【管理者用】



* 全ての方へのメッセージ *


あなたに、ふと詩が湧いてきたら、それを言葉に綴ってみてください。
誰かの勇気や、誰かの元気、誰かを慰めるかもしれません。

また、詩ではなく、そのまま普通の文章で綴って下さってもいいですよ。
その場合は、あなたへ素敵な詩をお贈りします。
【投稿する】
サイト内検索:


  不眠さんの子守唄。 2004/08/24(Tue)20:04
Witten by [  ]
貴方の 涙を 拭くように

風は 南から 吹いてくる

貴方の 涙を 隠すように

今日も 真夏の雨が降る

暖かい 海からの 贈り物

自然は いつだって 小さな私を 包んでくれる

ああ そうだね

こんなにも 私は 疲れていたんだ

だから 泣くことも 笑うことも 忘れていた

いつも必死で はりつめていたんだ

手綱を外すと 嵐の中で

ゆりかごのような もろいヨットが 壊れてしまいそうで・・・


眠れ よい子よ

今は 安らかに 眠れ

───広大な海───

安全地帯は あるの?

きっと ないのかもね・・・

みんな えんえんと 安息を 求めているけど

誰も つかんだ人は いないんだ

何度 傷ついて 線が切れても

貴方は いつも 結んでいた

自分の手は 血まみれで 痛かったろうけど

傷ついた 搭乗員を 守ろうと

いつも いつも 結んでいた


───癒しの理想郷───

それは きっと みんなで 夢に描くものかもね


眠れ よい子よ

今は 安らいで 眠れ

貴方の やさしさは いつも報われている

ただ 今は 貴方の前に 現れないだけだ

今は 信じられなくても

貴方は いつも 報われているんだよ・・・☆

眠れ 愛し子よ

自然に 包まれて 眠れ

この世の 誰も あがなうことはできない

癒しの 自動制御の中で

眠れ 眠れ 眠れ。。。

夜昼となく 眠れ。。。


やがては みんな気づく お話し

昇る太陽と 沈む太陽の 回転速度は同じ

やがては みんな気づく こと

たくさんの 美しい 星々の中に 囲まれて

真の 勇気と やさしさと かんしゃの話しだ

P.S.あの健康な元バレー選手の川○俊一(ホモっていうウワサだが?)さんも、倒れたって?

A−A(じゃあ、オレなんぞひ弱なねこは。)
ミ^人^毛(倒れたって、オールオブオッケーなのだ♪)

ラッキー♪ チャチャチャ、ウ〜ッ☆
全て、夏の暑さとオリンピックのせいにして。
気持ちは、お休みモードなのだー♪



  みがって 2004/08/24(Tue)18:35
Witten by [ 悪魔 ]
人ってみがってだよ
どうしてそんなにつめたくなれるの
人が自殺しちゃう原因って
みんな優しさわすれちゃってるから
私はずっとそうおもってる
どうして
どうして差別があるんだろう
それって人が自分勝手だから
身勝手過ぎるからかな?
天使みたいに優しい人なんて
存在するのかな?



  love 2004/08/24(Tue)13:31
Witten by [ umi ]
愛なんてよくわからない。
だけど求めてしまう。
なんだか愛だけが淋しさ埋めてくれる気がするの。



  コトバ 2004/08/24(Tue)02:59
Witten by [ naomi ]
永遠にトモダチ・・・
ってコトバを使ってしまいたくなるのは、
いつもとなりで笑っているキミだけ・・・



  よくばり 2004/08/24(Tue)01:52
Witten by [ しの ]
よくばりな自分。
そんなに嫌じゃなかった。
でも、今はそれがツライの。

素敵な大人になりたい自分。
なれない自分。

自分の求めてるものが
世間からは あまり良く思われないこと。

たくさんの素敵な人を愛したいこと。
私の周りには素敵な人が多すぎる(>_<)




  マーシー 2004/08/24(Tue)00:50
Witten by [ 弱虫 ]
あなたとメールしてると癒される。
そう言う私にあなたわ嬉しそうな顔をした。
なんだか私まで嬉しくなった。



  あなた 2004/08/23(Mon)17:02
Witten by [ hana ]
あなたわすごく真っ直ぐ。
この曖昧な気持ちも見透かされてしまいそう。
どーしよう。そんなあなたを傷つけたらバチ当たりそう・・・



  自分を知る 2004/08/23(Mon)16:15
Witten by [ さんだ ]
自分で自分の持っている可能性を認める
誰の心の中にも存在している
「ずっと隠されて眠っていたもの」、
才能、ギフト、天から与えられたもの、
自分の内にあるもの、もっているもの、すべて、ただ認める
自分で認めて受け入れさえすればよい
本当の自分を知る



