【管理者用】



* 恋愛のポエム *


あなたに、ふと詩が湧いてきたら、それを言葉に綴ってみてください。
誰かの勇気や、誰かの元気、誰かを慰めるかもしれません。

また、詩ではなく、そのまま普通の文章で綴って下さってもいいですよ。
その場合は、あなたへ素敵な詩をお贈りします。
【投稿する】
サイト内検索:


  想い恋・ソラ 2014/12/04(Thu)15:57
Witten by [ 紫園 ]
13の真冬の夜
ガラスに詰めた チョコレート

カレの家の前まで来て 逃げ出した
コンジョウナシの私を探して
何も言わずに
笑って黙って 受け取ってくれた

そんな
シャイなカレが大好きだった

いつも無口で 何も言ってもらえなかったけど
黙ってても
想いと優しさが伝わってくる
そんなカレが 大好きだった

いつまでも 大事にしたかった
でも
いつの間に すれ違ったんだろう?

裏切ったのは
私の方だったかもしれない


≪規約同意済み≫



  すきだよ 2014/11/26(Wed)20:42
Witten by [ ヒグレ ]
好きになってごめんね
溢れる思いは止まらなくて
勝手に思いはせて
もしかしたら 君に迷惑かけてるかもしれないのに

好きな気持ちはうそではないの
あこがれの想いも
好きの想いも
想いは重くて
コップから溢れる水は
まだ流れてる
≪規約同意済み≫



  やゑす 2014/11/25(Tue)09:49
Witten by [ やゑす ]
おとこ と おんなの

恋愛なら

生き様にセオリーがないと

その先に魅力がないぜ







≪規約同意済み≫



  友 達 以 上 恋 人 未 満 2014/11/17(Mon)18:11
Witten by [ 心音 ]
.


君と出逢ったその日から 、
君にはなにかを感じていた 。

他の人にはない 、何か 。



運命の人だって 、思ったんだ 。


どこが好きなのなんて 、
そんなことわかんなくて 。


君は言った 。


御前は友達以上恋人未満だって 。


曖昧な関係から抜け出したい 、
そう思ってしまうのは我儘でしょうか 。
≪規約同意済み≫



  ひ と り よ が り 2014/11/10(Mon)14:41
Witten by [ 天音 ]
深く強い絆で
あたしたちはきっと 結ばれてる・・

初めて逢ったとき 勝手にそう 思ってた

理屈なんてないけれど
あまりにも偶然が 多すぎたから?

二人は
時を超えて 空間も越えて
会うべくして会った二人だと

あなたを一目見た時に
勝手に私は 恋に堕ちた

毎日毎夜 
私は果てしなく 
宇宙を旅するように 夢を見ていた

毎日の生活なのかに
あなたが存在してるだけで
わたしは
最高に幸せになれた

・・・
でも、
そんなひとりよがりな想いは
いつまでも続かなくて・・

あなたにはいつの間にか
素敵な人が 
もうずっと前から
傍にいたんだね

いつまでも気づかなくて
勝手に都合のいい事 考えてた

やっぱりね、
あなたのような人 誰もほっとかないよね

そう思ったけど・・・

しばらくは
もう
何もする気になれなくて

心の中で 
ああ、、わたしまた、独りになっちゃった。。

バカだなー、、私。。

そんなこと思いながら
秋の終わりの風に吹かれてる。。

結構、気持ちいいもんだね。

強がっても
やっぱり、哀しいものは哀しいし
寂しいものは 寂しい・・・


≪規約同意済み≫



  キミを 2014/10/25(Sat)19:59
Witten by [ m ]
キミのこと探しています

本当に探しています

もしも会えたら想いを伝えたいけど

何も言えないかも

でもここでなら言える

キミのこと大好きです


≪規約同意済み≫



  想い出の夜 2014/10/12(Sun)15:10
Witten by [ akari ]
「修学旅行以来だね」
サラリと先生は微笑った

私はドキドキしていた

この宿を選んだのは私

あの時から
ずっと2人で来たかった

やっと訪れた
2人だけの空間・・

夜のとばりと共に
少しづつ近づく
2人の距離・・

・・先生、、
先生って、どうしてそんなに
平静でいられるの?

私は つい 涙ぐんでしまった

どうした?

先生って、ずるいよ
何で私だけ
こんなにせつないの?

