【管理者用】



* 全ての方へのメッセージ *


あなたに、ふと詩が湧いてきたら、それを言葉に綴ってみてください。
誰かの勇気や、誰かの元気、誰かを慰めるかもしれません。

また、詩ではなく、そのまま普通の文章で綴って下さってもいいですよ。
その場合は、あなたへ素敵な詩をお贈りします。
【投稿する】
サイト内検索:


  家族 2005/03/16(Wed)17:15
Witten by [ 緋凛 ]
生きていてくれるだけでいい なんて
幸せモノの綺麗事だと思ってたけど

そういうこともあるんだなぁって
大人になってから分かった

子供のときは
なに言われても鬱陶しいだけだったのに

そのくらい大事なんだ

家族ってさ


≪規約同意済み≫



  人生 2005/03/16(Wed)15:17
Witten by [ 青空w ]
命ってのは
なくなんないとそのおもさがわからない
人生は
みじかいようでながいようで
でも
なくなっちゃったらかなしいもの
すこしぐらいの失敗はいいんだよ
また次を精一杯すればいいんだから
すこしぐらい
自分にあまくなってもいいんだよ

≪規約同意済み≫



  春 2005/03/16(Wed)14:17
Witten by [ 太陽 ]

今日は風も無く

柔らかい春の日差しでいっぱいだ

遠くの上空を飛ぶ飛行機の音

太陽に照らされ羽を光らせる小さな虫達

ベランダに干した布団はふっくら日の匂い

忙しく動き回るのをやめて

ゆっくり流れる空気にもう少しだけ

心を預けよう



≪規約同意済み≫



  無題 2005/03/16(Wed)09:01
Witten by [ みん ]
気持ちを伝えなくちゃ

何も変わらない


何もしないで

思ってるだけじゃ

ダメだよ


君の気持ちは

きっと

伝わるから・・・


今を頑張って!

≪規約同意済み≫



  ごめん 2005/03/15(Tue)23:36
Witten by [ 匿名ジャーn ]

ごめんね

あんな風に暴言吐くつもりじゃなかったんだよ

自分の気持ちを抑えきれなくて

言ってしまった。

ごめんね

傷ついたよね

あたしだって傷つくかもだし。

ごめんね


≪規約同意済み≫



  たった一度の今日 2005/03/15(Tue)23:33
Witten by [ 匿名ジャーn ]


今日は二度と来ない

だからあたしは今日を

すっごくイイ日にしたよ
≪規約同意済み≫



  なんてね。 2005/03/15(Tue)22:13
Witten by [ 月と風 ]
ネコがつけた鈴がりんりんと鳴るたび、
幸運がやってくる
いつも鳴っている
だから、いつも幸運なのかもしれない
なんてね。
  
≪規約に同意しない≫
http://www.geocities.jp/tukikaze43/


  時間をかけても 2005/03/15(Tue)22:00
Witten by [ 緋凛 ]
費やした時間の分だけ
 
      相手が分からなくなる事もある


分かってると思ってた は

      喧嘩の時の身勝手な言い分だけど


馴れ合ってるようにみせかけても

      注意深く見守る事を


怠ったりしたくないなぁ


やっぱり


    そばにいたいからさ 
≪規約同意済み≫



  どこかを。 2005/03/15(Tue)21:53
Witten by [ すえ ]
アタシのことを好きだと言ってくれる人がいたのです。

自分のことが大嫌いで、でも
誰かに必要として欲しくて、
世界を探せばいるかもしれないと。

アタシのこと、
好きだって。
人柄とか、性格とか、

アタシが

いなくなるのが、寂しいって。

言ってくれた人がいたんです。

ソレはとても尊いことで、
嬉しくって
淋しくって
暖かくて
有難くて
嬉しくて
嬉しくて
嬉しくて。

涙が出てきて止まらないないんだ。
気持ちが溢れて止まらない。

ありがとう。

「帰ってきて」って

言ってくれて。



≪規約同意済み≫



  精一杯生きよう 2005/03/15(Tue)21:34
Witten by [ Z−1 ]
   惨めな私は ただ心をむしる
   
   笑う悪魔の 目が突き刺さる
   
   だけど ふと気づく

   明日もそこで生きることに

  

   
   
≪規約同意済み≫



  近い未来 2005/03/15(Tue)21:20
Witten by [ M ]



君は僕の花嫁になる




≪規約同意済み≫



  時間 2005/03/15(Tue)21:18
Witten by [ M ]
愛は時間じゃないというけれど

時間じゃなければ僕らの6年間は何?

意味が無いものだったの?

そうじゃないと思っているのは

僕だけかな?


≪規約同意済み≫



  互いを理解する 2005/03/15(Tue)21:12
Witten by [ M ]
「気付いて欲しかった」?