  教えてもらったこと 2004/08/23(Mon)16:01
Witten by [ らら ]
ある方から教えてもらったこと
もっとリラックスして、楽になって生きていいのだということ、
手放して、自由に生きていいのだということ

自分と戦ったり、否定したり、批判する必要はないし、
苦しむ必要はないのだ、ということ
心の安らぎを選び、
平和に生きること、調和して生きることを選び、
心の安らぎが、自分の本当の望みだということを
いつも思い出し、意識していること

自分の気持ちに正直になり、「喜び」「楽しさ」を感じるものの方を、いつも選ぶ
好きなもの、心が惹かれるものの方を、選ぶ
自由に生きることを、自分にゆるす
心の自由を感じるもの、喜びを感じるもの、
心の安らぎを、いつも選ぶ



  忘れないことは 2004/08/23(Mon)15:38
Witten by [ モルダバイト ]
いつでも、自分は、
自分のこころ、意識、思い、感じていること、
物の見方、考え方とかを
自由に、自分で変えられるのだ、ということ

忘れてもいい、忘れたら、また思い出すチャンス。
贈り物がやってくる、気づきがやってくる
必ず、それはやってくる。
必ず、チャンスはやってくる。

私たちは、繰り返す。
私たちは、思い出す。
私たちは、変容の贈り物を、受け入れる。



  めぐるめき四季 2004/08/23(Mon)14:19
Witten by [ アトム ]
雨がふるたび、夏の気温が下がってくる。

秋の到来までもうわずか。

四季のうつりかわりは夢のよう。

また一年年をとってしまうのかよう。



  尊厳 2004/08/23(Mon)12:41
Witten by [  ]
青春の始めの頃、深い孤独に入ってみたりして、同時に未来に夢を持って生きようとした。別れた親友との誓いが忘れられなかったのだ。そしたら、夢想癖だけが異常に膨らんできて、しかも考えることはといえば、どうしたら孤独から脱出出来るのかという矛盾した自虐だった。そして、少しでも人と接触する機会が増えてきたりすると、なぜかピュリスムで応対するようになり、ああ、遠いな、と感じるようになった。僕は、自らの尊厳を失ってしまったことに気付いた。そして新しい自虐が始まった。それは、人々の悪意ばかり誇張して考えることだった。なぜか、過去の悪しき記憶ばかりしゅうねく思い出したりして、狂気に陥ったのかとさえ思った。前はオチャラケていたのに、何でも四角くならないと気が済まないようになってきた。自己の尊厳を失ってしまった悲しさ・・。



  小さな気付き。 2004/08/23(Mon)01:42
Witten by [ 奏多(かなた) ]
気持ちに余裕がなくて 自分の事しか考えられなくて ごめんなさい。

相手の気持ちを思いやれるだけの 心の容量がなくて あなたを傷つけてしまった・・・

私なりに相手を思いやっていたつもりだったけど、それはひとりよがりでした。

自分1人で生きてるわけじゃないのにね。
自分中心に物事を考えすぎてしまってたよ。

冷静になった時 自分がどれだけ勝手なことをしてきたのか見えてきたよ。

他人を変えようとするのは傲慢なんだよね。
人様に対して「ああなって欲しい」「こうなって欲しい」と思うのは、傲慢なんだよね。
どうあるべきかは、本人の責任。

思うようにならないのが他人。それって当たり前の事なんだよね。最近やっと気づいたよ。

幸せになりたいのなら、癒されたいのなら、自分が変わるしかないし、他人を変えようとするよりも、そのほうがずっと楽なんだ。

そのことに気付けたのはあなたのおかげです。
本当に、ありがとう・・・。



  まってるよ 2004/08/23(Mon)00:03
Witten by [ けいた ]
もう二度と
ひとりにしないで
ずっとそばにいて
幼稚なキスと
腕の中の体温を
忘れる事はないから



  理想と現実 2004/08/22(Sun)22:24
Witten by [ ゼファー ]
まったくね。。。
理想通りに生きて行ければ
誰も悩んだりしないんだろうね。。。

目に見える傷も痛い。。。
目に見えない傷は、もっと痛いかもしれない。
けどさ・・・
見えない傷の事ばかりに目を向けて
現実を見ない人が増えてるような気がする。。。

理想と現実の違いに気付いても
何も出来ないのが現実だったりしてね・・・

理想通りに生きていければ
誰も悩んだり・後悔したり
泣いたり・・・しなくていいんだよね。

現実を見ているからこそ
できない事もあるんだって事を
忘れて欲しくないな。。。
みんながみんな・・・君のように
強いわけじゃない。。。

理想と現実の狭間にある壁は
結構大きくて、頑丈だったりする。。。
その壁をぶち壊せる人が
どれくらいいるのかな?
そのうちの一人に
自分もなれる努力をしよう。。。
ま・何とかなるさ☆

(意味不明な文章ですみません。。。)



  世界の祭りの中で。 2004/08/22(Sun)22:00
Witten by [  ]
人を攻撃したり、困らせたり。

弱点をつついたりすることで。

快感を覚え。

そうしなくては、生きていけないなんて。

そんなの、人間じゃねえ!

