【管理者用】



* 恋愛のポエム *


あなたに、ふと詩が湧いてきたら、それを言葉に綴ってみてください。
誰かの勇気や、誰かの元気、誰かを慰めるかもしれません。

また、詩ではなく、そのまま普通の文章で綴って下さってもいいですよ。
その場合は、あなたへ素敵な詩をお贈りします。
【投稿する】
サイト内検索:


  きっと 2011/01/11(Tue)02:36
Witten by [ sora ]
きっともう君に逢うことできないかもしれない
君も望まないかもしれない。
でも僕さ、久しぶりに恋してみようかな?なんて思った。一度しかない人生だからさ。
ほっておくとどっか行っちゃうよ。別に君は関係ないか。僕が恋人作っても結婚しても
きっと君には内緒にするだろうね。
いつか出会ったとき僕は君に見せたことのない顔で恋人みるんだろうな。僕が大切なら捕まえててほしいけどきっと君はそんなことしないだろね。
≪規約同意済み≫



  愚か者と笑えばいい 2011/01/10(Mon)21:42
Witten by [  ]
どんなに貶されても罵られても蔑まれてもそんな冷めた軽蔑の眼差しを向けれても私はあなたを愛してる  だって私たちは誰よりも深く深く深くつながっているんだから  目には見えないけれどもあなたの夫とのあの銀のリングなんかよりも私たちはもっと確かなものでつながっている  どんなに切っても切れないものでつながっている  そんな鎖とも呼べそうな糸(自分で言っている時点で終わってる)を切れる方法はたぶんひとつ  最も私は毛頭その糸を切る気無いけれど  愛している人を困らせたり苦しめたりしたくないから教えるね  私を殺すことだよ  ああでもそれでもたぶん切れないね  だって私たち親子だもん
≪規約同意済み≫



  みてるかな? 2011/01/09(Sun)21:21
Witten by [ sora ]
このそらあの人もみてるかな?みてたらうれしいな同じそらをみてる同じ風景を見てる
それだけで頑張れるってあるんだよね。
俺もつらいときそら見て今に見てろって
19のころからそうやって生きてきた。
大人の醜いところも見てきた。
身内でもこんなに醜いこともでも子供は関係ない。俺と同じ思いさせないから。さて
また走るか。

≪規約同意済み≫



  本音 2011/01/09(Sun)14:06
Witten by [ sora ]
僕は君に逢えてよかったと思う。
いっぱい腹がたった、いっぱい笑った 
正直僕もこの体もいつまでもつかわからない
自分の体相談しながら動いてる。
一時的だと思う。でも無理はしたくない。
またいつか君に逢える日がくればいい。
楽しかった。 いろんな感情が簿僕の中にもあるということを知ってほっとしてる。
ありがとうじゃあね ばいばい
≪規約同意済み≫



  誰が言ってた 2011/01/08(Sat)21:08
Witten by [ 玲音 ]
素敵な女性は素敵な男性が育てるって。
ほんとにそうかな?でもそうかも。
やっぱり褒められると頑張ろうって思うし、
頼られると何かしたいって思うし
でも可愛くないって言われたら頑張りたくない
愛されてなければ逃げたくなる。 愛されていれば手作りの帽子もお菓子もご飯も作りたくなる。そんなもんだよね。少しやすんで好きなことしてたのしもうかな?
≪規約同意済み≫



  美しいもの 2011/01/08(Sat)20:43
Witten by [ sora ]
美しいものみると癒される。心も癒される。
冷静に見れる自分 ちゃんといる。
誰だって、美しい言葉は好きななず。でも
心にもない言葉は刃になる。
きっと僕も疲れていたのだろう。
今ね。すごく幸せだってほっとできるんだもん。 感謝できる 今自分が生きてることにも
普通に笑ったり泣いたりすること心がほっとする。ちゃんとまわり見えるからさ。もう怒ってないよ。わさん。いつもの自分受け入れることできる。全部に・・・。少しはこなされてつよくなったから
≪規約同意済み≫