せんせいを想うと
胸が苦しくて
どうしていいか わからなくなる

…先生は
私の手を握ると
静かに
けれども
強い視線で 語りかけた

「僕は 一つの意思をもって
 ここへ来た

 決して
 いい加減な 気持ちじゃない

 僕も
 キミと初めて出逢った あの日から

 僕の心はすべて
 キミで 埋め尽くされている

 いい年をして
 気恥ずかしく思えるくらい
 
 僕はまるで
 中学時代の
 初恋を想い出したような
 懐かしい気持ちになった

 いま僕は
 キミ以上に
 キミを恋う想いに 溢れんばかりだ

 もしキミが受け入れてくれるなら
 僕はこの先の人生すべてを
 キミに捧げ キミだけのために生きたい」

・・こんなにも 
強い先生の想いに 初めて触れて
私の眼は 涙であふれ

二人の手の甲に ポトリと落ちた

先生がこんなに間近にいるのに
どんどん
ぼやけて…
私は目を閉じた

…唇に 肩に すべてに…
暖かな羽根にくるまれていくように
先生の愛≠ノ包まれていった

私たちは ここに 永遠の愛を誓った


≪規約同意済み≫



  キミを探して 2014/09/28(Sun)14:06
Witten by [ まり ]
キミを探していいですか?

キミを

キミを

キミが恋しい私はおかしいのでしょうか?

キミを探していいですか?
≪規約同意済み≫



  キミを待って 2014/09/28(Sun)02:54
Witten by [ m ]
キミのことずっと待っている

キミだけを待っている

ひとりで待っている

さみしくはない

写真で微笑むキミの姿

いつも心に焼き付いています

キミのことずっとずっと待っています
≪規約同意済み≫



  ずっと好きだから 2014/09/20(Sat)10:28
Witten by [ m ]
ずっと好きだから

ずっと

ずっと

大好き
≪規約同意済み≫



  もう 2014/09/18(Thu)22:31
Witten by [ m ]
もうあきらめようかな

それでも大好きだけど
≪規約同意済み≫



   No title 2014/09/17(Wed)20:33
Witten by [  No name ]
いつになったら、彼女を幸せにできるのだろう。

いつになったら、彼女に悲しい思いをさせずに済むのだろう。

いつになったら、
≪規約同意済み≫



  確かに 2014/09/08(Mon)04:39
Witten by [ sky ]
あぁ、確かに、
貴方が好きでたまらなかったのに
何時からこんな
しかめっ面の女になったのかしら

私は何故
後悔しかできないのでしょうか
ねえ

後から気づく幸せほど
美しいものはないでしょう?

馬鹿な女を
心から愛してくれるヒトは
貴方以外いない気がする


私も知っているの
貴方も狂っている ことを



≪規約同意済み≫



  俺がこの世で一番愛した貴女へ 2014/08/25(Mon)21:36
Witten by [  ]
貴女と出逢って俺の人生は変わった。 『今を必死に生きたい』そう思たとこやったのに。

俺は癌でした。もう余命宣告も貴女と出逢うより前に受けました。もう治療も手術もせん。安楽死を選ぶ。治ったと思てたんにな…神様からの嘘を重ねた罰やろな…

最期ぐらい誰かに本気で愛されて死にたかった。

貴女が俺が死んだことを知るのはいつになるんだろう… いや、こんな俺のこと、もうどーでもええんやろな…


どんな貴女も可愛かったけれど、何よりも彼の隣で幸せそうに笑っている貴女が一番可愛かった。

空の上から貴女の幸せを願います。
≪規約同意済み≫



  せつない夕陽 2014/08/25(Mon)17:40
Witten by [ akari ]
3年前の夏 私はまだ 片想いだった
今は あなたの傍に居られるけれど
陽が落ちる瞬間て
どうしてか、哀しくなるの

真っ赤に輝く 大きな夕陽が
隣にいる あなたの頬を照らす

遠くを見つめる あなたの横顔は
なぜかしら ものすごく陰りがあって
不意に寂しく見えてしまう

私は得体のしれない不安に駆られ
心臓を ギュッと掴まれた思いに 苦しくなる

…それは
私たちが 許されぬ恋に堕ち
永遠の愛を誓ったから

こうして 地の果てまでの逃避行
けれどそれは
たぶん
限界があるのを お互いに知ってる

でも、それを口にするのが 恐い

あなたはとても大人で
ギリギリまで 想いを貫くことを戸惑った
わたしはまだあなたの3分の1しか生きてなくて
だだをこねるコドモみたいに
一緒に居たいと
ずっと泣いていた

