【管理者用】



* 恋愛のポエム *


あなたに、ふと詩が湧いてきたら、それを言葉に綴ってみてください。
誰かの勇気や、誰かの元気、誰かを慰めるかもしれません。

また、詩ではなく、そのまま普通の文章で綴って下さってもいいですよ。
その場合は、あなたへ素敵な詩をお贈りします。
【投稿する】
サイト内検索:


  壁 2005/12/19(Mon)16:34
Witten by [  ]
今日 君に冷たくしちゃった
何でだろう…
ホントはもっと近くに行きたくて喋りたくて
たまらないのに……
君と私を遮るこの壁なんて 
今すぐにパッとなくなっちゃえばいいのに
今すぐに君の元に行けたらいいのに
今すぐに君と笑い合えたらいいのに
何でこう上手く行かないの?
私だって君の隣に座りたいよ…
見てないフリするしか出来ない自分がいて、
目の前の現実に ただただツラさ我慢して涙あふれて…
あと3ヶ月
その間に私たちはどうなっていくんだろう
少しでも壁を壊して前に進めるかな
1人で過ごすクリスマスも 私は無事通り越せるのかな
不安で仕方ないよ
君を想う気持ちは誰に分かってもらえなくてもいい
今のツラさは誰に分かってもらえなくてもいい
聞いてくれるだけでいいから…
今すぐ君に会いにいけたらいいのに
≪規約同意済み≫



  アナタへ。 2005/12/19(Mon)11:32
Witten by [ 月菜 ]
なぜこんな事になっちゃったのかなぁ…
アナタの優しさに甘え過ぎてたのかなぁ…
『ずっと一緒だよ』そう言ってくれたアナタ、アタシも同じ気持ちだったよ。

そっと手をつないでコートのポケットに入れてくれる優しさ…
後ろから抱きしめてくれたアナタの大きな腕…
一生懸命に夢を語ったアナタの瞳…
ふんわりとしたアナタの唇…
今になって浮かぶ沢山の思い出…
今までもこれからも、何一つ変わらないと思ってた。
『永遠』はあると信じたかった…。

ねぇアナタ、幸せを感じてくれてたかな?
ねぇアナタ、大好きな気持ちはちゃんと届いてたかな?
ねぇアナタ、私はカワイイ女でいれたかな?
私の中のアナタは今でも笑顔だよ。
ニッコリ笑って手を振ってるよ。

こんなに人を愛する事はもう2度とない気がするよ。
こんなに人に愛される事もきっとないと思うよ。
沢山の愛を、沢山の優しさをありがとう。
アナタの愛に包まれてた1年、すごく幸せだった。

アタシの大好きなアナタ…
いつまでも変わらずいて下さい。
そしてアナタの夢が叶う事を私は心から応援しています。
そしてアナタが幸せになってくれる事も…
アタシはいつもいつも祈っています。


≪規約同意済み≫



  君へ 2005/12/19(Mon)10:01
Witten by [ AYA ]
帰り道 君と友達を見つけて
私も友達と一緒だったけど
自然を装いながら でも 前を歩くあなたに 
ちょっとでも近づけるように
早足で歩いた

ホームでずっと探してたよ
どっかにいないかなって
電車が来たとき 大勢の人の中にあなたに似た後姿見つけた それから私は全力で走った

降りる駅も一緒で そこでも気づいたら走って追いかけてた
そしたら同じ方面に乗るってわかって
ホームに立つ君を見て もう緊張しすぎて
どうしようって思いながら結局何もできなかった

気づかない振りしちゃった
君は気づいてた?

それから先に降りちゃった君 その姿を見てるしかできなくて 情けなかったけど
その姿はキラキラしてたよ

次こそ、ちょっと頑張ってみよう




≪規約同意済み≫



  存在 2005/12/19(Mon)07:33
Witten by [ 香奈 ]
あなたの存在は
あたしのなかでいつのまにか
とても大きなものになっていたよ
おさえられないほど
あなたが愛おしくて
しかたないんだ
いつか
あなたがふりむいてくれますようにと
願いながら
今日もまた
夢のなかへと足をはこぶよ
あなたとの幸せを
夢に見ながら
≪規約同意済み≫



