【管理者用】



* 全ての方へのメッセージ *


あなたに、ふと詩が湧いてきたら、それを言葉に綴ってみてください。
誰かの勇気や、誰かの元気、誰かを慰めるかもしれません。

また、詩ではなく、そのまま普通の文章で綴って下さってもいいですよ。
その場合は、あなたへ素敵な詩をお贈りします。
【投稿する】
サイト内検索:


  。。。 2007/12/14(Fri)21:53
Witten by [ 優奈 ]
ねぇあの日の約束おぼえてる?
あの校舎の裏での2人だけの約束
『ずっと一緒にいようね』
ずっと続くことなんてないのに
あの頃の私たちは永遠を信じてた
あの頃の私たちの気持ちには
1つだって嘘はなかったよね・・・?
ごめんね?約束まもれなくて・・・
ごめんね?まだ君のことが忘れられない・・・
まだ私は、前に進めない
私の心はあの日のまま動かない・・・

≪規約同意済み≫



  あとすこし 2007/12/14(Fri)17:39
Witten by [ 唖季麗 ]
待っててね
必ずいくからね
絶対絶対
会えるよね
幸せに
なれるよね。
必ず
いくから
二人で
幸せになろうね


しあわせに




なろうね



≪規約同意済み≫



  心満たすもの 2007/12/10(Mon)08:05
Witten by [ 雪斗 ]
テスト前になると
勉強計画を立てるけど 計画倒れになっていた。


そんな中高一貫教育の規則の中で暮らしてきた。
寮生活の中で先生にバレないようにしてきた
良心のうずきを感じていた。
だから僕らには自分は正直だなんて言えた義理じゃない。


なにも頼るものがなかったアノ頃が困難だったとは思わない。
ロマンチックも何もなかったけれど
仲間と 心を開いて 頭が空っぽ になるまで
夜通し過ごしていた。


僕らが心が満たすための唯一の方法だったよ。

≪規約同意済み≫



  恋をしている皆さんへ 2007/12/09(Sun)18:01
Witten by [ アゲハ ]
気持ちは言葉に
出さないと 伝わらないよ
≪規約同意済み≫



  偶然の発見 2007/12/08(Sat)07:06
Witten by [ 雪斗 ]
見慣れた投稿


よりわかりやすく適切な回答を生んでいるのだろうか。


この道で貴女と出会い冬春に包まれたこの頃。


今、僕の道は正確な時間を歩み、正確な場所にいるのだろうか
≪規約同意済み≫



  幸せの代わりに・・ 2007/12/07(Fri)15:15
Witten by [ N ]
私は今、幸せです

でも私が幸せになった代わりに
私が振った人は不幸せになりました

幸せの代わりに得たもの
それは・・
後悔と謝罪の気持ち

本当に1年間、ありがとうございました


≪規約に同意しない≫



  言葉にすること 2007/11/28(Wed)06:50
Witten by [ 雪斗 ]
「言葉」にすることは 決して簡単じゃない

 一部の人々は傷をつけて たくさん練習した

 難しい芸術だと 誤解して 

 その才能を見せびらかしたがっていた。


 貴女のところで憤慨によって巧みに伝えられていた。

真剣に過去から 問題 に取り組み応じる気があるなら

進歩はまだ続く筈

「はい」も「いいえ」も簡単な言葉じゃない

 ましてや口することなんて・・・
≪規約同意済み≫



  腹が立つ。 2007/11/26(Mon)17:13
Witten by [ 星屑 ]



今日、私の目の前で
Sさんがあなたに
「Iさんに 水曜な、ってメールしとって」って
言ってた。


私はてっきり
来月の行事の日が決まったのかな?って
思った。。




あとから聞くとあなたは
「ううん。Iさんが久々にこっちに
来てるからお茶でも・・・って思ったんよ」って。
「星屑も来る?」って・・・




何それ?ついでみたいな・・・





前はちゃんと教えてくれてたのに・・・







「仲間だ」って言いながら
隠してたんだ。






ショックが大きすぎる。。




それに忘年会も「TとKは誘わない」って
あなたは言ってたのに
今日、思いっきり言ってたじゃん!!
私はショックだった。。。




Iとのお茶・・
行くって言ったけど私は
またあなたからメールが来たら
断ります。





だって水曜なんでしょ?
水曜なのに・・・
「また決まったらメールするな!」って
おかしいじゃん。。





裏切り者!!

