【管理者用】



* その他のポエム *


あなたに、ふと詩が湧いてきたら、それを言葉に綴ってみてください。
誰かの勇気や、誰かの元気、誰かを慰めるかもしれません。

また、詩ではなく、そのまま普通の文章で綴って下さってもいいですよ。
その場合は、あなたへ素敵な詩をお贈りします。
【投稿する】
サイト内検索:


  k 2013/10/01(Tue)04:50
Witten by [  ]
毎日昔の不当なこと思い出して

腹立ちながら生きるのがしんどい

いつ働けるかも結婚できるかも

目途も立ってない


≪規約同意済み≫



  停滞すること 2013/09/24(Tue)00:22
Witten by [ ほわほわ ]
時間が経つのが早い

一日何をやっていた訳でもないのに

何かをした方が良いような気がしていたけど

何もしないまま、時間が経ってしまった。

時間が有れば、何かをしたいと考えることが

あるのに、

ようやく時間ができたとき、

時間ができたことに満足してしまって

やろうとしたことを投げ捨ててしまう。


本を読んだとか、テレビを見たとか、散歩をしたとか

せいぜいそんなことしかしていない。

平凡なぐーたらなのである。

そして、ぐちゃぐちゃになった頭の中を

解そうとして、みようとするのだけれど

ちょっとやる気がないようで、

今日はだめかな。

いつもとおなじように、

今日はだめかな。
≪規約同意済み≫



  kuskabe 2013/09/23(Mon)00:05
Witten by [ なめ ]
足をテーブルの上に乗せ

腕を組み、そっぽを向きながら

「財布は置いていけ」「居る分だけ持って行け」「荷物は置いていけ」
「お前が言うと嫌味だわ」「お前それ性格悪いぞ」「なぁんでまだお前がここにいる」「出てけ」「なんで仲間を売った」「お前浅ましいぞ」「おれもそう思う」「お前ずうずうしいぞ」

人に浅ましい言うもんが浅ましい
人にずうずうしい言うもんがずうずうしい

「なあんで無視した」
ある女を庇ってのことだ
ある女はあたしに悪意があった
だから無視したのだ
好きな人を奪ったのだ

力ずくで怒鳴りつければ
大人しく言うことを聞くと思われたのだ
何年も前に
その時は怖くてだまって言うことを聞いた
それが悪く、あたしは不利な方向へ行った

数年後味を占めてまた同じやり方で攻めてきた

あたしはそいつを許さない
恨んでいる


「俺が泣かしたと思われたら嫌だから、
向こう行っとこ」そしてまた
立ったまま壁を見ていた
「自分が撒いた種だ自分で何とかしろ」

つるし上げられた

種を撒いたのはMとstaffsだった

あいつ

不細工が恰好つけても気持ち悪い

何様だ

南の方にいる
運送してる

舐めてる侮ってる

大人しそうな女だと思って
一度怒鳴って思い通りになったからってさ

あれから仇討で
怒鳴りつけてやったら謝ってきたが
情けない声出してざまあみろだった

≪規約同意済み≫



  塩味ポテト 2013/09/02(Mon)21:54
Witten by [ ほわほわ ]
薄くスライスされて
揚がっていて
控えめな塩味でなくて
塩味の効いた
そんな
ポテトチップス
食べたい。

塩分控えめなんて
食べた気がしない。

塩味は、塩味で良い。

オホーツク海高気圧が
訪れた。(訪れていた。)

せめぎあいの場所
連れてきた空気
忘れ物の雨
9月

エアコンの室外機のぬるい風
終わってしまった花火
スイッチの入った蝉の鳴き声
そんな9月


良く冷やされたチーズケーキ
ガムシロップの味が絶妙に効いている
アイスコーヒー
そんな9月

ドラマが最終回に差し掛かる頃
こころの衣替えが始まる。
なんでもないけど、
当てにならない確率に
振り回されるように

揺れる。
9月。
≪規約同意済み≫



  ことば 2013/08/29(Thu)22:46
Witten by [ まな ]
誰とでも仲良くしようなんて思わないでよ。

服装の合わない人、性格が違いすぎる人、

体型の違い過ぎる人、これまでの環境の違う人もいっしょにいないように。

悪い人、良く知らない人に、知ってる人にでも
情報を教えちゃだめなの。

子供みたいに、純粋で馬鹿なあんただから言う。

泣かないで。


悪い人、嫌いな人のマネもしないで。

今度は自分が悪者になってしまうよ。

自分を誤魔化さないで。

いつか曖昧ではいつか自分に返ってくる。


決別する勇気、出して。






≪規約同意済み≫



  嫌な奴とつき合いなさい。 2013/08/12(Mon)21:35
Witten by [ ドーフ・マーボ ]
嫌な奴ほどつき合う価値がある!