ずっと分からないままだよ

君の口から言ってくれないと

僕は君じゃないし

君は僕じゃない

君が僕の考えが分からないように

僕も君の考えが分からない

だから人間って口があるんだよ

自分の気持ちを伝えるために

口があるんだよ

なのに君は

気付いて欲しがる

僕は超能力者じゃないから無理

たまには君の口から

その時、その瞬間の気持ちを

僕に伝えて欲しいな

そうしたら

きっと上手くいく

じゃなきゃ出逢った意味がないよ



≪規約同意済み≫



  「幸せ」を決めるモノ 2005/03/15(Tue)21:01
Witten by [ M ]
君の「幸せ」が他の男で決まっても



僕の「幸せ」は一体何で決まるのさ



≪規約同意済み≫



  ただ・・。 2005/03/15(Tue)20:52
Witten by [ ちさと ]
同情なんて
して欲しくない。
ただ傍にいて欲しい。
≪規約同意済み≫



  電車の中で 2005/03/15(Tue)20:46
Witten by [ 桃色珊瑚 ]
混みあう電車の中に乗り込んできた
高齢の女性が近くに立ち止まった
席を譲ろうと思い声をかけた
一瞬驚いた顔をしたので
余計なお世話だったかなと思ったら
高齢の女性が満面の笑みで『ありがとう』
と言ってくれた
心の中にお湯が流れるような
穏やかな気持ちがした
久しぶりに人間らしい素朴な暖かさを感じた
1日だった

≪規約同意済み≫



  受け入れるコト 2005/03/15(Tue)20:18
Witten by [ ☆まろん☆ ]
いつからか私は学ぶことではなく
人のマネばかりしていた

気付くまで分からなかった
気付かないうちに そうなっていた

学ぶことがイヤだったわけでもない
マネがしたかったわけでもない
ただ自然にそうなってしまった

全てを受け入れすぎてたのかな?

いろんなことに納得しすぎてたのかな?

何の抵抗もなく私の心に入ってくる

だから?

こんなに心がいっぱいで破裂しそう

どうすればいいのかな・・・


≪規約同意済み≫



  明日には又、規則が一つ増えている 2005/03/15(Tue)18:47
Witten by [ 緋凛 ]
規則という名の鎖に縛り付けられた
濁った水の中に沈んだ私の意識

他人を傷付ける事に慣れきって
自分の痛みにだけ敏感になってる世の中

絶望ばかりを伝え続けるブラウン管の前で
生きる意味を探しても
野山を駆け回ってた頃の溢れる色彩とは違う
三原色と数値で構成された
陽に当たればたちまち色褪せる
合成インクの偽者が笑うばかり

自由になりたいと羽ばたく鳥を羨んでみたところで
この背に翼がある訳でもなく
地べたを這いずりまわって泣き叫ぶだけ


仮初めの安息をください
深く 深く 眠りに就く為の

ぬくもりが欲しいとは言わないから
せめて 
私を否定しないで下さい

いつか社会の部品に組み込まれる日が来る
そんなことは承知の上だから

せめてそれまで

濁った水の中で

紺碧の空を自由に翔る空想だけでも


許してください


≪規約同意済み≫



  My loneliness** 2005/03/15(Tue)17:52
Witten by [ ai@y ]
月も星もどこかへいった真っ暗な夜には
無性に考え事がしたくなるのです

それは   

悩んでも 苦しんでも 泣いても 笑っても

答えがでないけれど


猫がどこかでないているのです

それは

なにかを求めているようで
自分の存在をしめしているようで

まるで あたしのようでした


誰かあたしを救ってください

真っ暗で 入り口も出口も
ほんのわずかな月明かりさえも ない

悲しくて寂しくて どうしようもない 

暗闇から
≪規約同意済み≫



  潰えぬ想い 2005/03/15(Tue)17:23
Witten by [ 藤崎 褥 ]
与えられた自由の中で動けない大人たち
僕達は見えない鎖につながれてあがいてる
ほどほどの自由にくいつき程々に縛られる
それが歪んだ社会で生きていく為のルール

こんなもんだと諦めれば 少しは楽になれるけど
心のどこかが壊れていく音がする

結局何が出来るんだろう 今のこの場所で
まるで牢獄みたいに固い壁が迫り来る
いつまで夢を見れるんだろう 生まれいずる命
いつか僕達みたいに全て嘆く日がくると
知っているだけに胸がひどく痛い

綺麗に舗装された道を歩いていくばかりで
行程は決められていないけどゴールは同じ場所
そんな単純なロジックに気付いたら馬鹿らしく
最短ルートを歩いていく事だけに染まる

何か変えれるなんて声は 苦痛に歪むばかりで
疎外の街角、居場所さえ見つからない

いつしか全て終わるんだろう こんな人生も
そしていつまでも繰り返していく同じ定め
教科書には書けない残酷で 単純な現実
まるで隠すように誰も触れようとしないのは
誰かがいつか変えてくれると願って…?

