【管理者用】



* 全ての方へのメッセージ *


あなたに、ふと詩が湧いてきたら、それを言葉に綴ってみてください。
誰かの勇気や、誰かの元気、誰かを慰めるかもしれません。

また、詩ではなく、そのまま普通の文章で綴って下さってもいいですよ。
その場合は、あなたへ素敵な詩をお贈りします。
【投稿する】
サイト内検索:


  勇気を出して 2003/05/04(Sun)01:31
Witten by [ ポムポム ]
今、好きな人がいて、その人の事が好きで好きでたまらなくて「想いを伝えたい・・・でも、その人とは仲が良くて、大切な友達だから、もし想いを伝えてふられたら、この友達関係まで壊れてしまうかもしれない・・・そうなるくらいなら、今のままの方がいい。」って思っている人。想いを伝えなかったら、何も始まらないよ。傷つかないかわりに、恋人になる事だって出来ないよ。無理かどうかなんて、自分で思ってても、相手の気持ちを聞かないとわからないだから。ほら、勇気を出して!
それで、もしも結果がダメで、でも「本当にこれからも友達でいたい!」って思うなら、その後、すごく辛くて悲しくても、その人と今まで通りに自分から話かけていきな。きっとその人も今まで通り接してくれるよ。もしそれで、その人が冷たい態度を取るんだったら、「その程度の友達だったんだ」って思えばいい。
もしも自分の辛さや悲しさに負けてその人と話さなかったら、“友達、友人”って事まで失ってしまうよ。
恋は、幸せな事より、辛くて苦しい事の方が圧倒的に多いもの。だけど、うまくいってもいかなくても、きっと自分に取ってすばらしい経験になるよ。だから、ほんのちょと勇気を出して、自分の想い伝えてみよう!



  春空 2003/05/04(Sun)01:22
Witten by [ フラワー ]
春空に昇る太陽

綺麗な朝日

きっと あなたも見てるよね

離れていても

いつも一緒だね
http://www5b.biglobe.ne.jp/~shining/


  強いわけじゃない 2003/05/03(Sat)20:20
Witten by [ しっぽのきもち ]
辛辣で罵詈雑言な母の元で育った。
仕事で嫌なことがあっても聞いてくれない。
話そうとすると別の話をし始める。
なのによその人には「娘はだんまりを決め込む」
とか言ってるらしい。
一緒にいるとかんしゃく起こすか文句しかいわない
だから、
自分の部屋でTVみてると
いつのまにか「ひきこもり」にされてる。

弱ければ、母親を刺し殺していた。
なりたくて強くなったわけじゃない。
そうしなければ生きていけなかった。
自分が自分でいるために
なるべく平穏でいるために
人を許すことを覚えた。

もし、優しい人が周りにいてくれたら
自分を傷つけることが出来たり
人前で泣き崩れることが出来たりして
自分のSOSを表現できたかもしれない。
けど
みんな自分のことばかりで
「お前だけはわがまま言わないでくれ」って。

そうしているうちに
人に甘えられない人になった。
人に頼ることが出来なくなった。
けど
強いわけじゃない。
そういう風にしか生きて来れなかったから。

甘えにひたっていられる人がうらやましい。
私に正義感、責任感、理性がもう少し薄く
感情のみで生きられたらどんなに楽だろう。

もっと、楽に生きたい。




  あの頃 2003/05/03(Sat)11:46
Witten by [ 良美 ]
あの頃、もう誰も信じられなかった。
もう信じる者かと思っていた。
信じてもいつかは裏切るものだと思っていた。
周りに信じられるものは何もなかった。
それが現実だと思っていた。
そう思えば思うほどに私の顔から笑顔を消えていった。



  わ・た・し 2003/05/02(Fri)23:40
Witten by [ ふくろう ]
惨めなヤツなんていない
ダメなヤツなんていやしない

そう
ワタシに言ってくれた

わ・た・し

とめどなく甘えんぼで
いつまでも未熟なヤツ

そう
それは口惜しいくらい

いまでも
わ・た・し



  こんな私は・・・ 2003/05/02(Fri)23:15
Witten by [ およし ]
こんな私はみじめですか・・・?
こんな私はダメですか・・・?
甘えている私はダメですか・・・?
迷っているわたしは未熟ですか・・・?