  感情ですけど 2005/12/19(Mon)02:49
Witten by [ M-N ]
辛いよ辛いよ…相手は自分の気持ちをゆっくりと伝えていくといったのに…急を要してしまった…馬鹿…。
例え現実でなくても一瞬だろうけど…関わりには違いない。馬鹿…。彼は苦しんでいる…こっちも辛いのはやまやまだけど…謝りたい…。うまく言葉が出ないよ。≪規約に同意しない≫



  想い 2005/12/19(Mon)01:44
Witten by [ 香奈 ]
あなたはあたしとの
約束覚えてるかな
あの星達の下で
夢を語り合ったこと
覚えてるかな
あたしはあなたと過ごした日々
全部覚えてるよ
あなたは照れ屋さんで
いつも少し顔がピンク色に
ほてっているんだ
そんなあなたが
いつまでも大好きだよ
言葉がなくたって
気持ちが通じあってさえいれば
何も望まないよ
だけどこれだけは
約束してほしいな
いつもあたしが
あなたを想ってること
忘れないって
≪規約同意済み≫



  T・Tへ 2005/12/19(Mon)01:29
Witten by [ 香奈 ]
まだあたしはこんなにも
あなたを想いつづけてるよ
あたしが1人で帰ろうとしたら
あわてて追いかけてきてくれたよね
あなたのその気持ち
本当はとてもうれしかった
あたしがさみしそうにしてたら
あなたはあたしの手
つないでくれたよね
ほんとうはとても幸せだった
だけどあたしは不器用で
自分の気持ちを
素直に伝えることが
できなかったんだ
うれしかったこと
楽しかったこと
幸せだったこと
あなたをどれだけ
好きだったかさえ
伝えられなかった
もしもっと素直になっていればなんて
後悔ばかりしかでてこないよ
今さら後悔したって
もうおそいのにね・・・
≪規約同意済み≫



  心 2005/12/19(Mon)01:12
Witten by [ 香奈 ]
もう窓の外は
雪でうもれてる
ボクの心は
外と同じ真っ白なんだ
キミがいない世界は
全てがぼやけて見えるよ
雪は窓のを見れば見えるけど
キミはどこを見てもいないんだ
もう二度とキミに会うことなんか
できないのに
いまだにボクの心は
真っ白で
キミとの思い出のほかには
何もないよ
ボクの心の空白は
キミでしか
うまらないんだ
≪規約同意済み≫



  にんげんだから・・ 2005/12/19(Mon)00:52
Witten by [ *true* ]
あなたはとてもおだやかで
つよいひとだけど
やっぱりにんげんだから
おこったりもするし
よわいところもある
そういえばたまには
きげんがわるくて
あれ?っておもうときがあった
きっとやつあたり
でもね
わたしがそれにおどろいたり
すこしきずついたりしたのにきづいて
ごめんねのかわりに
そのあとやさしくこえをかけてくれてたね
そんなところもかわいくてすきだった
たまにやさぐれちゃったりして
ぐちをこぼしたりしてた
でもなんだかそんなはなしを
わたしにしてくれたことがうれしかった
そんなところをわたしにみせてくれたのは
やっぱりこころをひらいてくれてたからだよね・・





≪規約同意済み≫



  だいせっきん 2005/12/19(Mon)00:19
Witten by [ *true* ]
とびらをあけたら
とつぜんえがおのあなたが
”ばーっ”ていって
いきなりどあっぷで
わたしのしかいにとびこんできた
いまにもからだごとぶつかりそうだった
すっごくおどろいたけど
わたしもえがおになったよ
でもほんとはね
わざところんででも
あなたのむねにとびこんじゃいたかった(わらい)

≪規約同意済み≫



  君 2005/12/19(Mon)00:03
Witten by [ 千日紅 ]
なんとなく立ち寄ったショッピングモール
クリスマスムード一色の店内
人が行き交う中央の広場
特に用のなかった私は 二階からぼーっと見下ろしてた
ぼんやりしていた私の目
突然ピントが合った
『もしかして君がいる…?』
でも 私が見たのは一瞬の光景 
君じゃないかも知れない
脳がそう判断したのは随分あとだった
無意識に走り出していた
エスカレーターを駆け下りて 人混みに飛び込んでいた
必死で辺りを見回していた
結局 君は見つからなかった

