【管理者用】



* 全ての方へのメッセージ *


あなたに、ふと詩が湧いてきたら、それを言葉に綴ってみてください。
誰かの勇気や、誰かの元気、誰かを慰めるかもしれません。

また、詩ではなく、そのまま普通の文章で綴って下さってもいいですよ。
その場合は、あなたへ素敵な詩をお贈りします。
【投稿する】
サイト内検索:


  此処に連絡して 2004/07/29(Thu)22:14
Witten by [ ''青空`` ]
matuedanndann@mail.goo.ne.jp
僕のメールアドレスです。





  みんなと言葉も交わさずの別れなんて 2004/07/29(Thu)22:07
Witten by [ 青空 ]
皆と言葉も交わさず離れ離れになることは大変辛い事です。
不眠の番人さんが体調を崩されたと言う事で此処がおやすみだ何て何とかできない物でしょうか。
其のうちオフ会で会いたいと思っていた矢先にこう言う事になって残念です。
出来れば、ここが快復するまで何処かのサイトに集まりませんか。



  苦いコーヒーを飲んだら・・・ 2004/07/29(Thu)20:33
Witten by [ さらさら ]
こころの中と同じ色 コーヒー
コーヒーは素敵な材料でできている。
豆とミルクとお砂糖と・・・

私のこころは かつて もっといいもので
作られていたという。
目には見えない材料で。
それはむかし とてもきれいな空色をして
いたという。
でも。
私のこころは 今 このコーヒーの中に沈む
苦い色。 濃くて熱くて ほんの少しだけ香る
お砂糖の甘さに。



  海のような人 2004/07/29(Thu)20:26
Witten by [ さらさら ]
あなたは「島」が好きだといった
あなたは「海」が好きだといった

いくつもの傷を受けてきたこと
いくつもの涙の日々があったこと

あなたがいるおかげで救われるような気がした
あなたがいるおかげで本当にうれしかった

あなたは海のような人
いつしかその海に 漂う自分がいることを
なんだか予感しています



  calling 2004/07/29(Thu)19:52
Witten by [ ai ]
電話がかかってきた
1ヶ月声を聞かないだけで
その声がとても懐かしく聞こえた

声を聞かないよう 会わないよう
わたしはあなたを避けていたのに

あなたをすべてのものから
奪いたくなってしまうから

君の声聞いてがまんできなくなっちゃった
ほんとは、好きだよ。






  泣かないように 2004/07/29(Thu)18:04
Witten by [ 六花 ]
この気持ちは
次第にあたたかくなっていったもので
苦しくなるほどの熱になったと
そう気づいた時には
もう君は此処にいなくて

君が此処にいたあの日に戻れたらって
願うけれど叶わぬ想いで

だからただ、君につながっている空を眺めて
君はこの空の下にいるんだと信じて
ただその存在に、幸せを感じます

泣かないように



  猛暑 2004/07/29(Thu)15:57
Witten by [ riri ]
秋になったら沢山出掛けよう...




  大好きな言葉達 2004/07/29(Thu)00:16
Witten by [ HARUKA ]
「人は自分以外のもののために

生きられるようになって 初めて生のスタートをきる」



「どうして自分を責めるんですか?

他人がちゃんと必要な時に責めてくれるのだから良いじゃないですか」



「常識とは18歳までに身につけた偏見のコレクションの事を言う」



「私の精神的ならびに物質的生活は他者の労働の上に成り立っている」



「無限なものは二つあります  

宇宙と人間の愚かさ 前者については断言出来ませんが・・・」



「人に対して正しく賢明な助言をする事は出来る

 しかし 自分が正しく賢明に振る舞う事は難しい」



「人は皆 自分の靴のサイズで物事を計る」



「私たちはいつか 今より少しは物事を知っている様になるかも知れない 

しかし自然の真の本質を知ることは永遠にないだろう」



「純粋な者が純粋さを見るところに 豚は汚れを見る・・・」



「私は かしましい美徳よりは 静かな悪徳を好む」



「神の前では 我々は平等に賢く 平等に愚かです」



----------自分自身の そして他の人々の人生に意味を見出せない人は 

単に不幸であるばかりでなく生きるのに向いていないと言えましょう----------



          〜アルバート・アインシュタインより〜
http://eclat.gaiax.com/home/haruka_27


  殻 2004/07/28(Wed)21:03
Witten by [ りみ ]
殻から出られない...いつ出られるのかな...