  わさんに質問です 2011/01/08(Sat)18:41
Witten by [ sora ]
二つの感情があって相手を想う感情と自分の知り合いなどいろいろ泣かせたことなど聞かされて少し幻滅した感情どうおさめたらいいですか? わさんならわかるかな?
僕のきみさんは答えてくれないの?
嫌いになりたくないのにきらいになりそう。
醜く見えてくるからそんな人じゃあないのに・・・。僕の君さんは・・・。
どう想う?
≪規約同意済み≫



  一途 2011/01/08(Sat)11:40
Witten by [ sora ]
僕の心の中にいるのはただ一人どんなに時が
たってもただ一人なのです。なんて人の心は移り気、だから甘いことばは信じないんだ。
好きだ愛してるなんて一時の妄想。
熱はすぐにさめてしまうもの。
その人の見ていることで温度や感じるだから
僕はきっとそんな人にひかれるとおもう。
でも僕の周りにはいないんだ。
僕の心に響く言霊いう人が
≪規約同意済み≫



  信じていました 2011/01/08(Sat)10:07
Witten by [ ありがとうございます ]
おはようございます

あなたに出会ったから今の私があります。
人を信じたくて信じてもらいたくて来させていただきました。

一つ悲しかったのは私の良く知っている人達は信じようとせず保身にまわりました。
そして無条件に受け入れてくれた人達がいました。
今はもう誰も愛そうとは思いません。

ただあなたがどうされているのでしょうか
ご健康なのでしょうか…と

私に力があってお役にたつことがあるのなら
行動に移していました。
何かできることがあるでしょうか
今の私があるのはあなたに出会ったからです。
今は感謝しています。
有難うございます。

(この拙い文章がお気に触ったなら削除して下さい)


≪規約同意済み≫



  わな。 2011/01/08(Sat)07:50
Witten by [ ぷちこ ]
貴方は言った。
「俺のこと好きになっちゃダメだよ。」

ならないって。
あたしは、笑って言ったけど、
ほんとはもう手遅れで。


貴方が言ってた。

「俺は、あんま人を好きになんないから
だからきっと、君が俺に告白したとして、
俺は君のことが好きぢゃなくても、
そのとき、寂しさを紛らわすためとかに
告白をOKしちゃうかもしれない。」

俺はそんな男だから。
好きになっちゃダメだよ。

そう貴方は言う。

ぢゃあ、何で貴方はあたしにかまうの?
泣きたいときは泣いてもいいよとか、
あたしの何でも知りたいとか
そんな優しい言葉をかけるの?


そんなこと言っておきながら、
好きになっちゃダメなんて、
そんなのずるいよ・・・。
≪規約同意済み≫



  どうでもえーやん 2011/01/08(Sat)02:37
Witten by [ sora ]
自分からしたら誰が誰と付き合ってようと興味ない。きっと友達どおし付き合っててもお幸せにくらいで終わるし元恋人と友達が付き合っていようがきっとお幸せにくらいと思う。だって
僕の望むことかなえてくれない恋人はいらない。別に同でもいいことに思える。
人間近づきすぎたらみらんでいいものもみて幻滅するから適当な距離がいいかも。
なんかどうでもいいよ。
≪規約同意済み≫



  こころ 2011/01/07(Fri)01:22
Witten by [ sora ]
僕がきついとき君はそれを見てたかのように
やってくる。意地っ張りなじぶんは普通にたもつけど、負けてしまう。その優しさにあったかい気持ちで泣けたことがある。そのときもきみは僕に肩を貸してくれた。理由もきかずに
自分に負けそうなとき励ましてくれた人もいた。ほんとに嬉しかった。 こころって
あったかいね
≪規約同意済み≫



  恋愛小説第何章だっけ? 2011/01/07(Fri)00:58
Witten by [ sora ]
純な思いでは時に傷が残る。だから不器用な僕は相手に傷をみせそれでも君は僕と向き合ってくれるのかと問う。それが僕にとって相手に対する誠意だと思った。無論恋愛にどっちがいい悪いなんて存在しない。でもこの恋は自分が愛されるより愛してみたいと思った恋。
相手も優しいかった。でも苦手なところのあった。僕はその人の見ている景色や考え方や感覚
雰囲気でひかれる。でもこんな格好して、その見方は暗いその趣味はオタクほいって言われたり・・・。 そんなこんなで煮詰まってしまった。きっと相手には僕より大人だから多くのこと望んでしまったのか? そんな恋愛小説
≪規約同意済み≫