バカだなぁ 私は
これだけたくさん人がいる 
似てる人がいたっておかしくないのに…
そう我に返った瞬間 思い知った
自分を忘れるほど 君が好きだったこと
足がひとりでに動き出すほど 君を求めていたこと
やっぱり君を愛していたこと
≪規約同意済み≫



  君に、、、 2005/12/18(Sun)22:36
Witten by [ 龍斗 ]
素直に言えないけど、、
ほんとはいつも感謝してる

君と付き合えて、良かった。
何気ない日々を、君と過ごせてよかった。
怒ったり、泣いたり、笑ったり、
今思えば君といた時間すべてが幸せに思える。
思い返すだけで、なぜか幸せを感じる....

君を失ったら俺はどうしたらいいんだろう、、
いつか別れがくると思うと、怖い、、

でも、信じたい、、
ずっと一緒にいれることを、、

君はこんなダメな俺を愛してくれた、、
俺もそんな優しい君が好きなんだ

いつも俺の傍で笑っててくれて
ありがとな



≪規約同意済み≫



  雪 2005/12/18(Sun)21:26
Witten by [  ]
また今日も雪が降ってる
雪降る中 雲の陰から月が覗くのをさっきからずっと待ってる
そして時々 君からのメールや電話は来ていないか
ちょっぴり期待してチェックしてみたりする
   『こんばんは。勉強してる?』
あの日はたまたまだったのでしょうか
そんなコト思いたくないよ
また次 君から来るような気がしてたのに…
いつの間にかもうこんな時期になってた
  『今日も勉強してるのかな』
そう思いつつ君の姿想像して 私も鉛筆握ってみたりもする
好きなのに 1つ1つを抑えなきゃいけないなんて悲しいよ
こんな雪道を君と歩けたら…
こんな夜空の下一緒に歩けたら…
何度願ったコトだろう
気持ちと願いと雪だけが積もっていくよ
天気予報は
明日も明後日も雪
≪規約同意済み≫



  君にとって 2005/12/18(Sun)21:21
Witten by [  ]
想い出ばっか
過去のコト振り返ってばっか
そんな私の前にいきなり君が現れた
君はすごく優しくて笑顔が温かくて…
私はいつからか君のコトばっか考えるようになってたよ
君と私はあの日から すれ違う度に笑顔交わして手を振り合って…
贅沢なほどの幸せ感じてたから小さな幸せじゃ物足りなくて…
君と微笑み合えるコト自体 幸せなのにさ
早く想い伝えたいよ
皆とは違うルート歩いた夜道の肝試しも
君が話してくれたたくさんの話も
私に見せてくれた笑顔も
ずーっとずっと覚えてるよ
君もまだ覚えてくれてたら幸せだな
どんなに近くに居ても 想い伝えなきゃ君に伝わるコトはない
君にとって必要な大切な人に…
私はなれるでしょうか
君にとって必要な大切な人に…
私はなりたい

≪規約同意済み≫



  想い 2005/12/18(Sun)21:02
Witten by [  ]
あと何ヶ月かすればもうあなたに会えなくなる
会いたいとどれだけ思ったって
今みたいに当たり前のように会うなんてコトは出来ない
今日みたいなこんな休日でさえ
寂しくて会いたくてたまらないのに…
遠く離れてしまうだけであなたが今までのコト忘れちゃいそうで
あの日のコトも全て…
私だけの記憶になっちゃいそうで怖い
今の想いを届けずに心にしまっておくのは
悲しいよツラいよ
あなたと微笑み会うだけで 私の心はチクチク痛んで
言いたい言葉だけが頭の中を巡る
いつになったら素直にしっかりと伝えられるかな
 『あなたの目に映る』
 『あなたの脳裏に浮かぶ』
それが私であってほしい
≪規約同意済み≫



