【管理者用】



* 全ての方へのメッセージ *


あなたに、ふと詩が湧いてきたら、それを言葉に綴ってみてください。
誰かの勇気や、誰かの元気、誰かを慰めるかもしれません。

また、詩ではなく、そのまま普通の文章で綴って下さってもいいですよ。
その場合は、あなたへ素敵な詩をお贈りします。
【投稿する】
サイト内検索:


  風の鼻歌・〜幸せな時間〜 2004/05/08(Sat)00:38
Witten by [ ゆっち ]
た  たんたん♪
た〜〜  た〜たんたん♪
ルル〜る〜w


なあに?それ(笑)
風の歌w
誰の曲なの?
自分で作ったのw
まじで?ウケるし(笑)

そう?ちょっと歌ってみたくって♪(^^)




  ホントのウソ 2004/05/08(Sat)00:28
Witten by [ ゆっち ]
「ねえねえ、これ超かわいくない?」
 「うんwまじでかわいい!」
「ねえねえ、これまじでおいしくない?」
 「うんwかなりおいしー!」
「ねえねえ、これ、まじで超すごくない?」
 「うんうん!かな〜りすごいね!!」



今日はあの人に、何個ウソついた?



  親友 2004/05/07(Fri)21:36
Witten by [ ゆー ]
全てに疲れて
全てに嫌悪感を覚え
全てのものに意味はなく
全て終わってしまえと思った

そんな中
あなただけは
黙って私のそばにいた
あなたがいるから
あなたのおかげで
今私はここに立っています
たった一人のあなた
でも、
かけがえのない一人だけのあなた



  わかりあえるかも 2004/05/07(Fri)21:22
Witten by [ ぷりん ]
わからない、って言われて
何回も悲しい思いをした

わかるように言おうって思うと
疲れて空回りした

でも、わかるってことは
言葉だけじゃないってことが
わかってきた

相手の世界にマッチするかどうか、
なんだよねってことが
わかってきた

だからもう傷つかないし、
どこがわからないのか尋ねる勇気もでた

すると・・・わかりあえる・・・かも?

愛も憎しみも、感情の高まりも
いろんな人の織り成す世界、その協奏曲

昔は雑音みたいだったけど
今なら暖かく見られるかな



  ありがとう 2004/05/07(Fri)20:54
Witten by [ 四つ葉のクローバー(^-^)ノ ]
今までありがとう
あなたが居てくれたから私はここにいる
あなたが居なかったら私はここに居なかった
人と接することを拒否してたと思う
人から隠れていたと思う
あなたが居てくれたことが私の支え
だけど・・・あなたとは別々の道を進まなくてはならない
苦しいよ・・・
哀しいよ・・・
また、前に戻りたい・・・
無理だよね・・・
戻れるんだったらまたよろしくね
http://plaza.rakuten.co.jp/erikoko/


  満足 2004/05/06(Thu)21:51
Witten by [ 青海 ]
あの頃は楽しかった、

じゃなくて

あの頃も楽しかった、

って言いたい



  青 2004/05/06(Thu)21:10
Witten by [ 麻倉 ]
夏の風が吹く
もう 初夏だ
すがすがしい風がそっと心を吹き抜ける
でも 僕の心はかたくなで 何も無い
空っぽだ
誰も信じられなくて
みんなが嫌い
自分が嫌い
人々のざわめきが
孤独の僕を追いつめる
どうして?
憎しみ合い 恨みあい
傷つけあう
どうして?
人はこんなに汚いの?
どうして?
自分勝手でワガママで・・・
「君の事一番わかってる。」
嘘ばっかり
何もわかってくれないじゃないか
何もわかってないじゃないか
僕の苦しみも
憎しみも
恨みも
ただ 口先だけじゃないか
青い海
暗い心
白いすな
汚い心
ただ 青の世界で僕は
孤独を思う
このまま
青になろうか?
楽になれる?
空は真っ暗
星も無い
月も無い
ただあるのは
孤独というなの悲しみだけ
苦しみだけ
タスケテ
タスケテ
どうして素直になれないの?
どうすればいい?
みんな僕が嫌いなの・・・?