自分のことしか、考えるな。

TVを見ろ。世界の祭りの最中だ。(オリンピックっす。)

オリンピック選手を育てるだけでも、あれだけの人の支えと、応援と、周りの人々がいるんだよ。

人は、ひとりじゃ生きていけないんだ。

だったら、特定の誰かを。責めたり、いじめたりするな!

人を不当に、責めたり、いじめたりすれば。

やがては、自分に返ってくるんだよ。(それが、自然の摂理だ。)

オレは、そういう物語。いっぱい見てるゾ!!

世界は、みんなの力で回るんだよ。

どんなに、ちょっとのことでもいい。

自分のできることを探そう。

そして、誰かの助けになることが。世の中に、在ることが。

自分の助けになり。

自分がほんとうに、生きることになり。

真の存在になっていくことを、知っていく道だ。



  今すぐ…。 2004/08/22(Sun)15:45
Witten by [ ケイコ ]
今すぐ 君に会いたい
今すぐ ココへ飛んできて抱きしめてほしい
…なんて 叶わないコトを考えてる

いつ 君に会えるのかわからない
いつ 連絡がとれなくなるかわからない

でも これだけは覚えてて

いつ どこにいても
あたしは 君を想ってるから!

このキモチだけは 永遠に変わらない
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=jsblove


  やっちゃん 2004/08/22(Sun)06:53
Witten by [ ai ]
あなたわあの女の人をつれて歩いてた、
私に似てるといったあの女の人を・。

私わあなたを忘れるようにするよ。
だから幸せになって?



  夢 2004/08/22(Sun)02:40
Witten by [ ぽぽんぽんぽん ]
ポストに手紙を入れようとしたら挿入口に手を引っ張り込まれた。
ぬ、ぬけない!
そこにおかっぱ頭の少女がやってきた。
「何をやってるの?」
手紙を出そうとしてたんだよ。
「そうなの。じゃあ手伝ってあげるよ」
少女は僕の手をさらに奥に突っ込もうとしている。
ちょ、ちょっと待って! 
手を引っ張ってよ!
「出る訳がないよ。お兄さんはこれから配達されるんだから」
えっ?
「お兄さんの行きたい所はどこ?」
う、うーん。どこだろう?
しばらく考えた。
うちに帰りたい!
「そんなのじゃつまらないじゃない。過去でも未来でも好きな所に行けるんだから」
そ、そうなんですか。
またしばらく考えた。
そして決めた。
美香の所に行く!
「ああ、あの好きだったのに告白出来なかった人の所ね。お兄さんは優柔不断だからね」
うるさい!
「じゃあ行ってらっしゃい!」
そう言って少女は僕にドロップキックをした。
ポストの挿入口に僕は吸い込まれた。

そこで目が覚めた。




  素直って・・・ 2004/08/22(Sun)01:32
Witten by [ うさぎ ]
毎日の忙しさに、寂しい気持ちに気づかなかった。
いや、気づかなかったのではなく隠してた・・・。

