【管理者用】



* 全ての方へのメッセージ *


あなたに、ふと詩が湧いてきたら、それを言葉に綴ってみてください。
誰かの勇気や、誰かの元気、誰かを慰めるかもしれません。

また、詩ではなく、そのまま普通の文章で綴って下さってもいいですよ。
その場合は、あなたへ素敵な詩をお贈りします。
【投稿する】
サイト内検索:


  生きてみたい。 2003/11/05(Wed)11:34
Witten by [ 太陽 ]
死んだら楽に成る・・
よく考えてみて、それって本当に楽な事?
今までの事、振り返ってご覧よ
楽しかった事、大笑いした事、好きな人と
一緒に時を過ごした事・・
嫌無いなることたくさんあるけど
生きて居るから全ての事、体験できるんだよ。
私も苦しい、涙ばかりの毎日・・
どうしていつも私だけと思ってる・
でも、自分を信じてる。
必ず、自分にも暖かい太陽が私を照らす事。
諦めないで!!生きる事!!
簡単に自分から死を選択してはだめだよ!!
世の中には、生きたくても生きれない人
たくさん居るんだよ。
親の愛がほしいのなら、親に言えばいい。
”自分を見て!!自分を愛して!!”
大丈夫、大丈夫、みんな一人出ない。
だれも、貴方の事攻めていない・・
人を責めるのなら、自分を誉めて。
自分を愛して。自分を認めて。
何時の日か、必ず、必ず、必ず
生きていて良かったと思う日が来るから・・




  虚構 2003/11/05(Wed)00:05
Witten by [ ko-huku ]
「お父さん、お母さん。お願いだから
もう、この星を壊さないで。僕たちに
死ねっていってるの?
そんなのいやだよ、お金?そんなもの
いらないよ。
いやだよ死にたくないよ。」

いったい自分たち先進国の人たちは
どれほど人を殺せば気が済むんだろう

約2.5秒に一人の子供が餓死しているこの世界
私達の生活のためにその子たちは死んでいく
贅沢、無限の経済の発展という虚構のために

今の生活そのものが虚構であり
続くわけがないもの。
お金が欲しい?それとも幸せが欲しい?

私達は、いつまで未来の子供たちの命ですら
平気で殺していくんだろうか。





  親へ 2003/11/04(Tue)20:45
Witten by [ 死神 ]
お父さん
お母さん
子供を愛せないのに
どうして産んだのですか?

お父さん
お母さん
義務で産んだのならば
あたしは許さない

お父さん
お母さん
あたしは必要ですか?

お父さん
お母さん
あたしがみえますか?

お父さん
お母さん
あたしの心の叫び届いてますか?

お父さん
お母さん
あたしはなんの意味が在って産まれたのですか?

お父さん
お母さん
あたしを愛して・・・・
一度でいいから・・・・

あたしはソレが欲しいの



  死・・・・・ 2003/11/04(Tue)20:33
Witten by [ 死神 ]
私は不必要な児

ダカラ死にたい
デモ死ねない

何度手首を切っても
死ねない

今度は薬を飲んでみた
やっぱり死ねない・・・・

どうすれば楽になれますか?

神様死なせてください
お願いだから・・・・・



  おかあさんへ 2003/11/04(Tue)18:04
Witten by [ yumi ]
会ったこともない人の死に
思わず涙してしまう私
会ったこともない人の悲しみを
少しでも和らげてあげたいと
思ってしまう私

こんなにもつらくて苦しくて
いつも震えて泣いてるくせに
殺したいくらい人を憎んだこともあるくせに
やっぱり私は悪魔にはなれないんだ
この世に生まれてきて
愛することを
教えられてしまったから
思いやることを
教えられてしまったから

純粋無垢な天使にはきっとなれないから
せめてこれからは
あたりまえのことひとつひとつを
大事にして生きていくよ
愛していく 自分を 出会う人すべてを

ママ 命をくれて ありがとう・・・ 



  鬱病 2003/11/04(Tue)09:56
Witten by [ 絵本作家 ]
今は何でもかんでも鬱病と呼ぶ。鬱病の大安売りである。
友人と会って、「どうだ、近頃?」

