【管理者用】



* 全ての方へのメッセージ *


あなたに、ふと詩が湧いてきたら、それを言葉に綴ってみてください。
誰かの勇気や、誰かの元気、誰かを慰めるかもしれません。

また、詩ではなく、そのまま普通の文章で綴って下さってもいいですよ。
その場合は、あなたへ素敵な詩をお贈りします。
【投稿する】
サイト内検索:


  ピ ア ノ。 2003/04/17(Thu)18:54
Witten by [ ドリー ]
私の一番は、ピアノ。
でも、うまく弾けない。

やっている年数だけは長い、16年。
そのうち音楽学校で、8年間学んだ。

通っている大学も、音楽。
それでも、うまくいかない。

ここで癒されて、私は自分の正体に気づいた。
それは、苦悩する芸術家。

先生には恵まれている。
環境にも恵まれている。

前の先生は、「あなたは弾けるほうよ」と。
もっと前の先生は、
「ふつうここまで教えられない
 あなたは頑張った」と。
もっと前の先生は、
「音楽大学に行きなさい」と。

でも、一度だけ、音楽大学の先生に言われた。
「人よりちょっと上手いからって、
音大は受けられるほど甘くは無いよ。
辞めたほうが、貴方の幸せのためだ」と・・。

それ以来、泣きながら、それでも
辞める理由も見つからず。
辞めたら生きていけなくて。
ずっと続けてきたけれど。

<私に足りないのはなんなのか、と・・・。>

逃げるのが上手い。
それは自分でも認めている弱点。
でもそれだけ?

<技術じゃないよ>
謎かけのように、かつての恩師は言った。
<人生生きてれば、わかってくる>

同じコトを、二人の恩師に言われた・・。

まだ、答えは見つからない。
でも、まだ私は若いから、
がむしゃらにピアノにむかうしか
ないと思っています・・・・・・。



  またひとりぼっち。 2003/04/17(Thu)17:32
Witten by [ めるも ]
桜。
今年はあの人と見に行きたいなって、春が来るのを楽しみにしてた。
でも、なんだか、ひとりで見に行きたくなった。
青空。満開の花。
偶然、ギルバート・オサリバン?の、「アローン・アゲイン」が、流れてきた。

公園を歩くカップル、友達同士、ひとりぼっちの人、家族連れ・・・

長いこと「ひとりぼっち」やってなかったもんなぁ。

でも、きっと、「ひとりでも生きていける」。

ひとりが当たり前だった頃の、なつかしい気分になりました。



  私たちにできること 2003/04/17(Thu)12:02
Witten by [ 昭代 ]
もう傷つけないために・・・
癒すために・・・
自分自身を 取り戻すために・・・
平和を取り戻すために
私たちにできること

自分自身が 相手が 遠くにいる人たちが
傷ついている(かもしれない)こと、
不安で怖い、怖れている、恐怖いっぱい(かもしれない)ということ
を知ること  頭 知識だけでなくて
心で 理解すること

もし、自分だったら?
自分の家族だったら? 友達だったら? 自分の国だったら?
と想像してみること

何か 理由や、事情があったから そうしてしまった・・・ということ
批判も 何も 必要ないということ
理解から うまれるものがあること
何度 間違えても 人間の本質を信じて 信頼すること
あきらめないこと  希望すること

私たちが 癒されることを 信頼すること



  海風にあこがれる前に 2003/04/16(Wed)01:07
Witten by [ じあ ]
傷つくのは 誰だって敬遠したいよ ね
でも 君は知らないことが 多すぎるみたい
僕は海の町に住んでるから
海しかない町に住んでいるから

知ってる?真冬になるとね
この街の海風はうなりをあげて
僕の家を大きく揺するほど
家にいるのに 僕は軽い船酔いの気分
サッシの窓枠には いつも潮がこびりつき

ポストが 錆びる
車が 朽ちる

海が見たいなんて夢は たわごとさ
僕は 思う
海は 友にはなりえないこと
憎むほどでもないけれど
決して「海沿いの小高い丘の白い家」なんかに
夢の一つもないことを

僕は弱いけれど 自殺も考えたけれど
窓を開ければ海しか見えない
そんな町で生きていくのだから
生きなきゃ、とつぶやいて
生きなきゃ、生きなきゃ、生きなきゃ

口癖のように
わらう?わらえるんだね?

