【管理者用】



* 全ての方へのメッセージ *


あなたに、ふと詩が湧いてきたら、それを言葉に綴ってみてください。
誰かの勇気や、誰かの元気、誰かを慰めるかもしれません。

また、詩ではなく、そのまま普通の文章で綴って下さってもいいですよ。
その場合は、あなたへ素敵な詩をお贈りします。
【投稿する】
サイト内検索:


  想いを託して 2004/12/13(Mon)14:11
Witten by [ 夢に逝く者 ]
厳しく 堅く 激しく 熱く・・・

穏やかで 潔く 柔らかく 毅然と・・・

僕にとっては 二人とも

とても大きな存在で

本当は誰よりも優しい眼差し

いつも僕を包み込んでくれていた

賑やかで 柔らかく 温かい空間

それら全てが

封じ込めたはずの想いを呼び起こそうとする



ーーーーーー生きたいーーーーーー



叶うはずもないと わかっているのに

目を閉じれば 広がる世界

今までも そしてこれからも

存在するであろう 何事にも代えられない

とても尊い 時間と空間

僕が 心が 望んでいる風景



その何処にも 自分の姿がないとしても



二人が笑っていてくれるなら

人々の大いなる優しさで

二人を包み込んで貰えるなら

それを夢見ていられるから 僕は戦える

どんなに苦しくても

どんなに辛くても

その夢を 願いを見失わない限り

走り続けられる



最期の その瞬間まで きっと――



  「無題」 2004/12/13(Mon)13:12
Witten by [ ルーチェ。 ]
話は“聞く”ものではない。

話は“見る”ものなのです。



  よわいのかな? 2004/12/13(Mon)00:39
Witten by [ 星空 ]
あなたに今にも振られそうで

でもそれが怖くって

わたしから別れを告げようと思ってるのは

弱いのかな?



  笑顔 2004/12/12(Sun)23:03
Witten by [ 感謝と愛 ]
いつも笑顔のステキな人の
意外な苦労話を聞いた・・

顔は笑って 心で泣いていた 以前の私・・
でも 今は
あまり無理せず笑顔になれるようになってきた・・
同じような思いをしている人がいる・・
そう思うと また 心強い・・

自分で 自分の一番の理解者である
サポーターになって 応援していきたい・・
今からも 笑顔でいる努力をしていきたい・・
喜びと感謝の心を持ち続けて・・



  大人に 2004/12/12(Sun)21:51
Witten by [  ]
幼い頃、思っていた。
早く大人になりたい と。

そうすれば、頭も良くなって、
きっとこんなくだらない事で、
悩まないんだろう、って。

解決策も、あっというまに出るんだろう、って。

だけど、今は怖い。

背丈ものびて、
いろんな事がわかるようになって、
できるようになって。

でも、私は成長しすぎたんだ。
見えすぎるよ。汚い物も、怖い物も。
だけどこれも、「大人」なんだから
目を背けちゃいけないでしょう?

逆に、考えが入り組んで、複雑になって、
迷い込んだみたいだし、

それに、子供が憧れるような大人でもない・・。

そうだ、もっと大人になろう。
それでいい。

もう一段階 成長しなくては。

そうしたら、きっと何かが変わるはず。
道が開けるはず・・

って、何もわからないけど。
そんな気がする。



  見上げてみたんだ。 2004/12/12(Sun)21:48
Witten by [ 野良猫 ]
この薄汚い空に何を願えばいいの。



  それは、散ってしまったの。 2004/12/12(Sun)21:45
Witten by [ 野良猫 ]
青いコーヒーカップ 

赤いラジオ

緑のカーテン

黒のテレビ

黄のハンカチ

全ていつもどうりなのに

君だけがいないの




  恋 2004/12/12(Sun)21:38
Witten by [ 野良猫 ]
ずっと一緒にいたかった。
いつも隣に あたしの居場所にいたかった。
サヨナラは突然来て
あたしから離れていった君。
君は何も言わなかったけど
何か言いた気だったね。
たまにあの町であった時も
いつも声かけてくれる。
そんな君は もう
他に恋しい人が出来たよね。
自己チューなあたし。
許されない事 わかってる。
わかってるけど・・・・


ちいさな地球が回るほど
あなたのこと 好きになる



  荒野 2004/12/12(Sun)21:28
Witten by [ 野良猫 ]
僕の右手は凍えてちぎれそうだよ。



  気を抜いてもいいんだよ 2004/12/12(Sun)21:10
Witten by [ 雨鞄 ]
何があったの?

