【管理者用】



* 全ての方へのメッセージ *


あなたに、ふと詩が湧いてきたら、それを言葉に綴ってみてください。
誰かの勇気や、誰かの元気、誰かを慰めるかもしれません。

また、詩ではなく、そのまま普通の文章で綴って下さってもいいですよ。
その場合は、あなたへ素敵な詩をお贈りします。
【投稿する】
サイト内検索:


  夏の幻 2003/09/08(Mon)18:49
Witten by [ 栗むしパン ]
昔遊んだ沢に 久しぶりに行った

段差のきつい斜面を

ずっと おりて ずっと 下に

ずっと おりて 下に 下に



木と岩に囲まれた 秘密の場所

ゆっくりと流れる川に足を入れ

ひんやりとした岩に頬をつけた

涙がこぼれて岩肌をつたった

しばらく 動くことが出来なかった

蝉の声に かき消されたかった





誰かが下りてくるのが分かった

黄色の服に赤い花柄模様

ぼくの横に立った

「ラムネ飲みます?」

水滴のついた瑠璃色のガラスを差し出された

慌てて飲んでむせたぼくに

クスクス笑ってた

「泣いてたんですか〜?」

って突然言われて 顔が真っ赤になった

「元気出してくださいね♪」

女の子はそう言って 上って行った



その子は本当に実在していたのか

夏に見た 幻だったのかな

なんて今考えて 自分で可笑しかった





  心の中に 2003/09/08(Mon)16:30
Witten by [ 真琴 ]
会えない日々が続いている・・・
だけど心の中にあなたはいつもいるの
今日も夢に出てきてくれたあなたは
あの頃と変わらない話し方で私と話していたね

会えない日々が続いている・・・
そんな時でもあなたを考えない日々はない
だってやっぱり心の中にいるから

あなたに言いたいよ・・・「会いたい」
でもこの言葉は言ってはいけない
私の心の中にしまっておかなければ

だけどあなたに会えた時は言わせてね
「会いたかった」
この言葉は心の中にしまっておけないから



  頭でかんがえてしまうこと 2003/09/08(Mon)15:59
Witten by [ ビギン ]
悩みって消えないね

心配しても何もならないのに

どうしてこう悩んでしまうのだろう。

まさしく客観的にみればエネルギーの消耗な

のに

きょうもまた無駄な事をやっている。

そんなことを思っている暇があれば

もっとましなことをかんがえろよ。

スイッチが悲観的なほうにばかり

はいっているんだよ。

どうしようはこころの心配を暴走させる言葉

だからつかっちゃいけない。

それでよろしい。これはブレーキになる言葉。

ながながと書いてきて落ちがつかないので

このへんでさようなら。



  ありがとう。さようなら 2003/09/08(Mon)13:26
Witten by [ L・S ]
過去の自分、ありがとう、さようなら。
過去の自分、ありがとう、さようなら。

過去の自分、よく頑張ってくれた。
過去の自分、精一杯、生きてくれた
生き抜いて 通り越してくれてありがとう
過去の自分、頑張って生きてくれて、ありがとう

くぐりぬけて、通り越して、生きてくれたこと。
私にしかできなかったんだね、ありがとう。

今、わたしがここにいる。それだけでうれしい。

だって、他の人には、こんなふうには「私」を生きることはできないのだから
他の人には、こんなふうには生きられなかったのだから。
過去の自分も、今の自分も。

自分は、自分以外には、なれなくて自分は、自分にしかできないのだから。

私は私。
私だけが「わたし」を生きられるのだから。
わたしでいられることがうれしい。

過去の自分、ありがとう。
過去の自分を支えてくれた人たち、まわりの人たちにありがとう。
すべての人たちにありがとう。
ありがとう。ありがとう。



  アクアリウム 2003/09/08(Mon)10:01
Witten by [ みけねこ ]
いつも一緒だったよね
青い静寂の中
ひそかに心を重ねあった

この場所に来れば
あなたに会えると信じていた
アクアリウムは永遠だと
ずっと思っていたから

あなたは今どこで泳いでいるの?
ちっぽけな私は迷子のように
心細いまま彷徨っているよ

アクアリウム
あなたと私の思いでの場所



  忘れられない、忘れない。 2003/09/08(Mon)02:35
Witten by [ ゆうき ]
あの日、私の残したラーメン食べて、食べすぎでお腹を痛めたあなた、忘れない。

かっこ悪いけど、そういえば、いつも私の残したものまで食べてくれたね。

あの日、エアコンでお腹を冷やして朝方苦しんでたあなた、忘れない。

あの日以来、心配で、私いつもあなたのお腹に手を置いて寝てたの気づいてた?

