【管理者用】



* その他のポエム *


あなたに、ふと詩が湧いてきたら、それを言葉に綴ってみてください。
誰かの勇気や、誰かの元気、誰かを慰めるかもしれません。

また、詩ではなく、そのまま普通の文章で綴って下さってもいいですよ。
その場合は、あなたへ素敵な詩をお贈りします。
【投稿する】
サイト内検索:


  肥やし 2015/11/15(Sun)22:40
Witten by [ 静岡明男 ]
山高ければ 谷深し
頂上から底なしのような谷底に落ちた僕。
普通では見られないじごくのようなけしきもみた。
然し、父親が言っていた
転んでもただでは起きるな
という言葉があたまにうかぶ。
他人の残酷さも、他人の優しさも全部見てきた。
やっと滑りどまった今、
体験してきた良いことも悪いこともみんな人生の肥やしにして見せられたらと思うこの頃である。
≪規約同意済み≫



  80日間世界一週 2015/11/14(Sat)12:48
Witten by [ 雪斗 ]
人の噂も七十五日。

それ以上に続きがあるのなら、

本気で対応する。




≪規約同意済み≫



  引用ポエム 2015/11/14(Sat)10:50
Witten by [ 静岡明男 ]
ここ最近の私は、自分のことしか考えてなかった。
好きっていう気持ちを忘れて、
本気であなたのことやめようとしてた。
けどいざ失うかもって思ったら、
本当に心にぽっかり穴が開いた気がした。
涙が止まらなかった。

本当は好きなの。
素直じゃないから分からないかもしれない、
充分伝わってないと思うけど、
私にはあなたが必要です。

あなたの不器用なところ、
ひねくれてるところ(笑)、
心を開くのに時間がかかってしまうところ、
なかなか人を信じきれなくて、ちょっと孤独なところ。
私には分かる。
なぜって私とすごく似てるから、そして
私には心を開いてくれたって感じたから。

だから、もう一度心を開いてくれませんか?
今の状況じゃ本当に難しいよね。
でもそれは今の状況がそうさせてるだけだよ。
二人きりで誰もいないところだったら、
きっと本当のあなたを見せてくれる。
少しだけ見えたあのあなたを見せてくれる。

だから私がするべきことは
あなたを受け入れることができるように、
私自身も心を開いて待っておくこと。
必要以上にわがままにならないこと。
いつも笑顔でいること。

難しい人に恋したねって言われるけど、
私が愛せる人はきっとこんな人なんだ。
いつもいつも笑ってる人といたら
確かに楽しいかもしれない。
でも私が好きになる人はいつもこんな人。
最初から分かってたことなのに、
あなたを否定してごめんなさい。
≪規約同意済み≫
≪規約同意済み≫



  水くさい 2015/11/14(Sat)07:10
Witten by [ 静岡明男 ]
おれはみずくさかったのかもしれない。
二人で共に苦労を乗り越えてこそのけっこんだったかもしれない。あの頃の幼稚な僕では、分からなかったのだ。こんなに慕いもとめているのならと。
とにかく俺の目指していた山頂はそれほどたかくけわしいものだったのである。悔しい。無事登頂して
君を迎えに行くはずだったのだが、遭難してしまった。今生きていることさえ不思議なくらいである。
二人で初めて富士山に測候所を建てた夫婦のように
成功したかった。
≪規約同意済み≫



  苦労 2015/11/14(Sat)06:55
Witten by [ 静岡明男 ]
こんな苦労をあなたにさせたくなかった。
己の選んだ道、思い込んだら試練の道を
行くが男のど根性。
我慢の限界を超えたバネのようにポッキリと
二つに折れてしまった。
俺には神運がある。そう固く信じていた僕は
原爆を落とされるまで降伏しなかった日本のように
徹底抗戦をしいた。もっと早く和平交渉をすればよかったのに妥協しなかった。
ある意味家族もいるのに大馬鹿である。
最後には必勝の信念で勝つ。約20年闘った。