 と竹村健一氏の本を購入した。

女の車の隣の席に座っていた男は

 確かに嫌な奴だ。

しかし、バカとはさみは使いよう。

なかなかあっぱれな男なのだ。

ちょっと棘があるけど、

つついてみてやろう。

自家薬篭中の薬にしてやる。
≪規約同意済み≫



  夏に 咲いたら 2013/08/05(Mon)22:56
Witten by [ ほわほわ ]
夏に    桜が
咲いたら  ふ ふ ふ

海に    はなびらが
散ったら  ふ ふ ふ

砂浜から  水平線へ

景色が遠く 離れていく
そんな遠くから
もっと遠くへ


激しい雨  打ち付ける
街のコンクリートにも 
誰も通らない山の原生林にも

雨     不思議だね
熱     遠慮を忘れた人と似ている。

聞こえない音に耳を澄ませると
何も深く考えなくても良いのだけれど
静かに   静まって
思いがけない(   )が、聞こえてくる。

地球の反対側の海のさざ波と言ったら
ばかなことを言うなと
誰かに言われそうだ。

でも、それで     いい。
≪規約同意済み≫



  ナタリー・ドロン 2013/08/02(Fri)19:08
Witten by [ ドーフ・マーボ ]
俺がやきもちを焼くなんて

何年ぶりのことだろう。

こんがり、丸焼けの焼きもちだ。
≪規約同意済み≫



  夏の孤独 2013/07/30(Tue)22:55
Witten by [ ほわほわ ]
暑くてどうしようもない
ことと
暑いのに孤独を感じている
ことと
暑くてどうしようもない状態で
無力感を感じていることと

誰かに助けてもらいたい
と考えてしまうことと
自分で考える努力をしなくては
とも思うことと

それでもこの
得たいの知れない何かに飲み込まれて
しまいそうな境界にいるような
感じと

不安の淵を彷徨うような

奈落の底に落ちるとは
こういうことをいうのか
と思われるような

自分の周りには
不安と憂鬱以外には
他に何も無いかのような

そんな気持ちになってしまう。

最近楽しかったことは
何ですか

何の不安も感じずに
自分を生きていると感じたことは
何かありましたか


馬鹿でもいいから
楽しく生きる工夫が
必要なのかもしれない。
≪規約同意済み≫



  しばらくぶりです 2013/07/23(Tue)00:18
Witten by [ ほわほわ ]
何かを言いたい。
きっと何かをぶちまけてしまいたい。
しゃべりたいだけしゃべって、
すこしぐらい面白おかしく脚色してみたり、
人の気を引く間を取ったり、
書き表したら250ページ位になりそうな話を
たった10分ぐらいでもいいから言葉にしてしゃべってしまいたい。

それで何か、救われることでも有ったら、
ちょっとだけラッキーってやつか。

自分の欲望も、
自分の悩みも、
ストレスも希望も恋愛も

人は誰かに、言葉にして
伝えようとするから

  伝えようとすることが
人の生理だから、
人は人に何かを伝えようとするのかな。

万の葉を身に付けた大樹
大樹が集まった樹林
万の葉を身に付けた大樹が集まって一面を覆い尽くした山、山
山脈となって連なり、国を越え、海を渡り、
よその国までも届き、伝わる。


いろいろな ことができるね。


でも、伝えたいことは
自分の事なんだ。

発したいことは、
このまとまりのない感情なんだ。

ただそれが寂しいのは、
誰に伝えようとしているわけでもなく、
誰かが聞いてくれているわけでもない
ということだ。

気が紛れるまで、詩人は彷徨う。

気持ちを軽くすることができるようにと
詩人は彷徨う。

道草のなかの発見を
楽しみにするかのように。
≪規約同意済み≫



  暇な瞬間 2013/07/19(Fri)22:00
Witten by [ A ]

