【管理者用】



* 全ての方へのメッセージ *


あなたに、ふと詩が湧いてきたら、それを言葉に綴ってみてください。
誰かの勇気や、誰かの元気、誰かを慰めるかもしれません。

また、詩ではなく、そのまま普通の文章で綴って下さってもいいですよ。
その場合は、あなたへ素敵な詩をお贈りします。
【投稿する】
サイト内検索:


    2004/12/26(Sun)20:12
Witten by [ S-指定 ]
人を裏切ったり傷つけるよりも
自分が裏切られたり傷つけられたりするほうが良いって思うけど、
 でもやっぱり、すごく悲しいんだよね、、



  大丈夫 2004/12/26(Sun)20:07
Witten by [ ☆まろん☆ ]
大丈夫だよね?

後悔なんかしてないよね?

泣きたくなんかない

ほら 笑ってる

大丈夫

後戻りなんかできない

前に進むしかない

辛くたって 苦しくたって

いくしかない





大丈夫だよ

だって私は強いんだから


ね?



  「ZERO-ゼロ」 2004/12/26(Sun)18:06
Witten by [ ルーチェ。 ]
自分の存在を

【善】と言うヒトがいる。

しかし 自分の心は

【悪】なのかもしれない。

存在を大切にすると

心は悲鳴をあげて 苦しんで・・・

やがて 心と共にその存在を

自身で殺してしまいたくなる。

汚(けが)れた自身の心。

ゆっくりと絞め殺そうか。

醜い心。

じんわりと打ち殺そうか。

届かぬ自身の手を伸ばし

掴まれる事なく

交わされ

避けられ

誰かの存在を遠めで眺めながら

許せぬ自身の存在を

限りなく ZERO-ゼロにしよう。



  ディーバ(歌姫) 2004/12/26(Sun)05:09
Witten by [ 緋凛 ]
歓喜
賛美
賞賛
鳴り止まぬ歓声

泥を啜り
辛酸を舐め
それすらも糧とし
絶望の淵より這い上がりしは

堅牢なる 意思

呼吸すらも罪悪で在る程の 静寂
その歌声を琴線と奏で 
自らの作り出した静寂を満たす

歓声を受けるに等しいものよ

汝が名は 


ディーバ







  LOVE 2004/12/26(Sun)00:41
Witten by [ エメラルド ]

もしも君と巡り合えたら

はじめて君と会ったときは

「こんにちは♪」って微笑んだあと 何て言おう?

でも 僕はちょっとドジで おまけにかなりの方向音痴だから

うまく君が見つけられなくて あわてているところを君に見られちゃうかな?

でも もし君も負けないくらいドジで そして運よく僕が先に君を見つけたら

携帯で「すぐそばにいるよ♪」って言いながら 君の後ろに回ってかくれんぼするんだ

びっくりして僕を見つけた君は ほっぺをふくらませた怒り笑顔で 僕の腕をひっぱたくよね

ねえ でもその瞬間に 感じてほしい

君の瞳に 僕の想いを すべて伝えるから

君に触れられて すこし潤んでしまうかもしれない 僕の瞳で

初めから目を見つめたりできないから

黙ったまま手をつないだりできないから

大切なプリンセスを からかう僕を 許しておくれ

いつでも君のそばでは 余裕いっぱいのプリンスでいたいから


それが 僕から君への 



I LOVE YOU




http://pr1.cgiboy.com/S/0881118/


  「黄色いテーブル」 2004/12/26(Sun)00:19
Witten by [ アーミー ]
風に凪ぐ草の海

白銀に輝く外壁

光を放つシャボン玉

「どうぞ」と、移動する

黄色い

「C」の形をした黄色いテーブル

いつだったか、白ヒゲのおじさんに

「産まれはどこだい?」 と聞かれて、

「スウェーデン」と答えた、

私の、懐かしい場所。

学者達が外で騒いでいて。

水没して、再び隆起した地面が

昔になってしまったとかで。

地層の、「今」が、「古代」になったらしくて。

「今」って、一体いつなんだろ?

