【管理者用】



* 全ての方へのメッセージ *


あなたに、ふと詩が湧いてきたら、それを言葉に綴ってみてください。
誰かの勇気や、誰かの元気、誰かを慰めるかもしれません。

また、詩ではなく、そのまま普通の文章で綴って下さってもいいですよ。
その場合は、あなたへ素敵な詩をお贈りします。
【投稿する】
サイト内検索:


  あなたへ 2003/07/03(Thu)03:19
Witten by [  ]
いろんな事があったよね

一緒につらい思いもたくさんした

楽しいこともいっぱいした

出てくるのはあの時のまま

生々しい記憶

だけど

思い出しても

電話してきても

泣いてもいんだよ

いろんな事

本当は

もっとシンプルなはずだよ





  心に鍵をかけます 2003/07/02(Wed)21:25
Witten by [ らるご ]
苦しくて 苦しくて たまらないけど
誰にも言うことはできない

謝りたいけど 余計に苦しめるから それもできない

誰かに話してしまいたいけど
そうしたら また 傷つけてしまうかもしれない
だから 誰にも話せない

私が泣いたら その涙は 凶器になってしまうから
だから 私は泣いちゃいけない

本当は 吐き出しちゃいけないってわかっている
でも 苦しいから 
苦しくて 泣きそうになってしまうから
泣いてしまったら 崩れてしまうから
だから 少しだけ
苦しいっていう気持ちだけ
ここで 吐き出させて下さい

苦しい 苦しい 苦しい 苦しい・・・・・
それだけを 吐き出したら
もう少しは 踏ん張れるかもしれないから
今は このまま 私の中にしまっておかなくちゃ

これで 大丈夫
今 心に鍵をかけます



  悲しみ 2003/07/02(Wed)18:41
Witten by [ サラ ]
心が萎えてしまったとき

悲しくてしょうがないとき

思いっきり泣いてみよう

涙はストレスを流してくれるから・・・

それでも辛いときは

だれかに話してみよう

それでも辛いときは

時間が解決してくれる

今までそう生きてきたから

みんなそうだから



  鈴美さんへ 2003/07/02(Wed)18:39
Witten by [ 流偽 ]
この手は傷だらけだけど

つかめるものはあります。

傷がないのにつかめない人より幸せです。

傷だらけだけどこの手で、幸福の木を植えて

育てることができます。

傷がないのに育てるのを面倒くさがる人より

喜ばしいことだと思います。

この傷は一生消えません。

でも大丈夫。傷のない人にはないものを

私は持っているから。





  時間を返して 2003/07/02(Wed)11:21
Witten by [ 慂洌参爪ヌ悳ー ]
あなたは私と同じ臆病者よ
本当の気持ちをなかなか言えない

あなたの手術技術は誰に習ったの??
自己流?? それともこれでも師に習ったの?
あなたの無免許手術のおかげで、
どれだけの人が苦しんだ事か・・
結果的には、良かったかもしれないなんて
もういわない。
見えない恐怖にどれだけ苦しんだか解る??

おせっかいは治療にならないのよっ
神様先生!!
みんな人間なんだから。 友達なんだから。

すばらしい"人間"に囲まれて
心を動かす"人"に再び出会い
笑顔を取り戻せました。
ありがとう!! "人間"これからもよろしくね




  if you forget me, i don`t mind. 2003/07/01(Tue)21:04
Witten by [ 優貴 ]
ひとつのことのなかに よろこびと かなしみが ひそんでいて
どっちなの? と 問いつづけたけど 結局 わからないまま きてしまった。
かなしみを 抱きしめたら よろこびに 変わるんだろうか・・・

何かと 向き合えないでいるのは わたしも いっしょだったんだね。

ムリしなくていいよ。
あなたは いままで いっぱい がんばったから。
光を 取り戻すのも・・・ 急がなくていい。
少しずつでいいよ。

if you forget me, i don't mind.
(きっと 神サマも、こんな気持ち。)



  幸辛 2003/07/01(Tue)19:19
Witten by [ 修ちゃん ]
自分は生きている。
ナンデ・・・?
理由なんて本当はないかもしれない
それでもその理由を探して
私たちはいきているのかもしれない

こんなちっぽけな私。
だから 私の為に世界は回らない
世界は誰の為にも回ってない
けど 誰も助けてくれないとしても
世界が一緒に回ってくれないとしても
私は私でいたいよ
だから、君も君でいて。




  エルモの笑顔・・・☆ 2003/07/01(Tue)17:46
Witten by [ ベル ]
ちっちゃい頃からスキだったエルモ。
いつも笑ってて、元気で。。。
でも、最近君のコトを忘れていたんだ。
だから久しぶりに君を見たとき、思い出したんだ。
君の笑顔が大好きだったこと、
君みたいな笑顔になりたかったこと。。。
今、あたしはエルモみたいに笑ってないね
エルモみたいに心から笑ってないね
作り笑いばっかだ。。。
情けない・・いつのまにか「笑う」コトを忘れてた
でも、今気付けたから、みてて!!
今に、君に負けない笑顔になるよ☆



  悲しい人 2003/07/01(Tue)09:14
Witten by [ 大ばか者 ]
悲しい人は 誰だろう
傷つけられた人?