  虚無の雀 2004/07/28(Wed)20:03
Witten by [  ]
両手で顔を覆って悩みこんでしまった
萎れている、これが唯一の僕の何者かかもしれなかった
僕は、萎れた窓から憧れ、怒り、悲しんだ
僕は孤独を知り、僕は孤独を知らない
僕は自分の悟性の豊かさに気付かず、
悲しみや苦悩の甘い味に盲目だ
世界が僕に施すという
僕はその世界に額づいた
その炎に熱い視線を投げた
しかし、世界は僕に弛緩しろと言う
僕自身の内部も、今は弛緩しろと言う
僕は弛緩した
その痙攣の最中、僕はまだ意識していた
あまりに恐ろしい意識であった
こうして異国の神に委ねた僕自身の存在は、
この国で脱線するしかなかった
脱線の引き金は悲しみとそれの懐疑であった
こうして僕の生涯は、ただ虚無を見つめることに捧げられた



  ここでしかいえないこと 2004/07/27(Tue)23:14
Witten by [  ]
あなたに会いたいの。
やっぱり、どうしてもあなたに会いたいの。
会わなくなれば、忘れられると思ったけれど、
今でもやっぱりあなたに会いたい。

そしてまた一方で、あなたには決して
会わない方がいいのだとも思うのです。
あなたが私の心の支えでいてくれるのは、
現実とは関係のないところに
あなたがいるからだということを
知っているから。

だからこそ、何が起きようと、どんなときも、
あなたは私の心の中で生き続けているのです。

そして願わくば、わたしも少しでも
あなたを支えることができたなら、
わたしは幸せに思うのです。



  僕のいる意味 2004/07/27(Tue)20:35
Witten by [ でくの坊 ]
僕はいつも  愚痴を言いません
 皆 僕に言うんだ
「君はいいなぁ」 「君は恵まれてるよ」
だから   いつも言いません

いつも  僕は皆の愚痴を聞いてます
皆はきっと  僕以上に大変だろうから

でも   たまに思うのです
君が言うほどに    僕が聞くほどに
君の心の重みは取れているんでしょうか?

僕の心が重くなるほどに
君の心は 軽くなっているのでしょうか?




  白いままで 2004/07/26(Mon)23:49
Witten by [ エメラルド ]
君に逢ってから 何をしようかって

君といっしょに 何をしていこうかって

今は 考えられないよ

なぜだろう

君に逢いたい時は ただ逢いたくて

逢えることを 願うばかりで

その後のことも 将来のことも

今は 考える気持ちにすら なれないよ

まるで僕は 

死ぬ前に 君にひと目逢おうとしているみたいだね

でもきっとそれは

何も混ざっていない 真っ白な心で 

ただ純粋に君を 君だけを 想っていたいから

君だけは

何もつけない僕の素肌で 無防備な裸の心で 

この胸に 受け入れたいから

傷つけられてもいい  君になら

君と出逢って 

君に触れたとき

すべては始まるんだ

http://members.goo.ne.jp/home/emerald424


  風船 2004/07/26(Mon)21:00
Witten by [  ]
私の心は風船みたい
あなたの声・仕草・煙草の匂い・笑顔・・・
ひとつひとつが空気になって私の心を膨らませる
真っ赤な風船はあの日からどんどん大きくなる
何気ない事で割れそうになってしまう事もある
自分で割ってしまいたくなる時もある
苦しくて
切なくて
幸せ
今日だって今だってあなたを想って膨らみ続ける
時が経って いつかしぼんでしまうなら
あなたの空気でいっぱいになって割れてしまいたい



  気づいてよ! 2004/07/26(Mon)17:14
Witten by [ 梨御 ]
私、あなたのこと思っているのに
私、あなたのためにがんばってるのに
私、ほんとはもっと弱いのに

気づいてよ!

パソコンの前で毎日泣いてる。
友だちはみんな諦めろって言う。
誰も私の背中を押してくれない。

それならいい!!それで!!

きっとずっと片思いだからいい!!
         だから思い続ける!!


