【管理者用】



* 全ての方へのメッセージ *


あなたに、ふと詩が湧いてきたら、それを言葉に綴ってみてください。
誰かの勇気や、誰かの元気、誰かを慰めるかもしれません。

また、詩ではなく、そのまま普通の文章で綴って下さってもいいですよ。
その場合は、あなたへ素敵な詩をお贈りします。
【投稿する】
サイト内検索:


  無題 2004/12/30(Thu)16:06
Witten by [ オレンジ ]
誰も頼んでいないのに

僕は
他人と比較する。

僕は
他人と競争する。

僕は
他人を妬む。

僕は
他人を羨ましがる。

誰も頼んでいないのに

僕は
独り自己嫌悪に陥る。

僕は
独り怒る。

僕は
独り途方に暮れる。

僕は
独り自傷する。

僕は
ただ ただ独り
寂しさをかみ殺し

思い返すたび
無能な自分を感じて
今日も一日が終わる・・・。
http://www.geocities.jp/arata19792000/


  無題 2004/12/30(Thu)16:01
Witten by [ オレンジ ]
君との思い出が

色褪せることのないように

僕は

こうして

言葉を綴っている
http://www.geocities.jp/arata19792000/


  苦悩 2004/12/30(Thu)15:40
Witten by [ 更紗 ]
自分を癒してくれる誰かを求める欲望は

罪とされることもある

悲しむ人がいるからと 自分を押し殺すことは

本当に正しいのだろうか

自分は自分を救わなくてもいいのか

自分を奈落の底に突き落としても

愛していない誰かを悲しませないようにすることが

一番正しいと言うのか

それが愛していない誰かにとって

本当に幸せなことなのだろうか



  …やりよる。 2004/12/30(Thu)12:56
Witten by [ SEEK THE FUTURE ]
「ありがと」

「おはよー」

「だいすき」

…たった四文字でも侮れない。
http://e-kankyo.jfast.net/shitone


  卒業 2004/12/30(Thu)09:20
Witten by [ ケイコ ]
あなたは、行ってしまう…。
僕じゃ行けない所へ…。
卒業して、ココからいなくなって…。

それを、あたしは引き止められない…。

「お願いだから、行かないでよ。」
「あなたがいなきゃ、つまらないよ。」

あなたを想い、ただ
泣くことしかできない、あたし。

叶わぬ願いを、ただ抱えて…。
http://dklog.jp/u/exonly/#0000970094


  孤独 2004/12/30(Thu)02:14
Witten by [ あいこ ]
気持ちが浮遊している
あなたという存在がいるのに
朝 起きると
心臓が
鎖で
身体に宙ぶらりんに吊るされているよう

一人でいる時は
ひたすら自分自身に引っかき傷をつける




  夢相花 2004/12/30(Thu)01:45
Witten by [ 緋凛 ]
理想とは違う君

高望みをしているつもりはないのだけれど
思い通りにならなくてイライラする

たった一人の君

気紛れを装って
艶やかに微笑って
甘い辛辣を絡ませて

そうして 俺を捕らえて放さない君

はじめは イヤな奴だと思った

言葉を包まず
表情を隠さず
思いの儘に振舞う

それが君なりの優しさだと気付いてからは
何をしてても目で追う様になっていた

イライラする

イライラする

イライラする

俺の方なんてちっとも見やしない

画策
まずは顔と名前から
次に皆で食事でも

認めるよ 
捕らわれたのは俺のほうだ

だから黙って騙されてくれないか

意地っ張りな俺は言えないんだ

面と向かって
酔いにでも任せなきゃ

(「俺といれば幸せになれる。」)

なんてさ

ほんと俺って情け無いよな

頼むからさ
騙されてくれないか

これでも 精一杯の譲歩なんだ

「お前って見てるとホンと飽きないよな。」

あぁ
またそうやって微笑う

気付いてんだろ
分かっててやってんだろ

(俺がお前の事好きだって。)

誰が言ったか ひらひら 蝶々

騙されてるのは俺の方か?

余裕ぶっこいて笑ってればいいさ
絶対言わせてやるからな

(俺がすきだって。)

だがしかし 
今日も今日とて 袖にされ
その日は まだまだ 遠そうだ


あーぁ
夢の中の君はあんなに優しいのに


なんでこうなんだよ



悲しいかな 現実


がんばれ  俺!







