【管理者用】



* 全ての方へのメッセージ *


あなたに、ふと詩が湧いてきたら、それを言葉に綴ってみてください。
誰かの勇気や、誰かの元気、誰かを慰めるかもしれません。

また、詩ではなく、そのまま普通の文章で綴って下さってもいいですよ。
その場合は、あなたへ素敵な詩をお贈りします。
【投稿する】
サイト内検索:


  大激怒 2003/10/26(Sun)15:06
Witten by [ 高田純二 ]
最近のテレビは堕落しまくっている。

こんな番組しかつくれなくなっているのか。

本当の日常生活でこんな場面があるのか。

こんな馬鹿らしい番組に本気で出演して

高い金をもらっている俳優はバカだぜ。

これは、と感情移入させられる番組、

自然に涙がこぼれたりするような番組は

つくれないのか。

金ばっかりかけてろくな番組もつくれてない

じゃないか。

昔の日本の映画、テレビはこんなじゃなかった

金はそんなになかったけどね。



  冬のロケット 2003/10/26(Sun)01:36
Witten by [ Hazki ]
さよなら母さん
親父 あばよ

あなた達を追いこす為に
ながい旅に出かけるとします
価値観 理想 ひとの愛し方
あなた達のどちらとも違うやり方で
ゆこう――そう決めたのです

末っ子のあいつをどうか
可愛がってやって下さい
俺がそうしたかったように



  一期一会 2003/10/25(Sat)21:16
Witten by [ ko-huku ]
人生。命。なんていうのは
はかないもの。

生きていることに慣れたらあかん。
人生八十年なんていうのは真っ赤な嘘。

今、自分が生きていることが

奇跡だということ。

死と生は紙一重。

明日、死ぬかもしれない。

そう思えば生きられる。

最高に楽しい人生を!。



  I love you・・・ 2003/10/25(Sat)14:05
Witten by [ Strawberry★ ]
あなたといると楽しい
あなたといると自然と笑顔がこぼれる
あなたといると心から素直になれる
あなたといるとホッと出来る
あなたといると胸がときめく

あなたのことが好きだから・・・。



  かえてくのはじぶん 2003/10/24(Fri)21:32
Witten by [ みき ]
変えたいのは、じぶん

言葉は わたしをゆさぶって、

いやなきもちは、
降りつもって、暗い。

こころはいつもわたしのなかにいて、
かなしみをうたう。

誰か助けてと、
なみだはあふれ、おちていくけど。

でも、

あるとき、

わたしのなかの、

わたしがいった。

しれんは
越えるためにあると。

光が、

芽吹いた。

気づいた。

いつでも、わたしのなかにいて
わたしを変えてくれるのは、
じぶんだって。

わたしのなみだをしっているのは、
わたしだって。

だから、
信じてみる

じぶんのちからを。
やさしい、
このきもちを。









  幸せ 2003/10/24(Fri)19:21
Witten by [ 泡沫 ]
いつの間にか当たり前になりすぎて
気づかなくなってしまうのかもしれない

自分に何かが与えられることに慣れ
自分が求める世界の中に身を置く

「幸せ」が普通になっていく感覚は
感覚がなくなっていくことに等しい



僕等がそれに気づく時

それは…





離れて失って
そしてはじめて


僕等はそれに気づくのだ…





だからもっと早く
手遅れになる前に
感謝の意と自分の幸せを噛締めて


幸せを普通にしてしまう前に
最愛のあなたに
幸せです。ありがとう。



  違う人間だから 2003/10/24(Fri)16:06
Witten by [  ]
僕はここにいる
考え方を否定されても
僕の存在まで否定される謂れはない
みんなお互い違う人間だから
みんな考え方に違いがあるから
時には「それは違う」と
否定されるけど
だからって僕の存在まで否定されたくない
僕は貴方がいることを否定したりしない
だから貴方も
僕の存在を否定するな



  ヤサシサ 2003/10/24(Fri)15:24
Witten by [ kenta ]
優しくなりたい
ひとの痛み・哀しみ・苦しみを少しでも軽くできるように
ジブンのこころを曇らせず、素直に、忘れないように
どこかに置き忘れたこころを取り戻したい



  ヤサシサヒカレ・・・ 2003/10/24(Fri)11:33
Witten by [ 岬ひかる ]
太陽の光がまぶしくて
そっと目を覆う
でも
まぶしさだけが
目を覆う理由じゃないんだ
『なぜだろう?光がこんなにまぶしいのは』
かすんだ青空
遠い雲
ささやく小鳥達
何もかもが新鮮で
悲しくなる
そうだ
きっと
涙が理由なんだ
平和がここにある
一律の幸せ
このいっぱいの光が
平和と優しさのエンゲージリング
太陽の光がまぶしくて
優しさの光がまぶしくて…