  Step by Step 2003/05/02(Fri)22:27
Witten by [ ふくろう ]
走っても進まなけりゃ
一歩
また一歩
歩けばいい

ジャンプして届かなけりゃ
一段
また一段
登ればいい

アタマじゃ分かっているんですがねえ

これがなかなか・・・



  走っても 2003/05/02(Fri)19:55
Witten by [ およし ]
進みたくて走っても進めない。
乗り越えようとしてジャンプしようとしても乗り越えられない。
あまりにも壁が高すぎて・・・。
すぐにつまずいている自分がそこにはいる。



  Unconditional Love 2003/05/02(Fri)02:11
Witten by [ めるも ]
無条件に あなたを ゆるしたとき
無条件に 私を 受け入れられる
無条件に 私を 愛せるようになったとき
無条件に すべてを ゆるせるようになる

あなたは 無条件で ここにいて いい。
あなたは 無条件で すばらしい。

(そして わたしも。。。)

条件つきの 愛なんて 本当は きっと いらないはずだから。。。



  「私」へ 2003/05/02(Fri)00:56
Witten by [ 初華 ]
あんたも馬鹿だねぇ〜。
まだ、そんな事で悩んでたのかい??

いいかい?
「お友達」っゆうのは、信じられなきゃあお友達って事じゃあないんだよぉ??

「一緒にくだらない事で笑いあえる」
そうゆう事をする人達を「お友達」ってゆうんだよ

初めっから、「親友」を求めちゃ
お互い苦しいし、楽しくないし
一緒にいるのも辛くなっちゃうでしょ?

そんな事・・・嫌だよね。

もっと気を抜いていいんだよ??(笑)
そんなに肩に力を入れてないでさ
リラックス、リラックス(^^)

そんな事より、楽しくいられる方法を考えましょ?
せっかく一緒にいるんだもの
「いま」しか出来ない事を
一緒にやりましょうよ(笑)

大丈夫!
私は貴女の「適」ではないよ
でも、「見方」でもないんだな☆

「わたし」はわたし
「貴女」はあなた。

これから一緒にいても、全部が全部お互いを理解できないけれども
「私たち」はお友達だよ(^^)
あせらずに、ゆっくり、長い目で行きましょう(笑)

それに、お互い理解出来ない所があるこそ
一緒にいても、楽しいんだよ☆

こんなお天気の良い日に1人で家にいるの??
もったいない(笑)

だったら、私と付き合ってよ
この前、おいしいお店屋さん見つけたんだ☆
どうせ、美味しい物食べるなら
「ひとり」よりふたりで分け合って食べた方がいいっしょ??

さあ、もう、冬は終わったんだよ!!
これからは、外で思いっきり遊ぼうね<ワタシ>…





      一度きりしかない人生

    楽しんだもんが勝ちなんだよ(^^)




  ありがとう・・・ 2003/05/01(Thu)12:42
Witten by [ 晃代 ]
クリシュナさん
マーガレット・F・パワーズさんの「あしあと」を
ありがとうございます。
いつ読んでも感動します。
私が泣く時 つらい時も 心が揺らぐ時も 神様が 私と一緒にいること
私の心の内におられる 慰め手であること
(誰かを通して 何かを通して)私が願ったものが
すぐ 贈り物がやってくること 必要なものがいつも、与えられてるということ
贈り物は いつも「最善」ということ
私が願った通りかもしれないし、そうではないかもしれないこと
信頼を 取り戻すことを感じています。

今、変化の時なのでしょう。
祖父は「変化、変容」して 旅立っていきました。
家族一人一人の心の中でも 目に見えない 何か 変わりつつあるようです。
私も 変化を 受け入れます。

本当に、ありがとうございました。



  大切な友達へ 2003/05/01(Thu)10:04
Witten by [ 良美 ]
貴方の花が咲くまで私は貴方のそばにいましょう。
貴方の笑顔が咲くまで貴方のそばにいましょう。
貴方の魅力に気付くまで貴方のそばにいましょう。
でもね、実際はずっと貴方と一緒にいるでしょう。
これからも友達である限り一緒にいるでしょう。
だって、貴方は私のことを必要としてくれたんだからね。



  ねぇ・・ 2003/05/01(Thu)09:59
Witten by [ およし ]
私は何を思えばいい??
何を感じたらいい??
何とどう向き合えばいい??
ねぇ・・・教えてよ・・・。
 肯定しようとしてもすぐに否定という言葉が私の頭の中をグルグルと回っているんだ。
肯定なんてお前には似合わないよって否定という言葉が私の頭の中で襲いかかってくるんだ。



  あしあと 2003/05/01(Thu)03:37
Witten by [ クリシュナ ]
「あしあと」

ある夜、わたしは夢を見た。
わたしは、神さまとともに、なぎさを歩いていた。
暗い夜空に、これまでのわたしの人生が映し出された。
どの光景にも、砂の上にふたりのあしあとが残されていた。
一つはわたしのあしあと、もう一つは神さまのあしあとであった。

