【管理者用】



* 全ての方へのメッセージ *


あなたに、ふと詩が湧いてきたら、それを言葉に綴ってみてください。
誰かの勇気や、誰かの元気、誰かを慰めるかもしれません。

また、詩ではなく、そのまま普通の文章で綴って下さってもいいですよ。
その場合は、あなたへ素敵な詩をお贈りします。
【投稿する】
サイト内検索:


  大人に 2004/12/12(Sun)21:51
Witten by [  ]
幼い頃、思っていた。
早く大人になりたい と。

そうすれば、頭も良くなって、
きっとこんなくだらない事で、
悩まないんだろう、って。

解決策も、あっというまに出るんだろう、って。

だけど、今は怖い。

背丈ものびて、
いろんな事がわかるようになって、
できるようになって。

でも、私は成長しすぎたんだ。
見えすぎるよ。汚い物も、怖い物も。
だけどこれも、「大人」なんだから
目を背けちゃいけないでしょう?

逆に、考えが入り組んで、複雑になって、
迷い込んだみたいだし、

それに、子供が憧れるような大人でもない・・。

そうだ、もっと大人になろう。
それでいい。

もう一段階 成長しなくては。

そうしたら、きっと何かが変わるはず。
道が開けるはず・・

って、何もわからないけど。
そんな気がする。



  見上げてみたんだ。 2004/12/12(Sun)21:48
Witten by [ 野良猫 ]
この薄汚い空に何を願えばいいの。



  それは、散ってしまったの。 2004/12/12(Sun)21:45
Witten by [ 野良猫 ]
青いコーヒーカップ 

赤いラジオ

緑のカーテン

黒のテレビ

黄のハンカチ

全ていつもどうりなのに

君だけがいないの




  恋 2004/12/12(Sun)21:38
Witten by [ 野良猫 ]
ずっと一緒にいたかった。
いつも隣に あたしの居場所にいたかった。
サヨナラは突然来て
あたしから離れていった君。
君は何も言わなかったけど
何か言いた気だったね。
たまにあの町であった時も
いつも声かけてくれる。
そんな君は もう
他に恋しい人が出来たよね。
自己チューなあたし。
許されない事 わかってる。
わかってるけど・・・・


ちいさな地球が回るほど
あなたのこと 好きになる



  荒野 2004/12/12(Sun)21:28
Witten by [ 野良猫 ]
僕の右手は凍えてちぎれそうだよ。



  気を抜いてもいいんだよ 2004/12/12(Sun)21:10
Witten by [ 雨鞄 ]
何があったの?

言ってもいいよ

聴いてあげる

僕に話してすっきりするなら

まるごと全部聴いてあげる

つらくなるなるなら我慢することなんかないから。

誰かのために涙を流す君は

誰よりも優しい人なんだからさ。




  被膜の恋 2004/12/12(Sun)19:54
Witten by [ あいこ ]
一人の人のために
本気で命をなげうってもいいと
思ったこともある
 
あの人の笑顔が見れるためなら
私は何でもした
先が見えない
靄のような彼の愛のみが
私の全てだった

今の私は 
あのときの私と比べて
輝いているのだろうか…



  疑 2004/12/12(Sun)18:37
Witten by [ ケイ ]
君の力が失われたあの日、
君は絶望を見たのだろうか。
君の瞳が映すこの世界は
どんな色をしているのだろか。

聞けない答えを待つ僕を
君はどう感じているのだろうか



  助けてという気持ち 2004/12/12(Sun)17:17
Witten by [ 火蝶 ]
置いていかれた心は
誰にも気づかれずにココに居る
いつまでココに居るのだろう
皆が歩んでいく中に
一人だけうずくまって
歩いていく人たちの背中を見ている
一人で泣いて
一人で悲しんで
かすれた声の
助けも知られず
ただそこに
自分にだけに
大きく響いた
かすれた声の

助けてという気持ち

ただそこに
悲しく響いた
あの日の気持ち



  何万粒の涙 2004/12/12(Sun)17:16
Witten by [ 火蝶 ]
人は心に傷を持ちながら生きていく
悲しみに浸って
涙を流して
心の傷に
消毒の涙を
何万粒流しただろう
苦しくて
悲しくて
弱くて
小さい自分には
抱えきれない心の傷に
苦しくて
悲しくて
弱くて
小さい自分には
抱えきれない消毒の涙を
何万粒流しただろう