「うん、ちょっと鬱病気味なのだ」

また別な友達と会い

「しばらくだな。ときどき会社に出てこないようだが」
「どうも、鬱病気味でね、本物のまっさらな鬱病なのだ。」
三人目には質問を変える。

「君も鬱病かい?」

「よくぞ言ってくれた。鬱病も鬱病、まあ地球

上の鬱病の三分の一は俺にとりついているな」

四人目の男との会話。

「どうだね、鬱病の具合は?」

「えっ、なんのことだ?」

「つまり君の鬱病は・・・」

「ウツビョウ?それとぼくとどういう関係にあるんだ。」
「ちょっと息をさせてくれよ。すると君は鬱病

じゃないっていうのか?」

「ピンピンしてるよ。そんなものじゃないな。」

「本当か」

「別に嘘をつく理由もないじゃないか。」

「信じられん」

「そう人の顔をへんな目で見るなよ。何かおかしいことでもあるのか。」
「ふしぎだ。奇跡だ。悪魔のしわざだ。」

「どういう訳だね。鬱病でないとなにか不都合なことでもあるのかね。」

「不都合だな」

「どういうふうに不都合なのだ。」

「なぜって、挨拶がスムーズにいかないじゃないか!」



  やる気がでない 2003/11/04(Tue)09:26
Witten by [ 零戦五二型丙 ]
おやおややる気がでないぞ

あんなに張り切って目標をたてたのに

なんだか、体がだるい。

たるんじょる!

ってとこかもしれないが。

ビンタでも食らわされた方がいいのかもしれぬ。
それは恐らく、自分なりの納得のいく

勉強法が試行錯誤で見つかっていないあせり

なんだろうと思う。

スケジュールはもうできている。

あとは、僕がやるだけなんだ。

自分なりのやり方をみつけて右往左往せずに

集中してやるだけなんだ。

それだけだ。



  みあげてごらん 2003/11/04(Tue)08:44
Witten by [ たんぽぽ ]
見上げる空に星ひとつ
明日はどんな時(ひ)なんだろう
毎日同じ風が私の前を吹くとき
ふと時計の針を止めてしまう
今まで走り続けた私に
大きな壁は何を話してくれるのだろう
後ろを振り返ることのできない私に
明日の風はどんな歌を歌ってくれるのだろう
きょうもまた見上げる空に星ひとつ
明日はきっと快晴(はれ)になるだろう



  「未タイトル」 2003/11/04(Tue)01:00
Witten by [  ]
暗い闇にいた私
そんな私をあなたは
光となって照らしてくれた
あなたがいたから私は頑張れた
これからもずっと照らしてほしい



  空を見上げてごらん 2003/11/04(Tue)00:15
Witten by [ チルド ]
空をみなよ
たとえ ちがう場所からでも
みているものは一緒だよ
たとえ ちがう場所からでも
きっと会えるはずだから
広いようで 狭いこの世界の
どこかで・・・



  怯え 2003/11/03(Mon)23:14
Witten by [ 泡沫 ]
自分が嫌いな人にも自分を好きでいてもらいたかった
自分が嫌いな人にも笑顔で振舞った
自分が嫌いな人のために何かをすることを厭わなかった
怖かったのかもしれない

人に嫌われることが

今も怖いのかもしれない

あの冷たい目で見られることが


しかし…



自分をさらけ出す方が
よほど楽で
そして嫌われないのだと


教えられた今日この頃。
http://hp5.popkmart.ne.jp/sea_secret/


  春の日のこと 2003/11/03(Mon)21:33
Witten by [ yumi ]
裏の空き家の庭に
梅の木を見つけた
誰も気づかない
誰もいない家の庭で
細い腕を精一杯伸ばして
白い花をつけている

誰のために?
思わずそう問いかけた
甘い香りを漂わせて
春を誰に告げているの?
私がそう聞いても
木は答えなかった
ただ香りを返してくれただけ
私に触れたように
ふんわりと風に乗せて

誰もいない家の
誰もいない庭で
ただ精一杯腕を伸ばして
http://freett.com/lacegarden/


  そら 2003/11/03(Mon)21:23
Witten by [ yumi ]
先日の福祉祭りで
赤い羽根の募金をしたら
風船をもらった
何色がいいですか?と聞かれて
迷わずピンクと答えた

翌日になればしぼんでしまうのはわかっていた
自転車につないで持って帰って
部屋の天井に頭をつけて
なんて狭い部屋なの!という
風船の声が聞こえてきそうな気がした

ピンク色・・・
私が初めて人の死に出会ったのは
心臓移植が間に合わずになくなった
小さな女の子だった
その子はピンクが好きだった
どうかこの風船が届きますように・・・

私には庭で糸をはなした
風船は迷わず空へ向かい
小さな点になって見えなくなるまで
私はずっとずっと見つめていた
なぜか悲しくなった
空と地上の境界線を見たような気持ちになった