誰かが傷つけられた 
今まで たくさんの人が 人知れず彼の強引な手術に苦しんできたのでしょう

誰かが「私は、あの強引な無免許医師によって 苦しめられた」と叫んだ

「私も 傷ついた」「私の友人も 苦しめられている」
だんだん みんなが声をあげる

彼は この騒ぎに気づいているのだろうか
自分が言われていると わかっているのだろうか

わかっていても この苦しみは必要だと思っているのだろうか

いろんな所で「傷つけられた」とみんなが訴える
その声は 少しずつ増えていく
仕方のないこと
それは 彼自身が招いたこと

でも なにか 悲しいものを感じる
なんでだろう

強引で 自分を名医か神様かなにかと勘違いしているような彼に 同情する気持ちはない

でも 悲しいものを感じてしまう
なぜ 今 次々と、、、?

人間って弱いものだな
仕方ないんだよね
それが人間だから

神様みたいな心では いられるわけがない
でも もうたくさんだ
もう いいよ
うんざりだ
恨みを持ち続けるのも
なにもかも うんざりだ

彼を切り捨てることは 簡単にできるよ
中途半端な言葉で逃げて
影では 普段使わないような言葉で 恨みをはらす
ああ いやだ

そういう自分も 匿名だよ
ハハハ!人間って 大馬鹿だ



  人間同士・・・ 2003/07/01(Tue)02:17
Witten by [ 葉純 ]
世の中 神様を信じる人も
信じない人もいる

自分に自信があるからといって誰にでも
「神様はどうたら。」
「宇宙のなんとかがどうたら。」
って言うのは どうかと思う

神様とか宇宙のなんとかを信じるのは
自由だ

しかし 押し付けてはならない
そして 相手を傷つけてはならない

熱心に そういう話をする事で
傷つく人間もいるのだから

親切は 行き過ぎると おせっかいに
善意は主張すると エゴになるのだ

あなたは 神のつもりかも知れないが
そうではないのです

目をさましなさい

人を見下げる資格は ないのですよ

人として人の感情を持って 話したらどうですか




  トニーさんと「善意」☆ 2003/06/30(Mon)21:27
Witten by [  ]
昔、トニーさんは、お友達が{悩み、苦しんでいる。」と言うので。できる限りのことをしてあげようと、しました。
友達なら、それが自然な行為だと思ったからです。
トニーさんが、「どうして、ほしい?」と聞くと。お友達は、「善意という名のねこがほしい。」というので。トニーさんは、母親から聞いたことのある。「身近な善意」という名のねこを、友達の元へ連れて行きました。
しかし、友達は怒りました。「これは、ホンモノの善意ではない! ありきたりすぎる。私の欲しいのは、純然な善意だ!」

「純然な善意」という名のねこは、高い山の上に住んでいて。なかなかいるものでは、ありません。でも、トニーさんは、友達の苦しみが「癒される」ならと、苦労して高い山を登り。真っ白な「純然な善意」という名のねこを、友達の元へ連れていきました。
しかし、友達は。トニーさんの苦労を知ってか、知らないか? またまた、怒りました。「確かに、純然な善意だけど。ちょっと、しっぽが短いじゃないか? 純然だけど、完璧ではない。こんなモノでは、私は癒されない!」

トニーさんは、困りました。善意という名のねこ、何度も連れて行っても。友達は、難癖をつけては。受け取ってくれないのです・・・?

トニーさんは、疲れ果てて、悲しくなりました・・・
そして、友達を癒せない、自分の無力をのろいました。
善意なんて、ねこは。この世のどこにもいないのではないか?
自分が、善意だと思っていたねこは。実は、偽善という名のニセねこだったのかとまで、思うようになりました・・・

でも、悲しく思うことはなかったのです!

☆A−A(トニーさん、貴方の善意、時空を越えて。)
ミ^人^毛(今、相談者と、オレの元へ、届きました!)

トニーさん、難しいことはなかったのです!

善意というねこは、「素直」と、「理解」という。
2つの愛の手がないと、存在できない・・・?