  少年時代 2004/12/12(Sun)17:11
Witten by [ 火蝶 ]
天を割るようなセミの鳴き声

草木が生い茂っている大地

その中を僕は一人で歩いたいた

ふと見上げると

入道雲が天を覆っていた

頬に落ちた水滴が

雨が降ることを教えてくれた


家の前についた頃にはもう、ずぶ濡れだった

風呂に入り、髪を乾かすうちに

外は晴れていた

雲と雲との隙間から

太陽の光がこぼれて

幻想的な情景を描いていた

濡れた靴をはいて外にでてみると

土の湿った匂いがした

僕が外に出たと同時に

また、セミが鳴き出した

途切れ途切れのセミの声に

耳を傾けながら

少年時代を思い出した



  「歩」 2004/12/12(Sun)15:55
Witten by [ ルーチェ。 ]
足もとを見てごらん。

地に足をつけて 歩かなくちゃいけない。

それはわかってる。

でも 下ばかり見てない?

足もとばかり見ても

前には進めない。

恐いのはわかる。

不安定でぐらぐら揺れる。

恐くて・・・恐くて・・・

どうしようもないから

足もとしか見てないんだ。

あごをあげてしっかり前を向いて

もう 足もとは見ちゃいけないよ。

前を向いて 歩こう。



  無題 2004/12/12(Sun)06:12
Witten by [ オレンジ ]
僕たちは

思い出の数だけ

強くなれた
優しくなれた
愛しあっていた・・・

まだ 僕は思い出の中で生きている・・・
http://www.geocities.jp/arata19792000/


  無題 2004/12/12(Sun)06:11
Witten by [ オレンジ ]

不安だった

いつも不安だった

怖かった

何かが怖かった

だから未来(先)が不安でたまらなかった

逃げ(死)たくて
 仕方なかった・・・

いつも逃げてた
今(現在)を逃げてた

未来(先)なんて視えるはずがなかった

今も逃げてるんだから・・・
  http://www.geocities.jp/arata19792000/


  Sign 2004/12/12(Sun)04:32
Witten by [  ]
悲しさや喜びも

一つ一つが

心のSign

すべての想いが

ありふれた

毎日のSign

そうやって

身に染みこませて

成長させてくSign



  信じる 2004/12/12(Sun)03:55
Witten by [ ロン ]
あの時のあのキモチ

あなたと私がつながっていた事
今でもどんな状況でも
信じてる



  「心のピース」 2004/12/12(Sun)03:28
Witten by [ ルーチェ。 ]
切り刻まれた心は

バラバラになって

あっと言う間に飛び散って行く。

ひとつひとつの心のピースを

かき集めて、紡いで

くっつける。

でも・・・

またバラバラになって飛んで行く。

なんどやっても飛んで行ってしまう。

集める事。

ピースを合わせる事。

他人(ヒト)にやってもらっちゃダメなんだ。

自分でやらないとくっつかないんだよ。

そう・・・

集めることから始めよう。



  戦士 2004/12/12(Sun)00:00
Witten by [ あいこ ]
誰も君のことなど見ていない
誰も君のことを評価しない
誰も君のことを心配しない
誰も君を支えようとしない
それでも 立ち上がれ
君を振り返る人が現れるまで
目を瞑って
大きく深呼吸をして
そのまま 斬りこめ
恐怖の中へ
そして
今まで飲み込んできた 
皆の愛を
自分の笑顔にかえてみろ
泣きじゃくって 泥だらけの顔でも
無理やり笑ってみろ



  笑い泣き休む 2004/12/11(Sat)22:50
Witten by [ 恵麻 ]
辛くなったら笑ってみよう
元気になれるよ
辛くなったら思いっきり泣いてみよう
すっきりするよ
疲れたら休んでみよう
疲れがとれるまで・・・