そんなこと考えてた、『黄色いテーブル』。



  クリスマスの夜明け 2004/12/25(Sat)23:41
Witten by [ あいこ ]
シャンパンの泡が消えてしまったら
あなたも私のもとから消えてしまう
せめて
私の煙草の灰がおちるまで
傍にいてください

私のベッドに
まだ
あなたの香水が残っています
その部屋で 一人
取り残されるのは
足枷をはめられるより
つらいです



  クリスマス 2004/12/25(Sat)20:26
Witten by [ ゆい ]
いつからクリスマスが何でもない

普通の日になっちゃったんだろう

「いつまでもクリスマスが特別な日でありますように」

そう願った日は 遠い思い出

街は恋人達であふれ テレビでもクリスマスを大きくとりあげる

あぁ 胸が痛い

いつから素直に楽しめなくなった?

確かにあの頃の私も感情表現がへたくそだった

今も全然わかってないや

あなたを傷つけたクリスマス 毎年それだけを思い出す

もうあんなコトはしないと願うことだけ

私は喜んでいいのだろうか

あなたを傷つけたこの日に

幸せなんかになっちゃいけないのかな

恋人たちは肩を並べ 幸せそうなのに

心のなかでは不安を抱いているのだろう

「来年のクリスマスも一緒に・・・」

受け止めてくれるか分からなくて





私も来年のクリスマスは楽しく過ごしていいのかな

それともまだまだ苦しんだほうが,,,?





全ての人たちへ

クリスマスはいつになっても特別な日でありますように...




  間違い 2004/12/25(Sat)20:12
Witten by [ ☆まろん☆ ]
誰にでも過ちはある...っていうけど

私はしちゃいけない過ちをした

もう絶対こんなことをしちゃいけないんだ




  片思い 2004/12/25(Sat)18:56
Witten by [ 野良猫 ]
花が咲いても
汗が噴き出しても
葉が落ちても
手足が凍っても
朝日が眩しくても
夕日が眩しくても
朝日が恋しくても
空が落ちても
草が枯れても
海が泣き喚いても
光が見えなくなっても
手足が枯れても
声が遠くなっても
明日が見えなくても

彼方が 恋しい。



  クリスマス イヴ 2004/12/25(Sat)04:36
Witten by [ オレンジ ]
大好きなアナタと
歩く。

アナタに分からぬよう

ポケットの中で
あなたの手を探す。

つないだ手に 願うよ

「ずっと一緒にいれますように・・」

と。
http://www.geocities.jp/arata19792000/


  「聞くこと」 2004/12/25(Sat)00:31
Witten by [ あ〜みぃ ]
まだ、…っていない…がいます

言葉ではない、別の伝達手段

猛烈な眠気を耐えて、やっと開けた

わずかな目蓋の隙間から見えたもの

冷たい蒼色の満ちた部屋

横になる自分。

隣に。

私を不思議がる「誰か」の声

傍にいるようで、安心出来て、

でも、私は私でいることしか出来なくて。



  「無知の知?」 2004/12/25(Sat)00:29
Witten by [ あ〜みぃ ]
あははは…(愛想泣き

人生泣き笑い。。。orz

これが精一杯

それを認めること



  クリスマス・イヴ 2004/12/24(Fri)22:43
Witten by [ 未來 ]

クリスマス・イヴ

できれば彼方と過ごしたかった

話すだけでいい

ちょっとだけでも

一緒に

2人っきりで いたかった

やっぱそれは高望みかな

もう今年は彼方に会えないのかな

ちょっと話したかったな

特別なクリスマスの日だから



  今日はクリスマス 2004/12/24(Fri)17:02
Witten by [ ako ]
今日はクリスマス 
今頃街中ではカップルが肩を寄せ合ってるんだろうな
私の好きな あなたも
私とは別の子と…

もしあの時 この想いを伝えていれば
今頃 あなたと一緒にいたかもしれない

そんなあなたに心から Merry Christmas!!

これからも彼女と仲良くね!



  サンタクロース。 2004/12/24(Fri)14:23
Witten by [ ロードナイト ]
8匹のトナカイを従え,橇に大きな白い袋を積んで
サンタクロースはやってくる。

やがてサンタクロースは,白い袋から得体の
知れない箱を取り出し,
そっと子供の枕もとに置き,去ってゆく。

翌朝,目がさめた子供は箱の中身を見て,
大喜びするのだ。


…知っていますか?