  切ないよ・・・ 2003/10/23(Thu)21:10
Witten by [ かな ]
好きで…好きで…たまらなくすきで…
けどこの思いが届かないと気づいた
諦めよぅって思った。
カバンに書いた名前…
筆箱に書いた思い…
全部消した。
けど心の思いまでは消えなかった…
諦め切れなかった…
消せなかった…
忘れようって思えば思うほど君への思いは強くなっていったんだ。
やっぱり「スキ」だよ…
気づけば君を目で追ってる。
口では諦めるとかムカツクだとか言ってるけど
心に嘘はつけなかった…
ゴメンね…
どぅしよぅもナイくらい君が
スキだよ…



  空色パレット 2003/10/23(Thu)16:43
Witten by [ 亜咲 ]
幸せは
描けるよ?
紙と 筆と 絵の具 パレット
それに・・・心があれば



  大事 2003/10/23(Thu)16:40
Witten by [ 亜咲 ]
なんだか今日の雨は
酷く痛い
何でだろう?
雨が怒ってる
過ちを犯したからかな??
少しヘコむけど・・・誤ればいいんだ
許してくれなくても
何回も



  風船 2003/10/22(Wed)20:58
Witten by [ 中込 咲 ]
たまには 泣いても
いいよ
あたしも 一緒に 泣くよ
風船が舞い上がって弾けたように
なったら 泣いても
良いんだよ
他の人の目は 気にしないで
大丈夫だからね



  「」 2003/10/22(Wed)19:40
Witten by [ 愛瑠 ]
切ない
苦しい
寂しい
痛い
愛おしい・・・。
心が泣ける・・・。      染みる
癒される・・・。
励まされる・・・。
頑張れる・・・。

とても…とても…優しい     歌声

私を優しく包み込んでくれる

この時代に生まれてきて本当によかった。

こんな良い曲と廻り合えるなんて。

私は幸せ者です。

ありがとう。ありがとう。

私の中では消える事のない確かな物。

貴方の歌声で…、
この曲で、どれだけ元気になれたか

X-Japan。叶う事なら、今一度貴方に逢いたい…。



  うそつき! 2003/10/22(Wed)18:54
Witten by [ Hazki ]
八歳くらいの俺 家族でTVを見ていた
今の俺くらいの歳の青年が
こっそりエッチなビデオを観てる
そういうシーンが出てきた
そのとき 父さんはこういったね
「お父さんはあんなことには興味ないんだ」
照れ隠しのつもりだったんだろうけど
あの時の俺は まに受けたよ
父さんはエッチじゃない
だからあんなにこそこそしないで
いつも強くてカッコいいんだって

一年ほど経って父さんの部屋から
エッチな小説と春画集を見つけた
今じゃもう笑い話だけど
あの時の俺はショックだったよ

生真面目なところは凄く好きだ
だけど うそはよくないよ
まして相手は 息子じゃないか
はっはっは



  好き 2003/10/22(Wed)14:04
Witten by [  ]
好き・・

こんな気持ちはじめてかもな

大好き

見てるだけでどきどきするんだ・・

あなたが好き



  野鳥のように 2003/10/22(Wed)02:36
Witten by [ Hazki ]
生きなさい
私が大事に思うのは
あなたの名誉なんかじゃなく
あなたそのものなんだから
あなたのプライドなんてくだらない
あなたの面子なんて知ったこと無い
そんな名誉のために死ぬなら
そんな名誉から先に殺して
残ったあなたは生きなさい
残ってあなたは生きなさい



  くだらねえ 2003/10/22(Wed)00:00
Witten by [ らりた ]
くだらねえ。世の中、全部がくだらねえ。
お笑い番組、くだらねえ。ドラマ、くだらねえ
久米宏、くだら・・・なくない。オレあの人、結構気に入ってるんだ。てかこんなこと考えてるオレがくだらねえ。こんなオレより、今この詩を見ているあなた達は、数倍幸せだと思う。
今日もビフナイトして寝よう。



  生きること 2003/10/21(Tue)23:08
Witten by [  ]
乗り越える度に、強くなっている・・・

そんな自分を、認めてあげよう・・・

もともとは、弱いんだけどね・・・

でも、ただ、弱いんじゃないんだ。

なんとか、乗り越えようとしている奴だ。

そして、ほんとうの強さと、しあわせをつかむ。

ほんとうのにんげんになれるんだ♪



  静かな声 2003/10/20(Mon)20:46
Witten by [  ]
1人で長い道を歩いた
広くて長い道を歩いた
朝もやの
薄い霧のかかった道を歩いた
いいかげん疲れてきて
足が重くなって
立ち止まって
ふと 夜明けの空を見上げた
町が起きだす前の
静かな息遣いを聞いた気がした
なぜだか涙がこぼれた
なぜだか嬉しくなった
嬉しくて 笑いがこみ上げてきた
「自分はここに生きてるんだ!」
そう思えた
理由なんてない
ただ僕がそう感じただけ
だけど それは
僕が今ここに
確かに存在している証なのだ