  夢 2004/12/11(Sat)21:56
Witten by [ 未生 ]
今はただ叶えられない夢を見て眠るから…



/ 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 /
/ 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 /
/ 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30 /
/ 31 / 32 / 33 / 34 / 35 / 36 / 37 / 38 / 39 / 40 /
/ 41 / 42 / 43 / 44 / 45 / 46 / 47 / 48 / 49 / 50 /
/ 51 / 52 / 53 / 54 / 55 / 56 / 57 / 58 / 59 / 60 /
/ 61 / 62 / 63 / 64 / 65 / 66 / 67 / 68 / 69 / 70 /
/ 71 / 72 / 73 / 74 / 75 / 76 / 77 / 78 / 79 / 80 /
/ 81 / 82 / 83 / 84 / 85 / 86 / 87 / 88 / 89 / 90 /
/ 91 / 92 / 93 / 94 / 95 / 96 / 97 / 98 / 99 / 100 /
/ 101 / 102 / 103 / 104 / 105 / 106 / 107 / 108 / 109 / 110 /
/ 111 / 112 / 113 / 114 / 115 / 116 / 117 / 118 / 119 / 120 /
/ 121 / 122 / 123 / 124 / 125 / 126 / 127 / 128 / 129 / 130 /
/ 131 / 132 / 133 / 134 / 135 / 136 / 137 / 138 / 139 / 140 /
/ 141 / 142 / 143 / 144 / 145 / 146 / 147 / 148 / 149 / 150 /
/ 151 / 152 / 153 / 154 / 155 / 156 / 157 / 158 / 159 / 160 /
/ 161 / 162 / 163 / 164 / 165 / 166 / 167 / 168 / 169 / 170 /
/ 171 / 172 / 173 / 174 / 175 / 176 / 177 / 178 / 179 / 180 /
/ 181 / 182 / 183 / 184 / 185 / 186 / 187 / 188 / 189 / 190 /
/ 191 / 192 / 193 / 194 / 195 / 196 / 197 / 198 / 199 / 200 /
/ 201 / 202 / 203 / 204 / 205 / 206 / 207 / 208 / 209 / 210 /
/ 211 / 212 / 213 / 214 / 215 / 216 / 217 / 218 / 219 / 220 /
/ 221 / 222 / 223 / 224 / 225 / 226 / 227 / 228 / 229 / 230 /
/ 231 / 232 / 233 / 234 / 235 / 236 / 237 / 238 / 239 / 240 /
/ 241 / 242 / 243 / 244 / 245 / 246 / 247 / 248 / 249 / 250 /
/ 251 / 252 / 253 / 254 / 255 / 256 / 257 / 258 / 259 / 260 /
/ 261 / 262 / 263 / 264 / 265 / 266 / 267 / 268 / 269 / 270 / 271 / 272 / 273 / 274 / 275 / 276 / 277 / 278 / 279 / 280 /
/ 281 / 282 / 283 / 284 / 285 / 286 / 287 / 288 / 289 / 290 /
/ 291 / 292 / 293 / 294 / 295 / 296 / 297 / 298 / 299 / 300 /
/ 301 / 302 / 303 / 304 / 305 / 306 / 307 / 308 / 309 / 310 /
/ 311 / 312 / 313 / 314 / 315 / 316 / 317 / 318 / 319 / 320 /
/ 321 / 322 / 323 / 324 / 325 / 326 / 327 / 328 / 329 / 330 /
/ 331 / 332 / 333 / 334 / 335 / 336 / 337 / 338 / 339 / 340 /
/ 341 / 342 / 343 / 344 / 345 / 346 / 347 / 348 / 349 / 350 /
/ 351 / 352 / 353 / 354 / 355 / 356 / 357 / 358 / 359 / 360 /
/ 361 / 362 / 363 / 364 / 365 / 366 / 367 / 368 / 369 / 370 /
/ 371 / 372 / 373 / 374 / 375 / 376 / 377 / 378 / 379 / 380 /
/ 381 / 382 / 383 / 384 / 385 / 386 / 387 / 388 / 389 / 390 /
/ 391 / 392 / 393 / 394 / 395 / 396 / 397 / 398 / 399 / 400 /
/ 401 / 402 / 403 / 404 / 405 / 406 / 407 / 408 / 409 / 410 /
/ 411 / 412 / 413 / 414 / 415 / 416 / 417 / 418 / 419 / 420 /
/ 421 / 422 / 423 / 424 / 425 / 426 / 427 / 428 / 429 / 430 /
/ 431 / 432 / 433 / 434 / 435 / 436 / 437 / 438 / 439 / 440 /
/ 441 / 442 / 443 / 444 / 445 / 446 / 447 / 448 / 449 / 450 /
/ 451 / 452 / 453 / 454 / 455 / 456 / 457 / 458 / 459 / 460 /
/ 461 / 462 / 463 / 464 / 465
【投稿する】

悩み相談サイト心の癒し トップページへ戻る
copyright© 2001-2009 心の癒し
designed by
programmed by
powered by
ともとも
松本竜弥のそれ憧れるのょ
占い開運癒しの占星術
占い相談
無料占い恋愛
パワーストーン恋愛専科