これまでの人生の最後の光景が映し出されたとき、
わたしは、砂の上のあしあとに目を留めた。
そこには一つのあしあとしかなかった。
わたしの人生でいちばんつらく、悲しい時だった。

このことがいつもわたしの心を乱していたので、
私はその悩みについて神さまにお尋ねした。

「神さま。わたしがあなたに従うと決心したとき、
あなたは、すべての道において、わたしとともに歩み、
わたしと語り合ってくださると約束されました。
それなのに、わたしの人生のいちばんつらい時、
ひとりのあしあとしかなかったのです。
いちばんあなたを必要としたときに、
あなたが、なぜ、わたしを捨てられたのか、
わたしにはわかりません。」

神さまは、ささやかれた。

「わたしの大切な子よ。
わたしはあなたを愛している。あなたを決して捨てたりはしない。
ましてや、苦しみや試みの時に‥‥。
あしあとがひとつだったとき、
わたしはあなたを背負って歩いていた。」


マーガレット・F・パワーズ


神さま、なぜわたしを見捨ててしまわれるのですか?と叫びたくなるときもあります。
しかし神さまは決してわたしたちを捨てておかれず、苦しみの時にはいちばん近くにおられるのです。
私たちが悲しみ、泣いたりするときは、神さまも私たちとともに
悲しみ、泣いて下さっているのです。そのことがどれほど私たちをなぐさめてくれることでしょう。

http://www2.wbs.ne.jp/~keiko/footprints-j.htm



  神様と 私の祖父へ・・・ 2003/05/01(Thu)03:14
Witten by [ 晃代 ]
私の祖父へ・・・
身体の不自由さや 苦痛もなく、制限もない 肉体から解放されて
自由に 蝶々のように 軽々と 高く どこまでも飛んでいけるのですね。
自分の道を走りぬいて ようやく自由になれて、もとの世界に帰れて、よかった・・・。

教えてくれて ありがとう。
愛と平和に満ちた世界の中で、家族の皆と お祖母さんと過ごしてくださいね。


神様へ お願いします。
今、この時に 私の祖父が 旅立ったのは 私にとっても 周囲の人にとっても そして祖父にとっても、
最善な事だった、と思っています。
ありがとうございます。

私は 今まで「愛」以外のものを 何度もたくさん 選んできました・・・
私が 誰かと 何かと あなたとも 分離しているように 感じたりするのは 幻想であって 真実ではないですよね・・・
もしも 離れているとするなら 私の「離れてる」「愛されてない」という思い 一つだけ 離れていて
それも、真実じゃなくて。
本当は いつも一緒ですよね。

愛が感じられない時、信じられない時、どうすればいいのでしょうか。

本当に、いつも 私たちが 心の中で 一緒で ひとつであって
あの時 私が 感じた愛が 真実であることを 私の「経験」を通して 教えてください。

私は 愛を 受け入れます。
贈り物を怖れるなんて 自分でも信じられないけど、私は受け取ることを怖れていました。
愛に値しないと 長いあいだ、思いこんでいたから。

現実に 経験できるように 今の私の心 思考を変えられるように
どうか、助けてください。
私に、教えて下さい。
恐怖を くぐり抜け、乗り越えられるように 手放せるように
新しい選択が できますように どうか助けてください。

私が 肯定できますように。
誰かを そして 私自身を 否定することは あなたを否定することです。
私の中にある 愛、光、善 良きもの すべてを通して 私とともに経験し、創造されますように。



  地を這う 2003/05/01(Thu)01:42
Witten by [ そよ風 ]

血だらけの私がもし

「カミ様たすけて」

と叫んだら

カミ様はあなたを通して

「どうしようもできない」

と言うだろう

花さんやを通して

「あなたは私の肥料となる」

鳥さんを通して

「あなたは私のエサとなる」

風さんを通して

「私はあなた体に土をかぶせます」

太陽さんを通して

「私はあなたの水分を蒸発させましょう」

私の苦痛の叫びはここで終わる・・・・・



  ありがとう 2003/05/01(Thu)00:32
Witten by [ 晃代 ]
私の最良の教師である彼へ
あなたに 感謝します。
時には 敵に見えて あなたを恨み、憎み、抵抗しました。