優しくふわりと抱きしめられた 冬の夜に
ベテルギウスを仰ぎ見ながら
「あそこまで旅しようか?カンパネルラみたいに…」と
あなたは真摯な目で そう呟いた

あなたは立場も捨てて
私の手を取り
私は親や友人に何も言わず
あなたの手を取り
そして お互い身一つで
2人の世界を生きるために
果てしない旅が始まった

…あれから1年半
もう誰も追ってくる者も無く
自分たちだけのこと それだけ考えてればいいのに

不意に見せる あなたの寂しい眼に
わたしは 
つらくなる

陽が落ちて 長い夜の始まり
星が瞬きはじめると
私はあなたにキスをする

「どうした?」
「これからもずっと、一緒に居てね」
「・・バカだなあ・・」
ニッコリと微笑んで抱きしめる

何度も聞いてごめんね
先生、嫌いにならないでね。。


≪規約同意済み≫



  しかけ 2014/08/17(Sun)23:21
Witten by [ ひくいこ ]
友達の好きな人の名前を聴いて、
それをみんなに広め、
その人に電話まで掛け悪口を言う女が何人かいた



≪規約同意済み≫



  ゆれゆれる、 2014/08/17(Sun)09:28
しかけ
2014/08/17(Sun)23:21
Witten by [ ひくいこ ]
友達の好きな人の名前を聴いて、
それをみんなに広め、
その人に電話まで掛け悪口を言う女が何人かいた



≪規約同意済み≫



  ゆれゆれる、 2014/08/17(Sun)09:28
Witten by [ さんちょん ]
最初から答えなんてわかってる。
貴方は先輩だし、
私は後輩。

それ以下でも以上でもない関係。

そんなのわかってる。

でもね、貴方からくる
何気ないメールでも
一喜一憂してしまう自分がいるの。

貴方相手じゃ駆け引きなんてできないし、
甘えることもできないし、
もっと可愛く、かっこ良く、
もっと早く生まれたかったなって。
後悔することばかり。

でもきっと、こんな私でも
貴方は良いと言ってくれるはず。
その一言に期待するつもりはないけど
どこか隙を見せる貴方は
どんな人よりズルイ人です。
≪規約同意済み≫



  懐かしい夏の味がした。 2014/08/16(Sat)23:29
Witten by [ 雪斗 ]
思い出の

夏を過ごして

ありがとう

色んなことが

あり過ぎた夏




≪規約同意済み≫



  あと、200日の想い 2014/08/14(Thu)16:15
Witten by [ ヒカル ]
誰にも言ってないけれど
俺には タイムリミット≠ェある

それは
俺のイノチがなくなる
容赦なき宣告

もうずっと前から
その日が いつか くるだろうってこと
わかってたのに
いざ、聞かされると
どうにも つらいもんだね

毎日 どう過ごそうか
そう思いながら
1日1日を ぼんやりと 過ごしてきた

過去形なのは
俺、もうすぐ いなくなるのに
切ない恋≠してしまったから

最初はね
そんな想い わからなかった

いい年してさ
なんかこう、懐かしい気持ちっていうの?
彼女を目の前にすると
どうしても 感じてしまう

まともに話したこと無いけど
一瞬にして
キモチも身も 持っていかれてしまった

最期の日々を 俺と過ごしてください
なんて言ったら
引かれるかな?

告白しようにも
もうすぐいなくなるヤツの想いなんて
正直、重すぎるだろ?

このまま
彼女を想うだけ
その気持ちもそのまま
持っていこうかな?