あの日、デパートではぐれた私を探してたあなたの横顔、忘れない。

知ってた?私そんなあなたを見ていたくて、わざと電話に出なかったんだよ。

あの日、最後に抱きしめてもらった時のあの苦しさ、忘れない。

最後だって知ってて、悪あがきしちゃった。

あなたの声、あなたの手、あなたの肩、あなたの鎖骨。あなたの目。あなたの匂い。数えあげればきりがないけど

最後だから、頑張って覚えたの。
最後だから、強く抱いたの。
最後だから、自分から離れたの。

思い出は、時間と共に消えていく。
けど、
忘れられない、忘れない。



  想い続ける・・・ 2003/09/07(Sun)18:25
Witten by [ 梨亜 ]
本当なら叶わない恋だった
だけど、ほんの少しの勇気が私に力を与えてくれた
想いが届いた時は嬉しさのあまり涙が溢れた
あの頃の写真を見ると、嬉しかったことや楽しかったことを思い出して再び涙が流れる・・・
あなたに逢えない毎日は時々私を不安にさせる
だけど、私はあなたを想い続ける
私が唯一できることだから
いつかあなたに逢える時は最高の笑顔でいよう






  願い 2003/09/07(Sun)11:56
Witten by [ 泡沫 ]
どうか
ずっとずっと
あなたに幸せがおとずれますように



  雲は、通りすぎていくもの 2003/09/06(Sat)13:50
Witten by [ ほわいとごーるど ]
自分自身はいつも見つめ続けて
空を見るように、流れる雲を、通りすぎていくものを
客観的に観ていよう。

空を見上げて 太陽が見えなくても
どんよりと曇った日でも、幾重にも積み重なった厚い雲の向こうに
いつも太陽が輝いていること
いつも照らし続けてくれてることを私は知っている。

空を見上げたら
優しい青い色の光、深い紫と紺の色が、光が
光が広がって地球を包み、
太陽が、月が、星が私たちを見つめ、光と輝きを放ち、照らしていることを
私は知っている。



  悩めばいいぢゃん♪2 2003/09/06(Sat)08:55
Witten by [ まりもん ]
苦しみを知らない人は
苦しんでいる人を見ていると哀れに思う

苦しみを知っている人は
苦しんでいる人を見ると
心から助けてあげたくなる

苦しみ 悲しみを
体にたくさん取り込むことで
とても優しい目になれるんだ



  悩むとき悩めばいいぢゃん♪ 2003/09/06(Sat)08:47
Witten by [ まりもん ]
つらいとき
悩めば悩むほど苦しい
でも、その苦しさを越えると
次の苦しみが少し楽になる
ぎりぎりのところで助けを求めればいい

悩むことって=不幸 と取られがちだけど
とりあえず悩むことは悪いことじゃない
悩んでるんじゃなくて
戦ってるんだって思って
はい上がろうって希望をもって

そして、やっぱり無理だって思ったら
そこは救いの手を求める

徐々に自分を高めればいい
苦しみからはい上がろうとする
そのパワーは
苦しみを乗り越えたとき
一気に加速する

その時そこには
一つ強くなった自分が居る



  夜の合奏 2003/09/05(Fri)08:24
Witten by [ きりん ]
  りー りー ころころ

  りー りー ころころ

こめかみに響く 夜の合奏

  りー りー ころころ


わたしは 明かりの下
てがみを書いた


 夜の合奏 なんて書こう?

 そうだ

「りー りー ころころ 鳴いてます」




  ちょっとしたことで 2003/09/05(Fri)07:13
Witten by [ ウイちゃん ]
ちょっとしたことで
すぐに落ち込んでしまう私

ちょっとしたことで
すぐに元気になる私

富士山のように、いつも「デン」と構えていたいけれど
私には、無理なようです

そんな私も、
悪くないような気がします



  景さんへ 2003/09/05(Fri)00:17
Witten by [ 雪景色 ]
ありがとう>^_^<



  きみ 2003/09/04(Thu)22:57
Witten by [ つっち- ]
きみとあえなくなってすこし時間がたった     もう二度とあえないきみ でもいちばんあいたいきみ まだおれのなかにすんでるきみ いろんな勇気をくれたきみ いろんな幸せをくれたきみ いろんな悲しみをくれたきみ いままで生きてきて一番愛したきみ 過ごした時間すべてがいとおしいきみ この詩にはたくさんきみがいる でもいちばんいてほしいきみはもうここにはいないんだね きみに幸せになってほしいって心から願ってる きみにあえて本当によかった 



