【管理者用】



* 全ての方へのメッセージ *


あなたに、ふと詩が湧いてきたら、それを言葉に綴ってみてください。
誰かの勇気や、誰かの元気、誰かを慰めるかもしれません。

また、詩ではなく、そのまま普通の文章で綴って下さってもいいですよ。
その場合は、あなたへ素敵な詩をお贈りします。
【投稿する】
サイト内検索:


  汚れた天使 2004/09/30(Thu)02:05
Witten by [ エメラルド ]
僕が誰よりも 平和を愛しているのは

僕が誰よりも 暴力的であるから

猛暑の中で 地獄の訓練を経験した者だけが

何も混ざっていない 真水のうまさを知っているように


僕が求めている君は 

汚れを知らない 誰の手にも触れられていない 

純粋で無垢な少女

罪のない 清らかな手で 

露わになった 僕の心臓に やさしく触れてくれる

決して 僕を傷つけることのない 清純な処女のままの君。。


でも ときどき ふと思うことがあるんだ

神様は いや 君自身は 君にどんな試練を与えているんだろうって。。

君は 底の無い虚しさと 何も見えない絶望と 枯れ果てた涙に暮れて

ひとりぼっちに慣れた 冷たい部屋の中で 虚ろな時を過ごしている

まるで生きることが罰であるかのように 悲しみと痛みを抱きしめて

永遠の愛という 幻を見つめて 

やさしく訪れる死に憧れて 月を見上げる。。


僕に訪れる幻影の中の君は 白いブラウスに身をつつんだ 

清楚な乙女の姿で現われて

「あなたを待っていたの。。」 そうささやいて 

小さな手をそっと差し出す

時には 幼さの残る顔に 悲しいほどに化粧をのせて 

春を売る街の少女の姿で現われて

「私には何もないの。。」 そうつぶやいて 

潤んだ瞳でじっと見つめる


君の幻の中に現われる僕は どんな姿をしてるの

僕が白く柔らかな翼をつけた天使に見えたのなら 

僕の光につつまれるといい

僕が汚れて折れた翼を負った堕天使に見えたのなら 

僕の闇につつまれるといい

君がきれいなままなら 目を閉じて 僕に身をまかせればいい

君が汚れてしまっているなら 僕の目を見て

僕の腕をつかんで 怒って言っておくれ

汚れてなんかいないわ 誰よりも純粋に あなたを愛しているから。。と 


そのとき君は 羽化をして舞い上がる蝶のように

純白の羽根を広げた天使に生まれ変わるんだ



君は知らないんだ 僕がどれだけ待ち望んでいるかを

汚れてしまった君を見て悲しむ僕の 頬を強くたたいてくれる日を
http://pr1.cgiboy.com/S/0881118/


  疲れるけど 2004/09/29(Wed)23:40
Witten by [ 真弓 ]
あーもうだめ

机に向かうと寝ちゃうんだ

勉強するとなぜか眠くなる

つまらないことになると

いつもこうなる


いや



このままじゃきっとだめだ

だから必死に頑張って勉強する

でも疲れちゃうんだ

それの繰り返し

でも諦めずにやる

それが自分の長所ってヤツ

ようし もっと頑張ろう



机に向かって さあ。



  永遠に一緒 2004/09/29(Wed)23:37
Witten by [  ]
いつも一緒にいてくれてありがとう
あなたには直接言えないけれど
感謝してるんだよ
いつか言えるといいな
どんな時でも相談に乗ってくれて
勇逸心地の良い空間
誰にも邪魔されない
誰にも何も言われない
ずっとずっと2人で話していられる場所
窓から顔を出して
いつまでこの景色2人で見れるかな
卒業するまで見れるかな
いつも離れ離れになるけれど
次は今度こそは一緒になれるといいな
青空を2人で見るのが私は好き
あなたと話す事も好き
あなたと一緒にいることも好き
一番癒される場所かもしれない
いつかありがとうって言おう
ありがとう・・・ありがとう・・・・



  すき 2004/09/29(Wed)23:04
Witten by [ 皐月 ]
私は貴方がすきで

すきで すきで  すき。


貴方は私がすきで

すきで すきで  すき。



そんな日々はもう

戻らないの?




  一等星 2004/09/29(Wed)22:06
Witten by [ 六花 ]
とめどなく流れる涙に
名前を付けようか?