サンタクロースがその場にいることを。

サンタクロースは,子供たちの元に
もう一度戻ってくるのです。

え?なぜ、って?


それは。

彼らにとって,子供たちの笑顔がなによりの
幸せなのですから。




  無題 2004/12/24(Fri)02:20
Witten by [ オレンジ ]
大切な人を亡くすことは
とても悲しい。

「もぅ会えないから」
「もぅ触れられないから」
「もぅ笑顔が見れないから」
「もぅケンカも出来ないから」
「もぅ笑いあえないから」
もぅ・・・

キリがない・・・。

何も手がつかない。

でも
分かったんだ・・。

愛する人を亡くしたからといって
「愛すること」を止めなくていいんだって。

段々と
アナタとの思い出を
忘れてしまうこともあるけれど
でも
思い出すことだってあるんだよ。

アナタが亡くなって
「死ぬ」ことも考えた。
それが
アナタに逢える手段だと思っていたから。


いつしか
それを思い止めることが出来たのは
アナタを愛してるから。

「亡くなる」ことは
悲しいこと。 そぅ とても。
でも
今こうしていられるのは
あなたを愛して止まないから。
http://www.geocities.jp/arata19792000/


  無題 2004/12/24(Fri)02:15
Witten by [ オレンジ ]
頑張らないでいいんだよ。

頑張らないでいいんだよ。

強がらないでいいんだよ。

自分に弱くなっていいんだよ。

大丈夫だよ。
泣いていいんだよ。

頑張ってるよね。
まだ足りない?