  物語2 2011/01/06(Thu)02:13
Witten by [ sora ]
きっともう恋をすることはないだろうと思ってた自分の前に君は現れたそして始まった恋。
正直からかってたり自分を遊んでるのだろうと
思い慎重だった。だって恋って信じることから始まるものでも、自分の中で相手にとって信じることができない存在だった。という形で自分に映った。それから恋するの面倒だし、したくないって強く思ってた。そこに君が僕に声をかけてくれた。どうして受ける心境になったかは
自分でも解からない。でも向き合ってみたいと思った。誰かを信じたくなったのかな?
そう思って向き合った。わかんなくなって
純な自分の頃を考えてみた。ふと部屋に昔初恋の人からもらった手紙捨てたと思ったのにあった懐かしくみていると、逢えないときどんなに思ってくれたかなど、書いてあり、なぜか愛されること望むより愛してみようと思った。
でも声をかけてくれた相手の心が読めない。
友達と遊ぶなら遊ぶって自分に言えば人からいろんなこと言われず誤解もなったかもしれない。でも、もういいやって壊れたのはたったひとことの言葉。自分は子供好き知ってる自分に
お前の子供はいらない。 それは僕に恋人としてさよならの意味に取れた。それから相手との未来を考える事はやめた。それからなお恋愛というものが面倒なものに思えてしかたがない。
ほんとは自分を信じてお互い信じあえるのが
恋なのか?愛情なのか?自分でもまだわからない。でも信じて見たい気もする そんなものがたり。


≪規約同意済み≫



  物語 2011/01/04(Tue)03:15
Witten by [ sora ]
部屋を整理してた。そしたら昔の手紙。
久しぶりの恋に戸惑い悩んでた自分に力をくれた。ほんとに愛されているのか?自分の心はとかばかなこと思っていた自分こんなに真っ直ぐに投げていたから嫉妬することもなく真っ直ぐ
見れた。そんな想い忘れてた。自分も愛せる人間になろうと思った。 でも現実相手は何も話してはくれないそれどころか聞くと怒る始末
そのときから間違っていたのかもしれない。
普段はいろいろ聞かない自分。言ってほしかった。人から聞くのではなく。それから心に悲しい物語だけ残り。恋は終了。でもなんでか笑顔になれた自分がいた これは物語です
≪規約同意済み≫



  なんてね 2011/01/03(Mon)23:27
Witten by [ sora ]
君は何をみていたのだろう?きっとやれアピールとか話がどうでもいいのだ。
僕は僕でしかない。誰でもない僕である。
誰に嘘つくわけでもない。そのままの自分
それはずっと叫んでる。なにかわからないことで言われているが、僕は海は寂しいから好きじゃあない。思い出の場所には本気で人すきならないといかない。こんなこと書くためにいたのではない。 いつも愛されているかいたか気にしてた。あるとき開いた手紙から自分の情けなさ知った。 こんなに愛されていたことを僕はどうだったか?愛されるとかより自分が愛してみようってそしたら見えてきただけのこと
相手の嘘も付き合えばいいし、自分が納得したら離れればいいと思ったそれだけのこと。
君にはわからない感情。そんなちいさなこと言ってる時間自分にはないんだ 無論人の家庭を壊す暇もないし 壊す人になりたくない
見てきたから一番嫌いなんだ。 それも知らないなんて時に悲しくなる。僕の勝ち、
恋愛ゲームは惚れたほうが負けというけれど
もうひとつルール知ってる?どれだけ心の中に残せるかなんだ。でも僕は大切な場所に君をつれていくことはなかった。まだまだ僕の気持ちに気づいてないから
≪規約同意済み≫