  生きてるだけで いいんだよ 2003/09/04(Thu)15:56
Witten by [ コスモス ]
普段は 温厚な人だって つらい事が続いて 心が弱ってる時は 気持ちに余裕がなくなることだって あるよね

心が弱っていると 普段は受け止められる事でも 受け止められない時ってあるよね

人間って 常に冷静じゃないといけないのですか?
冷静になれない時がある事って そんなに責められる事なのですか?

辛い事が続くなら 泣いたっていいじゃない
時には 逃げたっていいじゃない

生きてるだけでいいんだよ
頑張れないなら 頑張らなくてもいい
人生 勝ちにいけない時は ドローだっていいじゃないか
もし 負けてしまったとしても 次の機会に勝てばいいじゃないか
人生 連戦 連勝って訳には行かないと思う

頑張れないなら 頑張らなくてもいい 逃げてもいいよ 

生きていれば・・・それでいいと思う

時にはぐちゃぐちゃになってもいい
自分に負ける事だってあってもいい
常に冷静でいる必要はない

人は理屈ではなく心で生きてるのだから

ぐちゃぐちゃになっても 恥ずかしくなんかないよ

自分に負けてしまった人を 笑ったりなじったり 憐れんだりする人がいるけど 

そういう人を 見下げる事で 自分の格を下げてる事に まだ気づかないのか

世界でたった一人の自分 周りに何を言われようとも 自分の正直に生きればいいと思う



  流れに任せて 2003/09/04(Thu)12:48
Witten by [ ウイちゃん ]
人にわかってもらいたくて、
必死にもがいてみたけれど、
ますます深みにはまるばかり

もう、もがくのはやめよう

時の流れに身を任せているうち
いつかきっと、この深みから
抜けられるチャンスがやってくると思うから



  あぁきっと 2003/09/04(Thu)11:11
Witten by [ 泡沫 ]
あぁきっと
僕たちの周りには
小さな幸せも小さな不幸も
いっぱいいっぱい転がっている

僕らの住む世界は太陽の光を浴び
白く白く光っていて
白色の小さな幸せより
黒色の小さな不幸せが目に付いて
不幸せをつい拾ってしまったりするんだ

良く見れば
太陽の光に反射して
きらきらと光るあの白が
誰にも見えてくるだろうに

忙しくせかせかと歩く僕たちは
そこにまで目が届かない…

あとちょっと目を凝らして
あとちょっと手を伸ばして



  あの夏 2003/09/04(Thu)10:09
Witten by [ きりん ]