  資格 2005/12/18(Sun)18:00
Witten by [ 佑奈 ]
もう
笑えないよ
わたしの隣に
君が居ないから―

あの頃は
毎日がとても
充実してた

いつでもどこでも
隣を向けば
君が居た

大好きだった

誰よりも大切で
誰よりも守りたくて

わたしは
どうしてこんなに
バカなんだろ

君を傷つけて
君を独りにした

わたし、最低だ

大切にすると
守ってみせると
そう自分に誓ったのに

毎日がとても
充実してたあの頃は
もう帰って来ない

自らの手で君を苦しませ
そして
自らの手で君を遠ざけた

わたしのしたことは
わたしにとっても
君にとっても
一つのメリットも
よこさなかった
デメリットだけが
ただただあった

だからわたしは
もう
笑えないよ

君を傷つけて
君を独りにした
わたしには

笑う資格さえ
与えられないんだ

≪規約同意済み≫



  ふたりで 2005/12/18(Sun)17:11
Witten by [ うたこ ]
ひとりではできなくても
ふたりならできることがある

ふたりで力を合わせて
ふたりで心を合わせて
ふたりで一緒に
ふたりで…ね
≪規約に同意しない≫
http://geocities.jp/utako_poem/


  私の気持ち 2005/12/18(Sun)13:54
Witten by [ すまいる ]
アタシはこんなにアナタを見ているのに
アナタはいったい誰を見ているの?
本当はアタシだけを見ていてほしい。
ずっと ずっと見ていてほしい。
こんなのってすごく悲しいよ…
いつかはアタシを見てくれるかなぁ?
その日を信じて
アタシはいつまでも待っています。
≪規約同意済み≫



  愛の花 2005/12/18(Sun)13:34
Witten by [ 幸恵 ]
キミと出会って僕はキミから愛の種をもらったよ
キミと過ごす一日一日が僕の花を芽生えさせたんだ
キミの笑顔が キミの存在が
        花を育てたんだ
しおれたこと 枯れたこと
        何度僕の心が泣いただろう
それでも花は負けずに何度も立ち上がったよ
そうさせたのもやっぱりキミだった
そして、友達の励ましが僕の花に水を注し
    友達の優しさが僕の花に肥料をくれた
そして今僕の愛の華は咲き誇ることができたんだ

恋する誰もがもつ愛の花ー
    一番大事なのは“想い”
    “想い”という太陽が花を強くするんだね

         
          
≪規約同意済み≫



  離れてから分かる事 2005/12/18(Sun)12:21
Witten by [ *true* ]
あなたのそばを離れてみておもうの
あなたにすごく守られていたんだって
なんて心の寛大な人だったんだろうって
私が受けるはずの辛さも
知らないうちに
請け負ってくれてたんだって気づいた
でもだからわたしはあの場所に
なんとかいることができて
今の私がここにいる事が出来るんだ
ありがとう
私もあなたのように人を許せる
心の広い優しい人に少しでも近づきたいと思うよ
あなたの全てはしらないけれど
多分・・今まで生きてきた中で
かなり重要な出会いだったよ