  自分らしく? 2011/01/03(Mon)18:34
Witten by [ sora ]
結婚は紙切れ一枚で成立はする。でもつまらない。結婚とはなんぞや?この年になって考えた。この体もいつまでもつかわからないから
自分らしく生きてたい。一度はしてみたいと思って考えた事もあった。家のこと相手のこと
でも、考えてもつまんないから辞めた。
したければするだろうしそのくらいでいいかな。 色恋ではなく現実に自分が大切にしたい人ができたら嫌でも離しはしないだろう。
そのくらい人の思いなど。
≪規約同意済み≫



  なんで? 2011/01/03(Mon)01:34
Witten by [ sora ]
君はいつも僕のそばにいるそう近くて遠いところそして僕を眺めてる。どうしたいの?
そう思うが、なんとなく気持ちわかるから言わない。でもさ、友達使うのはやめてね。
面倒だからさ。 僕は君とであった意味すごい時間かけて」考えた いろんなことあったこと
君にも自分の心の中話をしたとおもうけど・・・。君には関係ないことだったかな?
人には価値観がある。僕は一緒にいていろんなこと話したり相談できる相手が僕のパートナーにと思う人だよ。それは君が一番知ってるよね
≪規約同意済み≫



  大好き 2011/01/03(Mon)00:33
Witten by [  ]
大好きだよ

好き 好き

Xmasプレゼント嬉しかったよ

あたしのXmasプレゼントどうだったかなあ
あたし
≪規約同意済み≫



  落語かよ〜 2011/01/02(Sun)15:06
Witten by [ 浮雲 ]