  精一杯の笑顔 2004/05/06(Thu)16:39
Witten by [ ゆゆ ]
必ず明日が来るかは
分からないけど
今 此処に居ること
それは
確かだから
だから今は
精一杯の笑顔で
笑っていよう



  気持ちと私 2004/05/06(Thu)14:15
Witten by [ まろん ]
好きなのに好きっていえない
そんな私でごめんなさい

いつまで強がってるんだろう
いつまで自分を閉じ込めておくつもりだろう
でも君はそんな私を
優しく包んでくくれた
うれしかった
今までにないくらい
胸がドキドキしたの
君は知らないかもしれないけど
すごくすごくうれしくて
それと一緒に悲しかった...

ごめんね
素直になれなくて
本当にごめんね
まだわからないの
うれしかったけど
自分の気持ちがうそじゃないかって
疑っちゃう
逃げてるかもしれないけど
君は待っててくれるって
いったから

自分の気持ちに素直になれたら
君に一番に言いたい言葉があるの
聞いて欲しいな



  ありふれた不幸 2004/05/06(Thu)13:18
Witten by [ げんき ]
不幸話を聞いた

真っ黒を薄めてしまう真っ黒
その真っ黒を薄めてしまう真っ黒…
世の中そんなかんじで

ただ 不幸だなと思うことしかできなかった
http://homepage3.nifty.com/bote-ring/


  生きてる瞬き 2004/05/05(Wed)22:13
Witten by [ フィアー ]
僕も 生きる事に 時々疲れて
ひしゃげた体を引きずって歩いている時が
あります

何か 暗くて湿った重おいモノを
この背中に しょって歩きつづけている時が
あります

昨日までが幻のように
今日がため息混じりに
明日は暗いトンネルのように

まるで トレイシングペーパーで
透かしたように 浮かび上がった道を
鉛筆でなどって描きたくなる時が
あります

そんな簡単な 明日じゃないけど
たとえようも無い 生命の道だけど

疲れてても 悲しくても
途方に暮れてても
知らない間に時間が過ぎて
生き続けているように
感じてます

明るくて 楽しくて 朗らかで
そして ほんの少しでも
ホッとできたら それでも
知らない間に 生き続けている
ように 感じます

今 一瞬の心のまばたきを
感じることが出来ない 僕でも

生きつづけたい 少しでも
どっか片隅に 佇んでる影絵が
あるみたい



  生きること 2004/05/05(Wed)21:39
Witten by [ さくら ]
みなさんはなんのために生きていますか?
なにか目的を持って生きていますか?
毎日なんとなく生きてませんか?
私は今、生きる意味とはなにかを探しています。



  やちゃった 2004/05/05(Wed)21:11
Witten by [ りみ ]
またドジやってしまいました
許してね
は〜っ
なんでこうなるの
は〜っ
ふ〜っ



  漕ぐペダル 2004/05/05(Wed)20:37
Witten by [ フィアー ]
揺られて 揺られて 揺られて
体躯も揺られて
心も 揺られて

自転車で母の後ろにちょっこり乗って
もう思春期な「こどな」なのに
どこか恥ずかしくても
その顔を隠して 砂利道を進む

初夏の陽射しが少し照ってて
陽炎のように揺れた
夏草も 水みずしく 輝いて
けれど 私は淋しくて

落ちつきと戸惑いのなかで
いつもの通学路を 母の漕ぐペダルが
鳴いていて

どんなに不幸で 辛くても
優しくて ちょっと過保護な母に
八つあたりした あの頃

学校を沢山休んで 呼び出されずもいて
騒動も一杯あって
けれど 母は何も咎めずに
私を 自転車に乗せて

たった 一つの勇気をくれて
ようやく 地に付いた足 運ぶ事が出来たよ
・・・

あの初夏のまぶしさって
陽炎のようでした

本当に ごめんね お母さん



  … 2004/05/05(Wed)19:36
Witten by [ 青海 ]
君に会えなくて寂しい

こんな気持ちは初めてだよ…

会いたい



  微笑み 2004/05/05(Wed)17:45
Witten by [ エメラルド ]
上手に笑えないの。。
淋しそうに君は言ったね

幼いころ覚えた愛想笑い
嫌われたくなかったから。。

僕にはわかるよ
君の瞳
いっぱい泣いてきたんだね

そばにいてあげられなくてごめんね

愛されることが信じられなくて
愛しかたもわからなくて
愛し合うことができると思えなくて

愛されたいと願っていても
愛することが怖くて
愛を受けとれなくて
遠くから僕を見守っている君

「無償の愛」に逃げないで
与えるのが善で 受けとるのが悪なんて
誰が君に教えたの

与えるだけの愛なんてない
自然は生きて生かされている
宇宙はエデンの園
いつも愛で満たされている

君が生きていて
僕が生きている
これ以上 何を望むだろう
こんなにも僕たちは愛されている

僕のもとへ戻ってきて
もう一度見せて
君が忘れていた
その微笑みを


http://members.goo.ne.jp/home/emerald424


  最低な自分 2004/05/05(Wed)14:11
Witten by [ りこ ]
好かれたから、好きになったんじゃない
私の気持ちは私のもの
だから私の知らない彼の世界がどんなでも構わない