単に、そういう習性のねこだったみたいです♪



  『自分の色』 2003/06/30(Mon)17:58
Witten by [ akari ]
私は透明・・

人影はあるけど、透明
自分の色が判らない・・
人の顔色を伺ううちに、その人の色が自分に
透けて見えるようになった
それがまるで自分の色のような気がしてた

でも・・

別の人といると、別の人の色が透けて見える
みんなには、私の色が判らない
同調しているようで、どこにも属さない
浮いた存在・・

周りには沢山の人がいて・・
中には相手の色に染まる人もいるけれど
私は透明・・何色にも染まれない

そんな私・・

一人でいると誰にも気付かれない・・



  人生 2003/06/30(Mon)10:48
Witten by [  ]
大きな道はいくつかに別れている
別れ道は人の数という無限に近い数存在する
草が生えていたり、石が転がっていたり…
時には絨毯がひかれた道もあるであろう

しかし、それは自らの足で大地を踏みしめたとはいえぬであろう



  はっきり言ってやれば? 2003/06/30(Mon)09:09
Witten by [ 花曜日 ]
あの人の事?

「気持ちは嬉しいけど」
こんな事を言うから
相手はまた誤解するんだ。
「迷惑だ。
止めてくれ。」と
はっきり言ってやりなさい。
もしそれでも
「あなたは反論できる力を手にいれた。私の
おかげだ」
などほざいたら
もう救いようがない。
自分を神か何かと間違えてるのだろう。

「宇宙のなんたら〜」と言ってるあなた。
迷惑してる人もいるみたいだから
高いとこから降りてきて
同じ目線で話してみたら?
あなた人を見下してるでしょ?
それじゃ駄目なんだ。
同じ「人」として
話してみなさいよ。



  ひとりごと。 2003/06/30(Mon)00:19
Witten by [ シークレット・リバーサイド ]
親切も 行き過ぎると おせっかいになる
善意も自分で「善意だ」と主張すれば エゴになる

あなたの親切は 気持ちは嬉しいけど
今は ありがた迷惑になっている
そっとして欲しい時もある・・・

私は ただ そういっただけ

でも あなたは それを悪意に受け取られたといった

あなたのしている事は 「親切」ではなく
「親切のつもり」なのだ



  懺悔 2003/06/29(Sun)12:39
Witten by [ Sun ]
俺が悩むこと自体
この世ではもう罪業なのだと
心のどこかで考えていた
自分がこんなに弱くなければいい
他人を全て許せればいい
そうすればすべて済むことだ
自分が矛盾だと感じていたことは
この世界の道徳だった
自分が愛だと思っていたものは
人を縛り付ける縄紐だった
見返りなど期待しないと思う片隅で
誰かの声にいつも抱かれたかった
俺を正しいと認める誰かのために
俺は自分の卑しさをごまかした
貴方にありがとう言いたい
貴方にさよなら言いたい
どんなに恐がられても
ごまかしきれないものを
知ってもらいたい
だが俺はそれさえも
ごまかそうとしている
俺の主張する正しさなど
薄皮一枚はげおちれば
そこにはもう守るべき心は存在しない
何もかも気付いてしまったのさ

ありがとう
素顔を知ることはできなかった
貴方は貴方の痛みで精一杯だった
だけど精一杯なりに
俺の言葉に耳を傾けてくれました
それだけで感謝しています
俺などのために……
貴方が教えてくれた絵本や
貴方が打ち明けてくれた悲痛は
いつまでも俺の心で
有り続けるでしょう
俺は貴方を信じることで
些細なことで生まれた他者への憎しみを
全て浄化できると思っていましたが
……さよなら
どうかずっと元気で


YOICHI



  詞 2003/06/28(Sat)21:21
Witten by [ 鈴美 ]
 みんな同じ不安かかえて支えあえるよ

 この詞が私に勇気をくれた。
 だから私も誰かを支えたい・・・。



  空 2003/06/28(Sat)20:41
Witten by [  ]
顔を上げてまっすぐ前を見据えてごらん
空はこんなにも青かった

こんな綺麗事を綴っている自分が嫌いだ

青さから眼をそらしていただけなんだ

あまりにも汚れのないものだったから




  if 2003/06/27(Fri)21:14
Witten by [  ]
なにか一つ願いを叶うならば
僕は幸華に愛を与えることを望むでしょう



  想い☆☆ 2003/06/27(Fri)20:53
Witten by [ Strawberry★ ]
いつも気持ちが通じ合ってる 私とあなた
辛いときも苦しいときも 励ましあって
1つになれる
心の中で考えるのは あなたと私の未来予想図。