つらいな、俺・・


≪規約同意済み≫



/ 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 /
/ 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 /
/ 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30 /
/ 31 / 32 / 33 / 34 / 35 / 36 / 37 / 38 / 39 / 40 /
/ 41 / 42 / 43 / 44 / 45 / 46 / 47 / 48 / 49 / 50 /
/ 51 / 52 / 53 / 54 / 55 / 56 / 57 / 58 / 59 / 60 /
/ 61 / 62 / 63 / 64 / 65 / 66 / 67 / 68 / 69 / 70 /
/ 71 / 72 / 73 / 74 / 75 / 76 / 77 / 78 / 79 / 80 /
/ 81 / 82 / 83 / 84 / 85 / 86 / 87 / 88 / 89 / 90 /
/ 91 / 92 / 93 / 94 / 95 / 96 / 97 / 98 / 99 / 100 /
/ 101 / 102 / 103 / 104 / 105 / 106 / 107 / 108 / 109 / 110 /
/ 111 / 112 / 113 / 114 / 115 / 116 / 117 / 118 / 119 / 120 /
/ 121 / 122 / 123 / 124 / 125 / 126 / 127 / 128 / 129 / 130 /
/ 131 / 132 / 133 / 134 / 135 / 136 / 137 / 138 / 139 / 140 /
/ 141 / 142 / 143 / 144 / 145 / 146 / 147 / 148 / 149 / 150 /
/ 151 / 152 / 153 / 154 / 155 / 156 / 157 / 158 / 159 / 160 /
/ 161 / 162 / 163 / 164 / 165 / 166 / 167 / 168 / 169 / 170 /
/ 171 / 172 / 173 / 174 / 175 / 176 / 177 / 178 / 179 / 180 /
/ 181 / 182 / 183 / 184 / 185 / 186 / 187 / 188 / 189 / 190 /
/ 191 / 192 / 193 / 194 / 195 / 196 / 197 / 198 / 199 / 200 /
/ 201 / 202 / 203 / 204 / 205 / 206 / 207 / 208 / 209 / 210 /
/ 211 / 212 / 213 / 214 / 215 / 216 / 217 / 218 / 219 / 220 /
/ 221 / 222 / 223 / 224 / 225 / 226 / 227 / 228 / 229 / 230 /
/ 231 / 232 / 233 / 234 / 235 / 236 / 237 / 238 / 239 / 240 /
/ 241 / 242 / 243 / 244 / 245 / 246 / 247 / 248 / 249 / 250 /
/ 251 / 252 / 253 / 254 / 255 / 256 / 257 / 258 / 259 / 260 /
/ 261 / 262 / 263 / 264 / 265 / 266 / 267 / 268 / 269 / 270 /
/ 271 / 272 / 273 / 274 / 275 / 276 / 277 / 278 / 279 / 280 /
/ 281 / 282 / 283 / 284 / 285 / 286 / 287 / 288 / 289 / 290 /
/ 291 / 292 / 293 / 294 / 295 / 296 / 297 / 298 / 299 / 300 /
/ 301 / 302 / 303 / 304 / 305 / 306 / 307 / 308 / 309 / 310 /
/ 311 / 312 / 313 / 314 / 315 / 316 / 317 / 318 / 319 / 320 /
/ 321 / 322 / 323 / 324 / 325 / 326 / 327 / 328 / 329 / 330 /
/ 331 / 332 / 333 / 334 / 335 / 336 / 337 / 338 / 339 / 340 /
/ 341 / 342 / 343 / 344 / 345 / 346 / 347 / 348 / 349 / 350 /
/ 351 / 352 / 353 / 354 / 355 / 356 / 357 / 358 / 359 / 360 /
/ 361 / 362 / 363 / 364 / 365 / 366 / 367 / 368 / 369 / 370 /
/ 371 / 372 / 373 / 374 / 375 / 376 / 377 / 378 / 379 / 380 /
/ 381 / 382 / 383 / 384 / 385 / 386 / 387 / 388 / 389 / 390 /
/ 391 / 392 / 393 / 394 / 395 / 396 / 397 / 398 / 399 / 400 /
/ 401 / 402 / 403 / 404 / 405 / 406 / 407 / 408 / 409 / 410 /
/ 411 / 412 / 413 / 414 / 415 / 416 / 417 / 418 / 419 / 420 /
/ 421 / 422 / 423 / 424 / 425 / 426 / 427 / 428 / 429 / 430 /
/ 431 / 432 / 433 / 434 / 435 / 436 / 437 / 438 / 439 / 440 /
/ 441 / 442 / 443 / 444 / 445 / 446 / 447 / 448 / 449 / 450 /
/ 451 / 452 / 453 / 454 / 455 / 456 / 457 / 458 / 459 / 460 /