開き直ったんじゃない
言い聞かせてるの

いつか気づいてくれたらそれでいい。
私が死んだあとでいい。
いつか・・・、いつか・・・。



  死 2004/07/26(Mon)17:01
Witten by [ でくの坊 ]
     彼の時計は止まり
     私たちの時計は動き続ける

だから どうしたの?
それだけのことなのに・・・・私の心は呆然としてる

なんだかモヤモヤして・・・・
また  どうしようもない思いにかられる



  叫び 2004/07/26(Mon)16:49
Witten by [  ]
「言いたいことが沢山あるんだ」あなたが言った。
私だって叫びたい言葉がある。

好きとか嫌いとか。素晴らしいとか。
もっとこうだったら、って望みとか。
自分への叱咤に、他人への要望。それから
・・何も生まない怒りの言葉・・

私の中にぎゅうぎゅうと詰まってる。
誰も気づかないけど、私の中で嵐を起こして。
眠り、目を覚ます度に、それは積もっていく。
そろそろ堰を越えて、口から漏れようとしている。

そして私の中の、最後の優しい部分が必死に押さえる。泣きながら。だからこんなに苦しい。
きっと、あなただってそうなんでしょう?

だって、どろどろと醜い言葉は、
誰かを悲しませるもんね。

時々目を持った人が、私の瞳を見透かして、
心の中の黒雲を見つけては、心配してくれるけど。

「言いたいことが沢山あるんだ」
あなたの後でいいからさ、私にも叫ばせてよ。



  今が大切 2004/07/26(Mon)16:25
Witten by [ くゆみあ=みゆみあ ]
いつのまにか
時間だけが過ぎて
自分だけが取り残され
いつのまにか
友達もみんなみんな
成長していった
自分だけが取り残された
私はどうしたらいいの?
一人ぼっちで寂しい日々過ごして
ただ意味のない毎日をおくって
何にも楽しくない
幸せってどんな感じなの?
幸せな感情なんてわからない
教えて
誰か私を救って
このまんまだと体は生きていても
心は死んでしまう
今、私は生きているの?
それすらわからない
自分が生きているのかわからない
重症だね
世界の速さに私はついていけない
だから
一人取り残された
何時、どんなときでも
世界っていうのは動いてる
私はそんなの無理
体も頭も心もついていけない
頑張っても続かない
頑張りすぎても疲れちゃうの
甘ったれたこと言ってる
けど本当のことなの
もう心は腐りかけている
腐ったものは治らない
もうなってしまったことは
戻らない
過去のは戻れないの
過ぎてしまったことはやり直せない
未来は絶望
私の居場所がない
何処に行ってもない
私に相応しい居場所がない
いや
居場所が見つけれない
居場所が見つからない
私は何処に行ったらいいの?
今、私は暗闇でさ迷っている
何時ココをでれる?
ずっとでれないかも
いや
もうでれれるかも
未来なんてどうなるかわからない
誰にだってわからない
そうした日々を人々はおくっている
私は未来が怖い
だから今を大切にしよう




  時間 2004/07/26(Mon)15:55
Witten by [ ゅ ぁ ]
前までは時間が
早く進んでほしかった
だって
毎日がつまらない
自分が生きているのかも
わからなかった
だけど
今は一分一秒大切に思う
やらなきゃならないこと
しなかったから
私には時間がない
もう遅いのだ
諦めることなんか
簡単にできる
でも
頑張るのは
努力するのは
難しい
だからこそ
頑張った分だけ
努力した分だけ
ご褒美がもらえる
神様が見ている
だから
悪いことしたら
バチがあたる
自分にかえってくるのだ
悪いことも
良いことも
神様がきっと見ていてくれる