どんなに死の闇に手招きされても
海に見られて死にたくはないだろ
こんな小さな町の
町ごと吹っ飛ばすような海風に吹き飛ばされる
そんなたやすい命なんか
ないんだよ

今日は雨が降っていて 部屋が生魚くさい
雨はいつも この町では
さみしい魚のにおいがする
ぼくときみミタイダ

海が見てるから もうちょっと
生きてみようか



  陽射し 2003/04/16(Wed)01:01
Witten by [ ひかる ]
今は暖かい陽射しのような

やさしい光に導かれて

あなたのココロの笑顔を

探してゆけたらいいな

夢はまだ遠いけど

かならず叶うと信じて

いつか・・わかる・・あの日・・あの時

そばにいた人の事が

今も柔らかな陽射しを浴びて

とまどう視線に導かれる

あなたの想いのかけらを

探してゆけたらいいな

苦しい事や悲しみ

わすれることができるのなら

すべて受け入れてあげるから

そっと抱きしめてあげるから・・。





  チイサナコト。。。 2003/04/14(Mon)21:57
Witten by [ 夢浮橋 ]
とってもとっても小さなこと

とってもとっても何気ないこと

それが嬉しいの

アナタはきっと知らない

アナタが軽く微笑んでくれるだけで

私の心臓は飛び出しそうなくらいドキドキしてる

アナタはきっと知らない

アナタの姿を見るたびに顔が赤くなっているのを

夢の中の王子様 夜のお祈り ラブソング

私を彩るアナタ

小さなことは大きなこと

何気ないことで

私の心は春になる




  Shake hands 2003/04/14(Mon)20:44
Witten by [ Sera ]
あなたの手に触れた瞬間
私はどんな気持ちでいるだろう
想像もつかない

今はまだ遠く離れているけど
もうすぐに逢えるんだね

桜の花びら舞う中 ひとり歩く
過去の想い出たち さよなら

これからはあなたと歩いていくために
今よりもっと強くなろう



  お久しぶりです 2003/04/14(Mon)17:27
Witten by [ 琥珀 ]
12月に書き込んで以来、インターネットができない状態になってしまい、えびさんからのお返事も見られず、今、見ました。ありがとうございました。
また、暇を見つけて、来たいと思います。


不安だらけの中で
どれだけの期待を膨らめることができるだろう
自分の背中を自分で押して上げられる人になりたいな



  賢 2003/04/14(Mon)00:28
Witten by [ そよ風 ]

 私の答えは空の上。

 だから私は飛ばないといけない。

 その為には私は軽くならないといけない。

 私は捨てた。

 「愛」「幸せ」「信じる者」

 人は私のことを「背徳者」と言う。

 しかしこれが私の力

 答えを出すためにどんな犠牲も払う・・・

 ・・・・これが私の力

 拝んだり祈んだりしているだけじゃ答えは降 りてこない!

 真実や答え・・それは誰かから与えられるも のじゃなく自分で努力して手に掴むものだ!

 だから私は飛び続ける



  一緒に歩こう 2003/04/13(Sun)16:59
Witten by [ フラワー ]
大丈夫?

疲れたなら休もうか


前に進むのが恐いなら

僕が手を引くよ


さあ 一緒に歩こう

そばにいるから


でも その前に


きみの涙を

僕の この手で拭わせて
http://www5b.biglobe.ne.jp/~shining/


  今の社会 2003/04/12(Sat)13:54
Witten by [  ]
弱いことはダメだと思っている人が多い
そのため人に自分の弱さを隠す人が多い
何故?
誰にでも弱さはあるのだ
ない方がよほど不自然だろう



  立ち止まるとき 2003/04/12(Sat)13:03
Witten by [ 昭代 ]
ひとつのことに こだわっていたら ちょっと止まってみよう
いつのまにか 自分が 力入れて、しがみついていないか
頑固になっていないかな、と 見つめてみる

距離をおいて 他の角度からも 見つめてみよう
自由に いろんなふうに 考えてみよう
そこから離れて 他のことも やってみよう
あまり 考えないようにしよう
自分で 努力して 頑張ってばかりでは 疲れるから
リラックスして休みます・・・



  3ed34 2003/04/12(Sat)02:54
Witten by [ shigeru ]
愛し合う心は神イエスキリストの心。

愛し合うならば愛は貴方にこたえます。

愛が宗教という人達は、心のさみしい人達です。

私は愛が好きです。

愛し合うと神の国が見えます。

今、インドに居ます。

貴方達日本人の想像を絶する貧しさがあります。

美しい女王さまのような女性が、

テントで寝ています。

ホームレスのようです。

しかし、毎日重労働。

コンクリをこねて、汗いっぱいなのです。

一階から三階の屋根の上まで、30キロのセメントを運びます。

美しい着物は着たきりスズメ

私は愛があって、お金があったら、貴方にお願いして、

貴方に賃金をあげたいと思います。

彼女達の賃金は、一日200円です。

たった200円の人生もあるのです。

旦那さんも一緒に現場仕事をしています。


夜寝る時は青いテントは女王さまの部屋

旦那さんは、可愛い王女様の横に居て、

熱いでしょうと、自分は外で寝ています。

道を通る人達は、何故とも聞かないで、

美しい、貧しい夫婦を見ています、

私も旦那の横に寝て、

彼女の素晴らしい裸を見ていたい。

けれど、女王様は

愛だけしかありません。

旦那%8



  ねこちゃん 2003/04/12(Sat)00:18
Witten by [ さつき ]

毛玉だらけのねこちゃん。

大丈夫って声を掛けたいけど、
ねこちゃんは一生懸命に頑張ってるからな。

だから、見守るだけにしようと思ったり。。

ねこちゃんはわんちゃんと違って
距離を置くでしょう?