/ 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 /
/ 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 /
/ 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30 /
/ 31 / 32 / 33 / 34 / 35 / 36 / 37 / 38 / 39 / 40 /
/ 41 / 42 / 43 / 44 / 45 / 46 / 47 / 48 / 49 / 50 /
/ 51 / 52 / 53 / 54 / 55 / 56 / 57 / 58 / 59 / 60 /
/ 61 / 62 / 63 / 64 / 65 / 66 / 67 / 68 / 69 / 70 /
/ 71 / 72 / 73 / 74 / 75 / 76 / 77 / 78 / 79 / 80 /
/ 81 / 82 / 83 / 84 / 85 / 86 / 87 / 88 / 89 / 90 /
/ 91 / 92 / 93 / 94 / 95 / 96 / 97 / 98 / 99 / 100 /
/ 101 / 102 / 103 / 104 / 105 / 106 / 107 / 108 / 109 / 110 /
/ 111 / 112 / 113 / 114 / 115 / 116 / 117 / 118 / 119 / 120 /
/ 121 / 122 / 123 / 124 / 125 / 126 / 127 / 128 / 129 / 130 /
/ 131 / 132 / 133 / 134 / 135 / 136 / 137 / 138 / 139 / 140 /
/ 141 / 142 / 143 / 144 / 145 / 146 / 147 / 148 / 149 / 150 /
/ 151 / 152 / 153 / 154 / 155 / 156 / 157 / 158 / 159 / 160 /
/ 161 / 162 / 163 / 164 / 165 / 166 / 167 / 168 / 169 / 170 /
/ 171 / 172 / 173 / 174 / 175 / 176 / 177 / 178 / 179 / 180 /
/ 181 / 182 / 183 / 184 / 185 / 186 / 187 / 188 / 189 / 190 /
/ 191 / 192 / 193 / 194 / 195 / 196 / 197 / 198 / 199 / 200 /
/ 201 / 202 / 203 / 204 / 205 / 206 / 207 / 208 / 209 / 210 /
/ 211 / 212 / 213 / 214 / 215 / 216 / 217 / 218 / 219 / 220 /
/ 221 / 222 / 223 / 224 / 225 / 226 / 227 / 228 / 229 / 230 /
/ 231 / 232 / 233 / 234 / 235 / 236 / 237 / 238 / 239 / 240 /
/ 241 / 242 / 243 / 244 / 245 / 246 / 247 / 248 / 249 / 250 /
/ 251 / 252 / 253 / 254 / 255 / 256 / 257 / 258 / 259 / 260 /
/ 261 / 262 / 263 / 264 / 265 / 266 / 267 / 268 / 269 / 270 /
/ 271 / 272 / 273 / 274 / 275 / 276 / 277 / 278 / 279 / 280 /
/ 281 / 282 / 283 / 284 / 285 / 286 / 287 / 288 / 289 / 290 /
/ 291 / 292 / 293 / 294 / 295 / 296 / 297 / 298 / 299 / 300 /
/ 301 / 302 / 303 / 304 / 305 / 306 / 307 / 308 / 309 / 310 /
/ 311 / 312 / 313 / 314 / 315 / 316 / 317 / 318 / 319 / 320 /
/ 321 / 322 / 323 / 324 / 325 / 326 / 327 / 328 / 329 / 330 /
/ 331 / 332 / 333 / 334 / 335 / 336 / 337 / 338 / 339 / 340 /
/ 341 / 342 / 343 / 344 / 345 / 346 / 347 / 348 / 349 / 350 /
/ 351 / 352 / 353 / 354 / 355 / 356 / 357 / 358 / 359 / 360 /
/ 361 / 362 / 363 / 364 / 365 / 366 / 367 / 368 / 369 / 370 /
/ 371 / 372 / 373 / 374 / 375 / 376 / 377 / 378 / 379 / 380 /
/ 381 / 382 / 383 / 384 / 385 / 386 / 387 / 388 / 389 / 390 /
/ 391 / 392 / 393 / 394 / 395 / 396 / 397 / 398 / 399 / 400 /
/ 401 / 402 / 403 / 404 / 405 / 406 / 407 / 408 / 409 / 410 /
/ 411 / 412 / 413 / 414 / 415 / 416 / 417 / 418 / 419 / 420 /
/ 421 / 422 / 423 / 424 / 425 / 426 / 427 / 428 / 429 / 430 /
/ 431 / 432 / 433 / 434 / 435 / 436 / 437 / 438 / 439 / 440 /
/ 441 / 442 / 443 / 444 / 445 / 446 / 447 / 448 / 449 / 450 /
/ 451 / 452 / 453 / 454 / 455 / 456 / 457 / 458 / 459 / 460 /
/ 461 / 462 / 463 / 464 / 465
【投稿する】

悩み相談サイト心の癒し トップページへ戻る
copyright© 2001-2009 心の癒し
designed by
programmed by
powered by
ともとも
松本竜弥のそれ憧れるのょ
占い開運癒しの占星術
占い相談
無料占い恋愛
パワーストーン恋愛専科