暗黙の了解のように みんな歩いてく
冷たいアスファルトの導くその夢の果てへ
結局何も出来そうにも無い 僕もやがて消え
次は知らない誰かが同じ涙を流して
深い街の闇へ消えてしまうのだろう



≪規約同意済み≫
http://e-kankyo.jfast.net/shitone


/ 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 /
/ 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 /
/ 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30 /
/ 31 / 32 / 33 / 34 / 35 / 36 / 37 / 38 / 39 / 40 /
/ 41 / 42 / 43 / 44 / 45 / 46 / 47 / 48 / 49 / 50 /
/ 51 / 52 / 53 / 54 / 55 / 56 / 57 / 58 / 59 / 60 /
/ 61 / 62 / 63 / 64 / 65 / 66 / 67 / 68 / 69 / 70 /
/ 71 / 72 / 73 / 74 / 75 / 76 / 77 / 78 / 79 / 80 /
/ 81 / 82 / 83 / 84 / 85 / 86 / 87 / 88 / 89 / 90 /
/ 91 / 92 / 93 / 94 / 95 / 96 / 97 / 98 / 99 / 100 /
/ 101 / 102 / 103 / 104 / 105 / 106 / 107 / 108 / 109 / 110 /
/ 111 / 112 / 113 / 114 / 115 / 116 / 117 / 118 / 119 / 120 /
/ 121 / 122 / 123 / 124 / 125 / 126 / 127 / 128 / 129 / 130 /
/ 131 / 132 / 133 / 134 / 135 / 136 / 137 / 138 / 139 / 140 /
/ 141 / 142 / 143 / 144 / 145 / 146 / 147 / 148 / 149 / 150 /
/ 151 / 152 / 153 / 154 / 155 / 156 / 157 / 158 / 159 / 160 /
/ 161 / 162 / 163 / 164 / 165 / 166 / 167 / 168 / 169 / 170 /
/ 171 / 172 / 173 / 174 / 175 / 176 / 177 / 178 / 179 / 180 /
/ 181 / 182 / 183 / 184 / 185 / 186 / 187 / 188 / 189 / 190 /
/ 191 / 192 / 193 / 194 / 195 / 196 / 197 / 198 / 199 / 200 /
/ 201 / 202 / 203 / 204 / 205 / 206 / 207 / 208 / 209 / 210 /
/ 211 / 212 / 213 / 214 / 215 / 216 / 217 / 218 / 219 / 220 /
/ 221 / 222 / 223 / 224 / 225 / 226 / 227 / 228 / 229 / 230 /
/ 231 / 232 / 233 / 234 / 235 / 236 / 237 / 238 / 239 / 240 /
/ 241 / 242 / 243 / 244 / 245 / 246 / 247 / 248 / 249 / 250 /
/ 251 / 252 / 253 / 254 / 255 / 256 / 257 / 258 / 259 / 260 /
/ 261 / 262 / 263 / 264 / 265 / 266 / 267 / 268 / 269 / 270 /
/ 271 / 272 / 273 / 274 / 275 / 276 / 277 / 278 / 279 / 280 /
/ 281 / 282 / 283 / 284 / 285 / 286 / 287 / 288 / 289 / 290 /
/ 291 / 292 / 293 / 294 / 295 / 296 / 297 / 298 / 299 / 300 /
/ 301 / 302 / 303 / 304 / 305 / 306 / 307 / 308 / 309 / 310 /
/ 311 / 312 / 313 / 314 / 315 / 316 / 317 / 318 / 319 / 320 /
/ 321 / 322 / 323 / 324 / 325 / 326 / 327 / 328 / 329 / 330 /
/ 331 / 332 / 333 / 334 / 335 / 336 / 337 / 338 / 339 / 340 /
/ 341 / 342 / 343 / 344 / 345 / 346 / 347 / 348 / 349 / 350 /
/ 351 / 352 / 353 / 354 / 355 / 356 / 357 / 358 / 359 / 360 /
/ 361 / 362 / 363 / 364 / 365 / 366 / 367 / 368 / 369 / 370 /
/ 371 / 372 / 373 / 374 / 375 / 376 / 377 / 378 / 379 / 380 /
/ 381 / 382 / 383 / 384 / 385 / 386 / 387 / 388 / 389 / 390 /
/ 391 / 392 / 393 / 394 / 395 / 396 / 397 / 398 / 399 / 400 /
/ 401 / 402 / 403 / 404 / 405 / 406 / 407 / 408 / 409 / 410 /
/ 411 / 412 / 413 / 414 / 415 / 416 / 417 / 418 / 419 / 420 /
/ 421 / 422 / 423 / 424 / 425 / 426 / 427 / 428 / 429 / 430 /
/ 431 / 432 / 433 / 434 / 435 / 436 / 437 / 438 / 439 / 440 /
/ 441 / 442 / 443 / 444 / 445 / 446 / 447 / 448 / 449 / 450 /
/ 451 / 452 / 453 / 454 / 455 / 456 / 457 / 458 / 459 / 460 /
/ 461 / 462 / 463 / 464 / 465
【投稿する】

悩み相談サイト心の癒し トップページへ戻る
copyright© 2001-2009 心の癒し
designed by
programmed by
powered by
ともとも
松本竜弥のそれ憧れるのょ
占い開運癒しの占星術
占い相談
無料占い恋愛
パワーストーン恋愛専科