マジで腹が立つっ!!!









≪規約に同意しない≫



  大切な人へ 2007/11/26(Mon)14:24
Witten by [ sky ]
DEAR 大切な人


本当に最初は
君のこと大嫌いやったし。
なのになんか
君には引き寄せられるものがあって
「キモいわ!!」
って思っとった優しさも
なんか心の中に
しみ込んできた。
無愛想でいつも素直になれんあたしを
いっつも笑わせてくれよった。
そんな君が
好きだって気づいたのは
ものすごく遅かったです。
だけど遅かったけれど
何回も回り道したけどね
今隣に
君がいる。
本当に幸せなんだ。
だからこれからもずうっと
よろしくね。
≪規約同意済み≫



  言わなきゃね・・ 2007/11/25(Sun)19:26
Witten by [ アゲハ ]
好きな人には ちゃんと「好きだ」
って言わないと・・・
「後悔」と言う気持ちだけが残る
そうでしょ?
≪規約同意済み≫



  「生きる」 2007/11/23(Fri)10:08
Witten by [ star girl ]
君の言う「生きる」の意味は

人を愛するためだったね

じゃ僕は何の為に生まれてきた?

誰かに望まれて生まれてきた?

それとも誰も僕の存在を

願っていなかったのかな

僕の言う「生きる」の意味は

こうだったよ

誰かの夢見た世界に行くこと

でもね

君に出会って変わったんだ

この広い孤独の世界で

花を咲かせるの

どんなに小さな花でもいいから咲かせるの

でもどうして

死ぬのは簡単なのに

生きることはこんなにも

難しいのかな

だけど死ぬ勇気さえあれば

生きていく限り

どんな困難でも立ち向かえるでしょ?

君の言う「生きる」の意味が

今ならはっきりと

分かる気がするんだ

きっと
≪規約同意済み≫



  経験と感情 2007/11/23(Fri)08:21
Witten by [ 雪斗 ]
この二つが重なり正直になるとき
他人も自分も 礼儀正しく なる
 

全体的に無力だったことだけが
重い占めて 謙虚   になる


例えば犬でさえも三日飼えば
飼い主の恩は忘れない


なのに人は恩を知ることが
心から消えていくのは おそらく
私利私欲のため



 人なれど畜生よりもおとるある
      よく深きもの恩をわすれる
                   」


(家族代々信仰している仏教の今月の御教歌です。)
≪規約同意済み≫



  今頃・・・ 2007/11/23(Fri)00:19
Witten by [ 一人 ]


後悔です。



あの人に手紙を渡した事を
後悔しています。




今頃・・・って言うより
「読んでください」と言ってからの
あの人の
「おぅ・・・」というだけの返事。




その答えを聞いてから
私は後悔しています。




破って捨ててくれていたら幸いです。




あの人には奥さんが居るし。






ただただ私は手紙を渡した事を
後悔しています。





≪規約に同意しない≫



  ワガママとガマン 2007/11/17(Sat)21:25
Witten by [ ぴとみん ]
どちらを選んだらいいの?

一緒にやりたい事があっても

私はガマンしちゃう。

今まで付き合った人は

ワガママ言ったら逃げてったから。

でもガマンしすぎると

いつか限界が来そう。

それでも私はガマンしちゃう。

ワガママとガマン

どっちを選んだらいいのか

疑問の答えは見えてないから。
≪規約同意済み≫



  新しい朝の始まりが好き 2007/11/17(Sat)07:57
Witten by [ 雪斗 ]
感情は常に変化するんだよ。
なのに、損得の能力を先に気取っている。


それよりもっと簡単だよ、
高低レベルな様々な感情的な性格に対して
より簡単に責任をもとうとするのは。
生き方に苦楽な義務を持てばいいんだよ。


例えば
一つに纏め上げなくてもいいじゃない。
皆、バラバラで個性が消えたら面白くない。
愛されたい人は俺から多くのことを欲しがる。だから彼らのニーズに合わせるのが
非常にもっと簡単。
これが、俺の苦楽な義務!