幾重にも 重なり合うほどに 想いも濃く深くなるのでしょうか。




≪規約同意済み≫



/ 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 /
/ 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 /
/ 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30 /
/ 31 / 32 / 33 / 34 / 35 / 36 / 37 / 38 / 39 / 40 /
/ 41 / 42 / 43 / 44 / 45 / 46 / 47 / 48 / 49 / 50 /
/ 51 / 52 / 53 / 54 / 55 / 56 / 57 / 58 / 59 / 60 /
/ 61 / 62 / 63 / 64 / 65 / 66 / 67 / 68 / 69 / 70 /
/ 71 / 72 / 73 / 74 / 75 / 76 / 77 / 78 / 79 / 80 /
/ 81 / 82 / 83 / 84 / 85 / 86 / 87 / 88 / 89 / 90 /
/ 91 / 92 / 93 / 94 / 95 / 96 / 97 / 98 / 99 / 100 /
/ 101 / 102 / 103 / 104 / 105 / 106 / 107 / 108 / 109 / 110 /
/ 111 / 112 / 113 / 114 / 115 / 116 / 117 / 118 / 119 / 120 /
/ 121 / 122 / 123 / 124 / 125 / 126 / 127 / 128 / 129 / 130 /
/ 131 / 132 / 133 / 134 / 135 / 136 / 137 / 138 / 139 / 140 /
/ 141 / 142 / 143 / 144 / 145 / 146 / 147 / 148 / 149 / 150 /
/ 151 / 152 / 153 / 154 / 155 / 156 / 157 / 158 / 159 / 160 /
/ 161 / 162 / 163 / 164 / 165 / 166 / 167 / 168 / 169 / 170 /
/ 171 / 172 / 173 / 174 / 175 / 176 / 177 / 178 / 179 / 180 /
/ 181 / 182 / 183 / 184 / 185 / 186 / 187 / 188 / 189 / 190 /
/ 191 / 192 / 193 / 194 / 195 / 196 / 197 / 198 / 199 / 200 /
/ 201 / 202 / 203 / 204 / 205 / 206 / 207 / 208 / 209 / 210 /
/ 211 / 212 / 213 / 214 / 215 / 216 / 217 / 218 / 219 / 220 /
/ 221 / 222 / 223 / 224 / 225 / 226 / 227 / 228 / 229 / 230 /
/ 231 / 232 / 233 / 234 / 235 / 236 / 237 / 238 / 239 / 240 /
/ 241 / 242 / 243 / 244 / 245 / 246 / 247 / 248 / 249 / 250 /
/ 251 / 252 / 253 / 254 / 255 / 256 / 257 / 258 / 259 / 260 /
/ 261 / 262 / 263 / 264 / 265 / 266 / 267 / 268 / 269 / 270 /
/ 271 / 272 / 273 / 274 / 275 / 276 / 277 / 278 / 279 / 280 /
/ 281 / 282 / 283 / 284 / 285 / 286 / 287 / 288 / 289 / 290 /
/ 291 / 292 / 293 / 294 / 295 / 296 / 297 / 298 / 299 / 300 /
/ 301 / 302 / 303 / 304 / 305 / 306 / 307 / 308 / 309 / 310 /
/ 311 / 312 / 313 / 314 / 315 / 316 / 317 / 318 / 319 / 320 /
/ 321 / 322 / 323 / 324 / 325 / 326 / 327 / 328 / 329 / 330 /
/ 331 / 332 / 333 / 334 / 335 / 336 / 337 / 338 / 339 / 340 /
/ 341 / 342 / 343 / 344 / 345 / 346 / 347 / 348 / 349 / 350 /
/ 351 / 352 / 353 / 354 / 355 / 356 / 357 / 358 / 359 / 360 /
/ 361 / 362 / 363 / 364 / 365 / 366 / 367 / 368 / 369 / 370 /
/ 371 / 372 / 373 / 374 / 375 / 376 / 377 / 378 / 379 / 380 /
/ 381 / 382 / 383 / 384 / 385 / 386 / 387 / 388 / 389 / 390 /
/ 391 / 392 / 393 / 394 / 395 / 396 / 397 / 398 / 399 / 400 /
/ 401 / 402 / 403 / 404 / 405 / 406 / 407 / 408 / 409 / 410 /
/ 411 / 412 / 413 / 414 / 415 / 416 / 417 / 418 / 419 / 420 /
/ 421 / 422 / 423 / 424 / 425 / 426 / 427 / 428 / 429 / 430 /
/ 431 / 432 / 433 / 434 / 435 / 436 / 437 / 438 / 439 / 440 /
/ 441 / 442 / 443 / 444 / 445 / 446 / 447 / 448 / 449 / 450 /
/ 451 / 452 / 453 / 454 / 455 / 456 / 457 / 458 / 459 / 460 /
/ 461 / 462 / 463 / 464 / 465 / 466 / 467 / 468 / 469 / 470 /
/ 471 / 472 / 473 / 474 / 475 / 476 / 477 / 478 / 479 / 480 /
/ 481 / 482 / 483 / 484 / 485 / 486 / 487 / 488 / 489 / 490 /
/ 491 / 492 / 493 / 494 / 495 / 496 / 497 / 498 / 499 / 500 /