 あの夏

 熱で溶けそうなアスファルト

 遠く遠くで揺らぐ景色

 その中を泳ぐように歩く

 日傘を差した一人の女性

 グランドで駆け回る子供達に

 立ち止まり静かに微笑んだ

 子供の声は

 夏空へ散っていった


 あの夏

 一つの私と さよならした


 夏空が

 がんばれってささやいた気がした





  もう一回、挑戦しよう 2003/09/04(Thu)01:00
Witten by [ ・・・ ]
まずは、ごはんを食べよう。

ごはんが喉を通らないぐらい思い悩んでいるなら

ごはんを食べることを先に考えよう。

元気のないときに

思い悩んでも、元気な発想は出てこない。

カレー、シュークリーム、かつ丼、

お寿司に、ハンバーグ、

お腹いっぱい食べよう。

明日、死ぬかもしれないんだから

美味しいものを食べよう。

明日に希望をもてるようになったら

ダイエットをしよう。

綺麗になろう。

おもしろいことをしよう。





/ 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 /
/ 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 /
/ 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30 /
/ 31 / 32 / 33 / 34 / 35 / 36 / 37 / 38 / 39 / 40 /
/ 41 / 42 / 43 / 44 / 45 / 46 / 47 / 48 / 49 / 50 /
/ 51 / 52 / 53 / 54 / 55 / 56 / 57 / 58 / 59 / 60 /
/ 61 / 62 / 63 / 64 / 65 / 66 / 67 / 68 / 69 / 70 /
/ 71 / 72 / 73 / 74 / 75 / 76 / 77 / 78 / 79 / 80 /
/ 81 / 82 / 83 / 84 / 85 / 86 / 87 / 88 / 89 / 90 /
/ 91 / 92 / 93 / 94 / 95 / 96 / 97 / 98 / 99 / 100 /
/ 101 / 102 / 103 / 104 / 105 / 106 / 107 / 108 / 109 / 110 /
/ 111 / 112 / 113 / 114 / 115 / 116 / 117 / 118 / 119 / 120 /
/ 121 / 122 / 123 / 124 / 125 / 126 / 127 / 128 / 129 / 130 /
/ 131 / 132 / 133 / 134 / 135 / 136 / 137 / 138 / 139 / 140 /
/ 141 / 142 / 143 / 144 / 145 / 146 / 147 / 148 / 149 / 150 /
/ 151 / 152 / 153 / 154 / 155 / 156 / 157 / 158 / 159 / 160 /
/ 161 / 162 / 163 / 164 / 165 / 166 / 167 / 168 / 169 / 170 /
/ 171 / 172 / 173 / 174 / 175 / 176 / 177 / 178 / 179 / 180 /
/ 181 / 182 / 183 / 184 / 185 / 186 / 187 / 188 / 189 / 190 /
/ 191 / 192 / 193 / 194 / 195 / 196 / 197 / 198 / 199 / 200 /
/ 201 / 202 / 203 / 204 / 205 / 206 / 207 / 208 / 209 / 210 /
/ 211 / 212 / 213 / 214 / 215 / 216 / 217 / 218 / 219 / 220 /
/ 221 / 222 / 223 / 224 / 225 / 226 / 227 / 228 / 229 / 230 /
/ 231 / 232 / 233 / 234 / 235 / 236 / 237 / 238 / 239 / 240 /
/ 241 / 242 / 243 / 244 / 245 / 246 / 247 / 248 / 249 / 250 /
/ 251 / 252 / 253 / 254 / 255 / 256 / 257 / 258 / 259 / 260 /
/ 261 / 262 / 263 / 264 / 265 / 266 / 267 / 268 / 269 / 270 /
/ 271 / 272 / 273 / 274 / 275 / 276 / 277 / 278 / 279 / 280 /
/ 281 / 282 / 283 / 284 / 285 / 286 / 287 / 288 / 289 / 290 /
/ 291 / 292 / 293 / 294 / 295 / 296 / 297 / 298 / 299 / 300 /
/ 301 / 302 / 303 / 304 / 305 / 306 / 307 / 308 / 309 / 310 /
/ 311 / 312 / 313 / 314 / 315 / 316 / 317 / 318 / 319 / 320 /
/ 321 / 322 / 323 / 324 / 325 / 326 / 327 / 328 / 329 / 330 /
/ 331 / 332 / 333 / 334 / 335 / 336 / 337 / 338 / 339 / 340 /
/ 341 / 342 / 343 / 344 / 345 / 346 / 347 / 348 / 349 / 350 /
/ 351 / 352 / 353 / 354 / 355 / 356 / 357 / 358 / 359 / 360 /
/ 361 / 362 / 363 / 364 / 365 / 366 / 367 / 368 / 369 / 370 /
/ 371 / 372 / 373 / 374 / 375 / 376 / 377 / 378 / 379 / 380 /
/ 381 / 382 / 383 / 384 / 385 / 386 / 387 / 388 / 389 / 390 /
/ 391 / 392 / 393 / 394 / 395 / 396 / 397 / 398 / 399 / 400 /
/ 401 / 402 / 403 / 404 / 405 / 406 / 407 / 408 / 409 / 410 /
/ 411 / 412 / 413 / 414 / 415 / 416 / 417 / 418 / 419 / 420 / 421 / 422 / 423 / 424 / 425 / 426 / 427 / 428 / 429 / 430 /
/ 431 / 432 / 433 / 434 / 435 / 436 / 437 / 438 / 439 / 440 /
/ 441 / 442 / 443 / 444 / 445 / 446 / 447 / 448 / 449 / 450 /
/ 451 / 452 / 453 / 454 / 455 / 456 / 457 / 458 / 459 / 460 /
/ 461 / 462 / 463 / 464 / 465
【投稿する】

悩み相談サイト心の癒し トップページへ戻る
copyright© 2001-2009 心の癒し
designed by
programmed by
powered by
ともとも
松本竜弥のそれ憧れるのょ
占い開運癒しの占星術
占い相談
無料占い恋愛
パワーストーン恋愛専科