いつまで君は
私の中の一等星なんだろう。

星はたくさんあるけれど
君の輝きが
いちばん私を惹きつけるのです。

君ほど美しい輝きを放つ星は
私には見えない。

流星になって君は消えたけれど
その余韻を
いつまでも追いかけてしまっている。

この星空にもう君の輝きはなく
他に惹きつける星さえなくて
一等星は君だけだったということに気づきました。

とめどなく流れる涙は
目をうるおして
世界をぼやけさせて
他の星を君と錯覚するようにさえさせている。

君の余韻を、いつまでも抱えて生きていく。



  願掛け 2004/09/29(Wed)20:35
Witten by [ ☆まろん☆ ]
あなたが好き

どんなあなたでも関係ない

同じ名前の人でもない

似ている人でもない

あなただけ

あなたが好きなの


いつかこの想い 届くかな、、、



  大いなる者 2004/09/29(Wed)12:35
Witten by [ mimi ]
ずっと見守ってくれている大いなる者。
あなたの思いは
偶然見つけた言葉。

「さからわないこと」
「今のあなたのままで、できる限り愛しなさい」
(なまけ者のさとり方 より)

これに気づかせたかったのでしょうか?
最近、少し心がかたくなっていた私・・。
流れに身をまかせて、
なるがまま、思うがまま、
いつも奥深くにある心に問いながら、
気楽によかったのですね。
そして、いつか時空を超えて
待ち人に逢える、と・・。

また、こころを見失うかもしれません。
また、こころが迷うかもしれません。
その時はまた、よろしく・・デスネ。(^_-)



  求めるもの 2004/09/29(Wed)10:32
Witten by [ 秋のはっぱ ]
手に届かないって思ってた
そう思ってたものが
手に届いた。喜びたい
でもなんか不安が襲ってくる
いつになったら、心から喜べるのだろう




  歌声 2004/09/29(Wed)08:56
Witten by [ ケイコ ]
すべては 君の歌声から始まった―

時に強く 時に優しく
君の歌声は 僕に届く

もしも 明日
君の歌声が消えたら…。

僕は 必死になって探すだろうな
その理由を
そして 過去の君の歌声に縋って生きていくだろうな…。

君の歌声が 僕を生かせてくれてるんだ!
君の 曇りもない笑顔と共に…。



  某サイト 2004/09/29(Wed)06:25
Witten by [ ないしょ ]
で、私はみんなを巻き込みなんだかめちゃくちゃにしてしまったようです。私はある人の言葉に傷つき、退会したのにそれも許して貰えず私が居なくなった後も、責められている。そして戻って来いとも言われている。寂しいとも・・。たぶん、私がかなりの不幸を背負って生きているから、それを見てみんな「自分は救われている」と安心したいんだろうな。私はそう思っている。



  悩み 2004/09/29(Wed)05:57
Witten by [ mimiko ]
絶え間なく流れるときの中で
わたしたちは
悩む
なやむ
ナヤム

それが生きてるってとこだよね



  癒されるなぁって。 2004/09/28(Tue)23:54
Witten by [ 由美 ]
私の好きな歌
歌詞も好き 
歌う人の声も好き
『明日がある きっと明日がある』
すごく励まされる
本当にいい曲・・・
気分もよくなる
どんなにつらいことがあってもすごく
元気になれる
こんなに良い歌を歌う人に感謝したいなって
その曲を作った人にも
気持ちは直接伝えられないけど
ありがとう
心だけ 感謝の気持ちを
伝えられるだけでもいいかなって
感謝したい



  勘違いすんな 2004/09/28(Tue)23:50
Witten by [ 悠那 ]
とある人が悪口を言う

「おめぇ、キモイ」と。

言った人は、得意そうな顔になる。

自分は言われてるわけでもないから、

全然 傷つかない。

むしろ、言ってやった!

みたいに得意になる馬鹿がいる。

でも、勘違いしている

そいつは、自分だけが一方的に相手を嫌っている

もしくは、相手が自分のことをどう思っているかなんて

考えもしない。

でも、人は鏡。

勘違いすんなよ、あんたがそいつのこと嫌いな以上に

あいても、あんたのことなんか大嫌いなんだよ。

そう思った。

人は鏡だ。

自分が嫌いなら、自分が嫌いなだけ相手も自分の子と嫌ってるんだ

自分だけが嫌ってる

相手だけが嫌われてる

なんて大きな間違いなんだよ。

だから、悪口を言えば言うほど、

そいつは影で憎まれてるだろうね。

実際そういう例が何度もある。

人は鏡だ。この言葉、とてもスキだ♪



  願い 2004/09/28(Tue)23:50
Witten by [ 美香 ]
あなたがとても面白くて
とても真面目に仕事もやって
頑張っていけるところ
私には無理だと思うことも
あなたはやってる
すごいなって思う
だから好き
でもまだあなたに伝えるのは無理そう
いつかもっと近づけるのかな
もっともっと話そう
それが願い 
これから 仲良くなろうって
それが願い