彼は今年に入ってから週末・休日には連絡くれなくなった
きっとそういう事だろう
彼はもう疲れてきたんだ
初めから本気ではなかったんだ

でも私もフリーメールのサイトからしかメールできない
彼に抱かれる事が出来ない理由は彼にはない
私にある・・

彼は私を想ってくれた
彼は私で遊んでいる
2つの気持ちが私の中にある
そして彼に抱かれる事が出来ない事情がある

彼が疲れてしまったは当然
彼が疲れてしまって胸が痛い

今日もメールは無かった
こない方がいいのに、待ってしまっている

自分でも自分が判らないのに、彼に私が判るわけがない
自分って何?



  ジャングルジムの思い出 2004/05/05(Wed)00:09
Witten by [ フィアー ]
ジャングルジムに登って
涼しい北西の風が肩を撫ぜた頃
ちょうど 朱い夕陽が僕達の影を
追いかけていたね

もう すっかり遠い昔の話だけど
どうだろう?
みんなの記憶の中に今でも焼き付いているのかな

隣りのシーソーがキーキー鳴いて
公園を散歩する タバコをくわえたおじさんと
白い犬
野球少年達が自転車でワーワー騒ぎながら
家路についてたね

もう お店のネオンが灯っても
僕等は どうして あのジャングルジムから
降りなかったんだろうね

お尻が痛かったのに   ね   

東京から引っ越してきた彼女(きみ)は
真っ黒装束のいでたちで僕等をどんなけ
驚かせたか もう 今では笑い話だけど

ごめん・・・
ホントにあの時 笑ったんだ
このド田舎には 似合わなさすぎたんだ

けれど 風に靡いた長い黒髪は とっても
可愛かったし 触れることさえも許さない
悲しさと威厳さがあったんだ・・・

本当は 東京に帰りたかったんだね・・・

そんな気がした そんな気がしたんだ


他愛無い 方言と東京言葉の交わりは
僕等の間の距離を縮めたのかな
それとも 近づけたのかな
今でもよく 分からないんだ

僕達はしばし その場で立ち竦んで
そして 公園の砂漠をひたむきに歩いたね

喉が乾いていたね だから ジュースを飲んで
あの砂漠を渡ったんだ

夕陽に向かって まるで昔のドラマみたいに
叫ぶ ことはなかったけれど
「みんな 帰る?」
僕等 頷いて 少しみんな距離を置いて
駅まで歩いて帰ったの 覚えているよ

ねぇ みんな あれから どうしてる?
僕等 散り散りになっちゃったね・・・

僕達 それぞれの道へ戻ったから

それとも 彼女(きみ) 東京に帰ったのかな・・・
http://www1.ocn.ne.jp/~youu/MyPage/menu0.html


  願い 2004/05/04(Tue)22:54
Witten by [ りみ ]
どうか 彼が傷付きませんように...
またメールが来ますように



  雨の日の失敗。 2004/05/04(Tue)20:46
Witten by [ 如月 ]
あやまれる勇気がほしい
はなせる勇気がほしい
あと一歩ふみだせる勇気があれば
あと一歩いえる勇気があれば
その手はすぐそこに触れられたのだから

ごめんなさい。

たった一言でも
言えばよかったのに

なんで、笑って許してくれたの?