言ってもいいよ

聴いてあげる

僕に話してすっきりするなら

まるごと全部聴いてあげる

つらくなるなるなら我慢することなんかないから。

誰かのために涙を流す君は

誰よりも優しい人なんだからさ。




  被膜の恋 2004/12/12(Sun)19:54
Witten by [ あいこ ]
一人の人のために
本気で命をなげうってもいいと
思ったこともある
 
あの人の笑顔が見れるためなら
私は何でもした
先が見えない
靄のような彼の愛のみが
私の全てだった

今の私は 
あのときの私と比べて
輝いているのだろうか…



  疑 2004/12/12(Sun)18:37
Witten by [ ケイ ]
君の力が失われたあの日、
君は絶望を見たのだろうか。
君の瞳が映すこの世界は
どんな色をしているのだろか。

聞けない答えを待つ僕を
君はどう感じているのだろうか



  助けてという気持ち 2004/12/12(Sun)17:17
Witten by [ 火蝶 ]
置いていかれた心は
誰にも気づかれずにココに居る
いつまでココに居るのだろう
皆が歩んでいく中に
一人だけうずくまって
歩いていく人たちの背中を見ている
一人で泣いて
一人で悲しんで
かすれた声の
助けも知られず
ただそこに
自分にだけに
大きく響いた
かすれた声の

助けてという気持ち

ただそこに
悲しく響いた
あの日の気持ち



  何万粒の涙 2004/12/12(Sun)17:16
Witten by [ 火蝶 ]
人は心に傷を持ちながら生きていく
悲しみに浸って
涙を流して
心の傷に
消毒の涙を
何万粒流しただろう
苦しくて
悲しくて
弱くて
小さい自分には
抱えきれない心の傷に
苦しくて
悲しくて
弱くて
小さい自分には
抱えきれない消毒の涙を
何万粒流しただろう



  少年時代 2004/12/12(Sun)17:11
Witten by [ 火蝶 ]
天を割るようなセミの鳴き声

草木が生い茂っている大地

その中を僕は一人で歩いたいた

ふと見上げると

入道雲が天を覆っていた

頬に落ちた水滴が

雨が降ることを教えてくれた


家の前についた頃にはもう、ずぶ濡れだった

風呂に入り、髪を乾かすうちに

外は晴れていた

雲と雲との隙間から

太陽の光がこぼれて

幻想的な情景を描いていた

濡れた靴をはいて外にでてみると

土の湿った匂いがした

僕が外に出たと同時に

また、セミが鳴き出した

途切れ途切れのセミの声に

耳を傾けながら

少年時代を思い出した



  「歩」 2004/12/12(Sun)15:55
Witten by [ ルーチェ。 ]
足もとを見てごらん。

地に足をつけて 歩かなくちゃいけない。

それはわかってる。

でも 下ばかり見てない?

足もとばかり見ても

前には進めない。

恐いのはわかる。

不安定でぐらぐら揺れる。

恐くて・・・恐くて・・・

どうしようもないから

足もとしか見てないんだ。

あごをあげてしっかり前を向いて

もう 足もとは見ちゃいけないよ。

前を向いて 歩こう。



  無題 2004/12/12(Sun)06:12
Witten by [ オレンジ ]
僕たちは

思い出の数だけ

強くなれた
優しくなれた
愛しあっていた・・・

まだ 僕は思い出の中で生きている・・・
http://www.geocities.jp/arata19792000/


  無題 2004/12/12(Sun)06:11
Witten by [ オレンジ ]

