思う。

もしも、“そのヒト”が帰って来ていたら

絶対に幸せになっていたのに…。

何故? 何故帰って来なかったの…?

帰って来て欲しかった。







いつか。

いつか、キミに愛する人が出来たら…

その時が…

こんな事を毎日考える。








決して触れる事は出来ないけど…

そんな関係が自分には…

…丁度いい。




≪規約同意済み≫



      2005/06/13(Mon)22:34
Witten by [ 匿名ぢゃーn ]
あたしが求めてるもの

素直になれる自分

素の自分

逃げない自分

存在を認めてほしい

誰かに必要とされたい

恋したいけど 今はそれどころぢゃない

お願いです

自分、見捨てないでください

≪規約同意済み≫



  迷い。 2005/06/13(Mon)20:11
Witten by [ 風船花 ]
人は道に迷うと立ち止まる。
当たりを見渡し、一人じゃないことを確認する。
安心感を得るために。
人とは道に迷うと前に進むことが出来なくなる。
先になにがあるのか、起こるのかわからないのが不安だから。
人は道に迷うと誰かに相談したくなる。
自分が本当に間違っていないかを確かめたくて。
人は道に迷うことが多い。
その度に成長する。
考え悩み、もがきながら未来を見ようとする。
決して簡単なことではない。
私はいつも道に迷ったとき、この迷いは乗り越えなくてはいけなくて、しっかり考えないと未来は明るく輝かないと心に言い聞かせるように何度も何度も言う。
割り切ることは簡単かもしれない。
でも、慎重に考え悩んだ末に出た答えは強い力に変わる。
私は力にしたい。
それが明るい未来を照らしている気がするから。
≪規約同意済み≫



  別れ道 2005/06/12(Sun)23:53
Witten by [ エメラルド ]

人は道を誤っても 迷ってしまっても

つまずいて転んでも 痛い思いをしても

その遠回りで 気づくこともある

だから 

目の前を歩く人が 間違った道を選んでしまって

そっちへ行っちゃだめだと言う 僕の声を無視して進んでも

いつか自分自身で わかってくれることを 祈って見送ってきた

誰も他人の自由意志を 奪うことはできないから

誰も他人の学習過程を 妨げることはできないから

けれど

今の時代は もうそれぞれの道が 終点を迎えている気がする

もう、それぞれの飛行機が旅立つ 空港で手続きを始めている

そしてその飛行機には 二つの運命しかない

重力を超えて宇宙へ飛び出すか  奈落の底へ墜落するか

その飛行機には乗らないほうがいいよ

などと 優しくは言えない

その空港でチェックインしたらだめだ!目をさませ!

そう叱りつけ 命令してしまう自分がいる

キレイごとを言うなよ!みんなここへ来てるじゃないか!