/ 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 /
/ 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 /
/ 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30 /
/ 31 / 32 / 33 / 34 / 35 / 36 / 37 / 38 / 39 / 40 /
/ 41 / 42 / 43 / 44 / 45 / 46 / 47 / 48 / 49 / 50 /
/ 51 / 52 / 53 / 54 / 55 / 56 / 57 / 58 / 59 / 60 /
/ 61 / 62 / 63 / 64 / 65 / 66 / 67 / 68 / 69 / 70 /
/ 71 / 72 / 73 / 74 / 75 / 76 / 77 / 78 / 79 / 80 /
/ 81 / 82 / 83 / 84 / 85 / 86 / 87 / 88 / 89 / 90 /
/ 91 / 92 / 93 / 94 / 95 / 96 / 97 / 98 / 99 / 100 /
/ 101 / 102 / 103 / 104 / 105 / 106 / 107 / 108 / 109 / 110 /
/ 111 / 112 / 113 / 114 / 115 / 116 / 117 / 118 / 119 / 120 /
/ 121 / 122 / 123 / 124 / 125 / 126 / 127 / 128 / 129 / 130 /
/ 131 / 132 / 133 / 134 / 135 / 136 / 137 / 138 / 139 / 140 /
/ 141 / 142 / 143 / 144 / 145 / 146 / 147 / 148 / 149 / 150 /
/ 151 / 152 / 153 / 154 / 155 / 156 / 157 / 158 / 159 / 160 /
/ 161 / 162 / 163 / 164 / 165 / 166 / 167 / 168 / 169 / 170 /
/ 171 / 172 / 173 / 174 / 175 / 176 / 177 / 178 / 179 / 180 /
/ 181 / 182 / 183 / 184 / 185 / 186 / 187 / 188 / 189 / 190 /
/ 191 / 192 / 193 / 194 / 195 / 196 / 197 / 198 / 199 / 200 /
/ 201 / 202 / 203 / 204 / 205 / 206 / 207 / 208 / 209 / 210 /
/ 211 / 212 / 213 / 214 / 215 / 216 / 217 / 218 / 219 / 220 /
/ 221 / 222 / 223 / 224 / 225 / 226 / 227 / 228 / 229 / 230 /
/ 231 / 232 / 233 / 234 / 235 / 236 / 237 / 238 / 239 / 240 /
/ 241 / 242 / 243 / 244 / 245 / 246 / 247 / 248 / 249 / 250 /
/ 251 / 252 / 253 / 254 / 255 / 256 / 257 / 258 / 259 / 260 /
/ 261 / 262 / 263 / 264 / 265 / 266 / 267 / 268 / 269 / 270 /
/ 271 / 272 / 273 / 274 / 275 / 276 / 277 / 278 / 279 / 280 /
/ 281 / 282 / 283 / 284 / 285 / 286 / 287 / 288 / 289 / 290 /
/ 291 / 292 / 293 / 294 / 295 / 296 / 297 / 298 / 299 / 300 /
/ 301 / 302 / 303 / 304 / 305 / 306 / 307 / 308 / 309 / 310 /
/ 311 / 312 / 313 / 314 / 315 / 316 / 317 / 318 / 319 / 320 /
/ 321 / 322 / 323 / 324 / 325 / 326 / 327 / 328 / 329 / 330 /
/ 331 / 332 / 333 / 334 / 335 / 336 / 337 / 338 / 339 / 340 /
/ 341 / 342 / 343 / 344 / 345 / 346 / 347 / 348 / 349 / 350 /
/ 351 / 352 / 353 / 354 / 355 / 356 / 357 / 358 / 359 / 360 /
/ 361 / 362 / 363 / 364 / 365 / 366 / 367 / 368 / 369 / 370 /
/ 371 / 372 / 373 / 374 / 375 / 376 / 377 / 378 / 379 / 380 /
/ 381 / 382 / 383 / 384 / 385 / 386 / 387 / 388 / 389 / 390 /
/ 391 / 392 / 393 / 394 / 395 / 396 / 397 / 398 / 399 / 400 /
/ 401 / 402 / 403 / 404 / 405 / 406 / 407 / 408 / 409 / 410 /
/ 411 / 412 / 413 / 414 / 415 / 416 / 417 / 418 / 419 / 420 /
/ 421 / 422 / 423 / 424 / 425 / 426 / 427 / 428 / 429 / 430 /
/ 431 / 432 / 433 / 434 / 435 / 436 / 437 / 438 / 439 / 440 /
/ 441 / 442 / 443 / 444 / 445 / 446 / 447 / 448 / 449 / 450 /
/ 451 / 452 / 453 / 454 / 455 / 456 / 457 / 458 / 459 / 460 /
/ 461 / 462 / 463 / 464 / 465
【投稿する】

悩み相談サイト心の癒し トップページへ戻る
copyright© 2001-2009 心の癒し
designed by
programmed by
powered by
ともとも
松本竜弥のそれ憧れるのょ
占い開運癒しの占星術
占い相談
無料占い恋愛
パワーストーン恋愛専科