最初は 敵 反対者 強い人に見えたけど、本当は敵でもなく 反対者でもなく 悪い人でもないとわかった。
本当は 誰よりも弱く、小さな人に見えた。
けれど それさえも まだ表面の姿だった。
彼は、耐えて 強い人になり、感謝する人 柔和で誠実な人になっていった。

人間の表面に見えるものは その時の一部分の姿。
過ち 間違い 誰でもするもの。
今 その時の姿が 何であっても 人は 変化するもの。
そして どんな人でも 無限に、成長すると 教えてくれました。

比較、解釈 分析 判断が 心の中にあるとき、
人の善性が 自分の善性が 見えなくなっていった。
恐怖心いっぱいの 自分の心に気づかず、自分を 守ることに 懸命だった。

私は 自分が見るもの 聞くもの 受け取るもの
すべて 自分で 選択している 選んでいる。
思い込み こだわり とらわれていた 自分を 赦し、解放したい。

あの時の あの方の思い
私が理解できなかったものと 理解できたもの
表面に見える エゴの顔、怒り、憤り、憎悪で歪んで見える姿の
奥にある 本当の姿を
軽蔑され 蔑まれて 傷ついて 怖がっていて 自分を守ろうと 必死になっている
その向こうにある あの方の本当の心
その時は見えなかったけれど、今は、少しわかります

愛情表現が下手な人で 不器用にしか 行動できなくて。
自分にも 人にも、厳しかった 誤解もされやすかった人
でも そこから学ぶ人もいた・・・
あなたの生涯を見て あなたには悪意がなかった。善意があり誠実な人だったことを 本当はわかっていたのです。
後になって あなたのしたことが 本当は その人の贈り物で 愛情だった、と気づかされたのです。

エゴにしか、見えなくて 赦せなくて わかってあげられなくて ごめんなさい。
その時は、どうしても 見えなかった わからなかった。

何度も赦そうとして 心の中で いつもいつも 本当に 赦していたけど
実際、どうしたらいいのか わからなかった。
勇気がなくて、正直になれなくて ごめんなさい。

“愛 慈しみで 見つめて
今、愛を感じて 生きること。
今、愛を 選ぶこと”
教えてくれて ありがとう。
教えてくれて ありがとう。



  「サッチャー」 2003/04/30(Wed)21:43
Witten by [  ]
不安な中でも 自分を信じる勇気
運命に裏切られても 前向きに
無我夢中に がんばっている

やがて 何か 見えるんだろう
それは 理想郷か
それまでは 逆風に耐えろ

風を読め コンパスで測れ
冷静に 頭を使え
(ホームズのように 楽しく考えよう)
精神を 研ぎ澄ませ
(密林の 狩人のように)

しくじるな 集中しろ!
見えない目で 感じろ!

ほんとうに 存在するために
我欲という 荷物は捨てろ

無限の 愛だけ積んで 進め!



  恋 2003/04/30(Wed)21:22
Witten by [ ふくろう ]
求めながら
ためらっている

拒みながら
受け入れている



  神さまからのメッセージ 2003/04/30(Wed)21:22
Witten by [ クリシュナ ]
あなたの叫びは
神さま(大宇宙の意識さん)に届いているよ

あなたの苦しみを
神さまはいつでもあなたのそばにいて
見ているよ

だから神さまは
何度も何度も
あなたにメッセージを発しているよ

今までなんどもなんども
あるときは 神さま自身から
あるときは 誰かを通して
あるときは わたしを通して

ことあるごとに
花さんや 鳥さんや 風さん
太陽さん などを使って

ある時は 
いろんな現象を使って

でも それを見ようとしないのは
あなたのほうでは‥‥?

それを聞こうとしないのは
あなたのほうでは‥‥?

それを感じようとしないのは
あなたの方では‥‥?

叫ぶのではなくて
静かに耳を傾けたら聞こえてくるよ (^-^)

ゆったりして感じると
感じられるよ   (^-^)

自分自身を肯定すると
見えてくるよ  (^-^)