  アリガトウ。 2003/11/02(Sun)17:25
Witten by [ ミウ ]
あなたの気持ち

すごく嬉しかった

大切にしようと思った

19年間生きてきて

死のうと思ったこと 何度もあったけど

こうやって あなたに出逢えて

本当に生きててよかったと思う

こんな私だけど

あなたのこと 精一杯好きだから

これからは自分の命を

もう少しだいじにしようと思う

大好きなあなたへ

感謝の気持ちを込めて。




  生まれて来てくれてありがとう。 2003/11/01(Sat)22:24
Witten by [ ひかる ]
ひかるちゃん
生まれて来てくれてありがとう。
心の相談者である貴方に、この言葉を言われた時
一筋の大きな涙がこぼれた。
これまで生きてきて、親にさえ言われた事の無い初めての、言葉だった。
母に”なんで私を産んだの?”と鋭い目をして
言い放ったあの頃の私。
生きるのが苦しくて、苦しくて、死ぬ事ばかり
考えていたあの頃の私。
自分が生まれて来たことを、生まれてきた意味さえも、ぜ〜んぶ否定していたトゲトゲだらけの私・・・

あれから幾つもの時が流れた。
自分自身を愛する事を知り、少しづつ・・
私は内なる愛を取り戻しつつある。
今は、頂いた愛の言葉をお人に私が
送っている。そして、気づいたのだ、
誕生日って私を生んでくれたお人・・そう、
母さんに”母さん、今日生まれた日だよ。
産んでくれてありがとう。”と感謝を伝える
大切な、親子の日なのだと・・

生きるのって大変だよね。
もし、貴方が今、死を望んでいるのなら思い出してほしい、
一人では無い事を・・みんな、みんな、愛される為に、この美しい地球に生まれて来たことを・・
かけがいの無い一人一人に私は伝えたい。

生まれて来てくれて、どうも、ありがとう。
貴方が幸せでありますように・・
愛を込めて私は貴方に送るよ・・





  あるけ・・・ 2003/11/01(Sat)13:43
Witten by [ グリコ ]
歩くことをやめてはいけない。あめがふろうと、雪がふろうとも。
しかし
休憩はゆるされるのさ。なぜかって?
また歩くことができるから。
進むことができるから・・。



  時々ね・・・ 2003/11/01(Sat)09:49
Witten by [ yumi ]
誰にも愛されてない気がして
本気で落ち込んで
どうしようもなくなるときがある

でもそんなとき思い出すのは
私と一瞬でもかかわってくれた人の顔
一時とはいえ
心配して私のために書いてくれた手紙
私になきながら悩みを打ち明けてくれた人
久しぶりに連絡を取って喜んでくれた人
私がお水をあげてつぼみを持った花・・・

庭のこおろぎをみて
メスのためにないているのに
私も元気をもらった
なんて美しい音だろうか
まるで命を与えてくれた
神様へのお礼のように

愛されています
あなたも 私も
思いを打ち明けることのない
恋を誰もが抱くように
言葉には出さなくても
あなたを見つめる瞳は必ずある
私がそうだから
あなたを想う
私もそうだから
だからいなくならないで
あなたの存在が
私を支えています



  ほら・・ 2003/10/31(Fri)22:06
Witten by [ グリコ ]
何もなかったあのころはすぎちゃった。
いましかないの。
後もないし、過去もない。
でもね・・
いまがあるの。
楽しい今が。悲しい今が。それこそがわが人生。



  奇跡 2003/10/31(Fri)20:46
Witten by [ ぴこ ]
私はあなたが好きです

たくさんの人が生まれるこの地球で、

たった1人の君に出会えたこと・・・

神様、すてな奇跡をありがとう。




  HERP ME!! 2003/10/31(Fri)20:34
Witten by [ 舞妓 ]
疲れただけで終わらせることが出来ないよ
いったい僕はどこまで押しつぶされていくんだろう?!?!
君は知ってるの?なら答えてよ
僕は答えが欲しいんだ
僕は必要とされているのか
生きていてもいいのか
どうして僕を苦しめるんだい??
僕はいつも哀しみを背負ってる
ねぇそろそろ僕を助けてもいいころなんじゃない??