/ 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 /
/ 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 /
/ 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30 /
/ 31 / 32 / 33 / 34 / 35 / 36 / 37 / 38 / 39 / 40 /
/ 41 / 42 / 43 / 44 / 45 / 46 / 47 / 48 / 49 / 50 /
/ 51 / 52 / 53 / 54 / 55 / 56 / 57 / 58 / 59 / 60 /
/ 61 / 62 / 63 / 64 / 65 / 66 / 67 / 68 / 69 / 70 /
/ 71 / 72 / 73 / 74 / 75 / 76 / 77 / 78 / 79 / 80 /
/ 81 / 82 / 83 / 84 / 85 / 86 / 87 / 88 / 89 / 90 /
/ 91 / 92 / 93 / 94 / 95 / 96 / 97 / 98 / 99 / 100 /
/ 101 / 102 / 103 / 104 / 105 / 106 / 107 / 108 / 109 / 110 /
/ 111 / 112 / 113 / 114 / 115 / 116 / 117 / 118 / 119 / 120 /
/ 121 / 122 / 123 / 124 / 125 / 126 / 127 / 128 / 129 / 130 /
/ 131 / 132 / 133 / 134 / 135 / 136 / 137 / 138 / 139 / 140 /
/ 141 / 142 / 143 / 144 / 145 / 146 / 147 / 148 / 149 / 150 /
/ 151 / 152 / 153 / 154 / 155 / 156 / 157 / 158 / 159 / 160 /
/ 161 / 162 / 163 / 164 / 165 / 166 / 167 / 168 / 169 / 170 /
/ 171 / 172 / 173 / 174 / 175 / 176 / 177 / 178 / 179 / 180 /
/ 181 / 182 / 183 / 184 / 185 / 186 / 187 / 188 / 189 / 190 /
/ 191 / 192 / 193 / 194 / 195 / 196 / 197 / 198 / 199 / 200 /
/ 201 / 202 / 203 / 204 / 205 / 206 / 207 / 208 / 209 / 210 /
/ 211 / 212 / 213 / 214 / 215 / 216 / 217 / 218 / 219 / 220 /
/ 221 / 222 / 223 / 224 / 225 / 226 / 227 / 228 / 229 / 230 /
/ 231 / 232 / 233 / 234 / 235 / 236 / 237 / 238 / 239 / 240 /
/ 241 / 242 / 243 / 244 / 245 / 246 / 247 / 248 / 249 / 250 /
/ 251 / 252 / 253 / 254 / 255 / 256 / 257 / 258 / 259 / 260 /
/ 261 / 262 / 263 / 264 / 265 / 266 / 267 / 268 / 269 / 270 /
/ 271 / 272 / 273 / 274 / 275 / 276 / 277 / 278 / 279 / 280 /
/ 281 / 282 / 283 / 284 / 285 / 286 / 287 / 288 / 289 / 290 /
/ 291 / 292 / 293 / 294 / 295 / 296 / 297 / 298 / 299 / 300 /
/ 301 / 302 / 303 / 304 / 305 / 306 / 307 / 308 / 309 / 310 /
/ 311 / 312 / 313 / 314 / 315 / 316 / 317 / 318 / 319 / 320 /
/ 321 / 322 / 323 / 324 / 325 / 326 / 327 / 328 / 329 / 330 /
/ 331 / 332 / 333 / 334 / 335 / 336 / 337 / 338 / 339 / 340 /
/ 341 / 342 / 343 / 344 / 345 / 346 / 347 / 348 / 349 / 350 /
/ 351 / 352 / 353 / 354 / 355 / 356 / 357 / 358 / 359 / 360 /
/ 361 / 362 / 363 / 364 / 365 / 366 / 367 / 368 / 369 / 370 /
/ 371 / 372 / 373 / 374 / 375 / 376 / 377 / 378 / 379 / 380 /
/ 381 / 382 / 383 / 384 / 385 / 386 / 387 / 388 / 389 / 390 /
/ 391 / 392 / 393 / 394 / 395 / 396 / 397 / 398 / 399 / 400 /
/ 401 / 402 / 403 / 404 / 405 / 406 / 407 / 408 / 409 / 410 /
/ 411 / 412 / 413 / 414 / 415 / 416 / 417 / 418 / 419 / 420 /
/ 421 / 422 / 423 / 424 / 425 / 426 / 427 / 428 / 429 / 430 /
/ 431 / 432 / 433 / 434 / 435 / 436 / 437 / 438 / 439 / 440 /
/ 441 / 442 / 443 / 444 / 445 / 446 / 447 / 448 / 449 / 450 /
/ 451 / 452 / 453 / 454 / 455 / 456 / 457 / 458 / 459 / 460 /
/ 461 / 462 / 463 / 464 / 465
【投稿する】

悩み相談サイト心の癒し トップページへ戻る
copyright© 2001-2009 心の癒し
designed by
programmed by
powered by
ともとも
松本竜弥のそれ憧れるのょ
占い開運癒しの占星術
占い相談
無料占い恋愛
パワーストーン恋愛専科