  今度にするよ 2004/09/28(Tue)22:40
Witten by [ SEEK THE FUTURE ]
タバコの火を落とす灰皿の中によどむ過去
押し付けてもみ消せば全て終わり
狭い喫煙所で閉ざす小さな刹那みたく
人生が過ぎていく煙のように

冷たい風に吹かれて窓を閉じる
世界は今日も思い通りに進まない

何を焦っているんだろう
自問自答を繰り返す
理路整然とした答えは
いつまで経っても出て来ない

部屋から出て見える街は今日も同じ風景
毎日の重みって何処にあるの?
同じ時間に出て同じ信号に引っ掛かり
日付だけ変わってる、ルールのように

渋滞に並ぶ事も判っている
嫌なことだけは予想通り待っている

自転車に追い抜かれていく
遠くなってくその影を
昔の自分と重ねている
ため息ばかりが増えていく

何を焦っているんだろう
明日死ぬって訳じゃない
老後の積み立てを気にすれば
寝ても覚めても気が重い

考えておくに越したことはないけど
考えるほどに馬鹿になっていくようで…

何を焦っているんだろう
自問自答を繰り返す
理路整然とした答えは
時間に任せて寝てしまおう
http://e-kankyo.jfast.net/shitone


  夏の終わり 2004/09/28(Tue)22:29
Witten by [ マサキ ]
過ぎ去りゆく夏の終わりに
あなたに出逢いました
何の前触れもなく
突然に.........
これから始まる恋物語の
主人公に少し戸惑いを
感じながら
この海のように
静かに愛を語り合いたい
今は誰もいない渚を
独りで歩いているけれど
やがて二人でさざ波と
戯れながら歩いてみたい
今の私には
あなたに捧げるものは
何もありません
でも誰にも負けない
優しさと真心で
あなたを包むことができます
いつまでも暖かく
あなたを見守りたい
http://www.masaki-net.com


  愛しい 2004/09/28(Tue)15:01
Witten by [ 最後の恋人 ]
君は ひとりじゃない
愛されなくても
愛しているなら

君は ひとりじゃない
ひとりじゃない


また
逢って
抱きしめて
キスをしてくれるのだろうか
http://www4.diary.ne.jp/user/461744/


  もう何もいらない 2004/09/28(Tue)14:19
Witten by [ しぐれ ]
私は何を期待したいるんだろう
何に勝手に期待してるんだろう
かなうはずも無い夢を追いかけ続けて
あ〜あ、ほんっと馬鹿みたい
しあわせになれるはずなんかないのにね!
もう、何もいらない
何もいらないから私を解放して
自由にして。
受験戦争。テスト勉強。人間関係。上下関係。
そんなの全部うざったい。
日本なんて最低。だけど他の国も良いとは思わないけど。

結局最高なのは自分の頭の中で理想を描いてるだけの世界

何もいらない
解放して、お願い お願いだから・・・。



  りょうさんへ 2004/09/28(Tue)10:06
Witten by [  ]
嫌いと伝えてあげるのも
ひとつの優しさなのではないかなと僕は思います。
僕みたいに、りょうさんにとってのその人も
気づけないのだと思います。
というか、気づきたくないし
認めたくないのではないかなと。
どうか、目を覚まさせてあげてください。
僕は貴女の言葉で、目が覚めました。
ありがとう。



  会話 2004/09/27(Mon)22:44
Witten by [  ]
私は眠ってはいない。
目は閉じているが、耳はしっかり聴いている。
真夜中に始まる、あなた達の会話を。
不機嫌そうに、毎晩私の名を言う。
何度も会話に登場する私の名。
昼は声もかけてくれないくせに。

私が起きていること、知っているの?
それとも、私なんて本当にどうでもいいの?