暇 というのは、
結構な塊りの時間のことを言うと思う。

ただ、暇な 瞬間 ていうのも、あると思う。

一瞬、心がどこかに逃げるとき。

たとえば、誰かの返答を待っている瞬間。

たとえ会話中でも、ひとつひとつの瞬間が
空洞になって、暇になる。

暇、というか、合い間。

そういう合い間という時間があるとき、

ポエる。

独り言を、ポエる。

受験のときは、あまりにも心が逃げるから、
やたらとポエっていた。

ポエムの紙の、謎の束が、
両閉じのクリアファイルに
パンパンに詰まっていた。

ポエることに意義を見出していたわけでもなく、

ただ、逃げる心を机の上から逃さないために
そうしていたのかなぁ。

想像の中での恋愛ポエム

それなりの経験する前から、やたらと大人。

人間って、

経験するより想像する方が、
思い込みが進むんだよね。

うんうん。ほんとそう。きっと、そう。

つくづく思う。

経験が増えると、夢がなくなるんじゃないかって。

だからといって、

今ある場所でただ足踏みすることを選ぶのは、

どうかとも思う。


≪規約同意済み≫



  月灯り 2013/05/30(Thu)23:10
Witten by [ 弓矢 ]
信じていた場所に

信じられない光景があった

虫たちがいた

そして可愛そうな蛍草が

儚く揺れていた

芽吹いた毒の綿帽子

貴方がいないから

あたしは虚ろになり

犬に、噛まれた

王子様は実は私には、偽物で・・・

望んでいたのは、貴方だった

この口は貝のようであってほしかったが

黒真珠を吐き出し

良く回る悪い風車のようだった

それでも

ダーツの矢は私を的にして

飛んできたのね

ちゃんと気付もせずに

御目出度く、まだ蛍草は水の野原に生えてた

夢見て欲したあのバレンタインのチョコは、

もう壊れてたというのに

赤いダイヤモンドはたくさんのカットを含み

痛ましく輝きを失ってゆき、

今、真っ白になりたいと泣き、

強い光を取り戻し、矢をすべて消し去るため

東の空から 日が差すことだけを望んで

幻を夢想し、今宵も月明かりに想う

≪規約同意済み≫



  遠くまで歩いてきた 2013/05/27(Mon)02:34
Witten by [ ほわほわ ]
もう何年も歩いてきた。
まだその道の途中なのだけれど

たまにはその道を立ち止まり
ちょっとだけ 振り返りたくなる。

何かのヒントが、見つかることもあった。
何も変わらないまま、行き止まりの場所で
年月だけが過ぎてしまったかもしれない。

昔聞いたミュージシャンの歌が
若かった時の姿のまま
ユーチューブにアップされていた。

甘酸っぱさという若さがあったあの頃
そして
あの頃の気持ちを持ったまま大人になって
しまったミュージシャンと自分

心安らかな地平っていうものが
有るのだと期待していた。
それは、自分で捕まえるものだと
捕まえられるものだと、思っていた。

それは、まだまだ遠くにあって、
人生のゴールを迎えるまでには、
たどりつけそうには、なさそうだ。

まるでバス停を過ぎてしまって、
くじけてしまったまま、
別のバス停で降りて、
仕方ない道を歩いているみたいだ。

行過ぎてしまっただけなのに、
もう戻れない状態になってしまったかのようだ。

誰にも好きといわないまま。
時は過ぎてしまった。
ただそれだけなのに、
すべてを失ってしまったような気分だ。
≪規約同意済み≫



  困るんだ 2013/05/05(Sun)01:09
Witten by [ るん。 ]
買い物行った
やっと服買えた
嬉しい

たいしたもの買ってないけど・・・
それでも見せたい人は誰?
その答えは、あの人
気の迷いにしては長い

それでは困るんだ
困るけど、久しぶりにときめきたくもあるんだ
このままじゃぁ苦しい

相手に不満を伝えて
お互いに妥協点をみつけて、
相手の話もちゃんと聞いて
自分の折れるところを探す・・・

それだけの作業がとっても難しい
どれだけ手間がかかるんだろう

あの人とだと・・・
変なところが似た知識を持っていたりする
イライラはしない
でも、きっと同じなんだろうと思う

恋心は、自分の都合では発動してくれないね


≪規約に同意しない≫



  もう決めたから 2013/04/23(Tue)17:22
Witten by [  ]
もう先輩一人に決めたから
ずっと好きだって決めたから

決めたから

心は揺るがない
≪規約同意済み≫



  いつだって行動から。 2013/04/17(Wed)09:25
Witten by [ ひろと ]
人びとが集まる場所で

目分量ならば

無理は引っ込めよ

道理が通じる沙汰ではないからです。

NEWSには、必ず伝えたい意思がある。