≪規約同意済み≫



  お礼。 2015/11/13(Fri)06:45
Witten by [ 過ち ]
それなら、

安心しました。

ありがとうございました。

≪規約同意済み≫



  言い訳。 2015/11/13(Fri)05:21
Witten by [ 伸(NOBI) ]
言い訳に過ぎないけど

俺達も、法律の下で平等に生きているんだ。




≪規約同意済み≫



  言い訳。 2015/11/12(Thu)19:55
Witten by [ 過ち ]
人は、学習する生き物というけど、

現実は、何度も過ちをおかして、

人生を歩くものなんですね・・・。


はい・・すみません、言い訳です。

≪規約同意済み≫



  失礼します。 2015/11/12(Thu)12:57
Witten by [ おばけ ]
言葉を投げるなら、

投げる前に、一度見直してみてください。

そんなペラペラの殴り書きを投げられても

何が言いたいのか、全く分かりませんので。

≪規約同意済み≫



  ポエム 2015/11/12(Thu)12:43
Witten by [ ソライロ ]
密会のミーティング?三人揃ってオシャベリ
邪魔しないで
違ってたらすみません

≪規約同意済み≫



  重い想いより。 2015/11/12(Thu)11:02
Witten by [ おばけ ]
始めに。

あなたと、口論するつもりは全くありません。

それは、あの時と同じ、

あなたには、フォローしてくれる強い味方がいるから。

理解は、力なり。

私にとって、それがどれほど悲しい事実であっても、

きちんと、受けとめます。

でも、誰かが人形扱いされる辛さは我慢できません。

が、その人がそれを望んでいるのなら

何も問題ない。

私も、重く錆び付くほど年季の入った鉛から

ようやく解放されます。

≪規約同意済み≫



  ライト 2015/11/11(Wed)21:20
Witten by [ あかつき ]
要求もしない期待もしない
してくれないおばけになるよりましかな
ひと恋しい? いつしか消えた
面倒なゲームに巻き込まれたから


≪規約同意済み≫



  由比ヶ浜 2015/11/07(Sat)22:59
Witten by [ 静岡明男 ]
しかし、この心の中にくすぶり続ける小さな炎はなんであろう。どうしても消し去ることのできないこの炎は。死ぬまで墓場まで持っていくものだろうなあ。太平洋につながる夏の由比ヶ浜はきれかった。
忘れがたい青春の思い出の海だった。
≪規約同意済み≫



  由比ヶ浜 2015/11/07(Sat)22:50
Witten by [ 静岡明男 ]
江の電で行く由比ヶ浜には想い出が多い。
結婚してもおかしくない恋人と数年間つきあった。
小林正観という人の本に、運命のシナリオは生まれた時から決まっているというぶんしょうがあるが、
結婚相手として申し分のない相手と別れてしまった。お互いの親の反対ということもあるが、駆け落ちしてまで結婚しようと実行できなかったのは運命だといいきかせている。今の妻と結婚し、子供を二人授かった今、もう時間がぎゃくもどりするわけでもない。苦労を共にくぐり抜けてきた今、糟糠の妻をりえんするわけにはいかない。今はもう幸せな青春時代を過ごしえたことに神に感謝するのみである。
≪規約同意済み≫



  心 2015/11/07(Sat)19:18
Witten by [  ]
飲みたい相手なら今日がダメでもいつでも時間を作る 誰かが言ってた そのくらい軽く気持ちもちなさいってことかな
そうかもしれない
機会も時間も自分がつくるものだろうな…
少し疲れた.....眠ることにしよう

≪規約同意済み≫



  風景 2015/11/06(Fri)18:32
Witten by [ ホワイトローズ ]
電車の中からなんとなく風景見てた
貴方を見かけることができたいいな
なんて駅のホームここからいろんな事へ
みんな帰るのだろうな
≪規約同意済み≫



  心 2015/11/05(Thu)19:43
Witten by [  ]
考え過ぎて動けなくなった
おかげさまでまだ心までは病んでないみたい
どうしょうかな?好きなことやれば足りなくなる
好きなことやらせてくれたひとたちがいる
きっとあの人なら迷わず進めって言うのかな?