/ 461 / 462 / 463 / 464 / 465 / 466 / 467 / 468 / 469 / 470 /
/ 471 / 472 / 473 / 474 / 475 / 476 / 477 / 478 / 479 / 480 /
/ 481 / 482 / 483 / 484 / 485 / 486 / 487 / 488 / 489 / 490 /
/ 491 / 492 / 493 / 494 / 495 / 496 / 497 / 498 / 499 / 500 /
/ 501 / 502 / 503 / 504 / 505 / 506 / 507 / 508 / 509 / 510 /
/ 511 / 512 / 513 / 514 / 515 / 516 / 517 / 518 / 519 / 520 /
/ 521 / 522 / 523 / 524 / 525 / 526 / 527 / 528 / 529 / 530 /
/ 531 / 532 / 533 / 534 / 535 / 536 / 537 / 538 / 539 / 540 /
/ 541 / 542 / 543 / 544 / 545 / 546 / 547 / 548 / 549 / 550 /
/ 551 / 552 / 553 / 554 / 555 / 556 / 557 / 558 / 559 / 560 /
/ 561 / 562 / 563 / 564 / 565 / 566 / 567 / 568 / 569 / 570 /
/ 571 / 572 / 573 / 574 / 575 / 576 / 577 / 578 / 579 / 580 /
/ 581 / 582 / 583 / 584 / 585 / 586 / 587 / 588 / 589 / 590 /
/ 591 / 592 / 593 / 594 / 595 / 596 / 597 / 598 / 599 / 600 /
/ 601 / 602 / 603 / 604 / 605 / 606 / 607 / 608 / 609 / 610 /
/ 611 / 612 / 613 / 614 / 615 / 616 / 617 / 618 / 619 / 620 /
/ 621 / 622 / 623 / 624 / 625 / 626 / 627 / 628 / 629 / 630 /
/ 631 / 632 / 633 / 634 / 635 / 636 / 637 / 638 / 639 / 640 /
/ 641 / 642 / 643 / 644 / 645 / 646 / 647 / 648 / 649 / 650 /
/ 651 / 652 / 653 / 654 / 655 / 656 / 657 / 658 / 659 / 660 /
/ 661 / 662 / 663 / 664 / 665 / 666 / 667 / 668 / 669 / 670 /
/ 671 / 672 / 673 / 674 / 675 / 676 / 677 / 678 / 679 / 680 /
/ 681 / 682 / 683 / 684 / 685 / 686 / 687 / 688 / 689 / 690 /
/ 691 / 692 / 693 / 694 / 695 / 696 / 697 / 698 / 699 / 700 /
/ 701 / 702 / 703 / 704 / 705 / 706 / 707 / 708 / 709 / 710 /
/ 711 / 712 / 713 / 714 / 715 / 716 / 717 / 718 / 719 / 720 /
/ 721 / 722 / 723 / 724 / 725 / 726 / 727 / 728 / 729 / 730 /
/ 731 / 732 / 733 / 734 / 735 / 736 / 737 / 738 / 739 / 740 /
/ 741 / 742 / 743 / 744 / 745 / 746 / 747 / 748 / 749 / 750 /
/ 751 / 752 / 753 / 754 / 755 / 756 / 757 / 758 / 759 / 760 /
/ 761 / 762 / 763 / 764 / 765 / 766 / 767 / 768 / 769 / 770 /
/ 771 / 772 / 773 / 774 / 775 / 776 / 777 / 778 / 779 / 780 /
/ 781 / 782 / 783 / 784 / 785 / 786 / 787 / 788 / 789 / 790 /
/ 791 / 792 / 793 / 794 / 795 / 796 / 797 / 798 / 799 / 800 /
/ 801 / 802 / 803 / 804 / 805 / 806 / 807 / 808 / 809 / 810 /
/ 811 / 812 / 813 / 814 / 815 / 816 / 817 / 818 / 819 / 820 /
/ 821 / 822 / 823 / 824 / 825 / 826 / 827 / 828 / 829 / 830 /
/ 831 / 832 / 833 / 834 / 835 / 836 / 837 / 838 / 839 / 840 /
/ 841 / 842 / 843 / 844 / 845 / 846 / 847 / 848 / 849 / 850 /
/ 851 / 852 / 853 / 854 / 855 / 856 / 857 / 858 / 859 / 860 /
/ 861 / 862 / 863 / 864 / 865 / 866 / 867 / 868 / 869 / 870 /
/ 871 / 872 / 873 / 874 / 875 / 876 / 877 / 878 / 879 / 880 /
/ 881 / 882 / 883 / 884 / 885 / 886 / 887 / 888 / 889 / 890 /
/ 891 / 892 / 893 / 894
【投稿する】

悩み相談サイト心の癒し トップページへ戻る
copyright© 2001-2009 心の癒し
designed by
programmed by
powered by
ともとも
松本竜弥のそれ憧れるのょ
占い開運癒しの占星術
占い相談
無料占い恋愛
パワーストーン恋愛専科