  見つめていた 2004/12/30(Thu)00:04
Witten by [ エメラルド ]
気のせいかもしれないけど

夢の中で 君と会っていたような気がするんだ。。

朝 目覚めたときに ちょっぴり切なくて ほんのり温かくて

信じている 誰かが 目の前にいたみたいに


寂しさのせいかもしれないけど

夢の中で 君とふれあっていたような気がするんだ。。

明け方に 夢から覚めたときに 昨夜の悲しみが 癒されたようで

愛している 誰かが すぐそばにいたみたいに


疲れてしまったせいかもしれないけど

今こうしていても 君とつながっているような気がするんだ。。

真夜中に ひとりぼっちなのに まるで二人で くつろいでいるようで

見つめている 誰かが ささやきかけているみたいに


まどろみの中で

君を感じて

やすらぎの世界へ




http://pr1.cgiboy.com/S/0881118/


  冬の器 2004/12/29(Wed)21:35
Witten by [ You ]
冬なんていいもんじゃねー。

この、目が痛くなる白さと。

この、刺すような冷たさと。

せめてどっちかにしてくれよ、と。

初夏に鳴く蝉は
じーわじーわと不平をこぼす。


たとえ冷凍庫に閉じ込められたって
やつらはいつでも本気だ。
http://www.myprofile.ne.jp/you_bluesky78


  反映 2004/12/29(Wed)21:34
Witten by [ You ]
たとえば
僕があの人とほとんど同じ存在であるのなら
僕はあの人と入れ替わってみたいと思うのです

そのとき
もし僕が完璧にあの人を演じることができたなら
あの人が「僕」だと何人くらいの人が気づいてくれるのでしょう

もし1人でも
「僕」に気づいてくれる人がいてくれるなら

あの人と「僕」の
ほんの少しの違いに気づいてくれる人がいてくれたなら

僕もあの人も
とても幸せに感じることでしょう
http://www.myprofile.ne.jp/you_bluesky78


  傍に 2004/12/29(Wed)19:19
Witten by [  ]
いつも傍にいるよ

ずっと君の傍にいるよ

もし泣きたいときがあるなら僕を呼んで

今すぐにでも君を迎えに行くよ

もし笑いたいときがあるなら僕を呼んで

その幸せを僕にも分けて欲しい

もしさびしいときがあるなら僕を呼んで

君のそのからだを精一杯抱き締めるよ



  なみだ 2004/12/29(Wed)19:13
Witten by [ ユウ ]
どうして人は泣くのだろう

小さな胸をしめつけながら

深い闇のはざまで


どうして人は喜びを知るのだろう

泣くことを知らなければ

喜びも分からなかったのだろう



  強さ 2004/12/29(Wed)00:22
Witten by [ ☆沙希☆ ]
私がココにいるのは
君がいるからで
君がいるのも
他の誰かがいるからだった

私の心に穴があいたのは
君が見えなくなったからで
君の心に穴があいたのも
他の誰かが見えなくなったからだった

私は君が強いと思ってたけど
本当は違うんだね
君も他の誰かが強いと思ってたけど
本当は違うんだよ

本当に強いのはね
私でも君でも他の誰かでもない
本当に強いのは
私たちなんだよ

だからね
あなたも一人で頑張らないで
あなたにもきっといるよ
一緒に頑張れる人が



  パンドラ 2004/12/29(Wed)00:19
Witten by [ はな ]
パンドラの箱を開けると

世の中のありとあらゆる災いが

振ってくる

大洪水、噴火、地震、、、

今の世の中

パンドラを開けると

殺人、悲しみ、怒り、ストレス、嫌味、リストラ、離婚、自殺願望、欲望、妬み、、、

色んな疲れが振るんだろうね

もし

一人でも

本音を隠さず

言える人がいるのなら

もし

一人でも

海のように深く広い心を持つ人がいれば

もし

一人でも多く

人の事を先に考えられる人がいるのなら

パンドラはきっと

人々に

幸せ

という褒美を授けただろう

欲に駆られることのなかった

人々へ・・・




  Fairy Tale 2004/12/29(Wed)00:15
Witten by [ エメラルド ]

僕は 自分の中にいる少女を 愛しているのかな

清純で 穢れなくて 決して 僕を裏切らない 傷つけない

僕を 信じてくれる  僕が 信じられる 

求めている少女は 僕自身のペルソナなの?

じゃあ その子を愛している僕は何?

自分じゃない 自分の中にいる女の子を

実際に 存在しないのなら それは 僕の中に住む 妖精?