本当は意識を飛ばしてしまいたいのに。
私が眠れない理由を知っていますか。



/ 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 /
/ 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 /
/ 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30 /
/ 31 / 32 / 33 / 34 / 35 / 36 / 37 / 38 / 39 / 40 /
/ 41 / 42 / 43 / 44 / 45 / 46 / 47 / 48 / 49 / 50 /
/ 51 / 52 / 53 / 54 / 55 / 56 / 57 / 58 / 59 / 60 /
/ 61 / 62 / 63 / 64 / 65 / 66 / 67 / 68 / 69 / 70 /
/ 71 / 72 / 73 / 74 / 75 / 76 / 77 / 78 / 79 / 80 /
/ 81 / 82 / 83 / 84 / 85 / 86 / 87 / 88 / 89 / 90 /
/ 91 / 92 / 93 / 94 / 95 / 96 / 97 / 98 / 99 / 100 /
/ 101 / 102 / 103 / 104 / 105 / 106 / 107 / 108 / 109 / 110 /
/ 111 / 112 / 113 / 114 / 115 / 116 / 117 / 118 / 119 / 120 /
/ 121 / 122 / 123 / 124 / 125 / 126 / 127 / 128 / 129 / 130 /
/ 131 / 132 / 133 / 134 / 135 / 136 / 137 / 138 / 139 / 140 /
/ 141 / 142 / 143 / 144 / 145 / 146 / 147 / 148 / 149 / 150 /
/ 151 / 152 / 153 / 154 / 155 / 156 / 157 / 158 / 159 / 160 /
/ 161 / 162 / 163 / 164 / 165 / 166 / 167 / 168 / 169 / 170 /
/ 171 / 172 / 173 / 174 / 175 / 176 / 177 / 178 / 179 / 180 /
/ 181 / 182 / 183 / 184 / 185 / 186 / 187 / 188 / 189 / 190 /
/ 191 / 192 / 193 / 194 / 195 / 196 / 197 / 198 / 199 / 200 /
/ 201 / 202 / 203 / 204 / 205 / 206 / 207 / 208 / 209 / 210 /
/ 211 / 212 / 213 / 214 / 215 / 216 / 217 / 218 / 219 / 220 /
/ 221 / 222 / 223 / 224 / 225 / 226 / 227 / 228 / 229 / 230 /
/ 231 / 232 / 233 / 234 / 235 / 236 / 237 / 238 / 239 / 240 /
/ 241 / 242 / 243 / 244 / 245 / 246 / 247 / 248 / 249 / 250 /
/ 251 / 252 / 253 / 254 / 255 / 256 / 257 / 258 / 259 / 260 /
/ 261 / 262 / 263 / 264 / 265 / 266 / 267 / 268 / 269 / 270 /
/ 271 / 272 / 273 / 274 / 275 / 276 / 277 / 278 / 279 / 280 /
/ 281 / 282 / 283 / 284 / 285 / 286 / 287 / 288 / 289 / 290 /
/ 291 / 292 / 293 / 294 / 295 / 296 / 297 / 298 / 299 / 300 /
/ 301 / 302 / 303 / 304 / 305 / 306 / 307 / 308 / 309 / 310 / 311 / 312 / 313 / 314 / 315 / 316 / 317 / 318 / 319 / 320 /
/ 321 / 322 / 323 / 324 / 325 / 326 / 327 / 328 / 329 / 330 /
/ 331 / 332 / 333 / 334 / 335 / 336 / 337 / 338 / 339 / 340 /
/ 341 / 342 / 343 / 344 / 345 / 346 / 347 / 348 / 349 / 350 /
/ 351 / 352 / 353 / 354 / 355 / 356 / 357 / 358 / 359 / 360 /
/ 361 / 362 / 363 / 364 / 365 / 366 / 367 / 368 / 369 / 370 /
/ 371 / 372 / 373 / 374 / 375 / 376 / 377 / 378 / 379 / 380 /
/ 381 / 382 / 383 / 384 / 385 / 386 / 387 / 388 / 389 / 390 /
/ 391 / 392 / 393 / 394 / 395 / 396 / 397 / 398 / 399 / 400 /
/ 401 / 402 / 403 / 404 / 405 / 406 / 407 / 408 / 409 / 410 /
/ 411 / 412 / 413 / 414 / 415 / 416 / 417 / 418 / 419 / 420 /
/ 421 / 422 / 423 / 424 / 425 / 426 / 427 / 428 / 429 / 430 /
/ 431 / 432 / 433 / 434 / 435 / 436 / 437 / 438 / 439 / 440 /
/ 441 / 442 / 443 / 444 / 445 / 446 / 447 / 448 / 449 / 450 /
/ 451 / 452 / 453 / 454 / 455 / 456 / 457 / 458 / 459 / 460 /
/ 461 / 462 / 463 / 464 / 465
【投稿する】

悩み相談サイト心の癒し トップページへ戻る
copyright© 2001-2009 心の癒し
designed by
programmed by
powered by
ともとも
松本竜弥のそれ憧れるのょ
占い開運癒しの占星術
占い相談
無料占い恋愛
パワーストーン恋愛専科