/ 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 /
/ 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 /
/ 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30 /
/ 31 / 32 / 33 / 34 / 35 / 36 / 37 / 38 / 39 / 40 /
/ 41 / 42 / 43 / 44 / 45 / 46 / 47 / 48 / 49 / 50 /
/ 51 / 52 / 53 / 54 / 55 / 56 / 57 / 58 / 59 / 60 /
/ 61 / 62 / 63 / 64 / 65 / 66 / 67 / 68 / 69 / 70 /
/ 71 / 72 / 73 / 74 / 75 / 76 / 77 / 78 / 79 / 80 /
/ 81 / 82 / 83 / 84 / 85 / 86 / 87 / 88 / 89 / 90 /
/ 91 / 92 / 93 / 94 / 95 / 96 / 97 / 98 / 99 / 100 /
/ 101 / 102 / 103 / 104 / 105 / 106 / 107 / 108 / 109 / 110 /
/ 111 / 112 / 113 / 114 / 115 / 116 / 117 / 118 / 119 / 120 /
/ 121 / 122 / 123 / 124 / 125 / 126 / 127 / 128 / 129 / 130 /
/ 131 / 132 / 133 / 134 / 135 / 136 / 137 / 138 / 139 / 140 /
/ 141 / 142 / 143 / 144 / 145 / 146 / 147 / 148 / 149 / 150 /
/ 151 / 152 / 153 / 154 / 155 / 156 / 157 / 158 / 159 / 160 /
/ 161 / 162 / 163 / 164 / 165 / 166 / 167 / 168 / 169 / 170 /
/ 171 / 172 / 173 / 174 / 175 / 176 / 177 / 178 / 179 / 180 /
/ 181 / 182 / 183 / 184 / 185 / 186 / 187 / 188 / 189 / 190 /
/ 191 / 192 / 193 / 194 / 195 / 196 / 197 / 198 / 199 / 200 /
/ 201 / 202 / 203 / 204 / 205 / 206 / 207 / 208 / 209 / 210 /
/ 211 / 212 / 213 / 214 / 215 / 216 / 217 / 218 / 219 / 220 /
/ 221 / 222 / 223 / 224 / 225 / 226 / 227 / 228 / 229 / 230 /
/ 231 / 232 / 233 / 234 / 235 / 236 / 237 / 238 / 239 / 240 /
/ 241 / 242 / 243 / 244 / 245 / 246 / 247 / 248 / 249 / 250 /
/ 251 / 252 / 253 / 254 / 255 / 256 / 257 / 258 / 259 / 260 /
/ 261 / 262 / 263 / 264 / 265 / 266 / 267 / 268 / 269 / 270 /
/ 271 / 272 / 273 / 274 / 275 / 276 / 277 / 278 / 279 / 280 /
/ 281 / 282 / 283 / 284 / 285 / 286 / 287 / 288 / 289 / 290 /
/ 291 / 292 / 293 / 294 / 295 / 296 / 297 / 298 / 299 / 300 /
/ 301 / 302 / 303 / 304 / 305 / 306 / 307 / 308 / 309 / 310 /
/ 311 / 312 / 313 / 314 / 315 / 316 / 317 / 318 / 319 / 320 /
/ 321 / 322 / 323 / 324 / 325 / 326 / 327 / 328 / 329 / 330 /
/ 331 / 332 / 333 / 334 / 335 / 336 / 337 / 338 / 339 / 340 /
/ 341 / 342 / 343 / 344 / 345 / 346 / 347 / 348 / 349 / 350 /
/ 351 / 352 / 353 / 354 / 355 / 356 / 357 / 358 / 359 / 360 /
/ 361 / 362 / 363 / 364 / 365 / 366 / 367 / 368 / 369 / 370 /
/ 371 / 372 / 373 / 374 / 375 / 376 / 377 / 378 / 379 / 380 /
/ 381 / 382 / 383 / 384 / 385 / 386 / 387 / 388 / 389 / 390 /
/ 391 / 392 / 393 / 394 / 395 / 396 / 397 / 398 / 399 / 400 /
/ 401 / 402 / 403 / 404 / 405 / 406 / 407 / 408 / 409 / 410 /
/ 411 / 412 / 413 / 414 / 415 / 416 / 417 / 418 / 419 / 420 /
/ 421 / 422 / 423 / 424 / 425 / 426 / 427 / 428 / 429 / 430 /
/ 431 / 432 / 433 / 434 / 435 / 436 / 437 / 438 / 439 / 440 /
/ 441 / 442 / 443 / 444 / 445 / 446 / 447 / 448 / 449 / 450 /
/ 451 / 452 / 453 / 454 / 455 / 456 / 457 / 458 / 459 / 460 /
/ 461 / 462 / 463 / 464 / 465
【投稿する】

悩み相談サイト心の癒し トップページへ戻る
copyright© 2001-2009 心の癒し
designed by
programmed by
powered by
ともとも
松本竜弥のそれ憧れるのょ
占い開運癒しの占星術
占い相談
無料占い恋愛
パワーストーン恋愛専科