そう吐き捨てて 嘲笑しながら背を向ける人たちを

ただ見送ることしかできない僕を

やりきれない 哀れみと虚しさがつつみこむ


神の似姿と言われる人間は なんと尊厳なる存在なのだろう

自らを生かす自由と 自らを滅ぼす自由を 最後まで放棄せずにいる

これほどまでに 愛されている生き物を 僕は知らない


≪規約同意済み≫
http://pr2.cgiboy.com/S/2113405


/ 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 /
/ 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 /
/ 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30 /
/ 31 / 32 / 33 / 34 / 35 / 36 / 37 / 38 / 39 / 40 /
/ 41 / 42 / 43 / 44 / 45 / 46 / 47 / 48 / 49 / 50 /
/ 51 / 52 / 53 / 54 / 55 / 56 / 57 / 58 / 59 / 60 /
/ 61 / 62 / 63 / 64 / 65 / 66 / 67 / 68 / 69 / 70 /
/ 71 / 72 / 73 / 74 / 75 / 76 / 77 / 78 / 79 / 80 /
/ 81 / 82 / 83 / 84 / 85 / 86 / 87 / 88 / 89 / 90 /
/ 91 / 92 / 93 / 94 / 95 / 96 / 97 / 98 / 99 / 100 /
/ 101 / 102 / 103 / 104 / 105 / 106 / 107 / 108 / 109 / 110 /
/ 111 / 112 / 113 / 114 / 115 / 116 / 117 / 118 / 119 / 120 /
/ 121 / 122 / 123 / 124 / 125 / 126 / 127 / 128 / 129 / 130 /
/ 131 / 132 / 133 / 134 / 135 / 136 / 137 / 138 / 139 / 140 /
/ 141 / 142 / 143 / 144 / 145 / 146 / 147 / 148 / 149 / 150 /
/ 151 / 152 / 153 / 154 / 155 / 156 / 157 / 158 / 159 / 160 /
/ 161 / 162 / 163 / 164 / 165 / 166 / 167 / 168 / 169 / 170 /
/ 171 / 172 / 173 / 174 / 175 / 176 / 177 / 178 / 179 / 180 /
/ 181 / 182 / 183 / 184 / 185 / 186 / 187 / 188 / 189 / 190 /
/ 191 / 192 / 193 / 194 / 195 / 196 / 197 / 198 / 199 / 200 /
/ 201 / 202 / 203 / 204 / 205 / 206 / 207 / 208 / 209 / 210 /
/ 211 / 212 / 213 / 214 / 215 / 216 / 217 / 218 / 219 / 220 /
/ 221 / 222 / 223 / 224 / 225 / 226 / 227 / 228 / 229 / 230 /
/ 231 / 232 / 233 / 234 / 235 / 236 / 237 / 238 / 239 / 240 /
/ 241 / 242 / 243 / 244 / 245 / 246 / 247 / 248 / 249 / 250 /
/ 251 / 252 / 253 / 254 / 255 / 256 / 257 / 258 / 259 / 260 /
/ 261 / 262 / 263 / 264 / 265 / 266 / 267 / 268 / 269 / 270 /
/ 271 / 272 / 273 / 274 / 275 / 276 / 277 / 278 / 279 / 280 /
/ 281 / 282 / 283 / 284 / 285 / 286 / 287 / 288 / 289 / 290 /
/ 291 / 292 / 293 / 294 / 295 / 296 / 297 / 298 / 299 / 300 /
/ 301 / 302 / 303 / 304 / 305 / 306 / 307 / 308 / 309 / 310 /
/ 311 / 312 / 313 / 314 / 315 / 316 / 317 / 318 / 319 / 320 /
/ 321 / 322 / 323 / 324 / 325 / 326 / 327 / 328 / 329 / 330 /
/ 331 / 332 / 333 / 334 / 335 / 336 / 337 / 338 / 339 / 340 /
/ 341 / 342 / 343 / 344 / 345 / 346 / 347 / 348 / 349 / 350 /
/ 351 / 352 / 353 / 354 / 355 / 356 / 357 / 358 / 359 / 360 /
/ 361 / 362 / 363 / 364 / 365 / 366 / 367 / 368 / 369 / 370 /
/ 371 / 372 / 373 / 374 / 375 / 376 / 377 / 378 / 379 / 380 /
/ 381 / 382 / 383 / 384 / 385 / 386 / 387 / 388 / 389 / 390 /
/ 391 / 392 / 393 / 394 / 395 / 396 / 397 / 398 / 399 / 400 /
/ 401 / 402 / 403 / 404 / 405 / 406 / 407 / 408 / 409 / 410 /
/ 411 / 412 / 413 / 414 / 415 / 416 / 417 / 418 / 419 / 420 /
/ 421 / 422 / 423 / 424 / 425 / 426 / 427 / 428 / 429 / 430 /
/ 431 / 432 / 433 / 434 / 435 / 436 / 437 / 438 / 439 / 440 /
/ 441 / 442 / 443 / 444 / 445 / 446 / 447 / 448 / 449 / 450 /
/ 451 / 452 / 453 / 454 / 455 / 456 / 457 / 458 / 459 / 460 /
/ 461 / 462 / 463 / 464 / 465
【投稿する】

悩み相談サイト心の癒し トップページへ戻る
copyright© 2001-2009 心の癒し
designed by
programmed by
powered by
ともとも
松本竜弥のそれ憧れるのょ
占い開運癒しの占星術
占い相談
無料占い恋愛
パワーストーン恋愛専科