  命 2004/07/25(Sun)20:25
Witten by [ でくの坊 ]
電話があった
「Aが亡くなったらしい」不慮の事故で。

私の知らない人だけれど・・・・、一つ屋根の下、共に勉強していた人だ。信じられないまま、もう通夜があって・・・・。スピードが速すぎて、私の頭では追いつけない。

昨日までいたのに、今日は、もういない
信じられないけれど・・・・、それでも世界はまわってる・・・・



/ 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 /
/ 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 /
/ 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30 /
/ 31 / 32 / 33 / 34 / 35 / 36 / 37 / 38 / 39 / 40 /
/ 41 / 42 / 43 / 44 / 45 / 46 / 47 / 48 / 49 / 50 /
/ 51 / 52 / 53 / 54 / 55 / 56 / 57 / 58 / 59 / 60 /
/ 61 / 62 / 63 / 64 / 65 / 66 / 67 / 68 / 69 / 70 /
/ 71 / 72 / 73 / 74 / 75 / 76 / 77 / 78 / 79 / 80 /
/ 81 / 82 / 83 / 84 / 85 / 86 / 87 / 88 / 89 / 90 /
/ 91 / 92 / 93 / 94 / 95 / 96 / 97 / 98 / 99 / 100 /
/ 101 / 102 / 103 / 104 / 105 / 106 / 107 / 108 / 109 / 110 /
/ 111 / 112 / 113 / 114 / 115 / 116 / 117 / 118 / 119 / 120 /
/ 121 / 122 / 123 / 124 / 125 / 126 / 127 / 128 / 129 / 130 /
/ 131 / 132 / 133 / 134 / 135 / 136 / 137 / 138 / 139 / 140 /
/ 141 / 142 / 143 / 144 / 145 / 146 / 147 / 148 / 149 / 150 /
/ 151 / 152 / 153 / 154 / 155 / 156 / 157 / 158 / 159 / 160 /
/ 161 / 162 / 163 / 164 / 165 / 166 / 167 / 168 / 169 / 170 /
/ 171 / 172 / 173 / 174 / 175 / 176 / 177 / 178 / 179 / 180 /
/ 181 / 182 / 183 / 184 / 185 / 186 / 187 / 188 / 189 / 190 /
/ 191 / 192 / 193 / 194 / 195 / 196 / 197 / 198 / 199 / 200 /
/ 201 / 202 / 203 / 204 / 205 / 206 / 207 / 208 / 209 / 210 /
/ 211 / 212 / 213 / 214 / 215 / 216 / 217 / 218 / 219 / 220 /
/ 221 / 222 / 223 / 224 / 225 / 226 / 227 / 228 / 229 / 230 /
/ 231 / 232 / 233 / 234 / 235 / 236 / 237 / 238 / 239 / 240 /
/ 241 / 242 / 243 / 244 / 245 / 246 / 247 / 248 / 249 / 250 /
/ 251 / 252 / 253 / 254 / 255 / 256 / 257 / 258 / 259 / 260 /
/ 261 / 262 / 263 / 264 / 265 / 266 / 267 / 268 / 269 / 270 /
/ 271 / 272 / 273 / 274 / 275 / 276 / 277 / 278 / 279 / 280 /
/ 281 / 282 / 283 / 284 / 285 / 286 / 287 / 288 / 289 / 290 /
/ 291 / 292 / 293 / 294 / 295 / 296 / 297 / 298 / 299 / 300 /
/ 301 / 302 / 303 / 304 / 305 / 306 / 307 / 308 / 309 / 310 /
/ 311 / 312 / 313 / 314 / 315 / 316 / 317 / 318 / 319 / 320 /
/ 321 / 322 / 323 / 324 / 325 / 326 / 327 / 328 / 329 / 330 /
/ 331 / 332 / 333 / 334 / 335 / 336 / 337 / 338 / 339 / 340 /
/ 341 / 342 / 343 / 344 / 345 / 346 / 347 / 348 / 349 / 350 /
/ 351 / 352 / 353 / 354 / 355 / 356 / 357 / 358 / 359 / 360 /
/ 361 / 362 / 363 / 364 / 365 / 366 / 367 / 368 / 369 / 370 /
/ 371 / 372 / 373 / 374 / 375 / 376 / 377 / 378 / 379 / 380 /
/ 381 / 382 / 383 / 384 / 385 / 386 / 387 / 388 / 389 / 390 /
/ 391 / 392 / 393 / 394 / 395 / 396 / 397 / 398 / 399 / 400 /
/ 401 / 402 / 403 / 404 / 405 / 406 / 407 / 408 / 409 / 410 /
/ 411 / 412 / 413 / 414 / 415 / 416 / 417 / 418 / 419 / 420 /
/ 421 / 422 / 423 / 424 / 425 / 426 / 427 / 428 / 429 / 430 /
/ 431 / 432 / 433 / 434 / 435 / 436 / 437 / 438 / 439 / 440 /
/ 441 / 442 / 443 / 444 / 445 / 446 / 447 / 448 / 449 / 450 /
/ 451 / 452 / 453 / 454 / 455 / 456 / 457 / 458 / 459 / 460 /
/ 461 / 462 / 463 / 464 / 465
【投稿する】

悩み相談サイト心の癒し トップページへ戻る
copyright© 2001-2009 心の癒し
designed by
programmed by
powered by
ともとも
松本竜弥のそれ憧れるのょ
占い開運癒しの占星術
占い相談
無料占い恋愛
パワーストーン恋愛専科