≪規約同意済み≫



/ 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 /
/ 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 /
/ 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30 /
/ 31 / 32 / 33 / 34 / 35 / 36 / 37 / 38 / 39 / 40 /
/ 41 / 42 / 43 / 44 / 45 / 46 / 47 / 48 / 49 / 50 /
/ 51 / 52 / 53 / 54 / 55 / 56 / 57 / 58 / 59 / 60 /
/ 61 / 62 / 63 / 64 / 65 / 66 / 67 / 68 / 69 / 70 /
/ 71 / 72 / 73 / 74 / 75 / 76 / 77 / 78 / 79 / 80 /
/ 81 / 82 / 83 / 84 / 85 / 86 / 87 / 88 / 89 / 90 /
/ 91 / 92 / 93 / 94 / 95 / 96 / 97 / 98 / 99 / 100 /
/ 101 / 102 / 103 / 104 / 105 / 106 / 107 / 108 / 109 / 110 /
/ 111 / 112 / 113 / 114 / 115 / 116 / 117 / 118 / 119 / 120 /
/ 121 / 122 / 123 / 124 / 125 / 126 / 127 / 128 / 129 / 130 /
/ 131 / 132 / 133 / 134 / 135 / 136 / 137 / 138 / 139 / 140 /
/ 141 / 142 / 143 / 144 / 145 / 146 / 147 / 148 / 149 / 150 /
/ 151 / 152 / 153 / 154 / 155 / 156 / 157 / 158 / 159 / 160 /
/ 161 / 162 / 163 / 164 / 165 / 166 / 167 / 168 / 169 / 170 /
/ 171 / 172 / 173 / 174 / 175 / 176 / 177 / 178 / 179 / 180 /
/ 181 / 182 / 183 / 184 / 185 / 186 / 187 / 188 / 189 / 190 /
/ 191 / 192 / 193 / 194 / 195 / 196 / 197 / 198 / 199 / 200 /
/ 201 / 202 / 203 / 204 / 205 / 206 / 207 / 208 / 209 / 210 /
/ 211 / 212 / 213 / 214 / 215 / 216 / 217 / 218 / 219 / 220 /
/ 221 / 222 / 223 / 224 / 225 / 226 / 227 / 228 / 229 / 230 /
/ 231 / 232 / 233 / 234 / 235 / 236 / 237 / 238 / 239 / 240 /
/ 241 / 242 / 243 / 244 / 245 / 246 / 247 / 248 / 249 / 250 /
/ 251 / 252 / 253 / 254 / 255 / 256 / 257 / 258 / 259 / 260 /
/ 261 / 262 / 263 / 264 / 265 / 266 / 267 / 268 / 269 / 270 /
/ 271 / 272 / 273 / 274 / 275 / 276 / 277 / 278 / 279 / 280 /
/ 281 / 282 / 283 / 284 / 285 / 286 / 287 / 288 / 289 / 290 /
/ 291 / 292 / 293 / 294 / 295 / 296 / 297 / 298 / 299 / 300 /
/ 301 / 302 / 303 / 304 / 305 / 306 / 307 / 308 / 309 / 310 /
/ 311 / 312 / 313 / 314 / 315 / 316 / 317 / 318 / 319 / 320 /
/ 321 / 322 / 323 / 324 / 325 / 326 / 327 / 328 / 329 / 330 /
/ 331 / 332 / 333 / 334 / 335 / 336 / 337 / 338 / 339 / 340 /
/ 341 / 342 / 343 / 344 / 345 / 346 / 347 / 348 / 349 / 350 /
/ 351 / 352 / 353 / 354 / 355 / 356 / 357 / 358 / 359 / 360 /
/ 361 / 362 / 363 / 364 / 365 / 366 / 367 / 368 / 369 / 370 /
/ 371 / 372 / 373 / 374 / 375 / 376 / 377 / 378 / 379 / 380 /
/ 381 / 382 / 383 / 384 / 385 / 386 / 387 / 388 / 389 / 390 /
/ 391 / 392 / 393 / 394 / 395 / 396 / 397 / 398 / 399 / 400 /
/ 401 / 402 / 403 / 404 / 405 / 406 / 407 / 408 / 409 / 410 /
/ 411 / 412 / 413 / 414 / 415 / 416 / 417 / 418 / 419 / 420 /
/ 421 / 422 / 423 / 424 / 425 / 426 / 427 / 428 / 429 / 430 /
/ 431 / 432 / 433 / 434 / 435 / 436 / 437 / 438 / 439 / 440 /
/ 441 / 442 / 443 / 444 / 445 / 446 / 447 / 448 / 449 / 450 /
/ 451 / 452 / 453 / 454 / 455 / 456 / 457 / 458 / 459 / 460 /
/ 461 / 462 / 463 / 464 / 465 / 466 / 467 / 468 / 469 / 470 /
/ 471 / 472 / 473 / 474 / 475 / 476 / 477 / 478 / 479 / 480 /