時々自分から擦り寄ってくる。
撫でようとするけど、
触らない方がいいかもね。

みているだけにしとく。

それがいいのかもね。

ボロボロになっても、泣いちゃっても、
それでも、
いつも誰かの悩みの「種」拾ってる姿は。

ちょっと、痛々しく感じる事もあるけど、
ねこちゃんは今日も行く。

ただ、流されるままに。
気の向くままに。

素敵だね。

きっと、
そのねこちゃんは「心」がわかるんだ。

見ているだけでも、癒される。
側にきたら、泣けてくる。




  ある事件  ある高校生  ある言葉 2003/04/11(Fri)21:39
Witten by [  ]
「透明な存在であり続けるボクをせめてあなた達の空想の中だけでも実在の人間として認めて頂きたい」

なんて悲しく胸にひびく言葉だろう

さらにある高校生はこういった
『自分の感情で犯人を批判するのは簡単です』     
『事実を批判しているだけでは何も変わらないし、なんの解決にもならないから。』

何故彼らの言葉がボクにはこんなに響いたのだろうか

なんど考えてもどうしてもわからない

きっと僕に共感できる部分を兼ね備えているからだろう
もちろん許される罪ではない

しかしこの犯人の言葉はやるせない気持ちにさせるものだ…



  ゴール 2003/04/11(Fri)21:19
Witten by [  ]
君はなんのために努力したんだい
そんな必要もない努力を

生き抜くため…? みんな一人一人理由は違う
 
果たして今もその努力が必要なのか

自分を壊してまでも…?
僕達は何が目的だったのだろう

もうゴールは通り過ぎてるんじゃないの?



  桜…そして梅の花 2003/04/11(Fri)21:05
Witten by [  ]
桜の花びらが隠してくれるかな 僕の醜い心を
きっと隠してくれるんだろうね
でも僕はまた梅の花に戻らなければならない



  「さくら☆」 2003/04/11(Fri)20:32
Witten by [  ]
満開の桜の下・・・
花びらの中・・・

ο ο ο ο ο ο ο ο
ο ο οA−Aο ο ο ο
ο ο ο ∩^人^毛∩ο ο ο ο

目を伏せて歩く・・・
自分には、桜をゆっくり見る
資格もないように、感じるから・・・

ここまで、みじめな自分。
なのに、桜は咲いている・・・

いろいろあっても。どんなひどいことがあっても。
桜は咲く。
桜の咲かなかった、春はない。

もう、ずっと前から咲いていたし。
これからも、咲き続けるんだろうな・・・

何も、言わず。ただ、咲いているんだろうな・・・
桜は、強いんだな・・・

P.S.えびさんは、日本の春を。どう見ているのでしようか?
泣かないで、ちゃんと、見てられてるかな?
えびさん、美しい春だよ・・・♪



  嵐の海の底の 深海魚のように 2003/04/10(Thu)17:57
Witten by [  ]
ほんとうに つらい時
ほんとうに 大変な時
「死んだ方がましだ。」と 思ってしまう時
言葉にならない・・・