これまでも ずっと これからも 永遠に 誰にも汚されることのない

純真で 無垢な 自然の世界に住む 清らかな フェアリーエンジェル


。。。そうやって 夢想していたいんだ

本当は 現実の世界の女の子たちの中に 妖精を見つけてしまう僕だから

上手な嘘をついて 僕をその気にさせて

さんざん振り回して くたくたにさせて 

それでも信じて 開いた僕の胸に 残酷に釘を打つ

もう立ち直れないくらい もう生きていけないくらい ひどく傷つけて 

流れつづける血を 真実の愛に捧げて欲しいと

汚れなき 無償の愛の 聖母マリアに憧れて

処女のふりをして 汚れた本性を最後にあらわにする

美しい偽りで彩られた ナルシストの 醜い女たち

もうその罪深き肌に 触れたくもない 近づきたくもない


だから。。。妖精は 人間じゃないって 思いたいんだ

僕の愛する けがれなき乙女は 僕のペルソナだって 

現実の女性の中には いないんだって


でも それでも 僕は

誰かの中に 妖精を見つけて

また 愛してしまいそうだよ


ねえ お願いだよ

もう 僕を 傷つけないで



http://pr1.cgiboy.com/S/0881118/


  天使の詩 2004/12/28(Tue)22:56
Witten by [ 怜瑩 ]
翼を失くした天使
希望を失った旅人
失くした翼の欠片を一つ一つ見つけていく天使
天使の傍にはいつも旅人がいた
旅人は希望を見つけたのだろうか

翼を見つけていくたび天使は涙を流した
旅人と離れる日が近づいているから
旅人はそのことに気づいているのだろうか

旅人は風のようにこれからも旅を続ける
天使も一緒に

翼なんかいらない
だから 
あなたの傍にいさせて…
http://thespiralnemesisdespair.fc2web.com/index.html


  みんなが必要としているあなたへ 2004/12/28(Tue)22:52
Witten by [ ラムネ ]
今あなたが未来を変えることができるとき
あなたを喜ばせる
そして私たちにはたくさん考えることが必要だ
あなたが何もかも失った後では遅すぎる
でもそのあとで何かを悟ることができたなら
それは重要性がある それは意義がある
世界中の すべてのものが
人も 木も 花も 草も 水も 空気も 誰もが
あなたを必要としてる
    期待している
    頼っている 
忘れないで



  ずっと、ずっと、 2004/12/28(Tue)22:07
Witten by [ レモネード ]
ぼくだけを見てて欲しい。
君だけをずっと、ずっと好きだから。
君は遠慮なんていらない。
何かに恐れたりしなくていいよ。
君が望むなら、ぼくは何でもするんだから。
君が願うのなら、この身さえ惜しまない。
ヨロコンデ引き受けるから。
そのせいで君にツケが廻ったりしないよ?
どれだけ願い吐き出しても嫌わないから。
いつでも、いつまでもVIP待遇だから。
ただ一つ。
ずっと、ずっと二人で。
そのためなら何でもする。
君はいつまでも奇麗でいてよ。
ぼくはきみのためならいくらでも汚れよう。

クソ野郎ども、
汚れたオレを見て笑えばいい。
戯けてオレに汚れ仕事でも依頼してみろ。
ぶっ飛ばしてやる。ただじゃすまさない。
『誰がオマエの頼みなんか聞くか』
何度も言ってやる。
ボコボコにした顔に向かってつばを吐いてやる。
センスの無い高級なジャケットを
ビリビリ引き裂いて駅の便所に流してやる。

ぼくが大事なのは君だけだから。
君だけが大切だから。 
ずっと、
ずっと、
何よりも、
誰よりも、
大切だから。

君のことこんなに大切にできるのはぼくだけだから。
君の価値をわかるのは
ぼくだけだから。
他の奴なんかより、
ずっと、
ずっと、
君のことが好き。
誰よりもずっと、
ずっと、
きみを大切にする。

君に許しをもらえるなら、
ほんの少しでも大切にしてもらえるなら、
少しでも目が合うなら、
少しでも合えるなら、
少しでも、君を見れるなら、
ずっと、
ずっと、
何でもするよ。

狂気の愛って言われても。
誰かが狂気だと言っても。



  希望 2004/12/28(Tue)21:38
Witten by [ 未來 ]