≪規約同意済み≫



  夢破れ山河あり 2015/11/01(Sun)17:18
Witten by [ 静岡明男 ]
自分で選んだ道だ。成功するか失敗するかは己のせい。大企業で埋もれるか中堅企業で鶏口牛後になるべきか。運もある。中小企業という手もあったが、やはり失礼な言い方だが、いつ潰れるかわからないというのもこわいという計算がはたらいた。結局大企業へ行ってまわりが高学歴な者ばかりで惨めだと言っていた先輩の嘆きを聞いて、財務内容のしっかりした中堅企業に入社した。皮肉なことに会社が大きくなる毎に高学歴な人間がたくさん入ってきてスキルを身につけわすれたじぶんの非でもあるのだが、生存競争にやぶれた。どこに行っても学歴だけじゃなく人徳をも磨かねば弱肉強食の世界にいきることはできなかったことにきづいた。未だに人は財産なりということを実行できていない自分にあいそがつきている。やはり、憎たらしい言葉だが派閥に所属しないことには組織では生き残ることはしんどい。あくまでも個人的な感想である。
≪規約同意済み≫



  小説の脚色 2015/10/31(Sat)23:42
Witten by [ 静岡明男 ]
某出版社の相談会に行った。そのまんま書いたら元いた会社や会社の人に迷惑がかかってしまう。それで某機械会社なのだが、例えばジャンルの違う自動車会社などにしてしまったらどうでしょうと脚色の大切さを言われた。また校正もあるので、自分の産んだ子のような作品からは程遠い物になってしまうことも覚悟しなければなりません。書きたいことを目次上にされて膨らまされたらどうでしょうとのアドバイスを受けた。ウーム、なかなか時間と手間がかかるわいと思ってその場を後にした。
≪規約同意済み≫



  小説 2015/10/27(Tue)20:59
Witten by [ 静岡明男 ]
静岡さん、ツレが鬱になりましてみたいな小説を書かはったらどうですか?と職場のある人に言われて
したりとばかり、かねてから温めていた「アンタの恋バナ」という小説を提出してみた。なぜこのようなタイトルをつけたかというと、アンタの恋バナを読んでいると涙が出てくるよとある有名サイトで品評をいただいたからだ。印刷室もあり、本にしようとすればできたのであるが、こたえはやめといたほうがよいでしょうとのことであった。何故なら、妻も二人の子供もいる大人が出版するにはふさわしくないであろうとのことであったからだ。
≪規約同意済み≫



/ 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 /
/ 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 /
/ 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30 /
/ 31 / 32 / 33 / 34 / 35 / 36 / 37 / 38 / 39 / 40 /
/ 41 / 42 / 43 / 44 / 45 / 46 / 47 / 48 / 49 / 50 /
/ 51 / 52 / 53 / 54 / 55 / 56 / 57 / 58 / 59 / 60 /
/ 61 / 62 / 63 / 64 / 65 / 66 / 67 / 68 / 69 / 70 /
/ 71 / 72 / 73 / 74 / 75 / 76 / 77 / 78 / 79 / 80 /
/ 81 / 82 / 83 / 84 / 85 / 86 / 87 / 88 / 89 / 90 /
/ 91 / 92 / 93 / 94 / 95 / 96 / 97 / 98 / 99 / 100 /
/ 101 / 102 / 103 / 104 / 105 / 106 / 107 / 108 / 109 / 110 /
/ 111 / 112 / 113 / 114 / 115 / 116 / 117 / 118 / 119 / 120 /
/ 121 / 122 / 123 / 124 / 125 / 126 / 127 / 128 / 129 / 130 /
/ 131 / 132 / 133 / 134 / 135 / 136 / 137 / 138 / 139 / 140 /
/ 141 / 142 / 143 / 144 / 145 / 146 / 147 / 148 / 149 / 150 /
/ 151 / 152 / 153 / 154 / 155 / 156 / 157 / 158 / 159 / 160 /
/ 161 / 162 / 163 / 164 / 165 / 166 / 167 / 168 / 169 / 170 /
/ 171 / 172 / 173 / 174 / 175 / 176 / 177 / 178 / 179 / 180 /
/ 181 / 182 / 183 / 184 / 185 / 186 / 187
【投稿する】

悩み相談サイト心の癒し トップページへ戻る
copyright© 2001-2009 心の癒し
designed by
programmed by
powered by
ともとも
松本竜弥のそれ憧れるのょ
占い開運癒しの占星術
占い相談
無料占い恋愛
パワーストーン恋愛専科