神さまは
ほんとうのあなた自身だから

あなた自身を大好きでいてあげて
肯定することが
神さまとつながる方法だから



/ 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 /
/ 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 /
/ 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30 /
/ 31 / 32 / 33 / 34 / 35 / 36 / 37 / 38 / 39 / 40 /
/ 41 / 42 / 43 / 44 / 45 / 46 / 47 / 48 / 49 / 50 /
/ 51 / 52 / 53 / 54 / 55 / 56 / 57 / 58 / 59 / 60 /
/ 61 / 62 / 63 / 64 / 65 / 66 / 67 / 68 / 69 / 70 /
/ 71 / 72 / 73 / 74 / 75 / 76 / 77 / 78 / 79 / 80 /
/ 81 / 82 / 83 / 84 / 85 / 86 / 87 / 88 / 89 / 90 /
/ 91 / 92 / 93 / 94 / 95 / 96 / 97 / 98 / 99 / 100 /
/ 101 / 102 / 103 / 104 / 105 / 106 / 107 / 108 / 109 / 110 /
/ 111 / 112 / 113 / 114 / 115 / 116 / 117 / 118 / 119 / 120 /
/ 121 / 122 / 123 / 124 / 125 / 126 / 127 / 128 / 129 / 130 /
/ 131 / 132 / 133 / 134 / 135 / 136 / 137 / 138 / 139 / 140 /
/ 141 / 142 / 143 / 144 / 145 / 146 / 147 / 148 / 149 / 150 /
/ 151 / 152 / 153 / 154 / 155 / 156 / 157 / 158 / 159 / 160 /
/ 161 / 162 / 163 / 164 / 165 / 166 / 167 / 168 / 169 / 170 /
/ 171 / 172 / 173 / 174 / 175 / 176 / 177 / 178 / 179 / 180 /
/ 181 / 182 / 183 / 184 / 185 / 186 / 187 / 188 / 189 / 190 /
/ 191 / 192 / 193 / 194 / 195 / 196 / 197 / 198 / 199 / 200 /
/ 201 / 202 / 203 / 204 / 205 / 206 / 207 / 208 / 209 / 210 /
/ 211 / 212 / 213 / 214 / 215 / 216 / 217 / 218 / 219 / 220 /
/ 221 / 222 / 223 / 224 / 225 / 226 / 227 / 228 / 229 / 230 /
/ 231 / 232 / 233 / 234 / 235 / 236 / 237 / 238 / 239 / 240 /
/ 241 / 242 / 243 / 244 / 245 / 246 / 247 / 248 / 249 / 250 /
/ 251 / 252 / 253 / 254 / 255 / 256 / 257 / 258 / 259 / 260 /
/ 261 / 262 / 263 / 264 / 265 / 266 / 267 / 268 / 269 / 270 /
/ 271 / 272 / 273 / 274 / 275 / 276 / 277 / 278 / 279 / 280 /
/ 281 / 282 / 283 / 284 / 285 / 286 / 287 / 288 / 289 / 290 /
/ 291 / 292 / 293 / 294 / 295 / 296 / 297 / 298 / 299 / 300 /
/ 301 / 302 / 303 / 304 / 305 / 306 / 307 / 308 / 309 / 310 /
/ 311 / 312 / 313 / 314 / 315 / 316 / 317 / 318 / 319 / 320 /
/ 321 / 322 / 323 / 324 / 325 / 326 / 327 / 328 / 329 / 330 /
/ 331 / 332 / 333 / 334 / 335 / 336 / 337 / 338 / 339 / 340 /
/ 341 / 342 / 343 / 344 / 345 / 346 / 347 / 348 / 349 / 350 /
/ 351 / 352 / 353 / 354 / 355 / 356 / 357 / 358 / 359 / 360 /
/ 361 / 362 / 363 / 364 / 365 / 366 / 367 / 368 / 369 / 370 /
/ 371 / 372 / 373 / 374 / 375 / 376 / 377 / 378 / 379 / 380 /
/ 381 / 382 / 383 / 384 / 385 / 386 / 387 / 388 / 389 / 390 /
/ 391 / 392 / 393 / 394 / 395 / 396 / 397 / 398 / 399 / 400 /
/ 401 / 402 / 403 / 404 / 405 / 406 / 407 / 408 / 409 / 410 /
/ 411 / 412 / 413 / 414 / 415 / 416 / 417 / 418 / 419 / 420 /
/ 421 / 422 / 423 / 424 / 425 / 426 / 427 / 428 / 429 / 430 /
/ 431 / 432 / 433 / 434 / 435 / 436 / 437 / 438 / 439 / 440 /
/ 441 / 442 / 443 / 444 / 445 / 446 / 447 / 448 / 449 / 450 /
/ 451 / 452 / 453 / 454 / 455 / 456 / 457 / 458 / 459 / 460 /
/ 461 / 462 / 463 / 464 / 465
【投稿する】

悩み相談サイト心の癒し トップページへ戻る
copyright© 2001-2009 心の癒し
designed by
programmed by
powered by
ともとも
松本竜弥のそれ憧れるのょ
占い開運癒しの占星術
占い相談
無料占い恋愛
パワーストーン恋愛専科