大丈夫だよ。
大丈夫。
だから 泣いていいんだよ。

「弱さ」を見せる「強さ」を・・・
大丈夫。
受け止めてあげるから。


http://www.geocities.jp/arata19792000/


  親愛なる杉の木へ 2004/12/23(Thu)22:18
Witten by [ なぎ ]
君がいてくれて良かったよ。

君はいつでもそこにいる。

君はそこから離れない。

何があっても…。

たとえ周りの草が高くても、負けないように必死で光を求めたね。

君の背中に しんしんと降り積もっていく白い雪。

君は背中を曲げながらもその重さ、冬の寒さに耐えていたね。

「雪は冷たいでしょう?」

「雪が冷たさから僕を守ってくれるんだ。」

「そうなんだ。」

君は全部受け止めていたね。

周りのものを大切にしながら生きてきたね。

10年前、あんなにひょろひょろだったのに、今ではもう雪が降ってもそんなに重たくなさそうだね。

尊敬するよ。

全部を受け止めて、あるがままに生きている、そんな君が大好きだよ。

いろんなことを教えてくれて、本当にありがとう。



  <カケラ> 2004/12/23(Thu)20:39
Witten by [ SEEK THE FUTURE ]
僕らは小さな欠片。

だけど、消えない欠片。

必死に叫んだ声は

いつかかすれて消えるけど、

その声からまた小さな欠片が生まれ、

そして、繰り返す。

僕らは小さな欠片。

永遠に繰り返す欠片。
http://e-kankyo.jfast.net/shitone


/ 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 /
/ 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 /
/ 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30 /
/ 31 / 32 / 33 / 34 / 35 / 36 / 37 / 38 / 39 / 40 /
/ 41 / 42 / 43 / 44 / 45 / 46 / 47 / 48 / 49 / 50 /
/ 51 / 52 / 53 / 54 / 55 / 56 / 57 / 58 / 59 / 60 /
/ 61 / 62 / 63 / 64 / 65 / 66 / 67 / 68 / 69 / 70 /
/ 71 / 72 / 73 / 74 / 75 / 76 / 77 / 78 / 79 / 80 /
/ 81 / 82 / 83 / 84 / 85 / 86 / 87 / 88 / 89 / 90 /
/ 91 / 92 / 93 / 94 / 95 / 96 / 97 / 98 / 99 / 100 /
/ 101 / 102 / 103 / 104 / 105 / 106 / 107 / 108 / 109 / 110 /
/ 111 / 112 / 113 / 114 / 115 / 116 / 117 / 118 / 119 / 120 /
/ 121 / 122 / 123 / 124 / 125 / 126 / 127 / 128 / 129 / 130 /
/ 131 / 132 / 133 / 134 / 135 / 136 / 137 / 138 / 139 / 140 /
/ 141 / 142 / 143 / 144 / 145 / 146 / 147 / 148 / 149 / 150 /
/ 151 / 152 / 153 / 154 / 155 / 156 / 157 / 158 / 159 / 160 /
/ 161 / 162 / 163 / 164 / 165 / 166 / 167 / 168 / 169 / 170 /
/ 171 / 172 / 173 / 174 / 175 / 176 / 177 / 178 / 179 / 180 /
/ 181 / 182 / 183 / 184 / 185 / 186 / 187 / 188 / 189 / 190 /
/ 191 / 192 / 193 / 194 / 195 / 196 / 197 / 198 / 199 / 200 /
/ 201 / 202 / 203 / 204 / 205 / 206 / 207 / 208 / 209 / 210 /
/ 211 / 212 / 213 / 214 / 215 / 216 / 217 / 218 / 219 / 220 /
/ 221 / 222 / 223 / 224 / 225 / 226 / 227 / 228 / 229 / 230 /
/ 231 / 232 / 233 / 234 / 235 / 236 / 237 / 238 / 239 / 240 /
/ 241 / 242 / 243 / 244 / 245 / 246 / 247 / 248 / 249 / 250 /
/ 251 / 252 / 253 / 254 / 255 / 256 / 257 / 258 / 259 / 260 /
/ 261 / 262 / 263 / 264 / 265 / 266 / 267 / 268 / 269 / 270 /
/ 271 / 272 / 273 / 274 / 275 / 276 / 277 / 278 / 279 / 280 /
/ 281 / 282 / 283 / 284 / 285 / 286 / 287 / 288 / 289 / 290 /
/ 291 / 292 / 293 / 294 / 295 / 296 / 297 / 298 / 299 / 300 /
/ 301 / 302 / 303 / 304 / 305 / 306 / 307 / 308 / 309 / 310 /
/ 311 / 312 / 313 / 314 / 315 / 316 / 317 / 318 / 319 / 320 /
/ 321 / 322 / 323 / 324 / 325 / 326 / 327 / 328 / 329 / 330 /
/ 331 / 332 / 333 / 334 / 335 / 336 / 337 / 338 / 339 / 340 /
/ 341 / 342 / 343 / 344 / 345 / 346 / 347 / 348 / 349 / 350 /
/ 351 / 352 / 353 / 354 / 355 / 356 / 357 / 358 / 359 / 360 /
/ 361 / 362 / 363 / 364 / 365 / 366 / 367 / 368 / 369 / 370 /
/ 371 / 372 / 373 / 374 / 375 / 376 / 377 / 378 / 379 / 380 /
/ 381 / 382 / 383 / 384 / 385 / 386 / 387 / 388 / 389 / 390 /
/ 391 / 392 / 393 / 394 / 395 / 396 / 397 / 398 / 399 / 400 /
/ 401 / 402 / 403 / 404 / 405 / 406 / 407 / 408 / 409 / 410 /
/ 411 / 412 / 413 / 414 / 415 / 416 / 417 / 418 / 419 / 420 /
/ 421 / 422 / 423 / 424 / 425 / 426 / 427 / 428 / 429 / 430 /
/ 431 / 432 / 433 / 434 / 435 / 436 / 437 / 438 / 439 / 440 /
/ 441 / 442 / 443 / 444 / 445 / 446 / 447 / 448 / 449 / 450 /
/ 451 / 452 / 453 / 454 / 455 / 456 / 457 / 458 / 459 / 460 /
/ 461 / 462 / 463 / 464 / 465
【投稿する】

悩み相談サイト心の癒し トップページへ戻る
copyright© 2001-2009 心の癒し
designed by
programmed by
powered by
ともとも
松本竜弥のそれ憧れるのょ
占い開運癒しの占星術
占い相談
無料占い恋愛
パワーストーン恋愛専科