/ 501 / 502 / 503 / 504 / 505 / 506 / 507 / 508 / 509 / 510 /
/ 511 / 512 / 513 / 514 / 515 / 516 / 517 / 518 / 519 / 520 /
/ 521 / 522 / 523 / 524 / 525 / 526 / 527 / 528 / 529 / 530 /
/ 531 / 532 / 533 / 534 / 535 / 536 / 537 / 538 / 539 / 540 /
/ 541 / 542 / 543 / 544 / 545 / 546 / 547 / 548 / 549 / 550 /
/ 551 / 552 / 553 / 554 / 555 / 556 / 557 / 558 / 559 / 560 /
/ 561 / 562 / 563 / 564 / 565 / 566 / 567 / 568 / 569 / 570 /
/ 571 / 572 / 573 / 574 / 575 / 576 / 577 / 578 / 579 / 580 /
/ 581 / 582 / 583 / 584 / 585 / 586 / 587 / 588 / 589 / 590 /
/ 591 / 592 / 593 / 594 / 595 / 596 / 597 / 598 / 599 / 600 /
/ 601 / 602 / 603 / 604 / 605 / 606 / 607 / 608 / 609 / 610 /
/ 611 / 612 / 613 / 614 / 615 / 616 / 617 / 618 / 619 / 620 /
/ 621 / 622 / 623 / 624 / 625 / 626 / 627 / 628 / 629 / 630 /
/ 631 / 632 / 633 / 634 / 635 / 636 / 637 / 638 / 639 / 640 /
/ 641 / 642 / 643 / 644 / 645 / 646 / 647 / 648 / 649 / 650 /
/ 651 / 652 / 653 / 654 / 655 / 656 / 657 / 658 / 659 / 660 /
/ 661 / 662 / 663 / 664 / 665 / 666 / 667 / 668 / 669 / 670 /
/ 671 / 672 / 673 / 674 / 675 / 676 / 677 / 678 / 679 / 680 /
/ 681 / 682 / 683 / 684 / 685 / 686 / 687 / 688 / 689 / 690 /
/ 691 / 692 / 693 / 694 / 695 / 696 / 697 / 698 / 699 / 700 /
/ 701 / 702 / 703 / 704 / 705 / 706 / 707 / 708 / 709 / 710 /
/ 711 / 712 / 713 / 714 / 715 / 716 / 717 / 718 / 719 / 720 /
/ 721 / 722 / 723 / 724 / 725 / 726 / 727 / 728 / 729 / 730 /
/ 731 / 732 / 733 / 734 / 735 / 736 / 737 / 738 / 739 / 740 /
/ 741 / 742 / 743 / 744 / 745 / 746 / 747 / 748 / 749 / 750 /
/ 751 / 752 / 753 / 754 / 755 / 756 / 757 / 758 / 759 / 760 /
/ 761 / 762 / 763 / 764 / 765 / 766 / 767 / 768 / 769 / 770 /
/ 771 / 772 / 773 / 774 / 775 / 776 / 777 / 778 / 779 / 780 /
/ 781 / 782 / 783 / 784 / 785 / 786 / 787 / 788 / 789 / 790 /
/ 791 / 792 / 793 / 794 / 795 / 796 / 797 / 798 / 799 / 800 /
/ 801 / 802 / 803 / 804 / 805 / 806 / 807 / 808 / 809 / 810 /
/ 811 / 812 / 813 / 814 / 815 / 816 / 817 / 818 / 819 / 820 /
/ 821 / 822 / 823 / 824 / 825 / 826 / 827 / 828 / 829 / 830 /
/ 831 / 832 / 833 / 834 / 835 / 836 / 837 / 838 / 839 / 840 /
/ 841 / 842 / 843 / 844 / 845 / 846 / 847 / 848 / 849 / 850 /
/ 851 / 852 / 853 / 854 / 855 / 856 / 857 / 858 / 859 / 860 /
/ 861 / 862 / 863 / 864 / 865 / 866 / 867 / 868 / 869 / 870 /
/ 871 / 872 / 873 / 874 / 875 / 876 / 877 / 878 / 879 / 880 /
/ 881 / 882 / 883 / 884 / 885 / 886 / 887 / 888 / 889 / 890 /
/ 891 / 892 / 893 / 894 / 895 / 896 / 897 / 898 / 899 / 900 /
/ 901 / 902 / 903 / 904 / 905 / 906 / 907 / 908 / 909 / 910 /
/ 911 / 912 / 913 / 914 / 915 / 916 / 917 / 918 / 919 / 920 /
/ 921 / 922 / 923 / 924 / 925 / 926 / 927 / 928 / 929 / 930 /
/ 931 / 932 / 933 / 934 / 935 / 936 / 937 / 938 / 939 / 940 /
/ 941 / 942 / 943 / 944 / 945 / 946 / 947 / 948 / 949 / 950 /
/ 951 / 952 / 953 / 954 / 955 / 956 / 957 / 958 / 959 / 960 /
/ 961 / 962 / 963 / 964 / 965 / 966 / 967 / 968 / 969 / 970 /
/ 971 / 972 / 973 / 974 / 975 / 976 / 977 / 978 / 979
【投稿する】

悩み相談サイト心の癒し トップページへ戻る
copyright© 2001-2009 心の癒し
designed by
programmed by
powered by
ともとも
松本竜弥のそれ憧れるのょ
占い開運癒しの占星術
占い相談
無料占い恋愛
パワーストーン恋愛専科