   【BOSTON  ACTIONより】









≪規約同意済み≫



  だいじょうぶ 2013/04/16(Tue)23:45
Witten by [ エメラルド ]
自分は汚れてしまってるって思うのは

自分は冷たい人間だなあって思うのは

自分がきれいで温かいっていう証拠さ

汚いものは汚いっていう自覚がないし

冷たいものは冷たさを感じないからさ



≪規約に同意しない≫
http://venus.petit.cc/banana/


  みんな 2013/04/12(Fri)01:37
Witten by [ みな ]
夢で会えればそれでいい

なんてね

うそつきだね
≪規約同意済み≫



  諦観 2013/04/11(Thu)11:29
Witten by [ クランケ ]
最初は期待してなかった

用心深いから

最期まで完全には期待しなかった


ふいに刺された

血が少しだけ出た


けどすぐ止まった


痛いけど涙が出なかった


それどころか優しい気持ちが生まれた


素直な感情が出せなくなってしまった

屈折した心の乱反射だ

本物はどれ?


本当は怒って泣いて責めたいのに

私は君に

ごめんねとありがとうをいう


顔に張り付いた笑顔のままで

期待はずれの芽を足で踏み潰す
≪規約同意済み≫



  一瞬の空気 2013/03/28(Thu)23:31
Witten by [ 雪斗 ]
公園にある階段の手前で


車椅子に乗ったお婆ちゃんと
その車椅子を支える


息子さん と お父さんが
中国語で会話をしていた。


僕は、ふいに
『手伝いましょうか』の一声を掛けた
『大丈夫です』と返事があった。


  【やっつける!!!】しか
  【おさまらないのかい?!】


そんなキモチにならない
一場面に出遭えたことに


感謝します。




≪規約同意済み≫



/ 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 /
/ 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 /
/ 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30 /
/ 31 / 32 / 33 / 34 / 35 / 36 / 37 / 38 / 39 / 40 /
/ 41 / 42 / 43 / 44 / 45 / 46 / 47 / 48 / 49 / 50 /
/ 51 / 52 / 53 / 54 / 55 / 56 / 57 / 58 / 59 / 60 /
/ 61 / 62 / 63 / 64 / 65 / 66 / 67 / 68 / 69 / 70 /
/ 71 / 72 / 73 / 74 / 75 / 76 / 77 / 78 / 79 / 80 /
/ 81 / 82 / 83 / 84 / 85 / 86 / 87 / 88 / 89 / 90 /
/ 91 / 92 / 93 / 94 / 95 / 96 / 97 / 98 / 99 / 100 /
/ 101 / 102 / 103 / 104 / 105 / 106 / 107 / 108 / 109 / 110 /
/ 111 / 112 / 113 / 114 / 115 / 116 / 117 / 118 / 119 / 120 /
/ 121 / 122 / 123 / 124 / 125 / 126 / 127 / 128 / 129 / 130 /
/ 131 / 132 / 133 / 134 / 135 / 136 / 137 / 138 / 139 / 140 /
/ 141 / 142 / 143 / 144 / 145 / 146 / 147 / 148 / 149 / 150 /
/ 151 / 152 / 153 / 154 / 155 / 156 / 157 / 158 / 159 / 160 /
/ 161 / 162 / 163 / 164 / 165 / 166 / 167 / 168 / 169 / 170 /
/ 171 / 172 / 173 / 174 / 175 / 176 / 177 / 178 / 179 / 180 /
/ 181 / 182 / 183 / 184 / 185 / 186 / 187
【投稿する】

悩み相談サイト心の癒し トップページへ戻る
copyright© 2001-2009 心の癒し
designed by
programmed by
powered by
ともとも
松本竜弥のそれ憧れるのょ
占い開運癒しの占星術
占い相談
無料占い恋愛
パワーストーン恋愛専科