あなたは自己犠牲心に耐えてよく頑張ったよ。
この先もっと大きい見返りが来ることを
期待しよう。
≪規約同意済み≫



  もう一人の自分 2007/11/16(Fri)21:35
Witten by [ どこかのだれか ]
「自分はなんて馬鹿なんだろう」
その様なことをずっと考えていた日々

でもそうやって泣いている日が続くほど苦しく感じた
「泣いて・・・スッキリしたはずなのに」
ずっと考えました
そして出た答えは

まずは、自分を好きにならなくちゃ

でも自分で自分を好きになるなんて
なんだか恥ずかしい
しかし考えてみると
ご飯を食べるのは自分が死んでしまわないようにするため
髪の毛を洗うのは自分を綺麗に保ってあげるため
何気なくしていることも自分が好きだからしてあげていることなんだ
なのに「自分が馬鹿だ」なんて
自分で自分をいじめている様なもの
いじめちゃだめ、自分を傷つけてスッキリするはずが無い

それに気づいた瞬間、何かが壊れた音がした
私の中でこんな映像が流れた

白くにごった半透明の大きなガラス玉
その中には・・・自分とそっくりの女の子が
閉じ込められていた
それにヒビが入って大きな高い音をたてて割れた
中から出てきた「もう一人の自分」は
やさしい声で私のほほを撫でながら

「やっと・・・助けてくれたのね、ありがとう」

と言ってくれた
何かに気づくことで何年間も閉じ込められていた自分を助け出せた

涙が・・・あふれてきた。
≪規約同意済み≫



  昨日は、暑かったですね 2007/11/16(Fri)06:53
Witten by [ 雪斗 ]
昨日のような11月に気温が暑い日が来ます。

「インディアン’sサマー」と言われてます。
インディアンが夏の間仕事をさぼったため
「神様もう一度快晴の日を下さい」
と願った故に出来た晴れでした。

この境目を機に
気温がぐっと下がり本格的な冬の到来です。

豆知識です。
≪規約同意済み≫



  まだまだですね 2007/11/15(Thu)19:31
Witten by [ 通りすがり ]

あなた…コピーしてますね?
盗作は悪いこと。
作った人の心を取ってしまうこと。
それ以上咎めはしませんが、
まず、元ネタを作った人に謝ってください。
お願いします…



≪規約に同意しない≫



  正義について 2007/11/15(Thu)19:26
Witten by [ 無名 ]
勝者こそが正義であると…誰かは言う。
そしてその言葉は、人の数だけの正義が存在し、それぞれの時代背景によって移り変わる
実に不安定なものである事を示している。
 
ならば、決して揺るぐ事のない正義とは何だ。
苦しみ、悲しみ、嫉妬、憎しみ、絶望。その中で争い合う人間、全てに言える言葉はないか。
 
私は問いたい。そして その答えはこうであると信じたい。
 
決して揺るぐことのない正義。それは…愛する何かのために己の持ち得る力の限りに戦うことであると。
 
失ってはいけない何かのために。
守らなければならない何かのために。
家族、友人、恋人、誇り、地位、名誉、財産。
例えそれが何であれ、それぞれに無くてはならない愛するもののために。

『STONES』 聖徒・アシェルの格言より。

≪規約に同意しない≫



  風と人の類似 2007/11/15(Thu)19:24
Witten by [ 無名 ]
風は ただ通り過ぎない
行くあてもなく吹いているようで きっと何かを目指している
  