誰にも気づかれないようにずっと明るく振る舞ってた。

でも、それって素直じゃないよね。

自分に強がってばかりいて苦しかった。

だって、自分の幸せも周りの幸せもわかんなくなってっちゃうから・・・。

明るく差し込んだはずの光も、見えなかった・・・。

素直になるって難しいよね。照れ隠しって誰にでもあるもの。

だったら、自分の本当の気持ちを心に伝えることからはじめてみよう。

自分に素直になると、きっと周りも素直にみえるはずだから・・・。



/ 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 /
/ 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 /
/ 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30 /
/ 31 / 32 / 33 / 34 / 35 / 36 / 37 / 38 / 39 / 40 /
/ 41 / 42 / 43 / 44 / 45 / 46 / 47 / 48 / 49 / 50 /
/ 51 / 52 / 53 / 54 / 55 / 56 / 57 / 58 / 59 / 60 /
/ 61 / 62 / 63 / 64 / 65 / 66 / 67 / 68 / 69 / 70 /
/ 71 / 72 / 73 / 74 / 75 / 76 / 77 / 78 / 79 / 80 /
/ 81 / 82 / 83 / 84 / 85 / 86 / 87 / 88 / 89 / 90 /
/ 91 / 92 / 93 / 94 / 95 / 96 / 97 / 98 / 99 / 100 /
/ 101 / 102 / 103 / 104 / 105 / 106 / 107 / 108 / 109 / 110 /
/ 111 / 112 / 113 / 114 / 115 / 116 / 117 / 118 / 119 / 120 /
/ 121 / 122 / 123 / 124 / 125 / 126 / 127 / 128 / 129 / 130 /
/ 131 / 132 / 133 / 134 / 135 / 136 / 137 / 138 / 139 / 140 /
/ 141 / 142 / 143 / 144 / 145 / 146 / 147 / 148 / 149 / 150 /
/ 151 / 152 / 153 / 154 / 155 / 156 / 157 / 158 / 159 / 160 /
/ 161 / 162 / 163 / 164 / 165 / 166 / 167 / 168 / 169 / 170 /
/ 171 / 172 / 173 / 174 / 175 / 176 / 177 / 178 / 179 / 180 /
/ 181 / 182 / 183 / 184 / 185 / 186 / 187 / 188 / 189 / 190 /
/ 191 / 192 / 193 / 194 / 195 / 196 / 197 / 198 / 199 / 200 /
/ 201 / 202 / 203 / 204 / 205 / 206 / 207 / 208 / 209 / 210 /
/ 211 / 212 / 213 / 214 / 215 / 216 / 217 / 218 / 219 / 220 /
/ 221 / 222 / 223 / 224 / 225 / 226 / 227 / 228 / 229 / 230 /
/ 231 / 232 / 233 / 234 / 235 / 236 / 237 / 238 / 239 / 240 /
/ 241 / 242 / 243 / 244 / 245 / 246 / 247 / 248 / 249 / 250 /
/ 251 / 252 / 253 / 254 / 255 / 256 / 257 / 258 / 259 / 260 /
/ 261 / 262 / 263 / 264 / 265 / 266 / 267 / 268 / 269 / 270 /
/ 271 / 272 / 273 / 274 / 275 / 276 / 277 / 278 / 279 / 280 /
/ 281 / 282 / 283 / 284 / 285 / 286 / 287 / 288 / 289 / 290 /
/ 291 / 292 / 293 / 294 / 295 / 296 / 297 / 298 / 299 / 300 /
/ 301 / 302 / 303 / 304 / 305 / 306 / 307 / 308 / 309 / 310 /
/ 311 / 312 / 313 / 314 / 315 / 316 / 317 / 318 / 319 / 320 /
/ 321 / 322 / 323 / 324 / 325 / 326 / 327 / 328 / 329 / 330 /
/ 331 / 332 / 333 / 334 / 335 / 336 / 337 / 338 / 339 / 340 /
/ 341 / 342 / 343 / 344 / 345 / 346 / 347 / 348 / 349 / 350 /
/ 351 / 352 / 353 / 354 / 355 / 356 / 357 / 358 / 359 / 360 /
/ 361 / 362 / 363 / 364 / 365 / 366 / 367 / 368 / 369 / 370 /
/ 371 / 372 / 373 / 374 / 375 / 376 / 377 / 378 / 379 / 380 /
/ 381 / 382 / 383 / 384 / 385 / 386 / 387 / 388 / 389 / 390 /
/ 391 / 392 / 393 / 394 / 395 / 396 / 397 / 398 / 399 / 400 /
/ 401 / 402 / 403 / 404 / 405 / 406 / 407 / 408 / 409 / 410 /
/ 411 / 412 / 413 / 414 / 415 / 416 / 417 / 418 / 419 / 420 /
/ 421 / 422 / 423 / 424 / 425 / 426 / 427 / 428 / 429 / 430 /
/ 431 / 432 / 433 / 434 / 435 / 436 / 437 / 438 / 439 / 440 /
/ 441 / 442 / 443 / 444 / 445 / 446 / 447 / 448 / 449 / 450 /
/ 451 / 452 / 453 / 454 / 455 / 456 / 457 / 458 / 459 / 460 /
/ 461 / 462 / 463 / 464 / 465
【投稿する】

悩み相談サイト心の癒し トップページへ戻る
copyright© 2001-2009 心の癒し
designed by
programmed by
powered by
ともとも
松本竜弥のそれ憧れるのょ
占い開運癒しの占星術
占い相談
無料占い恋愛
パワーストーン恋愛専科