不安だった

いつも不安だった

怖かった

何かが怖かった

だから未来(先)が不安でたまらなかった

逃げ(死)たくて
 仕方なかった・・・

いつも逃げてた
今(現在)を逃げてた

未来(先)なんて視えるはずがなかった

今も逃げてるんだから・・・
  http://www.geocities.jp/arata19792000/


  Sign 2004/12/12(Sun)04:32
Witten by [  ]
悲しさや喜びも

一つ一つが

心のSign

すべての想いが

ありふれた

毎日のSign

そうやって

身に染みこませて

成長させてくSign



  信じる 2004/12/12(Sun)03:55
Witten by [ ロン ]
あの時のあのキモチ

あなたと私がつながっていた事
今でもどんな状況でも
信じてる



/ 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 /
/ 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 /
/ 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30 /
/ 31 / 32 / 33 / 34 / 35 / 36 / 37 / 38 / 39 / 40 /
/ 41 / 42 / 43 / 44 / 45 / 46 / 47 / 48 / 49 / 50 /
/ 51 / 52 / 53 / 54 / 55 / 56 / 57 / 58 / 59 / 60 /
/ 61 / 62 / 63 / 64 / 65 / 66 / 67 / 68 / 69 / 70 /
/ 71 / 72 / 73 / 74 / 75 / 76 / 77 / 78 / 79 / 80 /
/ 81 / 82 / 83 / 84 / 85 / 86 / 87 / 88 / 89 / 90 /
/ 91 / 92 / 93 / 94 / 95 / 96 / 97 / 98 / 99 / 100 /
/ 101 / 102 / 103 / 104 / 105 / 106 / 107 / 108 / 109 / 110 /
/ 111 / 112 / 113 / 114 / 115 / 116 / 117 / 118 / 119 / 120 /
/ 121 / 122 / 123 / 124 / 125 / 126 / 127 / 128 / 129 / 130 /
/ 131 / 132 / 133 / 134 / 135 / 136 / 137 / 138 / 139 / 140 /
/ 141 / 142 / 143 / 144 / 145 / 146 / 147 / 148 / 149 / 150 /
/ 151 / 152 / 153 / 154 / 155 / 156 / 157 / 158 / 159 / 160 /
/ 161 / 162 / 163 / 164 / 165 / 166 / 167 / 168 / 169 / 170 /
/ 171 / 172 / 173 / 174 / 175 / 176 / 177 / 178 / 179 / 180 /
/ 181 / 182 / 183 / 184 / 185 / 186 / 187 / 188 / 189 / 190 /
/ 191 / 192 / 193 / 194 / 195 / 196 / 197 / 198 / 199 / 200 /
/ 201 / 202 / 203 / 204 / 205 / 206 / 207 / 208 / 209 / 210 /
/ 211 / 212 / 213 / 214 / 215 / 216 / 217 / 218 / 219 / 220 /
/ 221 / 222 / 223 / 224 / 225 / 226 / 227 / 228 / 229 / 230 /
/ 231 / 232 / 233 / 234 / 235 / 236 / 237 / 238 / 239 / 240 /
/ 241 / 242 / 243 / 244 / 245 / 246 / 247 / 248 / 249 / 250 /
/ 251 / 252 / 253 / 254 / 255 / 256 / 257 / 258 / 259 / 260 /
/ 261 / 262 / 263 / 264 / 265 / 266 / 267 / 268 / 269 / 270 / 271 / 272 / 273 / 274 / 275 / 276 / 277 / 278 / 279 / 280 /
/ 281 / 282 / 283 / 284 / 285 / 286 / 287 / 288 / 289 / 290 /
/ 291 / 292 / 293 / 294 / 295 / 296 / 297 / 298 / 299 / 300 /
/ 301 / 302 / 303 / 304 / 305 / 306 / 307 / 308 / 309 / 310 /
/ 311 / 312 / 313 / 314 / 315 / 316 / 317 / 318 / 319 / 320 /
/ 321 / 322 / 323 / 324 / 325 / 326 / 327 / 328 / 329 / 330 /
/ 331 / 332 / 333 / 334 / 335 / 336 / 337 / 338 / 339 / 340 /
/ 341 / 342 / 343 / 344 / 345 / 346 / 347 / 348 / 349 / 350 /
/ 351 / 352 / 353 / 354 / 355 / 356 / 357 / 358 / 359 / 360 /
/ 361 / 362 / 363 / 364 / 365 / 366 / 367 / 368 / 369 / 370 /
/ 371 / 372 / 373 / 374 / 375 / 376 / 377 / 378 / 379 / 380 /
/ 381 / 382 / 383 / 384 / 385 / 386 / 387 / 388 / 389 / 390 /
/ 391 / 392 / 393 / 394 / 395 / 396 / 397 / 398 / 399 / 400 /
/ 401 / 402 / 403 / 404 / 405 / 406 / 407 / 408 / 409 / 410 /
/ 411 / 412 / 413 / 414 / 415 / 416 / 417 / 418 / 419 / 420 /
/ 421 / 422 / 423 / 424 / 425 / 426 / 427 / 428 / 429 / 430 /
/ 431 / 432 / 433 / 434 / 435 / 436 / 437 / 438 / 439 / 440 /
/ 441 / 442 / 443 / 444 / 445 / 446 / 447 / 448 / 449 / 450 /
/ 451 / 452 / 453 / 454 / 455 / 456 / 457 / 458 / 459 / 460 /
/ 461 / 462 / 463 / 464 / 465
【投稿する】

悩み相談サイト心の癒し トップページへ戻る
copyright© 2001-2009 心の癒し
designed by
programmed by
powered by
ともとも
松本竜弥のそれ憧れるのょ
占い開運癒しの占星術
占い相談
無料占い恋愛
パワーストーン恋愛専科