例えば
地平線の向こうで突き動かされ
海を渡ってくる間に水を集め
草原を走れば草木をを揺らし
空に上れば雲を造って それを運び
どこかに咲いた花に雨をそそぐため
  
時に雷を帯び 荒れ狂う事があっても
過ぎ行けば暖かい空気と日差しを残していく
   
だから人は ふとした時に風を感じると思うのだろう
鳥になりたいと
あの風に載って何かを学ぶ事が出来たらと
  
そしていつかは
あの風のようになれたらと
≪規約に同意しない≫



/ 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 /
/ 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 /
/ 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30 /
/ 31 / 32 / 33 / 34 / 35 / 36 / 37 / 38 / 39 / 40 /
/ 41 / 42 / 43 / 44 / 45 / 46 / 47 / 48 / 49 / 50 /
/ 51 / 52 / 53 / 54 / 55 / 56 / 57 / 58 / 59 / 60 /
/ 61 / 62 / 63 / 64 / 65 / 66 / 67 / 68 / 69 / 70 /
/ 71 / 72 / 73 / 74 / 75 / 76 / 77 / 78 / 79 / 80 /
/ 81 / 82 / 83 / 84 / 85 / 86 / 87 / 88 / 89 / 90 /
/ 91 / 92 / 93 / 94 / 95 / 96 / 97 / 98 / 99 / 100 /
/ 101 / 102 / 103 / 104 / 105 / 106 / 107 / 108 / 109 / 110 /
/ 111 / 112 / 113 / 114 / 115 / 116 / 117 / 118 / 119 / 120 /
/ 121 / 122 / 123 / 124 / 125 / 126 / 127 / 128 / 129 / 130 /
/ 131 / 132 / 133 / 134 / 135 / 136 / 137 / 138 / 139 / 140 /
/ 141 / 142 / 143 / 144 / 145 / 146 / 147 / 148 / 149 / 150 /
/ 151 / 152 / 153 / 154 / 155 / 156 / 157 / 158 / 159 / 160 /
/ 161 / 162 / 163 / 164 / 165 / 166 / 167 / 168 / 169 / 170 /
/ 171 / 172 / 173 / 174 / 175 / 176 / 177 / 178 / 179 / 180 /
/ 181 / 182 / 183 / 184 / 185 / 186 / 187 / 188 / 189 / 190 /
/ 191 / 192 / 193 / 194 / 195 / 196 / 197 / 198 / 199 / 200 /
/ 201 / 202 / 203 / 204 / 205 / 206 / 207 / 208 / 209 / 210 /
/ 211 / 212 / 213 / 214 / 215 / 216 / 217 / 218 / 219 / 220 /
/ 221 / 222 / 223 / 224 / 225 / 226 / 227 / 228 / 229 / 230 /
/ 231 / 232 / 233 / 234 / 235 / 236 / 237 / 238 / 239 / 240 /
/ 241 / 242 / 243 / 244 / 245 / 246 / 247 / 248 / 249 / 250 /
/ 251 / 252 / 253 / 254 / 255 / 256 / 257 / 258 / 259 / 260 /
/ 261 / 262 / 263 / 264 / 265 / 266 / 267 / 268 / 269 / 270 /
/ 271 / 272 / 273 / 274 / 275 / 276 / 277 / 278 / 279 / 280 /
/ 281 / 282 / 283 / 284 / 285 / 286 / 287 / 288 / 289 / 290 /
/ 291 / 292 / 293 / 294 / 295 / 296 / 297 / 298 / 299 / 300 /
/ 301 / 302 / 303 / 304 / 305 / 306 / 307 / 308 / 309 / 310 /
/ 311 / 312 / 313 / 314 / 315 / 316 / 317 / 318 / 319 / 320 /
/ 321 / 322 / 323 / 324 / 325 / 326 / 327 / 328 / 329 / 330 /
/ 331 / 332 / 333 / 334 / 335 / 336 / 337 / 338 / 339 / 340 /
/ 341 / 342 / 343 / 344 / 345 / 346 / 347 / 348 / 349 / 350 /
/ 351 / 352 / 353 / 354 / 355 / 356 / 357 / 358 / 359 / 360 /
/ 361 / 362 / 363 / 364 / 365 / 366 / 367 / 368 / 369 / 370 /
/ 371 / 372 / 373 / 374 / 375 / 376 / 377 / 378 / 379 / 380 /
/ 381 / 382 / 383 / 384 / 385 / 386 / 387 / 388 / 389 / 390 /
/ 391 / 392 / 393 / 394 / 395 / 396 / 397 / 398 / 399 / 400 /
/ 401 / 402 / 403 / 404 / 405 / 406 / 407 / 408 / 409 / 410 /
/ 411 / 412 / 413 / 414 / 415 / 416 / 417 / 418 / 419 / 420 /
/ 421 / 422 / 423 / 424 / 425 / 426 / 427 / 428 / 429 / 430 /
/ 431 / 432 / 433 / 434 / 435 / 436 / 437 / 438 / 439 / 440 /
/ 441 / 442 / 443 / 444 / 445 / 446 / 447 / 448 / 449 / 450 /
/ 451 / 452 / 453 / 454 / 455 / 456 / 457 / 458 / 459 / 460 /
/ 461 / 462 / 463 / 464 / 465
【投稿する】

悩み相談サイト心の癒し トップページへ戻る
copyright© 2001-2009 心の癒し
designed by
programmed by
powered by
ともとも
松本竜弥のそれ憧れるのょ
占い開運癒しの占星術
占い相談
無料占い恋愛
パワーストーン恋愛専科