/ 481 / 482 / 483 / 484 / 485 / 486 / 487 / 488 / 489 / 490 /
/ 491 / 492 / 493 / 494 / 495 / 496 / 497 / 498 / 499 / 500 /
/ 501 / 502 / 503 / 504 / 505 / 506 / 507 / 508 / 509 / 510 /
/ 511 / 512 / 513 / 514 / 515 / 516 / 517 / 518 / 519 / 520 /
/ 521 / 522 / 523 / 524 / 525 / 526 / 527 / 528 / 529 / 530 /
/ 531 / 532 / 533 / 534 / 535 / 536 / 537 / 538 / 539 / 540 /
/ 541 / 542 / 543 / 544 / 545 / 546 / 547 / 548 / 549 / 550 /
/ 551 / 552 / 553 / 554 / 555 / 556 / 557 / 558 / 559 / 560 /
/ 561 / 562 / 563 / 564 / 565 / 566 / 567 / 568 / 569 / 570 /
/ 571 / 572 / 573 / 574 / 575 / 576 / 577 / 578 / 579 / 580 /
/ 581 / 582 / 583 / 584 / 585 / 586 / 587 / 588 / 589 / 590 /
/ 591 / 592 / 593 / 594 / 595 / 596 / 597 / 598 / 599 / 600 /
/ 601 / 602 / 603 / 604 / 605 / 606 / 607 / 608 / 609 / 610 /
/ 611 / 612 / 613 / 614 / 615 / 616 / 617 / 618 / 619 / 620 /
/ 621 / 622 / 623 / 624 / 625 / 626 / 627 / 628 / 629 / 630 /
/ 631 / 632 / 633 / 634 / 635 / 636 / 637 / 638 / 639 / 640 /
/ 641 / 642 / 643 / 644 / 645 / 646 / 647 / 648 / 649 / 650 /
/ 651 / 652 / 653 / 654 / 655 / 656 / 657 / 658 / 659 / 660 /
/ 661 / 662 / 663 / 664 / 665 / 666 / 667 / 668 / 669 / 670 /
/ 671 / 672 / 673 / 674 / 675 / 676 / 677 / 678 / 679 / 680 /
/ 681 / 682 / 683 / 684 / 685 / 686 / 687 / 688 / 689 / 690 /
/ 691 / 692 / 693 / 694 / 695 / 696 / 697 / 698 / 699 / 700 /
/ 701 / 702 / 703 / 704 / 705 / 706 / 707 / 708 / 709 / 710 /
/ 711 / 712 / 713 / 714 / 715 / 716 / 717 / 718 / 719 / 720 /
/ 721 / 722 / 723 / 724 / 725 / 726 / 727 / 728 / 729 / 730 /
/ 731 / 732 / 733 / 734 / 735 / 736 / 737 / 738 / 739 / 740 /
/ 741 / 742 / 743 / 744 / 745 / 746 / 747 / 748 / 749 / 750 /
/ 751 / 752 / 753 / 754 / 755 / 756 / 757 / 758 / 759 / 760 /
/ 761 / 762 / 763 / 764 / 765 / 766 / 767 / 768 / 769 / 770 /
/ 771 / 772 / 773 / 774 / 775 / 776 / 777 / 778 / 779 / 780 /
/ 781 / 782 / 783 / 784 / 785 / 786 / 787 / 788 / 789 / 790 /
/ 791 / 792 / 793 / 794 / 795 / 796 / 797 / 798 / 799 / 800 /
/ 801 / 802 / 803 / 804 / 805 / 806 / 807 / 808 / 809 / 810 /
/ 811 / 812 / 813 / 814 / 815 / 816 / 817 / 818 / 819 / 820 /
/ 821 / 822 / 823 / 824 / 825 / 826 / 827 / 828 / 829 / 830 /
/ 831 / 832 / 833 / 834 / 835 / 836 / 837 / 838 / 839 / 840 /
/ 841 / 842 / 843 / 844 / 845 / 846 / 847 / 848 / 849 / 850 /
/ 851 / 852 / 853 / 854 / 855 / 856 / 857 / 858 / 859 / 860 /
/ 861 / 862 / 863 / 864 / 865 / 866 / 867 / 868 / 869 / 870 /
/ 871 / 872 / 873 / 874 / 875 / 876 / 877 / 878 / 879 / 880 / 881 / 882 / 883 / 884 / 885 / 886 / 887 / 888 / 889 / 890 /
/ 891 / 892 / 893 / 894 / 895 / 896 / 897 / 898 / 899 / 900 /
/ 901 / 902 / 903 / 904 / 905 / 906 / 907 / 908 / 909 / 910 /
/ 911 / 912 / 913 / 914 / 915 / 916 / 917 / 918 / 919 / 920 /
/ 921 / 922 / 923 / 924 / 925 / 926 / 927 / 928
【投稿する】

悩み相談サイト心の癒し トップページへ戻る
copyright© 2001-2009 心の癒し
designed by
programmed by
powered by
ともとも
松本竜弥のそれ憧れるのょ
占い開運癒しの占星術
占い相談
無料占い恋愛
パワーストーン恋愛専科