あたし希望があります



  つい・・・ 2004/12/28(Tue)21:08
Witten by [ マナミ ]
変な笑い方。
それを聞きたくて
つまらないこと
言ってしまう。



/ 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 /
/ 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 /
/ 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30 /
/ 31 / 32 / 33 / 34 / 35 / 36 / 37 / 38 / 39 / 40 /
/ 41 / 42 / 43 / 44 / 45 / 46 / 47 / 48 / 49 / 50 /
/ 51 / 52 / 53 / 54 / 55 / 56 / 57 / 58 / 59 / 60 /
/ 61 / 62 / 63 / 64 / 65 / 66 / 67 / 68 / 69 / 70 /
/ 71 / 72 / 73 / 74 / 75 / 76 / 77 / 78 / 79 / 80 /
/ 81 / 82 / 83 / 84 / 85 / 86 / 87 / 88 / 89 / 90 /
/ 91 / 92 / 93 / 94 / 95 / 96 / 97 / 98 / 99 / 100 /
/ 101 / 102 / 103 / 104 / 105 / 106 / 107 / 108 / 109 / 110 /
/ 111 / 112 / 113 / 114 / 115 / 116 / 117 / 118 / 119 / 120 /
/ 121 / 122 / 123 / 124 / 125 / 126 / 127 / 128 / 129 / 130 /
/ 131 / 132 / 133 / 134 / 135 / 136 / 137 / 138 / 139 / 140 /
/ 141 / 142 / 143 / 144 / 145 / 146 / 147 / 148 / 149 / 150 /
/ 151 / 152 / 153 / 154 / 155 / 156 / 157 / 158 / 159 / 160 /
/ 161 / 162 / 163 / 164 / 165 / 166 / 167 / 168 / 169 / 170 /
/ 171 / 172 / 173 / 174 / 175 / 176 / 177 / 178 / 179 / 180 /
/ 181 / 182 / 183 / 184 / 185 / 186 / 187 / 188 / 189 / 190 /
/ 191 / 192 / 193 / 194 / 195 / 196 / 197 / 198 / 199 / 200 /
/ 201 / 202 / 203 / 204 / 205 / 206 / 207 / 208 / 209 / 210 /
/ 211 / 212 / 213 / 214 / 215 / 216 / 217 / 218 / 219 / 220 /
/ 221 / 222 / 223 / 224 / 225 / 226 / 227 / 228 / 229 / 230 /
/ 231 / 232 / 233 / 234 / 235 / 236 / 237 / 238 / 239 / 240 /
/ 241 / 242 / 243 / 244 / 245 / 246 / 247 / 248 / 249 / 250 /
/ 251 / 252 / 253 / 254 / 255 / 256 / 257 / 258 / 259 / 260 /
/ 261 / 262 / 263 / 264 / 265 / 266 / 267 / 268 / 269 / 270 /
/ 271 / 272 / 273 / 274 / 275 / 276 / 277 / 278 / 279 / 280 /
/ 281 / 282 / 283 / 284 / 285 / 286 / 287 / 288 / 289 / 290 /
/ 291 / 292 / 293 / 294 / 295 / 296 / 297 / 298 / 299 / 300 /
/ 301 / 302 / 303 / 304 / 305 / 306 / 307 / 308 / 309 / 310 /
/ 311 / 312 / 313 / 314 / 315 / 316 / 317 / 318 / 319 / 320 /
/ 321 / 322 / 323 / 324 / 325 / 326 / 327 / 328 / 329 / 330 /
/ 331 / 332 / 333 / 334 / 335 / 336 / 337 / 338 / 339 / 340 /
/ 341 / 342 / 343 / 344 / 345 / 346 / 347 / 348 / 349 / 350 /
/ 351 / 352 / 353 / 354 / 355 / 356 / 357 / 358 / 359 / 360 /
/ 361 / 362 / 363 / 364 / 365 / 366 / 367 / 368 / 369 / 370 /
/ 371 / 372 / 373 / 374 / 375 / 376 / 377 / 378 / 379 / 380 /
/ 381 / 382 / 383 / 384 / 385 / 386 / 387 / 388 / 389 / 390 /
/ 391 / 392 / 393 / 394 / 395 / 396 / 397 / 398 / 399 / 400 /
/ 401 / 402 / 403 / 404 / 405 / 406 / 407 / 408 / 409 / 410 /
/ 411 / 412 / 413 / 414 / 415 / 416 / 417 / 418 / 419 / 420 /
/ 421 / 422 / 423 / 424 / 425 / 426 / 427 / 428 / 429 / 430 /
/ 431 / 432 / 433 / 434 / 435 / 436 / 437 / 438 / 439 / 440 /
/ 441 / 442 / 443 / 444 / 445 / 446 / 447 / 448 / 449 / 450 /
/ 451 / 452 / 453 / 454 / 455 / 456 / 457 / 458 / 459 / 460 /
/ 461 / 462 / 463 / 464 / 465
【投稿する】

悩み相談サイト心の癒し トップページへ戻る
copyright© 2001-2009 心の癒し
designed by
programmed by
powered by
ともとも
松本竜弥のそれ憧れるのょ
占い開運癒しの占星術
占い相談
無料占い恋愛
パワーストーン恋愛専科