ぐっと 歯をくいしばって
オレは 耐えている

嵐の海の底の 深海魚のように
地べたを はいつくばって
圧力に おしつぶされそうになりながら

「いつか、浮上できる!」と、信じて。
耐えている・・・

輝く太陽の下 青空の下
美しい やすらぎの 癒しの海
あきらめないで(バカみたいだけど・・・)
夢見て いるんだ

いつも・・・☆



  一緒に・・・ 2003/04/10(Thu)08:16
Witten by [ chiko ]
木々の新芽の緑が明るさを増し

花のつぼみがこぼれそうにふくらんでる


晴れた空からは やわらかい陽光が

惜しげもなくふりそそぐ


わたしを包むそんな風景に春を感じるから

あなたにも見せたくて 一緒に感じたくて

いつもあなたに話しかけてる



どんなときも わたしはいつも

あなたのそばにいるよ

あなたをこの胸に抱きしめて

一緒に歩いているよ



/ 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 /
/ 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 /
/ 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30 /
/ 31 / 32 / 33 / 34 / 35 / 36 / 37 / 38 / 39 / 40 /
/ 41 / 42 / 43 / 44 / 45 / 46 / 47 / 48 / 49 / 50 /
/ 51 / 52 / 53 / 54 / 55 / 56 / 57 / 58 / 59 / 60 /
/ 61 / 62 / 63 / 64 / 65 / 66 / 67 / 68 / 69 / 70 /
/ 71 / 72 / 73 / 74 / 75 / 76 / 77 / 78 / 79 / 80 /
/ 81 / 82 / 83 / 84 / 85 / 86 / 87 / 88 / 89 / 90 /
/ 91 / 92 / 93 / 94 / 95 / 96 / 97 / 98 / 99 / 100 /
/ 101 / 102 / 103 / 104 / 105 / 106 / 107 / 108 / 109 / 110 /
/ 111 / 112 / 113 / 114 / 115 / 116 / 117 / 118 / 119 / 120 /
/ 121 / 122 / 123 / 124 / 125 / 126 / 127 / 128 / 129 / 130 /
/ 131 / 132 / 133 / 134 / 135 / 136 / 137 / 138 / 139 / 140 /
/ 141 / 142 / 143 / 144 / 145 / 146 / 147 / 148 / 149 / 150 /
/ 151 / 152 / 153 / 154 / 155 / 156 / 157 / 158 / 159 / 160 /
/ 161 / 162 / 163 / 164 / 165 / 166 / 167 / 168 / 169 / 170 /
/ 171 / 172 / 173 / 174 / 175 / 176 / 177 / 178 / 179 / 180 /
/ 181 / 182 / 183 / 184 / 185 / 186 / 187 / 188 / 189 / 190 /
/ 191 / 192 / 193 / 194 / 195 / 196 / 197 / 198 / 199 / 200 /
/ 201 / 202 / 203 / 204 / 205 / 206 / 207 / 208 / 209 / 210 /
/ 211 / 212 / 213 / 214 / 215 / 216 / 217 / 218 / 219 / 220 /
/ 221 / 222 / 223 / 224 / 225 / 226 / 227 / 228 / 229 / 230 /
/ 231 / 232 / 233 / 234 / 235 / 236 / 237 / 238 / 239 / 240 /
/ 241 / 242 / 243 / 244 / 245 / 246 / 247 / 248 / 249 / 250 /
/ 251 / 252 / 253 / 254 / 255 / 256 / 257 / 258 / 259 / 260 /
/ 261 / 262 / 263 / 264 / 265 / 266 / 267 / 268 / 269 / 270 /
/ 271 / 272 / 273 / 274 / 275 / 276 / 277 / 278 / 279 / 280 /
/ 281 / 282 / 283 / 284 / 285 / 286 / 287 / 288 / 289 / 290 /
/ 291 / 292 / 293 / 294 / 295 / 296 / 297 / 298 / 299 / 300 /
/ 301 / 302 / 303 / 304 / 305 / 306 / 307 / 308 / 309 / 310 /
/ 311 / 312 / 313 / 314 / 315 / 316 / 317 / 318 / 319 / 320 /
/ 321 / 322 / 323 / 324 / 325 / 326 / 327 / 328 / 329 / 330 /
/ 331 / 332 / 333 / 334 / 335 / 336 / 337 / 338 / 339 / 340 /
/ 341 / 342 / 343 / 344 / 345 / 346 / 347 / 348 / 349 / 350 /
/ 351 / 352 / 353 / 354 / 355 / 356 / 357 / 358 / 359 / 360 /
/ 361 / 362 / 363 / 364 / 365 / 366 / 367 / 368 / 369 / 370 /
/ 371 / 372 / 373 / 374 / 375 / 376 / 377 / 378 / 379 / 380 /
/ 381 / 382 / 383 / 384 / 385 / 386 / 387 / 388 / 389 / 390 /
/ 391 / 392 / 393 / 394 / 395 / 396 / 397 / 398 / 399 / 400 /
/ 401 / 402 / 403 / 404 / 405 / 406 / 407 / 408 / 409 / 410 /
/ 411 / 412 / 413 / 414 / 415 / 416 / 417 / 418 / 419 / 420 /
/ 421 / 422 / 423 / 424 / 425 / 426 / 427 / 428 / 429 / 430 /
/ 431 / 432 / 433 / 434 / 435 / 436 / 437 / 438 / 439 / 440 /
/ 441 / 442 / 443 / 444 / 445 / 446 / 447 / 448 / 449 / 450 / 451 / 452 / 453 / 454 / 455 / 456 / 457 / 458 / 459 / 460 /
/ 461 / 462 / 463 / 464 / 465
【投稿する】

悩み相談サイト心の癒し トップページへ戻る
copyright© 2001-2009 心の癒し
designed by
programmed by
powered by
ともとも
松本竜弥のそれ憧れるのょ
占い開運癒しの占星術
占い相談
無料占い恋愛
パワーストーン恋愛専科